ポジティブシンキングがいいと言われてるが

本当にそれでいいのか?

と思うわけです。

ポジティブだけでは

良くなくて

ポジティブの対になる

ネガティブな要因も知っておくべきだと思う訳です。

ポジティブな部分の中にも

ネガティブな部分もあるという

両義的な視点がある事により

一喜一憂しなくなると思う。

「要は平常心」を

どう作るかが

パフォーマンスの質を保てる方法だと思う。

ポジティブな要因とネガティブな要因を

両方を1つの事柄で考えれる事が出来たら

小さな事柄でも

大切な出来事に変えれる力が

養えると思う。