pXCu7RXuGw.jpg

アパッチが終わる頃には日付をすでに超えていて、皆でご飯を食べたあとはすぐに眠りにつく者、少しお酒を飲む者と思い思いに過ごした。

私はさっきの興奮がまだ残っていて眠れなかったので、メンバーと少し話をして就寝した。

5時間も寝ていないけど朝の目覚めはスッキリとしていて、皆で1時間ほどストレッチをしたり軽く運動をして、次のワークへ入る。

どんなワークをするかは事前に知っていた。
そして、一番自分が恐怖を感じていたワークがついにやってきた。

『バックポケット』

パック全員でサークルの中に入り、目隠しをする。
右手を上げて、待つ。
松木さんが番号を言いながら右手を下ろし、体をまわしたり移動させたりして感覚を奪う。
その状態で、50メートル先のゴールまで皆で辿り着き、番号順に整列し、全員が右手を上げれば終了する。
制限時間は45秒。
声は発してはいけない。
互いの番号も知らない。
視覚と声を奪われた状態で、フルにその他の五感を使って、ゴールまで走り、相手が何番かを知り、番号順に並ぶのだ。

1年前、火のワークで知った恐怖があった。
同じように森の中を目隠しをした状態で隠れんぼするというワークをした事があった。
(フォックスウォークの練習だったと思う)
その時は、目隠しをされた瞬間パニックになってしまい、10メートルほど歩いたあたりでつま先が切り株に当たっただけでもう動けなくなってしまったのだ。

また、そうなったらどうしよう。
あの時はひとりだったから、自分が諦めたらそこで終わりだった。
でも、今回は仲間がいる。
その時の恐怖は
・また足に何かが当たって、転んで痛い思いをしたらどうしよう
・自分が足を引っ張ってしまって、仲間に迷惑をかけたらどうしよう
その2つだった。

それは、日常生活の中でもある恐怖だよね、と誰かが言った。
仕事でも、日常でも、周りが見えない状態で起こる恐怖。
転んで痛い思いをしたく無い
仲間に迷惑をかけたくない
そんな思いが毎日の中でも湧き上がる時がある。

恐怖はゴーサインということを知っていても、足がすくむ。
そこを突破するには、仲間の助けと、信頼が必要なのかもしれない。

誰を信頼するのか。
私たちは今は狼なのだから、もちろん、自分と群れを信じるのだ。

チャンスは2回。
1時間ほど作戦会議をもらって、話し合う間際に松木さんが言った。
「一度、何もわからない状態でトライしようか」
その時点で誰も何も話していない。
皆が思うクリア方法はなんだろうか。
何もわからない状態で1度目のチャンスをもらった。

目隠しをされるとあの時の火のワークでの恐怖が襲ってきた。
しかも今回は走らないと間に合わない。

スタートの合図でこっちだと思う場所に走る。
途中の道で障害物に当たりそうになったらスタッフがポンと押してくれると言っても、怖かった。
自分がどこへ走っているかもわからない。
一度でも方向を見失うと自分がどこに向かえば良いのかわからなくなる。
太陽の暖かさや風や音でわかる人もいる。
でも私はどうしてもわからなかった。
いかに自分が視覚に頼りすぎているのかがわかった。

なんとかゴール地点に着いて、思い思いの方法で番号順い並ぶ。
肩を叩いたり、指で背中に文字を書いたり。
ほとんど並び終わったかと思うところで松木さんが言った。
「ひとり、まだ辿り着いてない」
その瞬間、メンバー全員がその最後のひとりを呼ぶために手を叩いたり足で地面を擦ったり、探しに行ったりした。
その場面を見ていて、パックを導いてくれるリーダーのあきにぃが涙したと聞いた。
「誰もがやり方を知らない中でも、一生懸命仲間を呼び寄せようとするんやなぁ。そういう人の成長を見ると涙が出てくる」
1日経って、もうすっかり皆が皆を信じていた。

