月別アーカイブ / 2017年06月

へヴィーロックとラップやダンスを融合させた、NEWミクスチャースタイルが魅力の9人組ダンス&ボーカルユニット、“スパドラ”ことSUPER★DRAGON。今日は2017年6月28日発売の2ndシングル、『トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド~機動救急警察~』(TBS系)の主題歌となった、『ワチャ-ガチャ!』についてはもちろん、メンバー個々の魅力にもガンガン迫ります♪

_02A0857.jpg

【メンバー】後列から左から、壮吾、颯、洸希、楽、彪馬、真ん中列左からジャン、毅、前列左から、玲於、和哉



──LINE V.I.P. Pressには、1stアルバム発売時以来のご登場です。まずはファイヤードラゴンの4人から、近況を教えていただいてもいいですか?

玲於さん(以下・玲於) 玲於です! 最近、身長を測ったら1㎝伸びてました!

一同 おお!? 

玲於 これはまさかの、まだ成長期!? ……そう思って今、希望を持っていろいろやってるんです。煮干し食べたり、ストレッチしたり。頑張ってます!


──でも玲於さん、ファイヤードラゴンで固まると、却って存在感が際立ちますよ。

玲於 本当ですか?


──従えている感というか、ボス然としているというか。

毅さん(以下・毅) 俺らがボディガードみたいだよね。

ジャンさん(以下・ジャン) 俺らが守っているみたいな感じ、出てますよね。


──かなり得しています!

玲於 じゃあこの身長、前向きに考えてこのままキープしていきます(笑)

mMTQzG4r2F.jpg

──超いいと思います! それでは次に毅さんお願いします。

 最近、黒いファッションアイテムばかり買っています。去年の秋冬は、春に向けて色物ばっかり買って、明るいアイテムばかりを着ていたんです。そしたら今、モードなものに惹かれるようになりました。


──最近買って、ヒットだったアイテムはありますか?

 サングラスですね。これ、結構メンバー内で伝説になりつつあるんですけど、Supreme(シュープリーム)っていうところのサングラスを、買ってしまいました。


──いいじゃないですか!

 それがこのブランド、オンラインストアがあるんですが、ツアー中の楽屋で彪馬とジャンと見てたら、アイテムがちょうどアップデートされていて。世界的な有名なブランドだしすぐ売り切れてしまうので、試しにカートに入れたら、勢いで購入ボタンを押してしまって!


──高かったんですか?

 僕にしては大金でした。最初は自分の衝動買いにショックを受けてたんですが、今は愛用しています。


──元を取るまで愛用すれば、賢い買い物ですよ! ではその場にいたジャンさんの、個人的なニュースは?

ジャン 僕、トルコと日本のハーフなんですけど、最近、日本にいることが多いんですね。

 最近てか、いつもだろ!

ジャン えっと、日本にずっといるので、やっぱ2つの国を持っているのに、日本に偏りすぎている傾向があるのはもったいないと思って。トルコと触れ合いたいなって思っているんです!

玲於 トルコは生き物かよ。

ジャン 最近、トルコの景色の本を見ています。僕は小学校入学前までトルコに住んでいたんですが、カッパドキアやイスタンブールの写真を見ながら、当時の記憶をたどっています。


──トルコには、日本に来て以来帰ってないんですか?

ジャン 小学生の頃、夏休みに2回だけ行ったことがあるんですけど、両方、1カ月もいなくて。僕、東京生まれだけどすぐイスタンブールに引っ越したんで、東京とイスタンブールのハーフなんです。いつか行きたい!

_02A0907.jpg


──素敵な目標ですね! では颯さんはいかがですか?

颯さん(以下・颯) 最近、『ワチャーガチャ!』のリリースに伴って、”DRIVE JAPAN”というイベントを全国で行っているんですけど、日焼けがハンパなくて。


──日焼け!

 やっぱり屋外でやっていると、肌が焼けてしまうので、真面目に悩んでいるんです。この間の愛知と兵庫は、室内だったので僕的にありがたかったです。でも今後、屋外が続いたらと思うと、不安です。

玲於 屋外でのライブ前、めちゃめちゃ日焼け止め塗ってるんですよ。

 この件に関してだけは、女子力高いです。


──なんか意外な素顔を知ってしまいました……ではサンダードラゴンの5人、お願いします。

壮吾さん(以下・壮吾) 最近というか今日(インタビューは6月5日)なんですけど、日比谷線が新型車両になりました! 今まで8両だったのが7両になって、すごく美しかったです。まだ1本しかないので、見れて嬉しかったです。


──なるほど! えーと、では日比谷線の近況にプラスして、壮吾さんの近況もいただけますか?

壮吾 僕の近況!? えーと、なんかあるかな……。

玲於 電車しか出てこない!

壮吾 ……。


──思い出したらお願いします! ところで日比谷線、7両と8両の差って何なんですか?

壮吾 車両のドアの数が3ドアから4ドアになったんです。あと車両の長さも2メートル延びました。

玲於 それ、どこ情報なん?

壮吾 いろいろ。

_02A0971.jpg


──『ワチャ-ガチャ!』のMVの中で、壮吾さんは駅員さんの制服着ていましたよね?

壮吾 幸せでした。

 彼の笑顔だけ、演技じゃなかったです!


