_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2697.JPG
物事の本質には

表側と裏側が存在して

自分の位置を

表でもなく裏でもない位置から

その関係性を見てみる。

それにより

自分の中の

「中道」が見え始める

少なからず

自分というものを持っているのであれば

流されるのではなく

表、裏を自分の中で

ストーンと落とし

そこから

自分の経験や知見を

照らし合わせる事が重要。

それを説いてるのは

「老荘思想」である訳で

無為自然の中で

考えながら

時代に合わせ

自分の立ち位置を考えていく。

これからは

そんな時代なような気がします。