月別アーカイブ / 2016年04月

板野友美さんが主演する初のホラー映画『のぞきめ』が、4月2日(土)より全国ロードショーとなります。「ホラーは苦手だった」という板野さんに映画の制作秘話について、うかがってきました。

_MG_6082


――初のホラー映画主演ということですが、板野さんは怖いものが苦手だそうですね。


そうなんです。もともとお化けが苦手で、ホラー映画も苦手だったので、お話をいただいたときは「私にできるのかな」って思いました。



――でも挑戦してみようかなと思われたのはなぜですか?

台本を読ませていただいて、三嶋彩乃という役がすてきな女性だなぁと思って、せっかくいただいたお話なのでやってみようと思いました。



――彩乃はすごく強い女性ですよね。

最初はそういうところは見せないんですけど、どんどん強くなって、最終的には大切な人を守ろうと思って戦うようになります。その姿はすごくかっこいいなと思いました。



――実際に撮影をされてみて、ホラー映画の現場はいかがでしたか?


始まる前は怖かったんですけど、始まってからは意外と怖くなかったんです。CGがつく前の演技の段階では、のぞきめの目がギョロリと動いて、彩乃が悲鳴をあげるシーンのところなんかも、おもちゃの目玉を前に置いて、それを見ながら動いていると思って演技する、という感じだったので、怖くありませんでした。



――じゃあ、怖くて悲鳴を上げるシーンは想像で演技されたんですか?

そうですね。それがけっこう難しかったです。実際にお化けを見たこともないですし、本当に怖いものを間近で見たときに、どういう反応をするのが正解なのかなということは、すごく考えました。変にびっくりしすぎている感じだとわざとらしいですし。一番難しかったのは、棚の中にあるものが入っているのを見るシーンです。最初は何が入っているのか分からないので、どれくらいで気付いて、悲鳴を上げたり逃げたりするのか、そういうところを考えました。



――なるほど。撮影されていて、本当に怖かったシーンはありましたか?

人が殺されるシーンです。すごく空気が張りつめるような雰囲気だったので、本当に怖かったですね。



――ラストは驚きました。

驚きますよね。私も台本を読んだとき、え? って思いました。

_MG_6029


仕上がった完成版は見るのが怖かった!

――実際に完成版をご覧になられたときは、いかがでしたか?

CGがついて仕上がると全然違って、直視できなかったです。ホラー映画自体が苦手なので、自分が出るシーンはまだどうなるかわかっているので大丈夫なんですけど。他のシーンは本当に目を細めて見たり、真ん中を見ずに端っこを見ていました(笑)



――やっぱり怖かったんですね(笑)

最初の、のぞきめの目玉が出るシーンは油断していて、いきなり出てきたので、みんながシーンとして見ている中、ひとりで「あー!」って叫んでしまったんです。恥ずかしかった(笑) 出演者なのに、ひとりでびっくりしてるみたいになって。



――(笑) でもホラー映画は、その「わー」って叫びながら見るのが楽しみでもありますよね。

みんながホラー映画を見ているところを見たことがないんですけど、見ながら「キャー」とか言うんでしょうか。

_MG_5987


苦悩しながら演じた「彩乃」役

――『のぞきめ』はホラーでありながら、実際にありそうな「人の視線を感じる」というのがひとつのテーマですよね。

そうですね。誰かにのぞかれているんじゃないか、と不安になったり、視線を感じるというのは、誰でも経験のあることだと思うんです。たとえばこの映画を見たあと、お風呂にひとりで入って、シャンプーしていて、目をつぶったら、開けたときに隣にのぞきめちゃんがいたらどうしよう、とか。妄想しちゃいます。



――見たあとが怖いんですよね、ホラー映画って。撮影されていて、印象的だったシーンはありますか?


さきほどお話した棚の中にあるものが入っているところを見てしまうシーンですね。物語の肝だからと監督からも聞いていて、練習を何回もしました。




――今回の彩乃の役は、演じてみて難しかったですか?