──洸希さんも、最近「幸せだ」って思うようなこと、ありました?

洸希さん(以下・洸希) 最近は何かあったかな……もうなんか、本当に無だからな俺。

玲於 どうしてそんなネガティブなの!? どうした!?

ジャン 肩のこと、肩のこと!

洸希 あ、肩か。


──肩がどうかしたんですか?

洸希 リリースイベントって、最後にSNS用の写真を撮るんです。それで僕、すごいなで肩で意外と悩んでいるんですけど、この前ディレクターさんがタオルを衣装の下に肩パット的に入れてくれて。撮影のとき、肩が一瞬、ガンッてできて嬉しかったです。

 でも入れられたときは、超嫌がってたじゃん。

 「大丈夫ですか?」とか言ってた。

洸希 なんかどんな反応されるかなって、不安だったんだよ! でも次のイベントのとき、ファンの方から「面白かったよ」って言われて。ああ、面白かったんならよかったと思いました。


──面白かったらOK?

洸希 はい、本当につまらないんで僕。

彪馬さん(以下・彪馬) おい!

 おかしい、おかしい!

ジャン 何なの? 何キャラなん?


──皆さん突っ込み厳しい……では彪馬さんお願いします。

彪馬 ぼくはメンバーの中ではセクシー担当と言われるんですが、それを意識しているワケではなかったんですね。でも最近、言われるからにはトコトン極めていこうと思っています。まだ大人じゃないですが、大人の色気を学びつつ、一昨日誕生日も迎えたので……

ジャン おめでと!

玲於 このタイミングで!?

彪馬 ありがと(笑) とにかく誕生日も迎えたので、気持ちも新たに頑張ります!


──お誕生日は皆さん、祝ってくれました?

彪馬 メンバーはみんな、おめでとうって言ってくれました! あ、そうだ。あと僕、お菓子を食べるのはメンバーの中で一番だと思うんです。ゲームも一番だと思うんですけど、そこは守っていきたいです。


──前回、グミを食べたらスパドラで一番って言ってたの、彪馬さんですよね。グミだったら誰にも絶対に負けませんって。

彪馬 そうです。メンバーでファイヤーの人は、グミ買いません。人のいっぱいもらうんです。

玲於 あったら食べるよね。

 あったら食べる。俺らの前に持ってこないで。

ジャン ジャイアンかよ。

_02A1003.jpg

──ファイヤーが年下のサンダーのグミを食べてしまうとは。お楽しみは、自分で買いましょうね。そして和哉さん、ご自身が楽しいなって思っていることを教えてください。

和哉さん(以下・和哉) 僕は漫画が大好きなんです。


──『NARUTO』が大好きっておっしゃっていましたね。

和哉 『NARUTO』は何度も読み返すくらい好きです! 僕、漫画は2回くらい読んだら新しいものを買うのがパターンなんですけど、今、途中で止めている漫画がいっぱいあって。それらを消化したいなっていうのが近況です。


──アニメもお好きなんですか?

和哉 アニメも好きですけど、どちらかというと漫画派です。漫画って静止している分、自分の中でこうなっているのかなって、想像するのが面白いんです。


──なるほど、こだわりがあるんですね。では楽さんの、最近の楽しいことは?

楽さん(以下・楽) 最近は、R(アール)と遊んでます。


──お家の猫ですね。

 写真も撮りますし、毎日遊んでいます。


──猫が大好きなんですよね。颯さんも猫好きで、猫のスタンプを楽くんと交換しようかって、前回の取材時に言っていました。

 あ、LINEのスタンプの『ボンレス猫』ですね。うちの猫にめっちゃ似ているんです。クマくんって言うんですけど、まんまなんです。


──丸々した猫ですね!

 ブリティッシュショートヘアっていう、もともと太りやすい種類の猫なので、病院に行っても「大丈夫です」って言われちゃうんです。


──楽くんのお家のRの種類は何ですか?

 ロシアンブルーです。毎日、夜にミルクをあげるのが楽しみです。冷蔵庫のそばに行くとスリスリするのが可愛いです?


──楽くんもRくんと同じくらい可愛いですよ!

一同 (笑)

_02A0956.jpg

イベントでは小さい子が大喜びで歌い、踊ってくれるのが新鮮!

──今回の2ndシングル『ワチャ-ガチャ!』は、『トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド~機動救急警察~』の主題歌です。この、人気アニメの主題歌に決定したときの感想を、いただいてもいいですか?

 僕らは1stシングル『Pendulum Beat!』でも、アニメの主題歌をやらせていただいたんですが、引き続き幅広い年齢層の方に聴いていただけるチャンスをいただけて、嬉しかったです。何より僕、小さいときにトミカで遊んでいましたし、小学生の頃は『トミカヒーロー レスキューファイアー』っていう番組を見ていました!


──トミカさんには思い入れがあったんですね。喜びもひとしお。

 しかも『レスキューファイアー』の主題歌は、JAM Projectさんが歌っていて。僕はJAM Projectのメンバー、影山ヒロノブさん──『ドラゴンボール』の主題歌などを歌っている方ですが──に憧れていて、ライブにも行ったことがあります。僕の小さな頃の夢は、アニソン歌手だったんですよ。


──夢をかなえていますね!

