月別アーカイブ / 2017年11月

昨日のWBSで紹介されてたロボットですが…

犬型ロボットで、
臭いがクサイと…
20171129_231736.jpg
20171130_195001.jpg
気絶するようです( ;´・ω・`)

あと、消臭剤のオシッコをまくらしい(´TωT`)

万歳!

歯の治療をする時、

型取りをして、1週間後くらいに、

つめ物を付けに行ったことがあると思います。

 

出来上がった詰め物は、その場で歯科医師が

調整をして付けます。

そもそも、合った物が出来上がったのに、

なぜ調整が必要なのでしょうか?

それは合っているのでしょうか?

 

 

多少の違和感があっても、

人は慣れます。

ずれた状態で慣れると、

後で顎関節や筋肉に

負担をかける可能性があります。

(逆に、噛み合わない詰め物は

噛んでも違和感がありません)

 

詰め物、かぶせ物、入れ歯などを作りますが、

患者さま一人ひとり、

噛み合わせと、顎の状態は違います。

 

精密な歯を作るためには、

歯全体の噛み合わせと、顎の動きを確認する

検査が必要となります。

 

「フェイスボウ・トランスファー」という工程を行います。

ypDyX9AGbn.jpg

「フェイスボウ」という道具を使い、

患者さまの、歯と顎の計測を行います。

とても大切な検査です。

なぜかというと、、

 

つめ物を作る時に必要なものは

「咬合器」という器械です。

20171116_091714.jpg

これをもとに技工士は、歯をつくります。

20171116_091722.jpg

開いたり、動いたりします(・ω・)b

患者さまのお口の再現でなので、

 

より精密な「咬合器」は

噛み合わせの診査が可能です。

 

つまり

歯型を「咬合器」に取り付けて

患者さまのコピーを作るのですが、

 

コピーする基準が

「フェイスボウ・トランスファー」という工程です。

ypDyX9AGbn.jpg

歯の位置の基準を

20171127_101029.jpg

「咬合器」に再現する!

1511834823999.png

患者さまの状態を一体化することが可能です。

 

「フェイスボウ」がなければ、

精密に「咬合器」を使うことができません。

 

これにより、

調整の少ない歯ができること。

 

さらに、歯全体の噛み合わせと

調和のとれた歯を作ることができ、

 

さらに、顎の動きを診査

することが可能となります。

 

日本の保険治療では出来ません。

一般的な臨床で使用している歯科医師は

10%もいないと言われています。

使用できる歯科技工士も限られています。

 

私の歯科治療において、

ドイツKaVo社製

「ARCUSフェイスボウ」と

「プロターevo7」咬合器

欠かせないアイテムです。

 

 

歯を守るために、出来ることは

精一杯していきたいと思います。

 

*「フェイスボウ」による治療や検査は

 保険適応外のため、自費診療になります。

 

★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。★─☆。o゚。

アトリエHPをチェック(σ・∀・)σ

http://dental-atelier-jiyugaoka.com/

 

東横線・大井町線 自由が丘駅徒歩3分

ご来院を心よりおまちしています(▰˘◡˘▰)

●03-6715-6603

デンタルアトリエ自由が丘歯科

↑このページのトップへ