月別アーカイブ / 2019年03月

「また春に会いましょう」
そう綴った春になりました。
まだ札幌はちょっと寒かったけど、春ですね。

ご無沙汰しております。
2018年9月ぶりに9mmサポーターとして関わらせて頂いたfolcaの爲川裕也です。
「カオスの百年TOUR 2018」の初日であり最終日、2019.3.17 Zepp Sapporoの様子をレポートさせてもらいます!

ライブハウスに入ると、素敵なウエルカムボード9mmさんが迎えてくれました。
ちーさんと!
IMG_7792.jpg

そしてスタッフの皆さまに挨拶。
気持ちのいい挨拶が交わされます!
これぞ基本にして奥義。

そして会場限定CDのジャケット達で彩られた楽屋に入りましょう。おもてなし。
 IMG_7806.jpg

楽屋では、カズさんのルーティンである弦交換現場に遭遇しました。
そしてよくよく見てみると、New BASSになっているではありませんか!
透明のピックガードが付いており、ピックガードのカット方法により、指置きにもなるというこだわりのニューフェイスさん。
ぱっと見だ
と分かりにくいのですが、プレイ面ではこの細かい変化が段違いの結果を生むのです。
IMG_7791.jpg

おっと。
いきなり楽器面の話になってしまいましたが、「段違い」と言えば、もう皆さん気づいてますよね?
IMG_7794.jpg

カズさん、髪短っ!!
ほんの数日前に通しリハをした時は長かったので、意表をつかれたのは僕も同じです。
新しいアーティスト写真の時から髪型、ベース共に変えてくるDANCHIGUY!おそろしや。


卓郎さんとステージへ向かい、15周年版バックドロップを前に背筋が伸びました。
この日は2018年ツアーの終わりでもあり、2019年15周年の始まりでもあるのだ。
文字通り背筋を伸ばした2人。
IMG_7799.jpg

おどける卓郎さん。
IMG_7797.jpg

滝さんもきた!
3人合わせて男子十八弦坊。(ネーミングセンス3点)
IMG_7819.jpg

9mmのサウンドを作り上げる武器たち。
IMG_7790.JPEG

そしてリハーサルとなれば、真剣です。
サウンドだけでなく緊張と緩和が人間的にも染み付いた9mmさんなのです。

照明との相性が良すぎるかみじょうちひろさんです。
IMG_7812.JPG

シルエットで物語れる中村和彦さんです。
IMG_7814.JPG

近づけば近づくほどに遠くなるギター界のエンジェルフォール 滝 善充さんです。 
IMG_1891.JPG

背負っても背負っても、逃げたくないから笑えるのが菅原卓郎さんです。 
IMG_1893.JPG

真剣なリハーサルを終え、滝さんが撮影している姿を撮影。
後々滝さんビューも何かでお目見えするのでしょうか、どうでしょうか。
IMG_7822.JPG

そして本番なのですが。
撮影可能ライブでしたから、皆さんの記憶にも記録にも残せているかと思います。
記録っていっても撮影だから音は残せてないですって?

ええ。心配いりませんとも。ええ。

2019.4.10 発売『名もなきヒーロー』の収録トラックとして、この札幌公演の演奏はぜーーんぶ聞けてしまいます!わー!
こうして今回の「カオスの百年TOUR 2018」はみんなで終わらせることが出来るのですね。
チーム9mmの抜かりなさ、おそろしや。
名もなきヒーロー.jpg


下手くそな宣伝のあとはド直球で、皆さん既に見た名もなきヒーローのMVをどうぞ。いってらっしゃいませ。




おかえりなさいませ。
当日札幌に来られた方は、思い思いの瞬間を切り取られたかと思われますが、
ここでサウンドシューター橋本 塁さんによる本意気の写真をお楽しみ下さい。
_RUI5561.jpg
_RUI5326.jpg
_RUI7635.jpg
_RUI2070.jpg
_RUI8734.jpg
_RUI5651.jpg

そして「名もなきヒーロー」演奏時は4人での演奏が聞けました!
横で見守っていたのですが、僕も撮影可能だったことを思い出しまして楽屋ダッシュ。
4人での演奏の瞬間を爲川目線で切り取りました。
IMG_7824-1.JPG

本編が終わり、15周年の9mmがついに動き出した感がありました。
秋には『DEEP BLUE』の発売やツアーも発表され、
もう来週に迫るLIVE HOLIC、東京で桜が咲ききった頃には日比谷野音、
「来週も会いましょう」シリーズで大阪城野音。
そこから春フェス。

それもこれも「カオスの百年TOUR 2018」をしっかりと終わらせられたからですので、
今回の振替公演、尽力された関係各所の皆さまに感謝。
お集まりいただいた皆さまに感謝。
振替の関係で来られなかった方はぜひCDで当日の様子を感じて頂きたいです。

きたる春の日々、
笑ってライブ会場でお会いできるのを楽しみにしております。


最後にfolcaのお話をさせて下さい!
もう明後日(3/22)に迫りました!
渋谷TSUTAYA O-Crestで開催される、folcaとの共催イベント。
その名も「folca×O-Crest presents "CRAZY gonna CRAZY gonna CRAZYYY!!!!”」 
 7y7i3jcYa2.03.22 C folca.jpg
当日決めでも大丈夫です。渋谷でロックでイキきりませんか?
我々folcaからの新しいお楽しみもお知らせできるといいなと思っております!

お付き合い頂き、ありがとうございました。
それではまた。

9mmからの「相棒」呼ばわりがとてもとても光栄だった
folca 爲川 裕也でした。

1 Wanderland
2 Wildpitch
3 カルマの花環
4 Sleepwalk
5 21g
6 Vampiregirl
7 インフェルノ
8 The Silence
9 光の雨が降る夜に
10 キャンドルの灯を
11 ホワイトアウト
12 Termination
13 marvelous
14 Talking Machine
15 sector

↑このページのトップへ