今まで演じてきた役は、私のキャラに近い役だったり、日常を描いたものが多かったので、わりと素の感じで演じることができていたんです。『のぞきめ』のあとで、恋愛映画も撮影したんですけど、恋愛なら想像ができるじゃないですか? 好きな人の前ならこういうしぐさをするかな、こういう感じで目線を送るかな、とか考えながらできるんですけど。ホラー映画は、日常にないことを描いているし、叫んだり驚いたり、って日常ではあまりないことなので、それがすごく難しかったですね。あと、あまり笑うシーンがなかったので、それも難しかったです。



――確かに、真剣な表情やおびえている表情のシーンばかりですもんね。

そうなんです。あと、彩乃の服装が普段では着ない、カジュアルな服装だったんですけど、それを私が着ると幼い感じになってしまうんです。かわいらしいというか。黒髪だし、余計に若く見えてしまって。監督には 「しっかりしている女性を演じてほしい」と言われたんですけど、それがすごく難しかったです。



――確かに、いつもの板野さんのイメージとはだいぶ違いますよね。

彼氏の信二に対しての話し方も、「ふつうにしゃべると、ちょっと甘えているように聞こえてしまうから、もっとハキハキしゃべってほしい」と言われたんですけど、意識してやらないといつものしゃべり方になってしまって、難しかったです。

_MG_6032


現場で学んだ「プロの演技」


――話し方を変えるのは難しそう! 共演者の方々とは撮影中、いかがでしたか? 

みなさん、ベテランの方が多かったので、引っ張っていただきました。演技のアドバイスもたくさんいただいて、助けていただきました。 



――共演者のみなさんとは仲良くなれました?

入来茉里ちゃんとは、プライベートでも仲良しです。白石隼也君とも、最初はお互いに人見知りで、撮影以外ではひと言くらいしかしゃべれなかったんですけど、監督に「カップル役なのに仲悪いの?」みたいに突っ込まれて。でも突っ込まれると余計に話しにくくなって(笑)



――言われると余計にそうなるのはわかる気がします。

でも、車の中のシーンとか、ふたりのシーンが多かったので、だんだんと話すようになりました。私が演技は初挑戦に近いので、演技について教えてくれたり、こういうふうにしたらいいんじゃないかとか、アドバイスもくれました。



――演技に対しては、だいぶ慣れというか、自信はつきましたか?

ホラーはすごく難しかったですけど、今まで見せてこなかった私を見せられているかなと思います。体当たりの演技でがんばったので、見てほしいなと思います。



――今後、女優としてやってみたい役柄はありますか?


恋愛コメディーに出てみたいです。表の顏と裏の顏があるような役がやってみたくて。表を演じながら、心の声も演じるような、コミカルな演技がしてみたいです。面白いところや笑いがあるものに出たいです。私のイメージって、強めだったり、派手な感じだと思うんですが、それとは違った役をやってみたいと思います。アーティストとしての自分のイメージはあまり変えられないので、女優のときにいろんな役をやって、いろいろな私を見せていけたらと思います。



――アーティストとしてミュージックビデオを撮るのと、女優としての演技は違いますか?

ミュージックビデオはかわいいとか、かっこいい自分をどうやって見せられるか、というのを考えて演技しているんですが、どうやったらキレイで、輝いている姿を見せられるかというのを大事にしています。女優として演技に必要とされるのは、決め顏ばかりじゃないですよね。驚いたり、叫んだり、自分が崩れていく姿を見せないとならない。そういう自分を見せるのが恥ずかしいなって最初は思っていました。演技をしているときは、それが実際に起こっていることと思えば大丈夫なんですけど、試写会で出来上がった映像を見るときが一番恥ずかしかったです。



――別人を演じているわけですもんね。

そうなんです。演じることにもっと慣れていけば、歌うことと同じで、たとえば驚いている演技も、もっとこうすればよりリアルに見えるな、ということがわかってくると思うんです。歌もダンスも、意識的にカメラにどう映るかということを考えながらやっているので。演技でもそういったことをできるようになると、もっとよくなるんだろうなと今回の映画ですごく思いました。



――なるほど。共演者のみなさんの演技をごらんになって、そういう「考え」のようなものは感じました?

吉田鋼太郎さんが小声で語るシーンを演じられているとき、すごく感じました。演じているのを見ていたときにはわからなかったんですけど、スクリーンで映像を見たとき、その小声が奥深い、重みのある声で、映像になったときのことまで把握して演じられているのかなと思いました。



――プロの方の演技ですね。


だからたぶん、こうやって話したら、こう聞こえるんだろうなということとか、演技の勉強をもっとしていきたいと思います。

_MG_6021


主題歌『HIDE & SEEK』のミュージックビデオ撮影秘話


――主題歌『HIDE & SEEK』も板野さんが歌われていますよね。こちらの曲についても少し教えてください。

『のぞきめ』の主題歌ということなので、世界観に合う曲を作っていただきました。歌詞もちょっと見ただけだと恋愛っぽく思えるんですけど、『のぞきめ』を見てからだと、すごい怖い意味にもとれます。途中で「気づいて」という声や笑い声が入っていたり、怖いと思って聞くと怖くなる曲なので、改めて聞くと2倍楽しめるんじゃないかなと思います。ふつうに聞けば、サビはロック調で強めな、かっこいい曲です。