 時を経て、僕らがトミカのヒーローアニメの歌を歌うことで、好きだった『レスキューファイアー』の主題歌を歌っていた影山さんの、志を引き継いでいる気持ちになっています。夢のような出来事ですね。


──確かに、それは感慨深いですね。当時の毅さんのような、小さい子どもさんたちが見てくれていると思うと、更に嬉しいですよね。

 本当にこの『ワチャ-ガチャ!』は、今までスパドラにあまりなじみのなかった小さい子どもたちにも、聴いてもらえるし、歌ってもらえるんです。嬉しいです!!

壮吾 ”DRIVE JAPAN”に来てくれた小さい子どもたちが、「あ、あの曲だ!」って言いながら、笑顔でダンスをしてくれます。本当にかわいいですね!


──小さい子が踊っているのを見ると、テンション上がります?

壮吾 そうですね!

玲於 いや、もう嬉しいですね。僕も長いことダンスやっているので、「僕もこんな、小さいときあったな~」って感じで見てます。

 フフフ、「小さいときあったな~」?

玲於 今も小さいか!? 小さいって言いたいのか!?


──小さい子たちは、カッコいいお兄さんが踊っているって思っていますよ!

玲於 ありがとうございます(笑) でも単純に、小さい子が踊っている姿って元気ですごく和みます。僕らが小さい子に夢を与えているのかなって、そんな実感もわいてきて。やりがいがありますね。


──『ワチャ-ガチャ!』って、すごく楽しい曲じゃないですか。でも私のスパドラのイメージって、とにかくクールなんですね。ここまでキャッチーな曲、最初は戸惑いませんでした?

玲於 最初は表情をどう作るのかわからなかったし、僕らが元気いっぱいにワチャワチャ踊っていれば喜んでくれる人もいるけど、こういう曲をスパドラが表現する正解ってなんなんだろうって、みんなで何度か話し合いましたし、研究もしました。

_02A1047.jpg

──あと皆さん、MVの中でコスプレをしてヒーローになっていますが、コミカルなお芝居もあったりして。それも今までと違いますよね。

 今までのMVはアンリアルな世界でのストーリーを表現していたので、いきなりポップになって。仕上がりを見るまでは、最後にどんでん返しもあるんじゃないかと疑ってました(笑)


──そんなお芝居、初めてですものね。

和哉 今までのスパドラとぜんぜん違うなって思いました。ただなんでしょうね、人を助けるって、単純にすごいことだというのは演じていて感じました。


──和哉さんはジャンさんと、警官チーム役でした。

和哉 ただジャンくんはひったくり犯を追って走っていましたが、僕はハッカー役で。ジャンくんに協力して犯人を見つけるっていう役割なんですが、みんながそれぞれ消防士とか救急救命士とか、それこそジャンくんの警官とか、制服を着て直接人を助けているのに、僕は裏方じゃないですか。人助け感をどう出していいのか、迷いました。

こちらが『ワチャ-ガチャ!』のMV



──ポップなコメディと言いつつ、リアリティをまるっきり無視するワケにもいかないですものね。でもクールな演技が光っていたと思いますよ!

彪馬 僕は消防士を洸希と一緒にやったんですけど、撮影自体はとても楽しくて新鮮味あふれる感じでした。


──仕上がりを見ていかがでした?

彪馬 今まで映像内に吹き出しとかありえなかったんですが、あんなにかわいいポップなグラフィックがいっぱい出てきても、意外と僕らなじめているなって思いました。この曲はいろんなことが、楽しいに繋がりますね!

現在はリリイベ中のスパドラ。ブログでもその様子を報告してくれています♡

_02A0954.jpg

カップリング曲はタイプ違いの3種類。全部そろえて聴き比べたい!

──今回、カップリング曲が3種類あります。それぞれの曲の解説を、お願いしてもいいでしょうか。まずは『Mada' Mada'』はいかがでしょうか。

 この曲はロック調で、ライブでやるとファンと一体化して盛り上がれます。ラップがメインなんですが、5人のメンバーがガツガツにカッコよくメロディーを引っ張ってくれて、ラストに向けてボルテージがどんどん上がっていく超クールな曲です。


──スパドラっぽさが一番出てるかな~、なんて個人的には思っています。正統派のカッ良さ!

 自分はこの曲、踊っているときにキメた表情をしたり険しい表情をしたりと、見せ方を意識しています。あと間奏の一番盛り上がりのところで、連携技があって、そこは見せ場ですね。


──おお、どんな技なんですか?

 玲於を4人で、ハンモックみたいに飛ばすみたいな……。

 人間ネットを4人で作るんです。そこに玲於が背中から飛び込んで、客席側にバンッて飛ばすんです。まあ客席にダイブまではいきませんが。そこが一番の盛り上がりですね。


──ライブならではの連携技、ぜひ見たい! そして次に『Mr.GAME』ですが、こちらもう出だしからカッコいい!!

