月別アーカイブ / 2018年05月

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2909.JPG
思考というのは

不思議なもので人からもらうだけでは

上手く自分の中に

落とし込めずに

時間がかかってしまったり

必要な部分だけ入れてしまうような気がします。

単純作業にも思えることを

どれくらい

価値を見いだして

模索していくかというのが

自分の思考をアップグレードするのには

最適なんではないかと考えてます。

単純に

「自分の事をどれくらい俯瞰的に見えるか?」

ここがすごく重要で

誰かへの攻撃だったり

誰かへの嫉妬などは

自分に足りてない部分を

補ってるんだと認識していく事が大事で

それに気付かないと

実は

人を攻撃してるのにも関わらず

そのまま自分に返ってきてしまうという

負のスパイラルに入ると思います。

だから

この

「自分の事を俯瞰的に見るようにする」

という事が

ストレスをフリーにする為には

重要なものだと思ってます。

全ての人が幸福になる為に

自分の出来ることから

初めてみるのもいいのではないのでしょうか?

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2921.JPG
自分の考えてる正義は

もしかすると

他の人からしたら

悪かもしれない。

全方位全てに対して

正義を振りかざす事は

あくまでも

1つの議論として

受け手が取ればいい。

それを

敵対するのではなく

受け入れる事から始まる。

正義と悪ではなく

その人の

譲れないところだと思います。

だから

みんなで

良くなる方向を

見つけていく事が大事だと思う。

ポジティブシンキングがいいと言われてるが

本当にそれでいいのか?

と思うわけです。

ポジティブだけでは

良くなくて

ポジティブの対になる

ネガティブな要因も知っておくべきだと思う訳です。

ポジティブな部分の中にも

ネガティブな部分もあるという

両義的な視点がある事により

一喜一憂しなくなると思う。

「要は平常心」を

どう作るかが

パフォーマンスの質を保てる方法だと思う。

ポジティブな要因とネガティブな要因を

両方を1つの事柄で考えれる事が出来たら

小さな事柄でも

大切な出来事に変えれる力が

養えると思う。


↑このページのトップへ