月別アーカイブ / 2018年05月

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2718.JPG
組織に入れば

少なからず仲が良いグループが出来るが

その仲の良さが

「何で繋がってるのか?」

が重要で

例えば

志や夢が同じである仲間なのか

ネガティブな情報共有で

コミュニティになってるのか

要は

世の中ごと化と言われる

マスメディアに翻弄される

日本の様な悪者を吊るし上げてのバッシングを

軸のコミュケーションの取り方や

仲間ごと化で

自分達の共通の知り合いの

悪口や陰口によって

コミューケーションを取ってる感じの

コミュニティに属してるなら

早く離れた方がいい

理由は簡単

自分ごと化する能力が

明らかに下がるから

しかも

誰も幸せになれない

もっと言えば

自分の心が貧しくなる事に

早く気付く事が大事だと思うから

もし

抜けるのが難しいなら

あなた自身がまず変わりましょう

ポジティブな発言を

そして

周りにいる仲間のプラスのパワーを

引き出せる様に、、、、、


_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2729.JPG
問題が無く

スムーズに進む道と

問題があって

スムーズに行けない道

普通は問題が無い道がいいと思うけど

長期的な方向性の時に

きっと

ふと気づくと思う

問題が無かったことが

問題だったと、、、

課題への取り組み方

問題を考える力

それが

成長した時に

問題に当たらなかった

問題だったと、、、

でも

それが

ダメなのではなく

その器用さを自分で認めて評価して

不器用な人は

問題にぶつかってる人の支えになり

お互いが必要。。。

だから

上手くいってる人

上手くいかない人

両方見とくことが大事だとおもう。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2595.JPG
心に余裕がない状態では

時間が早く感じる。。。

これは忙しい事が

ポジティブに取れる状況なのか

ネガティヴなのかは本人次第ではある。

逆に

心に余裕がある時は

忙しくても

時間がゆっくり流れて

俯瞰的に見れるようになる。

時間の経過は

変わらないが

本人の状況によって

捉え方が変わってくる。

仮説ではあるが

学びを成長として捉えてる時の

忙しさは

心に余裕がある分

とても

時間の流れが

「滑らか」な様な

感覚に陥る。

これは

とても幸せな時間の使い方だと思う。

常に

余裕を持ち

精一杯時間を有限に使っていきたいと思う。

↑このページのトップへ