最初のトライは3分以上かかった。
そこからどう45秒に持っていくのか。
最初のゴール地点に皆がたどり着くまで20秒、並ぶのに25秒が最適ポイントだと皆で話した。
出来るだけ整列を短縮させるにはどうしたらいいか。
どっちの方向へ向かって走ればいいか。
仲間と一緒に手をつないで走ったほうがいいのか否か。

話し合いの中で、ふいに誰かが言ったのだと思う。
「怖いと思うところとか、これやってみたいとかあったら言って。何でも話して」

うちのパックは比較的 課題解決に向けて動くパックだなぁと思っていた。
それが心地よかったし楽しかった。
でも、本当は私がそれに注目してなかっただけで、所々で同じような言葉をアルファがかけてくれていたのだと思う。

不安は解消しよう。
やりたい事はやろう。
ワーク全て、成功するだけが目的じゃない。

自分の心がどう動いたか。
プロセスに注目する事が大事なのだから。

初めて「怖い」と口に出した気がする。
「目隠しが怖い。パニックになる」
と口をついて出た。

アルファが言った。
「どうしたらその怖さがなくなるか一緒に考えよう」
その時初めて、私がこのウルフキャンプで得たかった答えが見つかった。

本当の怖さは、「怖い」と口に出す事だった。
私はずっと仕事の上ではアルファだった。
だからずっと、怖いなんて言葉を口にしたことは無かった。
言ってはいけないと思っていたし、言えなかった。
でも本当は怖さといつも隣り合わせだ。
新しい一歩を踏み出す時は、怖さを覚悟に変えていつだってやってきた。
怖いと口に出して言える相手さえも見つけようとしなかった。

怖いと口に出して、それを一緒に考えようと受け止めてもらった時、私の中の1つのエッジを超えた気がした。
不安を口に出してもちゃんと受け止めてくれる人がいる。
一緒に考えよう、と寄り添ってくれる。
こうしたら怖くない、を尊重してくれる。

寄り添うってこういう事なんだな。
解決策を一緒に考えてくれる姿勢そのものがその人を救うんだな。

ああ。と思った。
私が、いつも講師に言っていることと同じだ。

「目の前の相手を見て、何をして欲しいのか考える。
アドバイスもジャッジもいらない。
一緒に考えるのが、寄り添うって事なんだよ。」

自分自身で体感した。

そうして皆でたくさん不安点を潰して、最初のトライが始まった。

目隠しをして右手を上げ、番号を待つ。
右手が降ろされ、てっきり回されるものだと思っていたら左にずらされた。
方向感覚がそこでわからなくなって、ついでに言うと番号もちょっとあやふやになり、スタートの合図で走り出したら思いきりベンチにぶつかった(スタッフが間に合わなかったらしい…)

学んだのは、自分自身をちゃんと信じきるという事と、ベンチはぶつかっても意外と痛くないという事だった(笑)

残り時間はあとわずか。
でもだいぶ感覚がつかめている。

あとは、もう全員が全員を信じきるしかない。と誰もが思った。

そして2回目のトライが始まった。
誰もが全力を出し切ったと思う。

結果は47秒。
あと一歩届かなかった。

それでも皆の心は達成感に満ちていた。
やりきった。という実感があった。

松木さんが声をかける。
「もう一回チャンスをあげるけどやるか?」
やる、と即答だった。

実は3回目のトライは、皆の気迫がすごすぎて一番振るわない結果になったけど、そこでエッジを超えた仲間もいた。
どの回もそれぞれのエッジを超えた瞬間があったと思うし、もっと言うと結果にそこまでコミットもしていなかったのだと思う。
プロセスに目を向け、自分と向き合い、得たものがその結果だ。
成功や失敗は単なるおまけでしかない。
成功してもそこでのプロセスに何も得るものがなければ、自分の成長としては失敗かもしれないのだ。

実はこのバックポケットはピンクパックとしては初めての失敗だったけれど
「それが良かったよね」
と誰かが言った。
もう一度、向き合うチャンスがもらえた。
もう一度この場所に戻ってこれる理由が出来たと。

そして誰もが感じていた。
仮に1年後、全く同じパックで同じ事をしたとしても、成功するとは限らない。
この時にこの場所でこのパックで集まれたのは、奇跡なんだという事
そして、全ての出会いがそうであるという事だ。

