こんにちは、こんばんは、おはようございます!
9mmサポートギターの爲川裕也(folca)です。

今回ツアーファイナルとなる大阪公演でバベルスタイルは完結、
インディーズ曲達も再び「レア曲」と呼ばれるくくりに戻って、
ライブでは、またしばらく影を潜めるのです。(ごく稀に登場してみんなを熱くするのですが)

緊張感を紡いでバベルの世界観を築きあげる舞台はたまた映画のような第1部、
荒々しく激しい「あの時の9mm」の魂が、何周も経て今の9mmに宿ったかのような、相反する第2部。
駆け抜けた2021年6-7月、あっとゆー間に終わってしまったツアー。
ツアー最後の土地となった大阪公演のレポートをお届けします!

ファイナルドーン!

楽屋入り。
これで、当分楽屋でのカズさんの弦交換〜アップを見られないのか。
もちろんこの瞬間もNBAを流しておられました。


客席フロアからステージを見つめる。何を思ふカズ中村。



リハーサルが「いつものように」始まりました。



菅原卓郎 背中クラブと、かみじょうちひろ 横顔クラブを同時に撮影成功。
図らずもこのような写真が撮れていたのも、これまたファイナルっぽい。



「バベルスタイル完結」ということは、今後このお方と一緒にツアーを回るという事はないのか。ラブ武田先輩。

いや、未来は何が起こるか分からない。
9ミリ パラベラム ヒアールカラ バレット フォールカ マイバレンタイン
という総勢13名以上のメタルバンドでツアーに出る日が来る、かもしれないんだ。未来は無限だ。
無限は未来だ。


はい。リハーサルショットは続きます。

光の雨が降る大阪の卓郎さんに



世にも美しい中村シルエット部 ファイナルにして発足。

例えるなら レイカーズ×キングス戦のロバートオーリーのブザービーターと、そのロバートオーリーの顔くらい美しい。
↑カズさん合ってますか?


ファイナルはふんだんに、部活動します。




しみじみとTricksterカッコいいなぁ。
あれ、映像スタッフさまが入っていらっしゃいますよ?


と、ファイナルのリハーサルも終え、あとはライブをするのみ。
ただただロックするだけという一番得意な時間である。

楽屋内で本番30分前までは、「テリのあるヴォーカル」という謎のワードで、
盛り上がりすぎて、いよいよ笑いのツボにから抜け出せずにいた爲川ですが、
驚異の切替えで有名な9mmさんに助けられ、私もしっかりと集中の糸を掴む事に成功しました。

数秒前まで、涙出るくらい笑っていたのに、次の瞬間コレ↓ですからね。
この切替芸は是非みんなに見てもらいたいですよ。

 


そして、誰と打ち合わせしたわけでもなく、足元にバベルが宿る 卓武爲 なのでした。

当日、武田さんが赤い靴下を忘れて、入りしてすぐ近くのお店に買いに行ったって?!
ファイナルなのに、武田さんがそんな事するわけないでしょっ!!


そして、本番を前にして突然のツアースタッフさん紹介!
紹介しきれなかったスタッフさまが沢山いらっしゃいますが、それは9mmMOBILEをご覧ください!

僕のアコギとエレキの持ち替えなど、ケアして頂いた近藤さん。
THE BACK HORNのスタッフさまとして、顔馴染みではありましたがお世話になるのは今回ツアーが初!
ギターサウンドチェックで、ピッキングハーモニクスを鬼のように弾き、
ギターをキャンキャン言わせていたのは紛れもなくこのお方です。
ザックワイルドがお好きなようで、僕のストラップを鎖にしましょうか?と聞かれましたが、
丁重にお断りしておきました。笑 大変お世話になりました!



