月別アーカイブ / 2016年05月

本日、新しく18組の有名人の方がブログを開設しましたので、ご紹介します。


長友佑都

ogp

プロサッカー選手。
1986年9月12日生まれ、愛媛県西条市出身。セリエAのインテルツィオナーレ・ミラノに所属。ポジションはDF(ディフェンダー)、MF(ミッドフィルダー)。瞬間のスピードとフィジカルでサイドを制圧し、闘志あふれるプレーでチームを鼓舞できる選手である。

長友佑都 公式ブログ
長友佑都 公式アカウント



田中美保

ogp

モデル。
1983年1月12日生まれ、東京都出身。ファッション誌を中心に活躍中。2015年に北海道へ移住し、番組出演や雑誌での連載など活動の場を広げている。

田中美保 公式ブログ
田中美保 公式アカウント



吉田麻也

ogp

プロサッカー選手。
1988年8月24日生まれ、長崎県出身。イングランド・プレミア・リーグのサウサンプトンFCに所属するDF(ディフェンダー)。2010年、サッカー日本A代表に初召集された。

吉田麻也 公式ブログ
吉田麻也 公式アカウント



ぐるたみん / GLUTAMINE

ogp

シンガーソングライター。
デビュー・アルバムは歌い手史上初の“ゴールドディスク”認定となった。2016年、ユニバーサル ミュージックに移籍し、自身初の全曲作詞作曲によるシングル『GIANT KILLING』を発売。ライブも精力的にこなすシンガーソングライターである。

ぐるたみん / GLUTAMINE 公式ブログ
ぐるたみん / GLUTAMINE 公式アカウント



Silent Siren

ogp

4人組ガールズバンド。
全員が読者モデル出身の原宿発ガールズバンド「Silent Siren」スタッフブログ。日本武道館公演、アジアツアーを成功させ、2016年には初の横浜アリーナでのライブも決定している。

Silent Siren 公式ブログ
Silent Siren 公式アカウント



すぅ

ogp

ガールズバンド「Silent Siren」ボーカル・ギター。
1992年12月28日生まれ、福島県出身。青文字系読者モデル。単行本『すぅ凡』を発売中。

すぅ 公式ブログ
すぅ 公式アカウント



ひなんちゅ

ogp

ガールズバンド「Silent Siren」ドラム。
1991年3月13日生まれ、東京都出身。青文字系読者モデル。エンターテインメントチャンネル・WAKUWAKU JAPAN『Music Japan TV』のメインMCを務める。

ひなんちゅ 公式ブログ
ひなんちゅ 公式アカウント



あいにゃん

ogp

ガールズバンド「Silent Siren」ベース。
1988年7月3日生まれ、神奈川県出身。青文字系読者モデル。単行本『山内あいな AINA』を発売中。

あいにゃん 公式ブログ
あいにゃん 公式アカウント



ゆかるん

ogp

ガールズバンド「Silent Siren」キーボード。
1989年6月6日生まれ、埼玉県出身。ファッション誌『Ray』専属読者モデル。

ゆかるん 公式ブログ
ゆかるん 公式アカウント



尾崎紗代子

ogp

モデル。
1989年12月20日生まれ、愛知県出身。ファッション誌『Happie nuts』などでモデルとして活躍している。

尾崎紗代子 公式ブログ
尾崎紗代子 公式アカウント



佐藤琢磨

ogp

レーシングドライバー。
元F1レーサー。2004年アメリカグランプリ(GP)で2位を勝ち取る。現在はオープンホイール・レースの「インディカー・シリーズ」に参戦しており、2013年、ロングビーチGPで日本人初優勝を獲得。世界最高峰レースのF1とインディカー、ともに表彰台に上がった唯一の日本人ドライバーである。

佐藤琢磨 公式ブログ
佐藤琢磨 公式アカウント



軟式globe。'14

ogp

アーティスト。
TBS系バラエティ番組『学校へ行こう!』の企画「B-RAP HIGH SCHOOL」でデビュー。その後、10年以上にわたる空白の時を経て、新メンバーを迎えた「軟式globe。'14」として活動を再開する。

軟式globe。'14 公式ブログ
軟式globe。'14 公式アカウント



中村克

ogp

競泳選手。
1994年2月21日生まれ、東京都出身。イトマン東進所属。競泳自由形100メートルの日本記録の保持者。リオ五輪400メートルフリーリレー、50メートル自由形、100メール自由形の日本代表である。

