月別アーカイブ / 2017年09月

9mm Parabellum Bullet 公式LINE BLOGをご覧の皆さまこんにちは!
9mmが好きすぎて足繁くライブに通っていたらいつの間にか彼らと同じステージに立つことになった9mmモバイル会員(月額300円はもちろん自腹)のサポートギター武田です。好きなアルバムはMovementです。よろしくお願いします。

今月からスタートしたLINE BLOGですが、早くも3度目の登場となりました!
あっという間に月末になってしまいましたがそれもそのはず、9月の9mmはライブがたくさんありました!
その回数は…な、なんと!!!

「8」回

惜しいっ!あと1、、

…はっぁ!?

9mmファンにありがちな「9」ニアミスに対するただのアレがでてしまいました。
大変失礼いたしました。

今回のブログでは9月後半のライブを振り返っていこうかと思います!
前回に引き続き写真多め内容薄めでお届けします。

【AT THE DRIVE IN JAPAN Tour 2017】
ついにやってきました。
9mmファンの皆さんならご存知かと思いますが、AT THE DRIVE IN(以降ATDI)は、9mmのメンバーが影響を受けまくったバンドです。
そんな超好きすぎるバンド、ATDIの東名阪ツアーオープニングゲストに抜擢されるだなんて、こりゃもうたまらんぜ状態です。

■9/19 Zepp Tokyo
待ちに待ったツアー初日。
 ファイル_001.jpg

気になるツアーグッズのチェック。
ファイル_003.jpg

卓「。。。(チョコミント食べたかったのに…)」
ファイル_005.jpg
ファイル_006.jpg
 
サウンドチェック。
珍しくノースリーブの菅原卓郎サービスショット! 
ファイル_007.jpg

ATDIとのツアーはセッティングの都合上、全員横並び。
ファイル_008.jpg

ライブ中の諸々はオフィシャルツイッターなどでご確認ください。
https://twitter.com/9mm_official

何気ないシリーズ ライブ後の楽屋編
ファイル_010.jpg

そしてついに…
ファイル_011.jpg
卓郎くんとセドリックのツーショット!

からの!
ファイル_012.jpg
ギタリストのキーリーともツーショットゲットしました!!

あっ僕は大丈夫です、本番前にいただいてるんで。
ファイル_013.jpg
(つま先立ちしてます)


■9/22 なんば Hatch
ATDIとのツアー2本目。
サウンドチェック
ファイル_015.jpg

いきなりライブ後。
何気ないシリーズ ライブ後の楽屋編vol.2
ファイル_016.jpg

大阪と名古屋は滝くんが観に来てくれました!
ファイル_018.jpg


■9/24 名古屋 CLUB QUATTRO
ツアー最終日です。

ATDIのテックさんが卓郎くんのエフェクターボードに興味津々。
ファイル_019.jpg

何気ないシリーズ ライブ後のカズ中村
ファイル_021.jpg

何気ないシリーズ ライブ後のタク菅原ファイル_022.jpg

ライブ直後、塁さん風に…とスタッフさんに撮っていただきました。
ファイル_024.jpg

ラストはATDI × 9mm!!!ファイル_023.jpg


ツアー最終日となる名古屋クアトロの、フロアの盛り上がりは凄まじいものでした。もちろん両バンドのライブもHAMPAなかったです。

実はこのツアーの間に、これまた激アツなライブが1本ありました。
【My Hair is Bad presents「ミラクルホームランツアー」】です。
その様子はまた近日中にアップします!


最後に自分のバンド、HEREを熱烈アピールいたします!
9/13に4枚目のフルボリュームアルバム『YOU GOT 超 HIGH TENSION』をリリースしまして、ついにツアーもはじまりました!
ファイル_025.jpg


ツアー初日となる9/27 渋谷TSUTAYA O-Crest
(出演:HERE / キツネツキ / 尾形回帰&菅原卓郎の弾き叫びデュオとゆかいな仲間たち)
ライブレポートはこちら↓

ツアーファイナルは11/29(水)渋谷クアトロ!これはなんとしても観に来てほしいです!よろしくお願いします!

それではHEREのヒットソング『タイアップは君だ』のPVで今回はお別れです。


それではまたね!

