月別アーカイブ / 2017年09月

  1. 色を選択する時に
  2. 印象(視覚的)
  3. 表現(感情的)
  4. 構成(象徴的)

特に印象がヘアカラーは多いと思います。

例えば、「赤」を選択するにしても、次のような3つの観点で色を選ぶことができます。

  1. 赤は「目立つから」といった印象(視覚的)による色選択。
  2. 赤は「情熱的だから」といった表現(感情的)による色選択。
  3. 赤は「日の丸を表すから」といった構成(象徴的)による色選択。
だから流行りじゃなくて

どーして

その色にするのか?

その理由

(最近は言い訳)

という風に言ってますが

人は

何かと理由が欲しくて

それ自体のスペックだけが欲しいわけでは無いと

言うこと。

であれば

提供する側は

理由づけをしてあげれば

買いやすいと言うこと

もっと言えば

理由が無いものや根拠の無いもの

受け売りは

理由が無い分

買いづらいと言うことになる。

それを

ブランドでやるのか?

知識でやるのか?

信用でするか?

これが大事だと思います。

ニュースタンダードを

作るべくオンラインサロンを

立ち上げさせてもらってます。。。

カットとカラーで

カットは由藤

カラーは僕が

一回の配信で

モデルさんのカット割りを

細かく出して

それに対して解説を入れていく。

リアルなモデルケースを

配信しています。

今までの

常識的な部分から

そこから

逸脱して考え

顧客志向型プロダクトアウト

というイメージが近いと思います。

2人とも

お陰様で全国でセミナー開催させて頂いてるのですが

セミナーだと

手元が見えないなどの声もあり

細かい所まで

映像として見る事が出来るようにしてあります。

技術解説、技術動画

両方が

余す事なく

施してありますのでご興味ある方は

ぜひいいねで

拡散よろしくお願いします🙇

_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0609.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0389.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9813.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9493.JPG
このモデルさん仕上がりを

細かいカット割りで収めてますので

よろしくお願いします😊

zC7lJXV6u3.JPG
新しいスタンダードを作る為には

徹底した今までのやり方や考え方を

分からなければない

それは純粋に否定的に

新しいものを作る事を目的にするわけではなく

それがあるからこそ

今の自分がいて

自分が時代に対して

どの役割を担っていきたいのか?

そこは非常に重要かと

今までは

マーケットインが多くて

次に

プロダクトアウトという形になり

ちなみに

プロダクトアウト

大量生産時代の悪しき風習の様に語られることが多いこの言葉、良い物を作れば売れるという考えのもと、作り手の理論を優先したモノづくりを言うことが多いです。

マーケットイン

一方マーケットインは消費者のニーズを優先し、顧客視点を取り入れた商品の企画開発を行うことを言います。とはいえ、かのスティーブ・ジョブズの名言「人は形にして見せてもらうまで、自分が何を欲しいのかわからないものだ。」からも解るように、見たこともない革新的な製品というのはマーケットイン思想では生まれにくいとも言われています。マーケットインだと既存製品の改良版を生み出すのが精一杯になるケースもあります。


こんな感じ。。。

要は

世の中が全てセパレートされ過ぎてるという事

どっちかが

悪でどっちかが善みたいな感じになってる

いやいや

両方とも良いところは残せば良い。。。

顧客志向のプロダクトアウトってやつ。。

そうすると

今までの自分達の業界の常識だけだとダメだし

ユーザーの声を聞きすぎたら

未来はないし

ここのバランスを取る為に

経験者と創造者がいるはず

素人思考で玄人実行とは

まさに

この感覚の事を言ってる気がする

1人で素人感覚が掴めなければ

入社が若い人に聞けば良いし

素人的感覚をどういう風に

情報を取り行くのかは

多様性が必要だと思う。。。

ニュースタンダードは

やっぱり

素人的思考、感覚で

玄人として実装して実行すること!


↑このページのトップへ