洸希 『Mr.GAME』はまだ、公開してないんです。楽曲の良さを最大限に出せる場所でバーンと見せつけたいなって自分の中で思っています。異次元!! に紛れ込んだ雰囲気でやりたい。

ジャン 異次元って言ったとき、顔怖いよ。

洸希 まあでもこの曲、不思議な感じがするよね。イメージ映像でも、目や首など顔の一部を奇妙な感じで動かしていて、すごくカッコいいんです。ラップも多くて、声も加工した響きが新鮮です。

ジャン エレクトロニューハウスとうジャンルで、サビの部分が、歌がなくて音で聴かせる楽曲になっています。


──すごくゴージャスなサウンドですよね。

ジャン 最近お世話になった関係者の方々にも一番評判のいい楽曲です。洸希の言った通りラップの割合が多くて、7割ラップと言っても過言ではないかな。僕がラップをやらしてもらっているんですけど、聴かせるフレーズが多いんです。僕らの音楽性を評価してもらえたら嬉しいなあ。

_02A0773.jpg


──『SHOPPING TIME』はラップもありますが、もっとメロディアスというか、歌をしっかり聴かせる印象があります。

玲於 この曲は僕らのありのままが、そのまま歌詞になっている曲でして。振付も僕らがショッピングモールに行くところから始まるという、まさに等身大な曲です。ライブに来て、僕らとショッピングしましょう♡

彪馬 この曲、僕と毅くんでメインのサビを歌っています。玲於くんが言ってくれたように、本当に今の僕らがまんま出た曲で。共感してくれるファンの方も、少なからずいると思います。振りもキャッチーで、「Tu Turu Tu Tu」ってところが、指揮者のようなんですね。ライブでまだ2回しか披露していないんですけど、もう覚えてくれたファンの方もいて。


──歌詞もかわいいですよね。

彪馬 タピオカジュースとか、メダルゲームとか、ダーツとか、僕らの身近ないろんなものが混ざっている歌詞です。現実味があるし、聴いていて楽しい曲ですね!


──それにしても本当に短期間に、イベントやライブの予定が詰まっていますね。

 でも今やっている”DRIVE JAPAN"は、この間で折り返しになりました。後半、休まずにファンの方に会いにいって、ダンスを極めたいです!

 僕は"DRIVE JAPAN"の1個前の全国ツアーに、都合でなかなか参加できなかったんですね。なので今回は全力でやろうと思っていて、忙しくてもやる気満々です! 小さいお子さんに向けて『ワチャ-ガチャ!』の振付講座をするのも、すごく楽しいです。日焼けは気になりますが、頑張ります!

_02A0846.jpg

今は何をやっても楽しい! 8月のワンマンライブまで突っ走ります。

──結成して約1年半になりますが、スパドラをやってきて一番楽しかったことや、印象に残っていることって何ですか?

玲於 一番ですか!? 難しいですね。

 基本、ずっと楽しいんです。

壮吾 常に一番。今も一番!

一同 ヒューッ!

玲於 いいこと言う!


──なるほど、今は日々新しいことがいっぱいで、過去を振り返るのはまだ早いかな。では未来のことをお聞きします。今年の目標を教えてもらってもいいですか?

玲於 8月18日に東京は豊洲PIT、27日に大阪はZepp Osaka Baysideでワンマンライブがあるんです。それを埋めたいなっていうのは、ありますね。豊洲に関して言えば、スバドラ史上最大規模の会場なので、今いるファンを全員連れて、満員にするのが目標です。

ジャン 玲於の言う通りです。

 大阪のZeppは不安ですね、東京を離れての大きな会場なので。ただ同時に、相当楽しみです。

玲於 ファンの人たちも、楽しみにしていてほしいです! 

_02A0779.jpg

_02A0812.jpg

──では最後の質問です! メンバー内で一番面白いLINEスタンプを送る人って、誰ですか?

 颯かな……。

 さっき言った、『ボンレス猫』のスタンプです。僕、LINEの動画見てポイント貯めて、どんどんシリーズを揃えています。

ボンレス猫むーぶキャプチャ.PNG
ボンレス猫 む~ぶ

洸希 「今、行く」ってスタンプ、よくあるじゃないですか。それをすごく激しく、「今行く!」って感じで、シャッてスピーディな感じなの送ってくるのが、俺の中で一番面白い!


──颯さん、そのポイントの貯め方、LINEユーザーの鏡ですよ! ありがとうございます。そして因みに洸希さんは、どんなスタンプを使っていますか?

洸希 僕は『真顔で追い詰めるスタンプ』です。

一同 怖いよ!

洸希 なんかいろいろ遠まわしで言ってくるスタンプなんです。

和哉 「みんなすごく待ってるけど、ゆっくり来ていいよ…」とかね。

真顔で追い詰めるキャプチャ.PNG
真顔でもっと追いつめるスタンプ

──皆さんに使ってるんですか?

洸希 そうですね、特に彪馬にめっちゃ使ってます。

彪馬 どんだけ追い詰めたいんだよ!

 僕は、逆に欲しいスタンプがあって。僕、漫画の『グラップラー刃牙』が大好きなので、そのスタンプを買おうと思っています。めっちゃ面白いので、ファンとして買わなきゃって。

刃キキャプチャ.PNG
刃牙

──メンバーに使います?

 絶対、めっちゃ使います。送りまくります。

一同 (笑)

 格闘漫画なんですが、名言がたくさんあるんです。それをいかにいいところに使おうかなって、考えています。


──本当にメンバー同士、仲が良いのが伝わってきます(笑) 今日は楽しく、たくさんお話していただきまして、ありがとうございました!