最後の振り返り、と松木さんが言った。
はじめは絵を描く事に戸惑っていた人も慣れたように色鉛筆を取る。
想いを絵に言葉にする。
そして仲間でシェアをする。
最後の振り返りは、松木さんのワークでよく見ていた、心のザワザワを知るプロセスだった。
ザワザワそのものになったり、周縁化しているものにスポットを当てたりして、ビッグUになっていく。

ウルフキャンプの最中、実は、いつも、ある事を考えていた。
ザワザワを形にするプロセスを見ながら、自分自身と対話していくうちにそれが確信に変わった。

1年前のスウェットで、私が初めて気づいて開いた箱。
すでに閉じたと思っていた箱、超えたと思っていたエッジがまだ、ここにある。

先日の春のスウェットで気づいたことがまだ消化しきれてないままウルフキャンプに来ていた事も少し気がかりだった。
いつもスウェット後に完結させていた自分の中のプロセスを、前回の春のあと自ら捨てた。

成長したと思っていた。
でも全然変わってないんだな、と愕然として、書いていた紙を塗りつぶした。
あきにぃが気づいて声をかけてくれた。
「これはどういう意味?」

「考えるのが嫌になったから、今は…蓋をしたんです」

それが私がその時出来た精一杯だった。

解決はしない。
それも一緒に抱えて生きていくという、1年前に出した結論が回り回って戻ってきた。

30年以上一緒に生きてきたビリーフは、1年やそこらでは変えられない。
それでも着実に私は歩いていると思う。
どうにかしようともがいたりあがいたりして、時には折り合いをつけて、諦めて

最終的には受け入れて、信じるのだと思う。
自分の心を。

そして、最後のワークの時間になった。


Cw7GvTbcPa.jpg
スパイダーネットは残り5分を残してなんとか成功し、皆で喜びの遠吠えをしたあとはすっかり疲れきっていた。

夕飯も少ししか食べていない。
実はこの日最大のワークがまだ残っていた。

『アパッチの要塞』

真っ暗な森の中で、お互いの陣地にある獲物(タオル)をかけて戦うバトル。
クースティックというスティックが勝敗のカギを握り、クースティックと尻尾を持っているメンバーが一緒じゃないとタオルが取れない。
(クースティックは先攻後攻で互いに持つが奪い取ることも可能である)

もちろん尻尾取りも生きてて、尻尾を取れば尻尾の数×2人分のご飯が食べられる。
タオルを取れば全員が夕飯を食べられる様になっている。

時間は30分を2回。
パックのメンバーの他にスタッフの方が3名陣地を守るキーパーとして入った。

暗闇で顔を隠すためにお互いにメイクをする。
炭で顔の何箇所かに線を入れると闇に溶け込む。

_var_mobile_Media_DCIM_151APPLE_IMG_1521.JPG
JwruMVXnTV.jpg

先攻はこちらのパックになった。
お互いの陣地までは約50メートル。
暗闇の中で、目を凝らし、体を低くして相手に見つからない様に進む。
万が一出会った時は、一触即発で取っ組み合いのバトルになる。

ちょうど次の日が満月で、月明かりが眩しいくらいに明るく夜の森を照らしても、木の陰に隠れて息を潜めれば何も見えなくなる。
時折誰かが進む、ガサガサという音以外は静かだった。
初めての体験に恐怖を感じた。
誰に会うかわからない。
隣に、前に、後ろにいる陰が敵か味方かもわからない。
物音にビクッとなり、たくさんの目が前から横から後ろから自分に向いている様に感じる。

しばしの取っ組み合いで尻尾を取られたのは実は味方だったことを知ったけど気を取り直して向き合ったところで残り10分の合図がした。
あっという間に30分は経つ。この進み具合だと陣地にすらたどり着けないと悟り、近くにいる敵を片っ端から尻尾を持っている仲間と取って行くことにした。
さっきのパックバトルで要領は大体つかめている。敵と判別したらあとは全力で押さえたら良いと思った。