HERE武田将幸

 

 
 
 

どうも、9mmサポートギターでモウレツな瞬間を32分音符でザクザクと刻みつけている為川裕也(folca)です。

まさかのハイペース更新には理由があります。
ご存知の通り、Pyramid ACTという東名阪ツアーがありましたよね?
9mm Parabellum Bullet
THE BACK HORN
Nothing's Carved In Stone
この強烈な3バンドで3都市を廻りました。

今回も夏フェスの時と同様に、BABELスタイルで、武田さん(HERE)と共にサポートで参加させてもらいました。
オンステージからオフステージまで、それはもう「興奮」「感動」「爆笑」に溢れており、これはお伝えしておかねばいかんですよ! ということでまたしても登場させてもらったのです。
 
あの場にいたひとの数だけのストーリーがあるものの、ここでは、為川によるピラミッド探検日誌をつらつら綴ってみようとおもいます。

■9/9 Zepp Osaka Bayside
FullSizeRender.jpeg
 迎えたその日は、9月9日9mmの日ということで、9mmがホストとなり「Pyramid ACT 〜カオスの百年〜」を開催。
ツアーの大切なはじまりの日。
興奮するでもなく、緊張するでもなく、かといっていつも通りでもなく、入りの時点で既に混沌とした空気が、、、、

流れてないですね。笑
とってもリラックスしてましたよ。
さすがメロンパンのみなさま(9mm Parabellum Bullet)でした。

9mmモバイル会員の方が聞ける9mm radioを、この日の楽屋で、5人の大所帯で録りました。
それを聞いてもらえれば、リラックスしていたことは感じてもらえるかとおもいます。
ちひろさんは「Oh!!ストローング!!」とか言ってましたので、ある種、混沌としてはいましたが。笑

リハーサルが終われば、それぞれの楽屋を訪れあう様子だったり、よいツアーの予感がプンプンする時間を過ごしました。

楽屋横のテラスにて3バンドリズム隊ピラミッド
FullSizeRender-3.jpeg

カズさんのTwitterにもあがっていた話題のポーズをピラミッド的に別角度より
FullSizeRender-2.jpeg

そんな楽しい時間を過ごせば、もうイベントは始まり、2バンドのステージに背中をバシバシと押され、初日9mmの日は、トリでステージに立ちました。
「Psychopolis」が1曲目でしたが、この曲については、「メジャーデビューアルバムの1曲目として100億点のパンチですよね」と武田さんとよく話しています。
なんせ「ダンダンダダン!ダンダンダダンダン!」ですからね。
こんだけダンダンこられたら、心も魅かれてきますよって。

アンコールの「Black Market Blues」では、THE BACK HORNの将司さん、Nothing's Carved In Stoneの拓ちゃんを呼び込んで、贅沢ざんまいな時間。後ろから見ていても三種三様のボーカリストで、もはやピラミッドでした。

実は拓ちゃんとは、7〜8年くらい前から対バンして仲良くしてもらっていて、今回の共演は個人的にも、言葉で表せないほどにうれしかったのです。
image1.jpeg

そんな本番を終え、皆さん各地で次の日もライブがあったりしたので、全体打上げはなかったものの、9mmの日ですから、しっかりと9mmチーム、そして将司さん、拓ちゃん、カメラマン塁さん(このBLOGのLIVE写真はすべて塁さんが撮ってくれてます!)、さらには関係者のみなさまも合流し、打ち上がりました。
初日を終えたみなさんは、メンバーをはじめ、いい顔してましたー。
既に遠い日々のようですが、まだまだ数日しか経っていないのは、濃厚だった証拠でしょう。

店の大将が、レバーの焼き方をしっかりと僕に教えてくれたので、おいしく食べられました。

作品名:レバベルの塔(おいしくいただきました) 
FullSizeRender-1.jpeg

ピラmidnight コーナーのお相手はカズさんと。
初日の興奮冷めやらないカズさんと僕は、部屋呑みを慣行!
時間にして、1〜2時間くらいだろうか。
ひたすらにバスケの伝説的な動画を見ては興奮!うほぉぉ!という時間を、過ごしたのであった。

補足
翌日に風とロック芋煮会2017を控えていた栄純さんが、絶妙な体の調整をしたよと言っていたのが印象的でした。
締まりと緩みの黄金比はこちら→ https://lineblog.me/thebackhorn/archives/8354167.html


■9/13 名古屋DIAMOND HALL
ツアー2日目にして、セミファイナルのその日は、THE BACK HORNがホストの「Pyramid ACT ~KYO-MEI~」でした。