そして、ここからは本番となりますが、
夢の中のような感覚で一瞬で過ぎ去っていきました。

ここは卓郎さんにビタっと合わせて、ここは滝さんの絶対的なギターを感じながら、
ここはカズさんのグルーヴに寄って、ここはチーさんに置いていかれないようについて行って、
ここは武田さんと共に張り裂ける、と随所で気をつける部分はありましたが、
後から思えば、何をしていたかハッキリ覚えてません。笑

とっても集中していたという事にしておきます。

ステージ袖の様子。

 

第2部は、頭から最後まで客席にある関係者エリア隅っこで楽しませてもらいました!
ブチ上がりすぎて、これまたあっとゆー間に終わってしまいました。

オフィシャル写真は西槇大先生が、撮影されておりましたので、
また後日ご確認頂くとして、タメカワビューでございます。




関係者エリア隅っこで見る第2部、圧巻でした。
1人で盛り上がりまくってました。

ツアー初日にも書きましたが、「なんかとにかくヤバいバンドがいる」という噂だけを頼りに、
初めて9mmを見に行った2007年3月15日十三FANDANGO(調べてみた)。
その時と変わらない衝動の塊のようなライブを見られたことにただただ感激とリスペクト。
輝き続けている。

このツアーカメラマンの西槇さんや、仙台公演の河島さんの写真を見るのも楽しみだ!!!
髪を切った西槇さんの激写の様子を激写。



ライブが終わり、ステージ袖にダッシュ。





2021年に滝さんが弾くBABELがステージから鳴り響くって、2017年のバベラーズ(ぼくたち)に教えてあげたい。
ツアー完遂、9mm Parabellum Bulletのみなさん、本当にお疲れさまでございました!!!

お客さんは声を出さないように協力してくれておりましたが、
ツアーの様子を頭の中でプレイバックしてみると歓声が聞こえるような、
いや聞こえないんですけど、
それでもお客さんの気持ちがとても伝わる、声出さなくても気持ちは伝えられるねって事も、
ある種証明できたかのような、ライブツアーでしたね。
諸々の都合で、今回はライブ自体は参加せずとも、応援していた方もいると思います。
きっと9mmさんはそんなみなさまの思いも背負って、衝動の塊のようなライブをしていたのだと思います。

10年後の我々が、
この期間を思い出しては、忘れられない夢のような時間だったなぁと思うのでしょう。
武田さん風に言うと、「魂に刻みこむ」時間だったと思うのです。笑

素敵なツアーに参加させて頂き、改めてありがとうございました。
9mmとツアーをまわらせてもらい、今回のツアーもバンドの楽しさ難しさ、
続けていく事で生まれる感動の素晴らしさを感じさせて頂きました。

9mmのみなさんや、スタッフのみなさん、そして武田さんや僕を含む9mmを愛する9mmラヴァーなみなさん、
お疲れさまでございました!

最後にわたくしのお知らせをさせてください〜
9mmツアーが終わり、folcaワンマンが控えております!!


ART HOUSEで結成した我々folcaが、
ART HOUSE店主の西本 昇平氏にエンジニアリングをお任せし、
folcaメンバーの人生を変えた、といっても過言ではない昇平さんがやっていたOUTASIGHTというバンドの、
曲をカヴァーするという、、とてもとても一言では説明がつかない気持ちや衝動を込めて、
リリースするSingle「Heart」を7/31からライブ会場で発売します!!!
トレーラーはこちらです↓
https://youtu.be/9XC8i6NSnxc

この作品を9/9 Zeppに持っていける。嬉しい。
ぜひチェックしてください!!!!!

そしてそして、9/9 9mmの大切な大切な1日に、一緒に音を出せる幸せ。
全力でオープニングアクトつとめさせて頂きます!
よろしくお願いします!!!! 


未来は無限!


大阪公演リハーサルから遊びに来ていた井上 貴博さん。イノさん!
卓郎さんや9mmスタッフさんに、「裕也に合うよ」と紹介してもらったご縁で、
イノさんのライブでアコースティックギターを弾かせてもらってます。
ライブの感じはこんな感じ↓
https://youtu.be/A4Y-Cz8tj7Q

滝さんプロデュースで、僕も楽曲提供&ギターで参加させてもらったイノさん作品が、
Sazanga Records SHOPで通販できます〜、ぜひ!
http://shop.sazanga.com/?mode=cate&cbid=2585513&csid=0&sort=n 



あ、ツアー初日で卓郎さんが私のレスポールを担いで、
弾いていた曲はHi-STANDARDのStay Goldでした。

それでは、みなさんStay Gold!
ツアーブログお付き合い頂き、ありがとうございました。
また会う日まで〜!