そうして1回目のアパッチが終わった。

2回目のクースティックは向こうにあるので、まずはこちらは全力で陣地を守る事にした(いくらか気は楽な気がする)
今度は2人組を作って進んでいく。
前回よりも要領がつかめているし、2人で進むというのは安心感があった。
そうして1人の尻尾を奪い、あっという間に敵と味方が混在したフィールドで、最大の恐怖が襲った。
木の裏に私は隠れていたけれど、つい先ほどまで尻尾を奪った相手が近くで背を向けている。
そして右側にも左側にも敵がいた。

私はまだ尻尾が付いている、でも、それはばれていないし、もしかしたら自分の存在すらばれてないのかも…
仰向けになって、陰に身を隠し、自分の息遣いだけが聞こえる様だった。

戦争を知らないけれど、こんな感じなのかもしれない、と思った。

相手の尻尾をもしかしたら取れるかも…
そうして5分くらいが経ち、相手が動いた瞬間を狙って飛びついた。
(ただ、それが実はまた味方だったことを次の瞬間に知る(笑))

尻尾を取られるとあとは好きな様に動けるからちょっと気が楽だった。
とりあえず陣地を守ろうと向かうと、出会った同じパックの1人が早口で囁いた。
「クースティックはこっちが奪ってる、それを持って1人が先に行ってるから一緒に向かっていけ」
その言葉を聞いて相手に気づかれない様に早足で陣地まで向かう。
幸いにも相手のパックは誰も気づいておらず、陣地にはキーパーの3人しかいなかった。

先に向かった味方と話し合ったが、実はクースティックを持っているメンバーは尻尾を取られているので、尻尾を持っているメンバーが2人いないと尻尾を奪えない。
尻尾を持っているメンバーは1人たどり着いていて、あとの1人を待っているところだった。

そうして5分ほど過ぎただろうか。
メンバーがたどり着かない限りこちらは何もできないので、周囲を回っていたが、もうダメかと思った時に、まさに救世主の様に最後の1人がたどり着き、クースティックを付け替えた。

5人のメンバーが集まり、向こうのキーパーが「集まりだしたぞ」と味方に指示を送る。

その時の感覚は今でもありありと思い出せる。
誰かが行くぞと言い出したわけでもない、アイコンタクトも無く静かに、でもパックの気持ちは明らかにひとつだった。
誰かの一歩を皮切りに、気がつくと全員で走り出していた。
いま、行くしかない、と誰もが感じていた。
陣地までは約5メートル。
私ともうひとりがまずキーパーに飛びつき、手足の自由を奪ったところで「取った!」の声がほぼ同時に聞こえた。

ピンクパックが、クースティックを取り返し、タオルを取ったのだ。
皆のワオーーンといつまでも遠吠えがこだましていた。
この時の達成感やチームで一緒にやり遂げた感覚はきっとずっと忘れないと思う。

目に見えざるものの力を私は時折信じている。

人智を超えた経験はこれまでにも何度かあった。
1年前、火のワークで、私の番の時だけ風がピタッと止み、火がロープに纏わりついて焼き切った時のこと
寄り添いワークでリスが教えてくれたドングリの在り処
そんな時は何かに導かれる様に自分のレールが目の前にあり、ただそこに乗っていけばいい。

今の仕事の始まりも、いま住んでいる場所も、何かに導かれる様にその運命に従った。
その感覚を知っているから、何となくわかる。
どの風に乗っていけば良いのかを。
私ができる事は、ただ願いを空にオファーリングする事で、そうすると必要なものを教えてくれる。
それは決して楽しい、嬉しい事ばかりではないけれど、確実に自分が成長出来るものだ。

oZ7y7tSfHd.jpg

皆で暖かい夕飯を食べながら、今回の出来事を振り返る。
言葉を使わず、お互いの動きから意図を察して動くこと。
暗闇の中で自分を見失わないこと。
自分と群れを信じて生きる。
なんとなく感覚がつかめた。

