_var_mobile_Media_DCIM_153APPLE_IMG_3820.JPG

6月に熱海までダイビングMGに行ってきました(*^_^*)

MG界隈の有名人の方々にお会いできてMGF以来の興奮(笑)

今回は2日間でMGとダイビングを繰り返す予定が、悪天候のため1日MG5期やる事に。
1日5期は初めてでしたが、楽しかったのであまり疲れもなく楽しくできました!
(5期の前にうっかりビール飲んでしまってコールミスしたけど(^_^;))

5期、お金が中途半端になくて、初めて中型2台持ちしました。
行数カットを意識してしまって少し守りに入ってしまいました…
皆さんが青を4-5枚積みの2市場閉鎖で大阪24円だったので青3枚で大阪へ逃げましたが、だったらセールスマンもう1人雇うか赤の特急して7個売りにしておけば良かった…
次繰りよりPQ優先してしまったので在庫もチップも次繰りほぼゼロでしたがPQ1000超えたのでよかったです。
佳恵先生がこんなにPQ1000超えてるひとがいるなんて〜とびっくりしていました(*^_^*)

今回学んだのは《教えないの意味》です。

先日のPGでも言われた「全てを教えることが良いとは思わない」という言葉を考えていましたが、何となく合致しました。

気づきがその人の成長となる。
自らが発見したことは自分の意識として深く根強く残るものだと感じます。

最短ルートは果たして本当に正解なのか?
色々と教えてしまいがちだけど、その人のことを本当に思うのなら、答えを教えるのではなく自らが気付けるように導いてあげることが大事。

悩みも、失敗も、辛い事も、それを決めるのは自分の意思であり、その時に動いた感情や気づきや学びこそが本当の財産なのかもしれません。

プロセスを大事にするということが今更ながらじわじわと私の心を巡っています。

2日目はダイビング(*^_^*)
10年前に体験ダイビングして以来久々のダイビングでした(*^_^*)

午前中は練習して午後は15分くらい海の中を散策して。
魚の溜まり場や、ウツボやウニなどを発見しました。
ボンベのブクブクという音だけが響いて、自分に集中する感覚を味わいました。
楽しかった(*^_^*)

うちのスタジオのカメラマンさんはダイビングインストラクターでもあるので帰ってから色々聞いちゃいました。

深く潜る感覚は自分の意識と似ています。
そして自然と一体になり、自分が生きているんだという事を実感します。

自分に集中すること、自分と向き合うこと。
心のざわざわやモヤモヤは、自分が作り出しているものなんだなと改めて思い、また、ひとつ大事なことを教わったMGでした。




_var_mobile_Media_DCIM_153APPLE_IMG_3487.JPG
いつも、MGやPGやスウェットロッジで会ってる大好きな皆と一緒に過ごした2日間。

つきつめPGファシリテーターになるため2日間合宿を受けてきまして、晴れて試験合格して仮免許頂きました(*^_^*)
これからPG主催もしていきたいと思います。

PGは、他者を通じて己を知り、本音に触れ、最短で夢が見つかるゲーム。
私はそんな風に思っています。

今回、改めて主催である平和戦略会議の3名の講義を受けそれを自分の中に落とし込んで同じ内容をプレゼンするというテストがありました。

いつも私が自分の協会で講師に発表してもらっているデモレッスンと逆の生徒の立場で、久々に発表する側に回りましたが、受けてみて初めて自分が思っているよりもきっと忠実にはうちの講師には伝わってないし、だからこそ何度でも伝える必要があるのだなと思いました。
(実際PGで同じ講義3回も聴いててもトレース出来なかった…)

人から教わったものを自分の言葉として発信していく事の難しさ。
それもまた、自分で体感しアウトプットをするのはもちろん、自分に問い続ける事が大事なのだなと思います。

合宿の夜24時まで、ロビーにいた3人を2時間ほど運良く独り占め出来たので、平和戦略会議の成り立ちとか想いとかを根掘り葉掘り。

創立者のこと自身をもっと知ることで理解が深まり、創立者が本当に伝えたいことを着実に広げていけるようになるのではと、思います。
もちろん自分のエッセンスを入れることになるけれど、まず忠実に再現することを意識することは、それは教えて頂く相手に敬意を払うことと同等だと、考えています。

MGの西先生然り、マザーアースの松木さん然り、そこまで、学びたいと思った事が出来たこともまた幸せです。

さて合宿中に一度PGをワンゲームだけする機会があったのですが、メンバーがすでにPGに慣れている方だけだったので、超深いテーマを深掘りしようと思いました。

それは、私が初めてPGを受けた時に出た
「おひるねアートで世界平和とは」
の意味
「世界中の全ての赤ちゃんが、たった一人でもいい、生まれてきた時に祝福してくれる人がいればそれは世界平和になる」
という答えで

それは今でも私の大事な軸となっておりかけがえの無い財産ですが、それをもっとつきつめた時に何が出るのか、を行いました。

少し短めの10分という時間の中で、不思議だったのは
Why?(なぜ?)と
HOME
しか出なかった事(笑)
ひたすら何故?を聞かれ、ひたすら褒められました(笑)

その中でも3回聞かれた「何故?」は

・なぜ「世界中の全ての赤ちゃんが、たった一人でもいい、生まれてきた時に祝福してくれる人がいればそれは世界平和になる」のか?