写真ギャラリー
_02A0179.jpg _02A0221.jpg _02A0330.jpg xRjHXWYzj1.jpg _02A0011.jpg _02A0052.jpg _02A0395.jpg _02A0439.jpg _02A0680.jpg _02A0697.jpg _02A0235.jpg _02A0270.jpg _02A0524.jpg _02A0530.jpg _02A0591.jpg il4UqvZIi5.jpg _02A0110.jpg _02A0120.jpg


サイン入りチェキプレゼント

S__2523139.jpg


SUPER★DRAGONメンバーのサイン入りチェキを9名様にプレゼント! LINE BLOGアプリから「SUPER★DRAGON」と「V.I.P. Press」をフォロー&この記事に「いいね」を押せば応募完了です。「#superdragon」をつけてご自身のブログにもぜひ感想を書いてください♪  

アプリでフォローして応募する
※当選者にはLINE BLOGアプリのお知らせでご連絡します


ワチャ-ガチャ! (TYPE 01)
SUPER★DRAGON
スターダストレコーズ
2017-06-28

ワチャ-ガチャ! (TYPE 02)
SUPER★DRAGON
スターダストレコーズ
2017-06-28

ワチャ-ガチャ! (TYPE 03)
SUPER★DRAGON
スターダストレコーズ
2017-06-28





最年長の玲於くんだって、まだ18歳。クールな曲もコミカルな曲も自分のものにして、すごいスピードで進化していく、成長期な9人です。そして年の差があっても容赦なくトークに突っ込む仲の良さ、素敵だと思いました。

会いたい “あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。
大人じゃないって言うけれど、そのひた向きさ、大人はかなわないよ。
それでは、また。

(撮影/杉映貴子、取材・文/中尾巴)

編集部のおすすめ記事

コミックマーケット92(通称:夏コミ)は8月11日(金)~13日(日)開催予定です。
LINEブロガーでもある叶姉妹の初サークル参戦も決まり、いつにも増して注目を浴びそうですね。
LINE BLOGには、コミケの華であるコスプレイヤーさんがいっぱいいます。今回はキラリと光るレイヤーさんをピックアップしてみました。


icon.jpg

めろ。さん



5月末から始まったばかりのブログなのに、もう画像がいっぱい!
アニメやゲームはもちろん、パチスロキャラやけもみみ(動物の耳)とジャンルも広いです。
『新世紀エヴァンゲリオン』ではレイだけじゃなくシンジ君のコスも!
ひとりエヴァンゲリヲン目指します(笑)

小物を作る様子や好きな映画の話題など、素顔がチラッと見えるのもうれしいかも。
「気軽にコメントしてください」だそうですよ。


icon.jpg

翡翠ベルさん



アニメやゲームのキャラがメインの”王道”コスプレイヤーさん。
台湾版コミケに参加したと思ったら、メイドカフェやまんが喫茶のレポートも!
フットワークの軽さはピカいちかも!?
福袋を利用したり、要らない服を売ったり、衣装持ちならではの苦労もぶっちゃけてくれてます。


icon.jpg

七海あくあさん



アジアで活躍するレイヤーさん。
ステキなプロポーションを生かした、露出度高めのコスがセクシーでキュート!
“インドネシア交流大使”でもあるので、JKT48との交友があったりと華やかです。
4匹の愛猫もかわいい〜。


icon.jpg

りかめろさん



なんと現役高校生レイヤーさん!
ブログにはオタク女子高生とレイヤーという2つの顔が詰まってます。
清楚な制服姿の素顔ポートレートもアップされていて、コスとのギャップがたまりません。
『おそ松さん』の“6つ子まとめてコス”も気になる〜。


icon.jpg

田中せあさん



関西をメインに活動中の、コス歴3年目レイヤーさん。
他のレイヤーさんとの交流が多く、ブログにも楽しそうなグループコス画像がいっぱいです。
ただいまカメラを練習中だそうで、これからどんどん写真のクオリティーが上がるかも!?
自らを「ちっちゃ目レイヤー」とタグ付けしていて、スプーンを使った「キレイな二重まぶたを作るコツ」などをアップしてくれています。これは一般人にも使えるテク!
キャラ愛ゆえ、とても研究熱心なレイヤーさんなのです。


icon.jpg

あるとあきさん



岡山在住のママレイヤーさん。
アニメやゲームだけでなく、AKB48グループのコス(ドラマ『マジすか学園』コスまで)も決まってます!
この画像は、板野友美さんが眼帯の紐の位置を間違えて着けられてしまったところまで再現しているんだとか。熱い!
衣装作りの腕がプロ級なので、衣装を見るだけでもウットリ
そう遠くないうちに母娘コスプレが見られるかも!?


icon.jpg

Lilyさん



気合いが入った美しいコス写真はもちろん、即売会や衣装作りといった裏側まで見せてくれる、一味違ったブログです。
1年3カ月で体脂肪率を10%落としたというダイエットの秘けつを惜しみなく披露してくれるなど、コスプレの世界を俯瞰で見てみたい人にもオススメ!
猫のRuruくんもかわいい〜。


icon.jpg

海都さん



女性に比べると少ない男性コスプレイヤーですが、「世界コスプレサミット2012」で世界王者に輝き、イベントやステージのコンサル業をしている海都さん。
プロデューサー目線でのエントリーは参考になりそうです。