爲川 裕也 

こんにちは、こんばんは、おはようございます!
9mmサポートギターの爲川裕也(folca)です。

毎週ライブが出来る幸せを、毎週味わいながら、幸せな日々は泡沫の如し、
気がつけばセミファイナル(大阪の延期がなければ仙台がファイナル)ですよ。

ここぞとばかり「泡沫」ワードをねじ込んで来た冒頭ですが、幸せの余韻を味わいながら、
仙台公演もレポートして参りたいと思います!
どーん!!

リハーサル前に現場でのお仕事がこの日最後となるスタッフさまを労い、感謝の言葉とお花をお渡しされておりました。
9mmの皆さんはもちろんですが、僕もたーーーーいへんお世話いただいた方ですので感謝しております!
当たり前でスムーズなことは、いつも誰かの力が見えないところで働いて成り立っているのですね。



そしてリハーサルです。
普段は見ない角度からのちーさま でございます。猛々しい!
ちーさんはパワフルでかつ、繊細な表現もお手の物なのである。
知ってるって?そらそ!



カズさんといえば仙台、仙台といえばカズさん。
仙台を愛し、仙台に愛された男。リハーサルから撮りまくってしまいましたよ。←ゆうや楽器弾け。



うーむ、ベースを弾いてなくても決まりまくっている。



ベースが「かっこよく背負ってくれてありがとう」と言ってますよね。
カズ中村かっこいい写真をコンボでお届けしました。



リハーサル中もより良いライブにするべく、ディスカッション。 

 

9mmフラッグを背に歌う卓郎さんは、芸術ですね。
ここに立てる人はこの人しかおりません。
オタク言葉(?)ではなく、素直に尊い。たっとい。萌え。萌え萌えキュンキュン丸。
 


ステージ演出をチェックする為、客席に座るビューティフォーなカズ中村さま。




リハーサルも終わり、本番前に曲の繋ぎの最終チェック。
毎ライブのルーティーンになってますが、これがあるのとないのは随分違うんですねぇ。
世のバンドキッズなみなさまは是非お試しください。



みんな大好きアラバキロックフェスを主催するGIPオリジナルのアルコールスプレーを頂きました!
何気ない感じでお願いしますとお伝えすると、こうなります。笑
何気ない、という言葉の意味を考え直そうと思う1枚。



こちらも何気なくお願いした1枚。
武田さんが何気なくリモコンをいじってますね。
楽屋ではよく見られる風景です。か?




そんなおふざけもしつつですが、一気に切り替えて本番です。
今回は幕なしの登場で、スモークが溢れる中登場しましたが、めちゃめちゃ良かったですね。
ステージ袖の様子。



だいたい卓郎さんの両サイドが捉えきれないという、どうしようもなく9mmな写真。



ステージ袖で見ていると、ステージモニター担当の大澤さんが9mmみんなの音を調整されるので、
ステージ袖のモニターからそれぞれのメンバーのソロ音が再生されるのです。
滝さんカズさんチーさんのサウンドはもちろんですが、卓郎さんの演奏と音が良すぎて、毎回バベります。
「なんかすごい驚く」という意味です。


ボーカルギター担当の方のギタープレイの平均値を超えまくってるんですよねぇ。


写真としては0点ですが、重力ガン無視クラブの入会案内冊子の表紙としては100点の写真。
滝さんを捉えようとした自分が間違ってました。



このまま羽ばたけそうな滝さん!!


BOØWY巨匠に次ぐ、影でバンドが分かるバンドですよね。
 


ミュージシャンの方と答え合わせしたことないですが、
ライブ中はエネルギーを放出している感覚で演奏することが多々あるのですが、まさにこんなイメージです。
エネルギー放たれてますねぇぇ。



爆発的にエモーショナルな1枚。滝さん派手に転がる。



This is it !!! コレなんですよ!!



そして、仙台はカズさんの故郷ということで、カズさんコーナーがございました。
客席を写真におさめる、カズさんをおさめる。



そしてあっとゆー間の仙台公演も終了。



名残惜しそうに最後まで挨拶する卓郎さん。
自分がどの立場でどこ出身の人かも分からなくなりますが、また仙台来てくださいね!!!ってなりますよそりゃ。




卓郎さんがステージからはけてくるのをいつも袖で待っております。

活動を通して、エネルギーを放ち受け取れるミュージシャンは、なんと素晴らしい、なんと尊い、
なんと贅沢な職業なのだろうと思います。

それを支えてくれるお客さまに、9mmは卓郎さんは、これからも音楽で恩返ししていく運命なのだろうな〜と、
卓郎さんがステージからはけて出迎える時に感じてます。

萌え萌えキュンキュン丸ですね。←こんな言葉あるんですか?