中村克 公式ブログ
中村克 公式アカウント



ナディア・マコネチ:舞石 まこと

ogp

アイドルグループ「閃光ロードショー」メンバー。
2000年12月18日生まれ。2015年12月23日に加入した、キレキレのダンスを踊る中学生である。
ファーストシングル『NO熱の嵐』発売中。6月11日、ワンマンライブを代官山LOOPにて開催。

ナディア・マコネチ:舞石 まこと 公式ブログ
ナディア・マコネチ:舞石 まこと 公式アカウント



アンジェナーナ・ジョリー:大沼采奈

ogp

アイドルグループ「閃光ロードショー」メンバー。
1996年10月2日生まれ。笑顔とは対照的に小悪魔な一面があり、ファンから「ブラックなーな」と呼ばれることがある。キャッチコピーは「次世代の処世術釣り師」。
ファーストシングル『NO熱の嵐』発売中。6月11日、ワンマンライブを代官山LOOPにて開催。

アンジェナーナ・ジョリー:大沼采奈 公式ブログ
アンジェナーナ・ジョリー:大沼采奈 公式アカウント



モモネス・チャン:若林萌々

ogp

アイドルグループ「閃光ロードショー」メンバー。
2000年4月21日生まれ。“夢かわいい”をテーマにした独特な世界観を持ち味に、アイドル街道を突き進む異才の持ち主。キャッチコピーは「魔法少女(仮)ユニコーン系アイドル」。
ファーストシングル『NO熱の嵐』発売中。6月11日、ワンマンライブを代官山LOOPにて開催。

モモネス・チャン:若林萌々 公式ブログ
モモネス・チャン:若林萌々 公式アカウント



クルミン・モンロー:木内くるみ

ogp

アイドルグループ「閃光ロードショー」メンバー。
1994年2月28日生まれ、京都出身。関西弁でファンをとりこにする。年齢と見た目のギャップが特徴である。キャッチコピーは「貧乳担当!合法ロリ!!」。
ファーストシングル『NO熱の嵐』発売中。6月11日、ワンマンライブを代官山LOOPにて開催。

クルミン・モンロー:木内くるみ 公式ブログ
クルミン・モンロー:木内くるみ 公式アカウント



クレオ・ココナ:山本瑚々南

ogp

アイドルグループ「閃光ロードショー」メンバー。
2000年10月8日生まれ。中学生とは思えないモデルのようなスタイルとファッションセンスを持つ。キャッチコピーは「老若男女に愛されるここまるボーロ」。
ファーストシングル『NO熱の嵐』発売中。6月11日、ワンマンライブを代官山LOOPにて開催。

クレオ・ココナ:山本瑚々南 公式ブログ
クレオ・ココナ:山本瑚々南 公式アカウント



会いたい “あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。
今週もアーティストやタレントなどの新しいブログをお届け! ぜひチェックしてくださいね。
それでは、また!

モデルのダレノガレ明美さんが5月21日、都内で行われた、アメリカの人気歌手アリアナ・グランデの新アルバム『デンジャラス・ウーマン』発売記念イベント「全国オーディション~“#Ariガール”を探せ♡~」に登壇。自身もアリアナを意識したメイクで、選ばれたAriガールと一緒にツーショット撮影を行いました。

_MG_5741


――アリアナ・グランデのようになりたい女の子たちが集まったイベントでしたが、審査員をされてみていかがでしたか?

ひとりひとりのレベルが高くて、歌も目をつぶって聴くと本人が歌っているのではないかと思うくらい似ていました。聴いていて、このあと私もカラオケに行きたいなと思いました。歌いたくなっちゃいましたね!(笑) 踊りもすごく上手でびっくりしました。



――みなさん、本当に努力して最終審査に臨まれたんでしょうね!


そうですね。グランプリのみじゅきさんは、笑ったときの顏までアリアナちゃんに似ていて、細かいところまでよく見ているんだなと思いました。



――今日はダレノガレさんもアリアナさんに似せたメイクをされてますね!

はい。眉毛もいつもより濃くして、真っすぐめに描いてもらっています。



――似てます! ダレノガレさんはアリアナさんに実際にお会いされていますが、アリアナさんの印象はいかがですか?

小さいのに体力があるなと思いました。ピンヒールでダンスを踊っているのを見て、私も家に帰ったあとまねしてみたんですけど、足首がおかしくなりそうになりました(笑) あと、会場を一体化するパワーもすごかったです!



――おふたりが並んだ写真を拝見すると、似ているな~と思うのですが、ご自身でアリアナさんに似ていると思う部分はありますか?