オカヂマカオリ
東京都在住。別名義でイラストレーターやグッズデザイン、イベントもやるマスコミ何でも屋。映画館、銭湯、純喫茶、ホームセンターあたりに出没。


【編集部おすすめ記事】



L’Arc~en~Cielのリーダー&ベーシストであり、ソロ アーティストとしても活動中のTETSUYAさんが6月14日に待望のニューシングル『愛されんだぁ I Surrender』をリリース! 昨年ソロデビュー15周年を迎えたTETSUYAさんに、ユニバーサルミュージック/EMI Recordsへの移籍第二弾となる今作について、あらためての15周年の感想、直近のライヴについて、そして今後の展望までうかがってきました。

_A9A0149.jpg

──今回のシングルは15th ANNIVERSARY作品の第二弾としてリリースされました。あらためて昨年でソロ15周年を迎えられた感想から教えてください。

15年続けられたということが、本当にありがたいことですよね。僕自身には、ソロ活動をそこまでやろうっていう気はないんじゃないのかなと思うんですよ。ただ、やろうって言ってくれるスタッフや待ってくれている人たちがいるから続けられているというか。他人事のような言い方で申し訳ないんですけど。


──では15年というのはあっという間に経ってしまった、という感じですか?

僕の場合はずっとソロ活動をしていたというより、L’Arc~en~Cielをやりながらの15年なので、15周年なんて謳っていいのか微妙な感じでもあるんですけどね。


── とはいえ、15年は長いですよね。最初のシングル『wonderful world』をリリースされた時のことは覚えていらっしゃいますか?

覚えてますよ。昨日のことのように全部覚えてます。レコーディングも大変でした。まずそれまではL’Arc~en~Cielしかやったことがなかったから、ソロのやりかたというのもわからなかったし。ソロをやること自体も何となくの流れで決まったことだったし。HYDEがソロをやりたいということになって、それで僕も時間ができたからやろうかなってレコード会社の人に話していたら、「やろうやろう」ってなって。
それで実際に作業に取り掛かったら、僕、曲を作るのが速いから、結果、僕のほうがリリースが先になってしまったんです。だから僕が真っ先にメンバーの中でソロ活動を始めたみたいに思われているかもしれないけど、実際はそうじゃないんですよ。始めたきっかけがそんな感じだったから、ソロ活動に対して、そんなに強い思いってないんですよね。何か伝えたいことがあるとか、やりたいことがラルク以外にもあるとか、そういう感じでもないんですよ。やりたいことは全部L’Arc~en~Cielでできていたし、他にやりたいことって別にないなって感じだったところで、ぬるーく始まってるので、まさかこんな、15年経っても続けているとは思っていなかったですね。


── でも歌うことはお好きですよね。歌に対しての思い入れは強いのではと思います。

歌は好きなんですよね。ラルクのレコーディングの時も、仮歌は自分で歌っていたし。でも最初は思い通りに全然歌えませんでしたよ。


──イメージするとおりには歌えなかった?

そうですね。ラルクでもコーラスで歌っていたし、レコーディングもライヴでも歌っていたから、何とかなるかなと思っていたんですけど、メインでリードヴォーカルを取るとなると別でしたね。


── どのあたりが違うものですか?

なかなか思っているように表現しきれない。自分が作った曲だから、自分の中にイメージはあるんだけど、それを実際にイメージ通りに表現するにはちょっと力量不足すぎて。最初は、あれ、もうちょっとこう歌いたいのに、歌えない、みたいな感じでしたね。
『wonderful world』と『TIGHTROPE』はそういう感じでレコーディングが終わって、リリースしたあとに悔しくて、初めて本格的にボイストレーナーのレッスンを受けました。ボイトレを受けたからって劇的に歌が上手くなるわけではないんですけど、基本的な発声法を学べて、そうか、そうやって声を出せばいいんだ、っていうことがわかって。

_A9A0040.jpg


── そこから、どのタイミングで歌うことが楽しくなった、とかここでイメージ通りに歌えるようになったなというターニングポイントはあったのでしょうか。

歌は本当最近ですね。レコーディングは何度もやり直しがきくので、自分が納得するまで何度も録り直せばいいから、割と初期の段階で何とかなったんですけど、それをライヴで再現するとなるとまた別問題で。ライヴは一発勝負だから。


── 生歌ですからね。

そう。レコーディングの時の環境って、ちゃんと自分の声も演奏も、いいバランスを調節して録ればいいんだけど、でもライヴはそういう完璧な状況で歌えるとは限らないじゃないですか。自分の声が聞こえにくいとか、楽器の音が聞こえにくいとか、そういう色んな状況でもちゃんと歌えるようにならないといけないっていうのもまた、レコーディングとは別問題なので。本当にライヴでもちゃんと自分でも気持ちいい歌が歌えるようになったのは最近ですよ。