――ミュージックビデオの撮影も先日されていましたね。


ミュージックビデオはファンタジー系な仕上がりになっています。でもストーリーは怖いです。お城にお姫様が王子様と密会しに来るんです。その王子様とダンスをするんですけど、ふと気づいたら、王子様は狼男になっていて。それでお姫様が逃げるんだけど、狼男に殺されるんです。



――えええ。

で、その殺されたお姫様の血を、お城の使用人の女の人が飲むんです。その女の人は本当は老婆なんです。王子様とグルになって、若い女の人の血を飲んで、若返っている、というストーリーです。



――「本当は怖いグリム童話」みたいですね。


そう、でも絵的にはかわいいMVなんじゃないかなと思います。私はそのお姫様役と老婆の役の2役をやっているんですが、老婆では特殊メイクでシワとか作って、すごかったです。



――老婆になった自分を体験されたんですね!


それでわかったのは、シワって乾燥するとなりやすいから、メイクも乾燥させて作ったんです。ということは、保湿をめっちゃしていたら、おばあちゃんになってもシワが少なくいられるんじゃないかと。今から超保湿しようと思っています(笑)



――保湿! します! ミュージックビデオはドレス姿も見られるんですね~楽しみです。

撮影の最初が老婆のシーンからだったので、だんだん老婆の気持ちが入り込んできて、暗い気持ちになりました。特殊メイクも大変で、首にもゴムみたいなものを固めてシワを作っていたんですけど、どんどん乾燥してきて、演じている最中にすごくかゆくなってきて。そのあとお姫様の役だったので、とても気持ちが晴れました。



――老婆からの姫。ハイになりますね。

衣装を着ると、なりきろうと思っていなくても、その役の気持ちになってくるんだなって思いました。だから、見た目から入るのってすごい重要だなって。


_MG_6057


スレンダーなスタイル、どうやって保っているの?


――見た目というところでいうと、少しお話がそれますが、ファンの方たちは板野さんのメイクやファッションに憧れていると思うんです。スタイル維持のひけつはありますか?

なんだろう。ダンスをずっとやっているので、運動かなと思います。ダンスとストレッチ。走ったりとかではなくて、ストレッチやヨガが私には合っているのかなと思います。楽しみながらできるのが一番良いですよね。



――お食事はいかがですか?

夜ごはんはサラダを多めにして、炭水化物をちょっとだけ少な目にするのが効果的だと思います。



――無理のない感じですね! 最後にお好きなLINEスタンプがあれば教えてください。

今は『のぞきめ』のスタンプです。あとよく使うのは「スティッチ」です。動きがめっちゃかわいい。あとはコニーちゃんが好きです! ブラウンとのカップルスタンプをよく使っています。コニーがちょっとわがままなんだけど、ブラウンが優しくフォローしている感じが好き。LINEキャラクターは頭が大きくて足が短いのがかわいいですよね。

のぞきめちゃん
のぞきめちゃん100%

ブラウン&コニ―
ブラウン&コニー ドキドキデート♪


――ブラウンとコニ―はでこぼこカップルですよね(笑) 今日はありがとうございました!


_MG_6062

_MG_6053


映画『のぞきめ』公式サイト

板野友美 公式ブログ

『のぞきめ』ではふだんの美しく可憐な板野さんだけでなく、恐怖の表情などいろいろな姿が見られます。女優、板野友美をぜひ劇場で!

会いたい “あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。

春、新しいことに挑戦したいですね!
それでは、また。

(撮影/奥田耕平、取材・文/Mikity)

「壁ドン」「あごクイ」「頭ポンポン」など、女子がときめいちゃうシチュエーションはいろいろありますが、少女マンガみたいなしぐさが様になる男子って、現実にはあまりいないものですよね

でも、いるんです。見た目麗しく、女子の気持ちが分かり、イケメンよりイケメンらしい存在が。――それはずばり、 “男装女子”
今回は、女子がときめかずにはいられない、男装の王子様たちを集めてみました