おっと、ひたってる場合じゃねぇ、次はいよいよファイナルですよ!!
「バベルスタイル」と呼ばれるステージ前方に9mmメンバーが横並びに、
後方にサポートギターが2人という、
2017年から始まったこのスタイルも次で完結です。

個人的には9mmに関わらせてもらったのはBABELがキッカケでしたので、
このスタイルを精一杯やり切って終わらせたいですね。
大阪で会いましょう!!
会場はZepp Nambaです、お間違いなきよう!!


最後に私が所属しているfolcaのお知らせをさせてください!
9mm大阪ファイナルの前日7/17(土)渋谷にて、MURO FESTIVAL 2021が開催されます!

ここでは武田さんとHEREで対バンです!
しかもHERE→folcaと繋がる順番になっております。
ハイテンションニッポンのロックバンド folcaがお待ちしております!!
対バンしたり、9mmで一緒に演奏したり、ありがたい2日間になりそうです。
 



そして、その後 7/31 folcaの13周年を記念し、そしてNew Singleの発売を記念し、
とにかくめでたいワンマンライブが故郷である神戸ART HOUSEにてございます。
現場でお会いしたいですね。



このブログでは写真撮ってばっかりかと思われますが、しっかりギター弾いて、コーラスしたり、
楽しく音楽させて頂いておりますので、是非みなさんfolcaやHEREもチェックしてみて下さい〜。


ここでお会いできるのももう残り少しですね。
最後までお読みいただきありがとうございました!
またね〜。

裕也 

こんにちは、こんばんは、おはようございます!
9mmサポートギターの爲川裕也(folca)です。

早いものでツアー後半戦、名古屋公演のレポートを致します!
名古屋公演は、前日まで私は関西でREC作業をしておりましたので、名古屋で合流!そしてあっとゆー間に会場入りです。

相変わらず、開場入り後のルーティーンのように、西槇さんがマイギターを弾き倒すクダリがあったりしましたが、カメラを回す意識すらなくなるほどの日常具合です。

ツアーも後半、ペースを掴んできた為、ある程度の枠組みで、ある程度のライブを繰り広げる、そんな和やかな名古屋で、、、、あるはずないでしょう??彼らは9mmさんですよ。

完全無欠のバベルの塔をおっ立てたと思ったら、とりゃー!つって自分たちで蹴飛ばしちゃう、言うなれば、キャシー塚本軍団なのです。


前置きが長くなりましたが、ツアーは定期的に連続でライブ出来るので、毎回、改善点や挑戦など、色々と試したりしているのです。
セットリストは同じでも、一度として同じライブはやりようがありません。
毎日がスペシャル、名古屋編は特に激しかった。

リハーサルから、ライブをしておりました。

レポートとは外れますが、9mmってすごいよって改めて言いたくなったので言ってみる。

躍動感が凄すぎて、オーラが閃光となり、溢れ出ているちーさま。
冷静側にいる人が、時にネジがはずれたかのように、情熱側に振り切れる時に、感動する。
この日の僕の鳥肌を呼び起こした犯人はこのお方でありました。



ドラムのグルーヴの中に入って、アンサンブルを骨太にしたり、自らグルーヴを引っ張ったり。
日本人が日本語を話す事くらい当たり前すぎて、もはや突っ込まれないけど、マイクスタンドが低すぎる。あとシャウトしかしない。
ベーシストという枠から羽ばたきすぎている。



危ういほどに強烈な個性の集合体の真ん中で、自然に伸びやかに歌を歌うボーカリスト。
ひょうひょうと屈強なサウンドの中を潜り抜けて、あの笑顔ですよ?
例えるならマグマの中でサーフィンして、あっち〜って言ってるくらいの、ひょうきん族度合い。



そして、(前回に引き続き)滝さーーーーーーーーーーーん!!!!!!!!!!!
もはや説明不要です。この方の芸術性と狂気を間近で感じられることの贅沢さったらない。



うーむ、すごいバンドですね。改めて。


リハーサル中も、ディスカッション。



思う存分、泡沫で浸ってます。僕はビシャビシャです。幸せです。



怒涛のリハーサルが終わりまして、SE入場確認の際、おどける卓郎さん。切り替えの鬼!