── 最近はコンスタントにライヴをやっていらっしゃるから、慣れもあるのかもしれないですね

経験はあるでしょうね。普通は歌手としてデビューする前にレッスンを何年か受けたり、ライヴハウスで何年も下積みを経験してからデビューするじゃないですか。僕の場合、ラルクでベーシストとしてデビューしてるので、ヴォーカリストとしての経験はほぼ何もないまま、ソロでヴォーカリストとして歌うことになったので。本来なら経験していなければならないことを何も経験していなかったんですよね。だからこの15年でそういうのを経験できて、今やっとスタートラインに立った感じです。

_A9A0179.jpg

1週間で作り上げた、天才的グラムロック

── なるほど。ではこの移籍第二弾のシングルは自信を持って世の中に送り出された感じですね。

『愛されんだぁ I Surrender』に関しては、レーベルのA&Rからのリクエストで、グラムっぽい曲を書いてほしいと言われて書いたので、僕の中では王道のキラーチューンでシングルとしてこれはいけるだろう、という感じでもないんですよね。ただ、まわりからの評判はすごく良くて。あ、そうなんだ、良かったって感じです。


── Music Cripもかわいくて、TETSUYAさんのポップな世界観が前面に出ていますね! 撮影はいかがでしたか?

眠かったです。前日から次の日のお昼までかかって、寝てないんです。TETSUYAが徹夜した。


── (笑) Music Cripの最初のイメージはどんな感じだったんですか?

最初はショーウインドウの中で僕がマネキンで、マネキンの女の子と夜中に動き出してダンスを踊るっていうアイデアだったんですけど、僕が踊れないなって(笑) マネキンに変わるものって何だろうなってなって。監督から歌詞に子猫が出てくるから、猫はどう? って。

こちらが『愛されんだぁ I Surrender』のミュージッククリップ



── 黒猫とTETSUYAさんのコラボがとってもかわいかったです。どのあたりが撮っていて大変でしたか?

猫待ちだったことかな。猫が思うように動いてくれない。


── 確かに…曲は1週間で作ったと4月のライヴのときにMCでおっしゃってましたね!

歌詞も曲も含め、1週間くらいで作ったんですよ。なかなかこれはできる人いないんじゃないですか。僕、本当に曲を書くスピードには自信ありますよ。歌詞は実質、1晩で書いてますよ。曲にしても、ネタを頭の中で出すのに数日かかったとして、それを吐き出してデモとして形にするのは1日です。僕、自分で自分に言い聞かせてる言葉があるんですけど、曲って3、4分じゃないですか。3、4分のものを作るのにそんなに時間をかけるな、と思っていて。極端な話ね。





── 3,4分のものを作るなら、数時間だろうと。

そう、自分に言い聞かせてます。2時間の映画を作るわけじゃないから。


── 普通だとどれくらいかかるものなんでしょう。

たぶん「イメージが湧かない」とか言って、曲を作るためにどこかに1人で海外に行って、それでホテルとかにこもって、何日もかけて。あー違う、作れない、みたいな時間もあるんじゃないですか? それも含めて上手くプロモーショントークに使うんじゃないですか(笑) それで「苦労して、苦労して作ったんだ、この曲。だから聴いてよ」って。それ読んで、そんなに苦労して作ったんだ、そんなありがたい曲をちゃんと味わって聴かなきゃ、って聴くでしょ。 いいと思わないとダメだと思って(笑)


── ある意味、洗脳(笑)

そっか! 僕もそう言おう。この曲作るの、ほんと大変でしたって!


──このあいだ、MCで「1週間で作った」と言ったのは実は嘘だったと。

そう、嘘ですよ。僕は存在そのものが嘘ですから。生みの苦しみですよ。ちょっともう倒れちゃって、病院で点滴打ちながら、ドクターストップかかりながら。


── 意識も不明になって(笑)

そう、朦朧としながら書いた曲なんですよ。


── (笑)

そっちのほうがありがたいでしょ。

_A9A0047.jpg

NCNCSYMBYf.jpg


── うーん、そうかも?(笑) 4月のライヴのとき、MCで1週間で曲を作った、っていうのをライヴレポートに書いたら、ファンの方が「やっぱりテッちゃん、天才!」ってTwitterに書かれてました。

天才ではないんですよね。天才ならもっとすごいと思う。ただ曲を作る才能はちょっとあります。曲ができたときは本当に楽しいから。


── 楽しそうです。曲を全然作れないときって本当にないんですか?

苦労するときはありますよ。この『愛されんだぁ I Surrender』にしても、完成形になるまでに違うAメロBメロがあったりするんですよね。だから、すごい苦労して作ってはいるけど、その苦労が何日もかけたわけではなくて、1日考えただけ。でも1日って起きてる時間だけ考えても12時間以上あるわけじゃないですか。寝る時間をもっと短く考えても、20時間近くあるわけで。20時間、ずっと一生懸命考えるのは大変ですよ。大変ですけど、それだけ一生懸命、1日中集中して考えたら、曲も生まれますよ。


── 1日で曲ができることがまず想像できません…

この曲も作り始めて、5~6時間目くらいは、ダメだこれは、イマイチ。ボツにしようかなってぐらいのタイミングもありましたよ。でもそれが10時間進めて作業していくと、これはちょっと良いかもなって、どんどんやっていって、最終的にはいい曲ができた!って感じです。


── 軽くおっしゃってますが、やはり天才だと思います。タイトルもすごく面白いなと思ったのですが、降参する、お手上げ、といった意味の「Surrender」「愛されんだあ」を掛けてるんですよね。これはパッと思いつかれたんですか?