まずは、バックヤードの模様をお伝えします。
栄純さんと卓郎さんと武田さんと僕で、ギターを連れて、ひたすらにワイワイ。
議題はギターリストのロマン「チョーキング」です。

こんな会話が続きます。
「チョーキング最高だよね」
「わかります、大好きです」
「チョーキングは、指や手首でやるものじゃないよね」
「顔ですよね。顔面の筋肉がそのまま指に繋がってますよね」
「顔ももちろんだけど、もはや弦を上げるというか、ギターを下げるように体をよがらせるよね」

この段階で、みんなでたどりついた
「チョーキングとは、物憂げな表情で体をよがらせる行為」
という答えに感嘆してましたが、なんとなんと、栄純さんは、まだ考察を掘り下げてしまいました。

「要するにギターのヘッドにキスをすることだよね」

「!?!?!?」

つまり、ヘッド(ネックの上の頭の部分)にキッスをする仕草をすれば、それはもうピンピンに張った弦という感情が、チョークすることにより、艶っぽい声(音)が漏れ出すぅ〜

という仕組みになっているのです。
「ギターって面白い楽器だなー!!」です。

良い写真だな〜
S__29810737.jpeg

この日の卓郎さん武田さんの「Everyone is fighting on this stage of Lonely」のギターソロが、いつもより艶かしかったのは、言うまでもない。。。 
 20170913_170916_0006.jpeg

ライブ後は、武田為川とスタッフのみなさまとで食事に。
ひたすらに辛いものをたらふくいただきました。
ふと横を見ると、武田さんの口元に唐辛子の欠片がついたまま、気づかずにもぐもぐしていました。
辛いものを食べすぎて、口まわりの神経がイカれてしまったのだと思い、僕的には気をつかって、さりげなく取ってあげたのですが、その一連の行動をまたしても、突っ込まれてしまいました。
武田さんのファンの皆さん、特権いただき、すいません。

補足
この日のライブで登場して、ピックを手にとる時に、うぶさんのピックがギターアンプの上に置いてあったのです。
ポジティブ癖のある僕は、これはまさか、しっかりやれよ的な激励か!と思い、この熱い気持ちをしたため、ライブに打ち込んだのでした。


■9/14 Zepp Tokyo
早くも来てしまった最終日は、
Nothing's Carved In Stoneがホストの「Pyramid ACT ~Hand In Hand~」でした。

会場に到着してすぐ、カレーがあるとの噂を聞きつけ、卓郎武田為川の頭文字T組はカレーに直行します。
まろやかながらコクと旨味を感じられるカレーでおいしかったです。

ツアー最終日ということで、色々な場所でメンバー同士が楽しそうに雑談。
そんな中、うぶさんが9mm出番前に楽屋にいらしたので、昨日ピックが自分のアンプの上にあって〜という話をしたら、「よく落としちゃうからね、ステージ上に落ちちゃってたんだと思うよ。」てな事で、スタッフのどなたかが拾って置いてただけかーいズコー。となりましたが、それもこれもファインプレー。
スタッフのみなさまも、たまたまにしてもさすがのピラミッドグルーヴなのでした。

最終日楽しみに来ているみんなのハートに火をつけるべく、9mmはトップバッターで出演しました。
「ハートに火をつけて」の間奏の横スライド移動をキメこんだり、「Cold Edge」の間奏では、武田さんが張り出しソロを弾き倒すかたわら、卓郎さんがこっちに来てくれて、熱を交わす瞬間があったり、BABELスタイルで恒例ともなった「Punishment」での前5人張り出しがあったりと、「太陽が欲しいだけ」で、あらゆる壁をぶち壊して 迷いを蹴散らして、Pyramid ACT最終日の9mmのステージを終えたのでした。

Punishmentのもはやプロレス的な一幕
これが
20170913_170916_0003.jpeg
高まったあげく、気づけばみんな同じポーズ
20170913_170916_0004.jpeg

それからTHE BACK HORN→Nothing's Carved In Stoneと順に、最高の状態でバトンを繋いだのは言うまでもなく。
全バンド興奮と鳥肌モノの瞬間が続くわけですから、おそろしいイベントですよ。
印象的なのは、全バンド終わるたびに、全出演者がステージ脇でハイタッチや拳を合わせて、健闘をたたえあっていたシーン。