「お姫様より、王子様になりたい」という LeChat さん



普段はロリータファッションな 青木美沙子 さんのメルヘンチックな王子様



深澤翠 さんの、りりしいコート姿の王子様もステキ



カリスマ的な人気を誇る、アーティスト&モデルの AKIRA さんは、王子というより魔王でしょうか。こんな色っぽい魔王様になら、さらわれてみたい



続いてはお坊ちゃま。
木村優 さんはなんと、中国の雑誌『GIRLISM』の表紙を男装で飾っています。



現代っ子がお好みでしたら、男装でカフェのお手伝いをした 217 さんはいかがでしょう。
こんな美少年がホットケーキやパスタを運んできてくれたら…通い詰めちゃいます



VIENNA さんの“ヴィエン男”姿には、「惚れる」のコメントが殺到しました。
ちょっと遊び人っぽい雰囲気があるけれど、そこがいいのかも



mam さんは、仲良しのお友だちと男装デート。この繊細さ、少女マンガから抜け出してきたみたい



山本太陽 さんは男装家として活動しているので、コスプレや舞台などでりりしい姿が見られるチャンスは多そうです。



はあちゅう さんは、男装モデルの ルウト さんに壁ドンされてドキドキ
美しい上に女子の胸キュンポイントも熟知しているのでは、仕方ないですよね



そして、このマッチョなイケメンは誰…
と思ったら、いつもはかわいいアイドルな LADYBABY レディビアード さんのレアな男装でした!




会いたい “あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。
男装女子は、指がきれいなのも高ポイントだと思います

(文/マヨトロワ)

人気ダンスロックバンド、DISH//(ディッシュ)のメインボーカル兼ギタリストとして活躍する一方で、若手実力派俳優として、その演技力にも注目が集まる北村匠海さん。映画『あやしい彼女』では、主人公の孫・瀬山翼役を好演した北村さんに、撮影秘話や共演者の印象、そして役者としての思いを語っていただきました。

20160129-_00A5411




――出演された映画『あやしい彼女』の見どころを聞かせてください。

一番の見どころは、倍賞美津子さんと多部未華子さんが同じ役を演じるというところですね。倍賞さんが演じるおばあちゃんが、ひょんなことから20歳に若返って、多部未華子さんに変わるんです。僕はその孫として出演しているんですけど、奇想天外な設定からエンターテインメント性が伝わると思いますし、水田伸生監督は『謝罪の王様』、『舞妓Haaaan!!!』など、コメディー映画をたくさん撮ってきた方なので、笑えるシーンが満載だけど、それだけじゃなくて、最後は泣ける作品になっています。



――倍賞さんのシーンからストーリーが展開していきますが、下町のおばあちゃんって感じの役柄ですよね。

倍賞さんの「すごさ」を痛感しました。撮影現場ではパワフルで、僕の方が元気をいただく感じでした。倍賞さん演じる「カツ」のちょっと傲慢(ごうまん)な部分というか、すごく強気な感じが、本当にパワフルに演じられていて、勉強になる部分が多かったです。



――共演者の方とお話することは多かったんですか?

撮影現場では僕が最年少なので、みなさんが優しく声をかけてくださいました。だから、あまり緊張せず、リラックスした状態で演技に臨むことができたと思います。いい演技をするために、共演者同士でコミュニケーションを取り、いい雰囲気を作っていくとか、そういうことを、今後は僕自身がやっていかなきゃいけないって思いました。

20160129-_00A5487



――印象に残っているシーンはありますか?

ライブシーンです。僕自身これまでDISH//としてライブをやってきていますが、映画のワンシーンとして撮影するのは初めてだったので、すごく印象的でしたね。大勢のエキストラの方の前で、本当にライブをしているような気持ちで撮影をしました。とても臨場感があるシーンになり、見ごたえがあると思います。



――バンドではリーダーでしたが、他のメンバーとのコミュニケーションは?

僕が引っ張っていけたら……と思い、僕から声をかけて、一緒にご飯を食べに行ったりしたんですよ。僕自身、本当は人見知りなんですけど、同世代だっていうこともあり、すぐに打ち解けることができました。それが効いたのか、現場でもチームワークが良かったです。

20160129-_00A5515



――実際にDISH//として音楽活動をされていることは演技にも影響しましたか?

そうですね。翼と同じく、ギターもやっているので、それも演技で生かせたかなと思います。



――劇中では、ボーカル役の多部さんが昭和歌謡を歌っていましたよね!

