2018年

初セミナーさせて頂きました。

今年の自分のテーマが

「再興(rivaival strategy)」

という事を掲げております。

今回のセミナーテーマは

「抗酸化による理美容業界における変換とは?」

というところがお題だったので

5時間セミナーの中で

プレゼンテーションは

多分に難しく聞こえてるんだろうなーと、、、

ただ

去年からプレゼンテーションの時に意識してる事は

「簡単にしすぎない」

っていうところです。

なぜか?

私自身は

専門性の高い仕事をしてるというので

スタイリストとの視点は元々違うという事。

今までは

なんとか簡単に伝わるように、、、と

懸命にやって来たのですが

理美容の仕事や専門用語を

使えば使うほどユーザーから遠くなっている

そんな気がして来てました。。。

同業者ならではの有り難みやりかいしてくれようとしてくれる部分は分かっているつもりです。

ただ

これからを考えた時に

専門性の高い人に

価値を変換して

消費する人が増えるのではないか?

この仮説を検証している部分もあります。

もちろん

同業者の中で

専門性の高い人たちの価値が高いことは

理解してるのですが

この世界を一歩出た時に

この業界の常識は

アップデートして来てるのか?

僕自身は

カラーの専門家として

仕事をさせてもらってますが

元々カラーリングという源流はどこからだったのか?

カラーリングの歴史はどのように流れて来たのか?

カラーリングと歴史はどう繋がるのか?

日本の文化とどう関係して来たのか?

こんな事がすごく気になってます。

もちろんデザインの事やメソッドの事も

もちろん大事な部分ではありますが、、、

ここは好きな人がいそうなんで

あえて

ブルーオーシャンと言われる所にダイブしてみたいと思う今年です。

きっと

多々難しい事が

これから先難題で出てくると思うのですが

なんとか乗り越えてみようと思いますwww

今年も1年張り切っていきたいと思います。

魚沼GHAQさん

呼んで頂きありがとうございました!

ミラクルな人にも会えて最高のスタートでした!

今年初笑いになるのかな、、、www
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0629.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0657.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0663.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0652.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0643.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0699.JPG