卓郎さんがMCで言ってて知りましたが、金字塔とはピラミッドの事なんですね。
文字どおり、Pyramid ACTは金字塔を打ち立てました。

最後は全員で 
_RUI3647.jpeg

打上げは、それはもう全員が参加し、それぞれの席で笑い声がたえない宴でした。
僕はというと、武田さん、将司さん、拓ちゃんと、大体ここでは話せないようなメロンパンなことを話してました。
メロンパンって単語、便利ですね。

撮るひとを撮るピラミッド的別角度シリーズ 
IMG_5454.jpeg

2軒目も、それぞれが散り散りになり、明日に備える人、夜を終わらせない人と様々でした。
僕はというと、将司さんと拓ちゃんに入れてもらい、朝まで楽しませてもらいました。
この夜を繋ぎ、紡いでいけるようにがんばるぞー。


このツアーに関わらせてもらって、現在進行形で楽しみながらも、今を刻みつづけているバンド同士の絆を感じましたね。
最終日、将司さんがMCで言っていたことが、今でもよみがえります。

そしてこんなにも素敵な体験を、させてくれる9mm Parabellum Bulletにふかく感謝です。

長文でしたー、おもしろの瞬間が湧き上がりすぎて、まとめられませんでした。
読んでくれて、どうもありがとう!!

次はAT THE DRIVE IN JAPAN Tour 2017!
東京編はこんな状態が続くみたいですよ!!必見。
_RUI2224.jpeg


ーーーーーーーーーーーーーー
追伸
前回ここで宣伝させてもらった11/22のfolcaワンマンライブですが、9/22からプレイガイドの取扱いがスタートします!
直接ライブ会場で手売りチケットを買ってもらうのも大いによし、うれし!

ライブ会場に行けないけどワンマンいくぜって人は是非プレイガイドでGETしてください。
11/22はfolcaワンマンお待ちしてます。

9/22(金)よりプレイガイド発売
ローソンチケット(L:73970)/ぴあ(P:345-597)/e+ 
ONEMAN.jpeg
 

9mm Parabellum Bullet 公式LINE BLOGをご覧の皆さまこんにちは!

20167月より9mmのライブでサポートギターを担当しているHERE武田です。

先日よりこのLINE BLOGもサポートさせていただくことになりまして、晴れてサポートブロガーの肩書きも手に入れました\(^o^)

改めてよろしくお願いします!


今回はもちろんアレについてです。


アレ↓

9mm Parabellum Bullet × THE BACK HORN × Nothing’s Carved In Stone 3バンドによるスプリットツアー『Pyramid ACT』!

東名阪3公演という短いツアーでしたが、全日程ぶつかり稽古のごとく真っ向勝負でしのぎを削ってまいりました。

どんな感じで削りあっていたのか、さっそく振り返ってみましょう!


99 Pyramid ACT ~カオスの百年~】

今年もやってまいりました、9mmの日。こんな特別な日に彼らと同じステージに立つことになるとは

201599日にラジオの公開収録や渋谷タワレコインストアライブ、締めにクアトロのワンマンライブに駆けつけて拳をあげていた自分に自慢してやりたいです。


一曲目はあの「Psychopolis」。あの!!!!

何を隠そう初めて9mmを聴いたのはこの曲なんです。そんな思い入れの強い曲ということもあって、演奏が始まった瞬間、フロアの皆さんと同じくらいには発狂していたことをここに報告します。


ライブ中盤。これまた久しぶりのナンバーとなった「Living Dying Message」のイントロで、かみじょうくんのドラムが入った瞬間にステージ上まで届いたフロアの絶叫は、忘れられない記憶として魂に刻まれた瞬間の一つです。超興奮しました。


とても良いですね、特別な日というのは。

観に来てくれたお客様にとっても特別な一日になったのではないでしょうか。そうだとしたら、とても嬉しいです。

これからも一緒に拳をあげていきましょう!9mmサイコー!月額300円でモバイル会員になるともっとサイコー!!激しく入会をオススメします!入会はこちら


というわけで3日間の写真をドーンと公開します。


■9/9 Pyramid ACT ~カオスの百年~】Zepp Osaka Bayside

急遽はじまった楽屋バルコニーでの撮影会。

モデル:中村和彦(9mm Parabellum Bullet

カメラマン:岡峰光舟(THE BACK HORN))

