始めたは良いものの、どこから書くのかわからなくてしばらくボタン探してました💦

_var_mobile_Media_DCIM_127APPLE_IMG_7003.JPG

普段は、私が手がけるおひるねアート協会とおひるねアートスタジオストーリーのSNSも見ているのですが…

どちらもLINE@、ツイッター、アメブロ、インスタ、FBページとあり、さらにホームページの理事長コラムや、自分の個人ページやインスタなどもあり、ここに来てLINEブログとか。

使い分けどうするかとか、そもそも出来るのかとか、思っていますが、これは結構ゆるく書ける感じなので、自分の議事録として残しておければ良いなと思います。

写真とかも気軽に貼れるからアメブロよりも使いやすいですね…
アメブロももう終息気味ですし、時代がどんどん変わっていくので、今更読者登録どうこうとか、もう無いでしょうし、やっぱり1番はどこに行っても通用するコンテンツと内容、そして個々の個性がより一層大事なのだと思います。

そんなブログセミナーを今度講師にお願いされたので、いま資料を作っているところです(*^_^*)

で、このブログですが、しばらくは私がFBのタイムラインで発信していた事業の作り方とか、人間関係の構築についてとか、仕事に対する考えなどのストック置き場にしようと思います。

あまり、おひるねアートの事は書かないと思います(笑)

これからよろしくお願いします(*^_^*)


【日本おひるねアート協会理事長】青木水理プロフィール

_var_mobile_Media_DCIM_122APPLE_IMG_2902.JPG

《おひるねアートの提唱者》

■日本おひるねアート協会 代表理事
■おひるねアートスタジオStoryトータルプロデューサー

元トリマー。2007年生まれの娘、2012年生まれの息子の2児の母。
長女誕生から保育士資格を取得し、約7年ベビー向けの教室の講師を務める。

長男の誕生以来、おひるねアートを趣味で撮り始め
日本初のおひるねアート専門ブログ
「えいちゃんのおひるねアート」を開設。
ブログがママたちから高い支持を受け、ブログ開設後わずか4ヶ月で初の写真集
「赤ちゃんのおひるねアート」を主婦の友社より出版したことをきっかけに
TVCMや雑誌広告の作品制作を手がけるなど数々の分野で活躍する。

2013年10月に一般社団法人日本おひるねアート協会を設立。
(※2016年11月時点で全国に認定講師294名)

「おひるねアートで世界中のママと赤ちゃんに笑顔を届けること」を使命に、おひるねアートを広げる活動として、認定講師の育成や、企業への作品提供などを行う。
2015年4月におひるねアート専門のフォトスタジオ「STORY」をOPEN(東京・水天宮)
スタジオセット、おひるねアートの全面プロデュースを行うほか、自身も指名制でのみ撮影を請け負う。

また、当初より子連れで仕事を行うスタイルを貫き、息子の幼稚園入園まで子連れ出勤を実践。
「赤ちゃんと一緒に働ける」環境の提案にも力を入れている。

著書
「赤ちゃんのおひるねアート」主婦の友社 2013/3/1
「おひるねアート」宝島社 2013/12/6
「おひるねアート撮影術(おひるねアート協会)」小学館 2016/4/21

【取材履歴】
・日テレ「スッキリ!」
・新聞「日経MJ」
・NHK「まちかど情報室」
・TBS「知っとこ!」
・テレビ東京「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」
・朝日新聞
・千葉テレビ「ママまま!」
・NHK名古屋「ほっとイブニング」
・金曜トレビアン
・NHK「ひるまえほっと」
・福島中央テレビ「きぼう」
・金沢テレビ
・ケーブルテレビJ:COM『ステキ+Life』ゲスト出演
・NHK「まさカメ!」
・TBS「あさチャン」
・日本テレビ「ぶらり途中下車の旅」
・フジテレビ「めざましテレビ」

【作品提供】
・テレビ東京「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」
アーティストとして大トコロ展に作品展示
・フジフイルム2013年「大伸ばしプリントキャンペーン」店内広告ほか
・大丸グランフェスタTVCM製作
・森永乳業グローバルサイトメインビジュアル制作
http://www.morinagamilk.co.jp/english/
・小学館「ベビーブック」広告
・内祝い専門誌「わたしの天使」表紙
・24時間テレビ「おひるねアートでひと夏の大冒険」製作協力

【その他経歴】
・自由が丘「ポパイカメラ」にて個展開催
・日本橋三越、銀座三越、新宿伊勢丹にて定期的にプレミアム撮影会を開催
・サンリオコラボ「おひるねアートコスチューム」監修(おひるねアート協会)
・映画クレヨンしんちゃん「ユメミーアートコンテスト」協力および審査員
・NSファーファジャパン「ファーファおひるねアートコンテスト」審査員 ほか
・ほか、全国でおひるねアートの講演、トークショーなども行う


↑このページのトップへ