ペットが好きなところです。アリアナちゃんもInstagramにペットの写真を載せているので。

_MG_5771


――そしてダレノガレさんもアリアナさんもプロポーションを保つために、ものすごく努力されていると思います。


私はお肉も食べてしまうんですけど、アリアナちゃんはお肉と乳製品は食べないそうです。私も参考にしないと! 太りやすいので、半身浴はずっと続けています。あとは撮影の前は、筋肉を見せたい撮影のときと、ファッション撮影のときとでは体のしぼり方を変えたりしています。運動や食事の内容を全部変えて、理想のプロポーションに近づけます。こうすれば痩せるというのがわかってきているので、今までの経験を元に対処できるようになりました。



――今日はサボっちゃったな、というときもありますか?

サボるとすぐに体に出ます。昨日もマネージャーに「腕太美(うでふとみ)」って言われました(笑)



ーー厳しいですね(笑) でもキレイになりたい!という思いがあっても、その前にコンプレックスが大きくて気持ちが負けてしまう女の子もいると思うんです。気持ちを強く持つにはどうしたらいいですか?

コンプレックスがあっても、最終的に救いになればいいんだと思います。私は身長がコンプレックスなんです。「思ったより、実際に会うと小さい」と言われるのがすごくコンプレックスで、それを悩んでいたときがあって、身長を伸ばせる1千万円の手術を考えたくらいだったんです。でも私の身長は日本の女の子の平均に近いので、参考にしやすいと思うので、それを売りにしていこうと思っています。



――ダレノガレさんみたいになりたいという女の子もたくさんいますもんね!

ありがとうございます。モデルさんはみんな背が高くて細いというイメージがあると思うんですけど、背が高くなくてもモデルになれるんだよ、自分次第で人生変わるよ、ということを発信していきたいです。

_MG_5763


ーーダレノガレさんのようになるための秘けつはありますか?

なんだろう…こだわりが強いことかな! 相当こだわりがあるので、宇宙人と言われてるぐらいです。メイクのラインの角度がちょっとでも違うと「もうちょっと上にはねてください」とか、髪の毛の長さがちょっとでも違うと「あと3cm巻いてください」とかこだわりが強すぎて、本当に今のメンバーじゃないと成り立たないくらいです。今着ている衣装もスカートの部分がもっと開いていたんですけど、「ちょっと縫ってください」って言って、たった10分で縫ってもらったりしました。



――支えてくれる人がいることが大事かもしれないということですね。

そうですね。それがすごく大事だと思います。ついてきてくれる人というか(笑)



――そんなふうになりたい自分のイメージがあるからキレイになっていけるんでしょうね!


イメージはすごくあります。仕事でも「あれをやりたいから、やる!」という感じなんです。

_MG_5776


――意志が強いんですね! お仕事での今後の夢や目標はありますか?

オールジャンルできるようになりたいです。モデルだけ、タレントだけではなくて、歌でもダンスでもいいんですけど、オールミックスできるようになったら、もっと視野が広がるんじゃないかなと思います。



――お芝居も見てみたいです!


やりたいんですけど、役がないんでしょうね~。すごい嫌われる役でいいので、やりたいですね。悪女役、大歓迎です。



――嫌われることは恐れていない、とおっしゃってますもんね。

恐れていないですね。この3年くらいで一通り嫌われてきて、炎上キャラだったので、もう怖くないです。自分の道を突き進みます!



――そこが憧れポイントなのかもしれないですね。日本人の女の子は空気を読んじゃう子も多いと思うで。


私は空気は読まないです(笑)



――では最後に、今日のAriガールの女の子たちのように、こうなりたいという目標や夢を持ってがんばっている子たちへメッセージをお願いします!


誰かを目標にするだけで生き方がすごく変わってくると思うので、ひとり誰か、憧れる人を待ち受け画像にするとか、その人のグッズを買って持ち歩いたりすると美意識も高くなると思います。そういう人を見つけて、目標にしてすてきな女性になってほしいなと思います。 私も目標にしてもらえるようにがんばります!



――ありがとうございました!

_MG_5825

_MG_5832

_MG_5819

◆アリアナ・グランデ『Dangerous Woman 』はLINE MUSICからも配信中です◆

友だち追加数

努力してなりたい姿に近づいていく女の子は、それだけで美しい! ダレノガレ明美さんの努力に基づいた美しさは、そんな女の子たちの理想形なのかもしれません。

会いたい “あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。
もう夏はすぐそこ。プロポーションを磨いて、夏のイベントを迎えたいですよね!
それでは、また。

(撮影/奥田耕平、取材・文/Mikity)

昨年、韓国に続いて日本でのソロデビューも果たしたニコルさん。今年4月27日には待望のファーストアルバム『bliss』を発表! さまざまな女の子の気持ちを、ポップなリズムに乗せて歌っています。「聞いてくれた人に、無上の喜びと至福(bliss)を感じてもらいたい」という彼女の、アルバム制作秘話&近況、そしてファンへの本音メッセージをお聞きしました!