LineBlog0909_02.jpg


お疲れ様でした。

LineBlog0909_04.jpg


9
99mmの日はお祭りです。

LineBlog0909_05.jpg

LineBlog0909_06.jpg


頼れるあのオトコの背中。

LineBlog0909_07.jpg


Photo
塁さん

LineBlog0909_08.jpeg



終演後にカズくんとサポートギター武田&為川で乾杯。

LineBlog0909_09.jpg



カズくん × 夜景 + 観覧車 (^O^)

LineBlog0909_10.jpg



■9/13 Pyramid ACT ~KYO-MEI~】名古屋DIAMOND HALL

リズム隊二人がサウンドチェッキング。

LineBlog0913_01.jpg



ちひろスポット

LineBlog0913_02.jpg



アレ越しの頼れるオトコ

LineBlog0913_03.jpg



松田さん × かみじょうくんのドラムセット (^O^)

LineBlog0913_04.jpg



バックステージにて。ギターがいっぱい。

栄純さんのチョーキング講座では「ヘッドにキスするように」という名言が生まれました。

LineBlog0913_05.jpg



なんとHEREのポスターが!しかもイベントポスターの並びに!!

お気遣いありがとうございます。

LineBlog0913_06.jpg



mudy on the 昨晩のフルサワくんが観に来てくれました。

拓ちゃんと裕也も交えて記念の一枚。

LineBlog0913_07.jpg




■9/14 Pyramid ACT ~Hand In Hand~Zepp Tokyo

a flood of circle様よりお花をいただきました。

どうやら四角派のバンドのようですね。

LineBlog0914_01.jpg



何気ない風景シリーズ第一弾「楽屋の二人」

LineBlog0914_02.jpg



かみじょうちひろ × 菅原卓郎 (^O^)

LineBlog0914_03.jpg



ギタリスト菅原卓郎シリーズvol.1

LineBlog0914_04.jpg



ギタリスト菅原卓郎シリーズvol.2

LineBlog0914_05.jpg



Photo塁さん

LineBlog0914_06.jpeg



打ち上げにて再戦の約束を交わすスーパーボーカリストたち。

LineBlog0914_07.jpg



卓郎くんが打ち上げで「ライブ中は、あれ?今日
9mm
のワンマンだったっけ?と思ったけど、バックホーンのライブ観てたら、あれ?バックホーンのワンマンだったかな?と思ったし、ナッシングス観てたら、ナッシングスのワンマンだったのか!って思えるくらい、フロアの熱が伝わってきた!」と言っていました。

本当に多くの人たちに望まれている3バンドが集った、素晴らしいイベントだったと思います。ご来場頂いた皆様、ありがとうございました!

9mm Parabellum Bullet × THE BACK HORN × Nothing’s Carved In Stone 3バンドはこれからも日本のロックシーンを大きく揺さぶっていくと思うので、引き続き注目していてください!



実はもう1バンド、日本のロックシーンに欠かせないバンドがございまして、最後にそのバンドを紹介させていただいてもよろしいでしょうか?

そうです、サポートギターのわたくし武田が所属する「日本で最もハイテンションなロックバンドHERE」です!

つい先日9/134枚目のフルアルバム『YOU GOT HIGH TENSION』をリリースしました!http://here-web.com/discography_here_cd/

そしてついに!9月末よりツアーがはじまります。

ツアー初日となる9/27(水)渋谷TSUTAYA O-Crestでは、卓郎くんと滝くんの謎多きユニット【キツネツキ】との対バンが決まっています。【尾形回帰&菅原卓郎の弾き叫びデュオとゆかいな仲間たち】という予測不可能なグループも出演します。

チケット残りわずかとなっております。お早めにお買いお求めください。

ツアーファイナルは11/29(水)渋谷CLUB QUATTROでのワンマンライブです。

チケット残りまだまだとなっております。お早めにお買いお求めください。お願いします。

HEREライブスケジュール

LineBlog_HERE.jpg




それでは最後にHEREPVを紹介してお別れです!

HERELET'S GO CRAZYPV

201729 恵比寿リキッドルームにて開催されたHEREワンマンライブで公開収録を行ったPVです。

この日ゲスト出演してくれた卓郎くんもでてくるので、是非チェックしてみてください!


それではまたね!


HERE武田将幸


↑このページのトップへ