→生まれてくる事自体が奇跡。その命を無駄にして欲しく無い。

・それは何故か?

→人はそれぞれ生まれる時に使命を持っているはず。その人の持っている使命を全うさせてあげたい

・それは何故か?

→全うして初めて「自分の人生を生ききった」と思えるから

という、人生の意味についての価値観が出てきました。

全うしたと思えるキーはやはり愛なのではないかと思うし、「生まれてきてくれてありがとう」だと思うし、その祝福を最初に受けるタイミングはやはりこの世に生まれ落ちた瞬間だったらベストだな…と思っているのだなぁ、と改めて実感しました。

でも、さらに深掘りをするならば、赤ちゃんのうちに祝福を受けられなくてもダメな事は無くて
生まれて死ぬまでに一人でも一度でも
「生まれてきてくれてありがとう」
がその人に贈られていれば、それでいいな…
とも思いました。

自問自答してもなかなか出ない答えを、他者と一緒に探し、聞いてもらい、自分の言葉としていく。

そんなPGがやっぱり大好きだし伝えていきたいと改めて思いました。


_var_mobile_Media_DCIM_150APPLE_IMG_0823.JPG

私が私になっていく上で一番の手助けとなってくれたのが、2017年に出会った

感覚に触れるスウェットロッジ(SL)
経営・数字を学ぶMG
チームビルディングを学ぶウルフキャンプ
自分の軸を定めるつきつめPG


なのですが、気づいたら大体1か月に一度は必ずどこかに参加しています。
(ウルフは今のところ1年に1度しかないのですが)

この4つは人生観と人間力の成長には必要なものだと思っているので、繰り返し行っているのですが
短いスパンで4つを受ければ受けるほどバラバラだと思っていたものが融合されて一つの大きな個となっていく気がします。

_var_mobile_Media_DCIM_151APPLE_IMG_1258.JPG

各4つの居場所は全く別のフィールドではあるのですが、それぞれ重なり合う人もいるので
共通言語が増えると分け合う感覚も増え、価値観の共有も出来るようになってきます。
(4つ全部共通、という人は今は2人だけなんですが、2つでも共通するものがあると価値観も似るのですごく分かり合える気がします)

4つに共通するものは何だろうと問うた時に
・他者を通じて自己理解を深めること
・自分の潜在意識に触れ、本当の望みは何かを知ること
・他者を受け入れ、信頼すること
・自分を受け入れ、信頼すること


最終的には「私が存在していること、あなたが存在していることそのものが素晴らしいのだ」
という、ただ、いるだけで価値のある存在だという自己肯定感の根本となるものであり

それを見つけ出すために必要な答えをアクティブラーニングによって体験しながら見つけていく
ヒーローズジャーニーを体現していくもの

なんじゃないかなと思いました。

_var_mobile_Media_DCIM_153APPLE_IMG_3541.JPG

他者との関わり合いの中で、他者を通じて、自分を知る。

この4つはもちろん楽しいことは楽しいのですが、自分と向き合うことで生じる痛みも多くて
(成長痛みたいなものでしょうか)そのたびに成長する機会をたくさん頂きます。
自分の本音と向き合ったときに出てくる、今の自分との違和感やギャップの差があればあるほどもがいたり苦しんだりします。
ただ、それに逃げないで向き合ったときに、かけがえの無いものを1つずつ見つけていく気がします。

_var_mobile_Media_DCIM_151APPLE_IMG_1514.JPG

この感覚は特に人に何かを教える立場の教育者の方へ体験して欲しいと思うし、体験すればするほどいかに自分が奢っていたか、無力かを知り、それが大事で、そして初めて相手の心に寄り添うことが出来ると思っています。

キーは自分の本音を探り、自己開示をし、自分の不完全さを受け入れること。
受け入れた時に本当のスタートとなる。

そんなことを思います。

1年この4つを繰り返し受けて、私も最近になってやっと、私の事を褒めてくれる人の言葉を書き留めていくことをしています。
やっと、それを受け取っても大丈夫と自分が自分に許したのかもしれません。
そうして今までどれだけの人が私を見てくれていたのか、助けてくれたのかを知るのです。
過大評価なところもありますが、自分でもそうありたいな、と思う言葉は大事なギフトとしていつまでも持っていようと思います。

↑このページのトップへ