_02A0157


――ソロデビューしてから、もうすぐ1年ですね。グループで活動していたときと変わったなと思うことはありますか?

やっぱりソロ活動は責任が重くなるし、大変です。でも歌うこと、パフォーマンスのこと、プロとしての振る舞いなどが、より深く学べると思います。仕事を通して、人間として成長できているような……希望ですけど(笑) また、グループのときにはみんなが担当しているイメージやパートがありましたが、ソロになることで、少し自由度が上がりました。例えばバラードに初挑戦できましたし、ファッションやメイクに、自分好みの新しいスタイルを取り入れられるようになりました。



──今回のアルバムは、曲によって女の子の強い面、弱い面、かわいらしい本音など、いろいろな感情が表現されています。これはひとりの女の子をイメージして歌いましたか? それともたくさんの別の女の子がいるという感覚でしたか?

曲によっては私個人の感情だけでなく、他人から聞いた感情、過去に見た人間関係を思いだしながら歌っていたので、複数の女の子が1枚のアルバムにいるという感じですね。例えば『Need A Love』という曲では、華やかでモテる女の子がイメージとしてあるのですが、これは私個人の経験よりも、昔見た映画が参考になりました。ブロンドの女の子が周囲にバカにされながらもポジティブに活躍する『キューティ・ブロンド』とか、チアリーディングがテーマの『チアーズ!』とか……。実際、「私が人気者のチアリーダーだったら、どんな感情を持つかな? どんな表現をするかな?」と探りながら、歌詞を追いました。



――アルバムの中でニコルさんの素顔に近い曲と言えば、どれになりますか?

うーん、歌詞が素顔に近いというのではないのですが、舞台でパフォーマンスをするときは『Need A Love』がとてもしっくりきます。キュートではなくウケを狙う感じで、オーバーアクションで歌うと、客席も盛り上がってすごく気持ちがいいです。メロディ的には『HAPPY』が気に入りました。私がずっとやりたかった感じだったので、デモを聴いたときはすごくビックリして。「これ、絶対歌いたい!」と思いました。

_02A0073



恋したら、強気なことが言えます(笑)

――『HAPPY』はミュージックビデオもかわいいですね。撮影時に苦労した点や、見どころを教えてください。

バーベキューのシーンがありますが、韓国のヤンピョンというキャンプリゾート地で2月に撮影しました。気温は1度か2度くらいかな? もうブルブルでした! でも見ている人は、まさか冬に撮っているとは気づかないと思います(笑) あとは、実は事前にダンスの振り付けがなく、すべて現場で瞬間的に作って踊ったのが、秘密のエピソードかな? 「こういうふうにすればいいから、みんなニコルをまねしてね~」って感じで進みました。



――すごい、プロフェッショナルですね! ところでそれこそ『HAPPY』の歌詞の中には、「片想いならもうBye Bye」とか、「お目が高いわ 私 So special」とか、強気なフレーズが多いですよね。ご自身は、恋をしたときはこんなふうに強気になれるタイプですか?

たぶん、私の性格なら、強気なことを言えると思います(笑) それこそ、「私が1人で好きなのかな?」と思ったら、すぐに引くタイプです。1人でウンウン悩むのが、あまり好きではないので。私、昔、片思いを2年間していたんですが、もうそれでじゅうぶん。



――片思いを2年間!? ニコルさんに思われていた彼は、何をもったいないことを……。


アハハ。今はもう、私が好きなタイミングと、相手が私を好きなタイミングが合わなければ、終わりです! ずっと遅いタイミングで告白されても、「それで?」って言ってしまいます。あとは駆け引きする人も、あんまり好きじゃないですね。なんだかゲームみたいで、本気だと思えない。



――ニコルさんのファンの若い女の子は、このアルバムを聴いて強くなれそうですね! 切ない曲もあるけれど、こんな強気なメッセージも受け取れて。

女の子は自信持っていいと思うんです。私のこと好きなら、男の子は告白してよって感じですね! でも日本のファンはシャイな人が多いかもしれません。



――日韓のファンで違いはありますか?