最初にサビのメロディーと共に思いつきました。♪♪アイサレンダー♪♪~って、あのメロも一緒におりてきたんですよ。サビの主メロと追っかけのコーラスも一緒におりてきて。追っかけの最後に、♪♪I Surrender♪♪~ってちょうどハマるなと思って。「愛されんだぁ I Surrender」がタイトルなら結構インパクトあるなと思って。すごいキャッチーでいいなって。瞬間に、自宅のお風呂で思いついた感じです。

_A9A0183.jpg

── そして、マスタリングエンジニアのトム コインさんが亡くなられたそうで…最後のお仕事になったのですね。

僕、ソロに関して全曲、マスタリングはトム コインにお願いしていたので、僕の曲はイコール、トム コインの音なんですよね。だから、めちゃくちゃショックでした。ラルクの曲でも僕の曲はトム コインにほとんどお願いしていたので。ラルクでメンバーそれぞれのベストアルバム※を出したことがあって(※『QUADRINITY 〜MEMBER’S BEST SELECTIONS〜』)みんながそれぞれ好きなエンジニアにマスタリングしてもらってるんですけど、僕はトム コインにやってもらっていたから、これからどうしようって感じですよね。


── そんなトム コイン氏との最後のお仕事でもありますし、レコチョクではデイリーチャート1位になりましたし、次のリリースやライヴ含め、今年の活動がとても楽しみです。8月25日、26日には昭和女子大学 人見記念講堂で『15th ANNIVERSARY LIVE』があります。セットリストが2日間とも異なるライヴとのことですが、こちらのお話もお願いします。

人見記念講堂はすごく音がいい会場だと聞いていて、僕は行ったことはないんですけど、場所も都心で行きやすい場所じゃないですか。だから楽しみですね。そんなに頻繁にコンサートをやる会場でもないですけど、何でみんなやらないんだろう? 渋公(渋谷公会堂)も今建て直ししてるし、そのくらいの規模の会場がないですよね。


── 音がいいんですね。それはライヴが楽しみです! では「15th ANNIVERSARY」としての今年の活動についての思いを最後にお聞かせください。

曲を作ることがすごく好きなので、今は曲作りをいろいろしています。そこでレーベルのみんながいい曲だ、って言ってくれて、やろうよ、って言ってくれるスタッフがいることがすごく幸せですね。ファンもね、あったかいファンが多いですからね、幸せだしありがたいです。そういう応援してくれて、支えてくれている人たちに恩返しができるようなライヴにしたいなって思いますね。僕のファンでいてくれるだけでも、「本当にありがとう、ごめんね、ありがとう」っていう気持ち。申し訳ないなって思うから、できる限りのお返しをしたいなっていつも思っています。


── ファンミーティングもまた検討されているそうですね

そうですね、サポーターズクラブというのも立ち上げたので。サポーターズクラブは個人では入れなくて、クラブ単位でしか登録できないから、どこかしらのクラブに入らないといけないんです。各クラブにはリーダーが1人いるから、リーダーだけ集めてのリーダーズミーティングをする予定です。サポーターズのリーダーというのはファンでもあるし、スタッフでもあるし、みたいな立ち位置になると思います。親衛隊みたいなものだから、ファン代表。


── 今年のソロ活動はファンも含めて、ますます距離の近いものになっていきそうですね! ありがとうございました!

写真ギャラリー
_A9A0213.jpg _A9A0126.jpg _A9A0121.jpg _A9A0051.jpg _A9A0090.jpg


◆15周年記念LIVE開催決定!◆
セットリストが異なる、2日間だけのスペシャルステージ!
「15th ANNIVERSARY LIVE」
【日時】2017年8月25日(金)開場 18:00 開演 19:00
2017年8月26日(土)開場 16:30 開演 17:30
【会場】東京 昭和女子大学 人見記念講堂
【料金】前売り \6,900(Tax in)当日\7,400(Tax in)
【一般発売日】7月1日(土)

詳しくはコチラ

サイン入りチェキプレゼント

S__2523142.jpg


TETSUYAさんのサイン入りチェキを3名様にプレゼント! LINE BLOGアプリから「TETSUYA」と「V.I.P. Press」をフォロー&この記事に「いいね」を押せば応募完了です。「#TETSUYA」をつけてご自身のブログにもぜひ感想を書いてください♪  

アプリでフォローして応募する
※当選者にはLINE BLOGアプリのお知らせでご連絡します


愛されんだぁ I Surrender(初回限定盤)(DVD付)
TETSUYA
ユニバーサル ミュージック
2017-6-14

愛されんだぁ I Surrender(通常盤)
TETSUYA
ユニバーサル ミュージック
2017-6-14



「15th ANNIVERSARY」として今年は昨年に引き続き、ここから盛り上がっていく予感大! LINE公式アカウントでも随時、情報が配信されています。こちらも要Check!

友だち追加数


会いたい “あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。
『愛されんだぁ I Surrender』を聴きながら、真夏に向けて、恋したいです!
それでは、また。

(撮影/木村直軌、取材 文/藤坂美樹)

編集部のおすすめ記事

↑このページのトップへ