クロージングでピンクパックのアルファが言った言葉がある。
「皆で協力して物事を達成し、そのあと皆で美味しくご飯を食べる。それが日常であればいい」
本当にそう思う。
そうやって昔から人は生きてきたのだから。

DiSIRKrnlY.jpg


_var_mobile_Media_DCIM_151APPLE_IMG_1513.JPG
パックバトルが終わる頃には陽も少し傾きかけていた。

エデュケーターの松木さんが下へ降りて来いと呼ぶので、皆で降りていくと、木と木の間に二本の竹がかかり、その間をクモの巣の様にロープがはられている。

『スパイダーネット』

と呼ばれるワークが始まった。
パック全員が制限時間1時間以内にロープをくぐって向こう側へ行けば成功。
ただしロープには触ってはいけない。
ロープに触ってしまったらはじめからやり直し。

これもおそらく全員が
「無理じゃないかな…」
と思ったんじゃないだろうか。

それでもグレイ改めピンクパックは、取り敢えず作戦会議。
誰をどの順番でどこに通すか?が成功の鍵となる。

うちのチームは男子が多かったので、まずは先に男子3名を奥に送り、女子を全て通した後に最後の男子2名が行くという形に落ち着いた。

_var_mobile_Media_DCIM_151APPLE_IMG_1514.JPG

全員で送る人を持ち上げて奥に送る。一番最初が一番難しい。何度も失敗した。
それでもだんだんやっているとコツが掴めてくる。
パックの中では私が一番小柄だったので、一番小さい穴をくぐる事になった。
穴に合わせて体をスクリューの様にねじっていく(持ち上げられる方はなすがままなので基本何も出来ない…)
怖さはなく、ただただ仲間に身を預けていた。
その時はもうすでにだいぶお互いを信じきっていたと思う。

後で振り返るとあのワークが一番ドキドキしていた。
時間制限があるというのは、人間を極地に追い込むのだなと思った。考えすぎてもいけないし考えなさすぎもいけない。
持ち時間で出来る限りの作戦を立て、仮定がたったら後は自分と仲間を信じるしかない。
トライアンドエラーにかけられる時間は限られているのだから。
いかに、頭を使って、最短で結果を出すのかを学んだ。
そして、仲間に体を預けることへの心地よさを知った。たとえ落ちても受け止めてくれるのだ。

各メンバーの役割もなんとなく決まってきた。
この人に相談すると的確な意見をもらえる。
この人からは勇気をもらえる。
そっと後ろから援護してくれる人がいたり、場を盛り上げてくれる人がいる。

狼の役でいうと
・アルファ(リーダー、父親がなる事が多い)
・アルファメス(母親、二頭のつがいは基本的に一生離れることは無いらしい)
・ベータ(No.2。アルファの指示を受けて現場の指揮を取る役目)
・チューイ(3〜4頭いる。若手の特攻役)
・オメガ(グループのいじられ役。この役がいる事でチームがバランスが取れる事が多い)

というチーム編成でなるそうだけど、だいたい自分たちのワークの中での立ち位置が決まり、ワークごとに変化する。

チームに必要な2つのリーダーシップは
課題達成機能と集団維持機能だという。
そのどちらにも偏ってはいけなくて、バランスが大事らしい。

私は現実社会ではアルファだけど、実際はオメガ的な役回りもするなぁと思っていた。
でも、パックバトルで思ったのは、意外とチューイなんじゃないかなという気づきだった。

振り返りの中で絵と言葉を書いた。
ネットの向こう側はエッジの向こう側にも繋がる。
今までの世界、これからの世界、それを拒むものの正体は何か、を表現したと思う。

少し考えて
「今のままでも十分幸せなのにどうして?」
と問いかける言葉が浮かんだ。

他人の幸せをトレースしても何も良いことはないけど、そこにいれば安全地帯に居られることは自分自身がよくわかっている。
魂が向こう側へ行きたがっていても、今までのOAシステムがさかんにブレーキを踏む。
いつもいつも、私が「それ」を自覚した時から、変わらない心の変化。
どこまでも、自分で踏み出せないんだなと少し悲しくなった。


↑このページのトップへ