ライブで何回会っても、話すのも目を合わせるのも恥ずかしがる方が多いのが、日本のファンの特徴でしょうか。韓国のファンは「ゥオオオオオオッ!」という感じ(笑) 若い女の子のファンでも、「楽しんでいます!」という表現がすごいんですよ。



――意外です! 韓国の方の方がシャイかと思っていました。


私のファンだけかもしれませんが(笑) あ、でもこの間表参道で、いつもライブに来てくださる日本の3人のファンの方と会って、友達みたいに話せたのは楽しかったです。

_02A0068


北海道にまた行きたいです!

――日本で、プライベートでゆっくりすることもあるんですか? 

現在、1カ月に1度は日本に来ていて、時間があるときはゆっくりします。東京では、代官山にある行きつけの香水屋さんに寄るのが楽しみです。アロマとかローションとか、香りのいいものが大好きなんですよ。お店の人にも「ニコルちゃん! また来たのね」と声をかけられるくらい、仲良くなりました! あとはイベントで行った北海道は、ぜひプライベートで再訪したいです。カニ鍋とか食べて本当に楽しかったのですが、雪が見られなかったんです。冬にぜひ行きたい!



――日本の楽しみ方の上級者ですね(笑)


あと温泉にも行きたい! 韓国もお風呂が有名ですが、スパがほとんどです。日本の露天風呂につかりたいなあ。食べ物は、お寿司はもちろんですが、しゃぶしゃぶとかすき焼きとか、もつ鍋とか、日本ならではの肉料理も大好きです。



――ところで、若い女の子のファンは、ニコルさんのファッションにも興味があると思うんです。最近、お気に入りのスタイルがあれば、教えてください。

実は私、プライベートでは女の子らしい服よりも、シックな服が好きなんです。動きやすいスポーツウェアも多いのですが、それ以外ではスキニーパンツにジャケットとか、同じくスキニーパンツにオーバーサイズのシャツ、それにカーディガンを羽織ったりとか。色は今、ブラックにハマっています。ニューヨークに行って、ロングコートがすてきだなと思ったんですが、ブラックのロングコートなんてカッコいい! これから暑くなるから、出番はなさそうだけど(笑)



――甘いガーリーなファッションがお好きなのかと思っていたので、意外です。ニコルさんのファッションは、LINE BLOGにも写真が上がっていますね。


LINE BLOGにはイベントのことも書いているので、ぜひ皆さんチェックしてください❤

_02A0154


――LINE BLOGを見ると韓国でのプライベートも垣間見れますが、飼っている犬とのショットが多いですね。


犬は2歳を2匹、1歳を1匹飼っていて、みんな兄妹です。25kg・26kg・29kgと大きいんですけど、私のかわいい子どもたちです♪ いろんなところに連れて行っていますが、できればもっと、日本でもどこでも連れて行きたい!



――LINEといえば、LINEのご自身のプロフィール画面に好きな音楽を設定できる機能があるのですが、ニコルさんが曲を設定するとしたら、何の曲を選びますか?


う~ん……迷いますが、自分の曲なら『HAPPY』です。先ほどもお話しましたが、とても気に入っている曲です。みんなにハッピーな曲を届け、ハッピーな気持ちになってもらいたいです!

『HAPPY』はLINE MUSICから配信中です!


――ではニコルさん個人の、夢や目標を教えてください。

もっと日本のファッションを知りたいです。日本のファッション誌のモデル撮影ができたら嬉しいですね。メイクについては、韓国のビューティ番組のMCをしながら勉強しています。いつかプロデュースができたら面白いかもしれませんが、まだまだ(笑)



――最後に、ファンへのメッセージをお願いします!

私はアルバム『bliss』が完成したときから、早く皆さんにお届けしたい、聴いてほしいと思っていました。皆さんの反応を楽しみにしています。これからも日本での活動をがんばりますので、応援をよろしくお願いいたします!



――ありがとうございました!

_02A0164

_02A0153
_02A0176

◆ニコル ファーストアルバム 『bliss』
2016年4月27日発売

【CD】
1.Precious Time
2.HAPPY
3.wonderful baby
4.LUNAR
5.Say Good bye
6.Lucky Day
7.Need A Love
8.Memories
9.recall
10.Something Special
11.DON'T STOP
12.Dream Of Love
13.MAMA-Japanese Ver.- (Bonus Track)
※通常盤のみボーナストラック収録





ニコル 公式ブログ

◆『bliss』はLINE MUSICでも配信中です!◆
→配信はコチラから

会いたい “あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。
もうすぐ夏。アルバムを聴いて、恋したい気持ちを盛り上げましょう!
それでは、また。

(撮影/杉 映貴子、取材・文/中尾巴)

↑このページのトップへ