そうですね。すごく声がキレイで多部さんの歌声にみなさんほれてしまうんじゃないかなと(笑) 昔の歌謡曲を今のバンドサウンドでやっているので、僕の中では昔の曲を新鮮な気持ちで聞くことができました。音楽という面では、今のバンドサウンドが好きな若い人も、昭和歌謡をリアルタイムで聞いていた世代の人も楽しめると思います。

20160129-_00A5239



――役者として、今年はたくさんの作品が公開されますね。

小学生の頃から役者をやっていて、芝居は大好きです。今年は『あやしい彼女』含め、他作にも出演させていただくので、役者としても頑張っていこうと思っています。



――今後演じてみたい役はありますか?

これまでもいろんな役を演じてきましたし、今作では、初めてコメディータッチの映画に挑戦させていただきました。これからは役柄というよりも、役者としてのスキルを磨くことを突き詰めていけたらなと考えています。

20160129-_00A5395



――『あやしい彼女』では“家族愛”が描かれていますが、北村さんの家族との関係は?

家族はみんな仲良し! 父と母は、この間、出演した映画が公開された時は初日に見てくれたし、弟はDISH//を好きだと言ってくれて、すごく応援してくれています。こうした家族の支えがあってこそ、ここまでやってこれていると思うので、『あやしい彼女』の中で描かれている息子のお母さんに対する愛とか、おばあちゃんの孫に対する愛とか、とっても分かる気がします。実際、僕自身、ずっとおばあちゃん子だったんですよ。



――おばあちゃんは優しかったですか?

すごく優しかったですね。DISH//で武道館でライブをした時、応援しに来てくれました。



――劇中ではおばあちゃんとお母さんが和解するシーンがありますけど、こういった場面を家族で見るのもいいですよね。

あのシーンはいいですよ。家族のありがたさや大切さっていうのをすごく気付かされると思います。

20160129-_00A5366


――おばあちゃんが過去に戻って人生をやり直すというストーリーですが、過去に戻りたいと考えたことはありますか?

あのとき、ああしておけばよかったとか、人生をリセットしたいという思うことは、年齢に関係なく誰もがあると思います。僕自身も小学生の時がすごく楽しくて、その時に戻りたいって、ふと思ったりしますから。誰もが思うことが主題になっているからこそ、いろんな人の胸に響き、共感できる作品になっているんじゃないかと思います。



――これからは後悔しないようにと思いますか?

僕としては後悔の思いがエネルギーになっているところがあるし、失敗から学んで成長することもあるから、後悔することは悪いことではないなと。後悔がない人生より、後悔のある人生の方が豊かなんじゃないだろうかと思ったりする時があります。たとえば、反抗期の中学生の人がこの映画を見て心を動かされ、家族の大切さを再認識したということになれば、それは後悔からはじまって、一歩前に進んだってことですもんね。



――『あやしい彼女』の公開に向けて、この映画を見たいと思っている人にメッセージをお願いします。

楽しく見られるコメディーでありながら、しっかりと涙を誘いますし、見てくださる方、それぞれに何か感じることのできる作品だと思います。幅広い世代の人に見ていただいて“家族愛”の素晴らしさを感じてもらいたいです。ひとりで見るのもいいですけど、家族や友人、恋人同士で見てくれたら嬉しいですね。きっと隣にいる人への愛を感じることができるはずです。

20160129-_00A5318



――LINEについてもうかがいますが、LINEスタンプでお好きなものはありますか?

ちょっと特殊なスタンプを集めることが好きで、結構持っていますね。その中でも〝むっちり村〟っていうのがあって、すごく気に入っています。アニメもあって、YouTubeで“シュールアニメ”で検索すると出てくるんですけど、めっちゃいいですよ(笑) グループとしてはDISH//スタンプもありますし、LINEはヘビーユーザーです。LINEがなくなったら、困ります(笑)

むっちり村
むっちり村


――最後にLINEユーザーに対して、一言お願いします。

今を楽しむことが大切だと思います。ときには「あのころは輝いていたなぁ」と、昔を懐かしむのもいいかもしれません。だけど、懐かしむだけじゃ何も変わらないですよね。あのころよりも輝くために今を楽しむというモチベーションを持つと、勉強や仕事に対する気持ちが変わると思います。僕は今を楽しむことを大事にしています。



――ありがとうございました!

20160129-_00A5352



『あやしい彼女』公式ページ

DISH// 公式ブログ

甘いマスクと大人な発言。まだ高校生とは思えない匠海さんでした!

会いたい “あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。
過去に戻れるなら、みなさんは何がしたいですか?
それでは、また。


(撮影/クマ、取材・文/福富正明) 

↑このページのトップへ