リハーサル後は、集中力をあげにかかっていたので、今回写真はなし。
あっとゆー間に、本番の時間になりました〜。

第一部は、集中しすぎて、記憶がありません!
9mmの集中力から少しでも外れたら、終了〜!と思っていたので、かなりの集中力を持続するべく挑んだことは覚えております。


そして、第二部は今回ツアー中はじめて、ステージ袖ではなく、客席後方で見させてもらいました。
ひたすらに9mmが9mmでした。
結成して17年を経てもなお、この熱量でライブが出来ることは、同じロックバンドとして大尊敬。割とずっと鳥肌が実ってました。

ステージの激しさゆえ、僕のカメラが全く滝さんに着いていけなかった様子で感じてみて下さい。

滝さん、動きが速すぎてとらえられず。頑張れ、タメカメラ。



レンズが仕事を放棄した!
滝さんのギターすら見えず、パラレルワールドへと消えていく瞬間。
Don’t think .FEEL!!



重力ガン無視クラブラヴ。



滝さん楽しそう!
人がコケているのを見て、「完全復活だ!」と思う特殊な例でございます。



コケてもなお、コケる滝さん。卓郎さんも楽しそう。
撮った僕も笑いながら撮影。Yeah!!



楽器っていろんな弾き方があるんだなと思う四者四様の締め。



ライブ後は、充実と疲れが入り混じった顔で、生きてるー!という感じでした。
ツアー折り返しでこの表現を取り入れた9mmのステージが、この後ラスト2本で、どのように進化深化して行くのか、僕も楽しみです。
もう明日は仙台。いつまで経ってもバンドはツアーで強くなる。


終演後、疲れていると思うので、いつも通り何気ない感じで撮影させて下さい〜。
と言ったらこれ。



カズさんに、こんなカメラ目線もらった事今までないし笑
うーん、何気ない。


Zeppさまの心温まるメッセージと共に。



9mmに負けじとステージどころか会場を動き回っていた西槇さんが合流!




そして、9mmが東京へ戻る中、私は翌日神戸にて、アルカラのネコフェスがありましたので、帰りも別でございました〜。
ネコフェスの様子もアーカイブ配信が始まるので、是非見てみてね。
自身のバンドfolcaとアルカラでもステージに立たせてもらいました感謝。
アーカイブ配信は7/2(金)19:00〜7/4(日)19:00まで見れます!
https://up.auone.jp/articles/id/83890

疲れた体で、folcaメンバーが待つお宿に戻ったら、BBQをしており、メンバーが僕のサムギョプサルを作り置いてくれてました。
そしてこれも買ってくれてました。
やさしさに包まれたなら きっと 目に映る全てのことは メッセージ
だったんだね。感謝。folca13周年もグイグイ行きましょう。




そんなfolcaですが、9/9 9mmの日に共演させて頂きます!
現在、オフィシャルホームページ先行販売中です。
2021/9/9 楽しみすぎてふるえるそんな夜を一緒に過ごしましょう。
https://eplus.jp/sf/detail/0178780001-P0030439?P6=980&P1=0402&P10=10

平日でお仕事後の方も多いとは思いますが、Opening Actとして、素敵な一夜にすべく初めの音を演奏させてもらいますので、是非folcaもお楽しみ頂けると嬉しいです〜!

さらにそれまでの間も渋谷でMURO FES!(HEREもいるよ!)
神戸では結成13周年を記念してワンマンライブ!



13周年はじめの1日に開催します!
初めての方も久しぶりの方もいつも来て頂けている皆さまも、
みーんなまとめて、ライブハウスで待ってます〜。
https://eplus.jp/sf/detail/3445800001-P0030001


それでは、明日仙台でお会いできる皆さん、

会えるのを楽しみにしておりますよ〜!

裕也でしたっっっっっっ
 

↑このページのトップへ