月別アーカイブ / 2016年02月

「今年ブレイクする女優は誰?」という質問に、必ず名前が挙がるのが 武田玲奈 さん。現在18歳、昨年3月に映画『暗殺教室』で女優デビューし、雑誌『週刊ヤングジャンプ』で初登場にして表紙に抜擢された、期待の新星です



お菓子のテレビCMで見たことがある という方も多いかもしれません。
好きな男の子に告白できずもじもじする玲奈さん、かわいかったですよね



デビューのきっかけは、「第2のくみっきー!発掘オーディション」グランプリ受賞
ティーン向けファッション誌『Popteen』でモデルもしています。



10月に放映されたドラマ『監獄学園』では、強烈なキャラクターの中で飛びぬけてピュアなヒロイン・千代ちゃんを演じました



3月25日公開の映画『暗殺教室~卒業編~』に、前作に引き続き出演しています。
マンガやアニメが好きな玲奈さんはもともとこの作品のファンだったそうで、同じくマンガ好きの不破優月役はぴったり



いろいろな雑誌の表紙にひっぱりだこなのが、人気者の証
ブログでは撮影時のオフショットが見られます。現場は和気あいあいで、このときはスタッフも全員ネコ耳をつけていたとか



暖かいサイパンでのロケに大喜びな玲奈さん。早く、大好きな夏が来ますように



そして、嬉しいニュース 3月31日にファースト写真集の発売が決まったそうです
ブログに続報が載るのを楽しみに待ちましょう



武田玲奈 公式ブログ


会いたい “あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。
玲奈さん演じる千代ちゃんの「ごっつぁんです」は胸キュンものでした!

(文/マヨトロワ)

ワールドツアーに「COUNTDOWN JAPAN」3年連続出演、CMと、勢いが止まらない でんぱ組.inc 。 メンバーそれぞれが“ヲタク”という秋葉原発の6人組アイドルグループです。





クリエイターとのコラボレーションも多く、サブカルチャーのアイコンとしても熱い注目を浴びている彼女たち。




ただいま、全国ツアー『GOGO DEMPA TOUR 2016』の真っ最中です!
ブログには ライブ中やバックステージでの様子がたっぷりアップされているので、ステージを見た人にもチケットを取れなかった人にも嬉しいプレゼントになっています


ツアー先でのオフショットもたっぷり
顔ハメ看板があったら、率先してはめるのがアイドル!?
センター 古川未鈴 さんは、新体操とバレエの経験を生かしたダンスリーダー。



夢眠ねむ
 さんは映像監督やコラム執筆も手がける、ジャンルを超えたカルチャーアイドル。出身地三重県の「みえの国観光大使」でもあります



藤咲彩音
さんはなんと、1歳から始めたという、筋金入りのコスプレイヤー 




ツアーにかこつけた全国のオタクショップ巡りも、メンバーの楽しみのひとつ
ねむちゃんの戦利品を見る 成瀬瑛美 さん(左/黄色)は、ゲームやアニメなどアキバカルチャーを心から愛するハイテンションガール



ソロ写真集を出すなど、グラビア・ファッション界でもひっぱりだこの 最上もが さんは(紫)ネットゲーム大好き。
岡山公演の時には「特に変装などせず街を巡っていても声を掛けられることはなかったけど、アニメイトさんに行ったら『さっき梨紗ちゃんやえいちゃんも来てました! 』と話し掛けられた」とか
一番左の 相沢梨紗 さんは2.5次元オタク。声にこだわるリーダーで、ラジオDJとしても活躍中です!




オタクは手先が器用なのです。
ヘアスタイルやメイクも自分流にアレンジ! さすが




なかなか見られない「早着替え部屋」も大公開!
メンバーはここで身支度しながら、アンコールの大歓声を聞いているそうですよ
アンコール前などに別の衣装に素早く着替える為の部屋のことです。
各メンバーそれぞれの場所に衣装、冷たいおしぼり、ドリンク、メイク道具、タオルなどを並べ、扇風機も使用し部屋を冷やしておきます。



北海道から沖縄まで全30公演のツアーは4月まで続きます!
レベルアップを続けるでんぱ組.incが楽しみですね。




でんぱ組.inc 公式ブログ



会いたい “あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。
ステップアップの春です!

(文/オカヂマカオリ) 

HY が、関西テレビ・フジテレビ系ドラマ『お義父さんと呼ばせて』オープニングテーマになっている新曲『極愛(ごくあい)』の配信を開始しました。それを記念し、3月15日(火)まで、公式サイトで「極上の恋愛」エピソードを募集しています。



「ドロドロ」もしくは「Happy Ending」ふたつのカテゴリーで募集を開始したところ、現在までに400件以上のリアルな恋愛体験談が寄せられました。
自分に自信のない私が、勇気を出してアタックした恋。結局、相手には恋人がいたけれど、がんばった自分をほめたいです。(メロンさん)
中学時代に出会った彼と、12年間くっついたり離れたりを繰り返しました。今年、ついにゴールインします!(ミモザさん)
「年の差婚」という言葉もなかった時代、親とほぼ同じ年齢の彼と交際していました。反対され続けましたが、結婚式には両親そろって出席してくれました。(まんつまさん)
DVが原因で離婚をしたその日の夜、出会った人。まだ男性が怖かった私を「大丈夫になるまで待つ」と言ってくれた彼と、今はハネムーンの計画を立てています。(ひーさん)
自分を成長させてくれた恋、ケンカやすれ違いを経てようやく実った恋など、さまざまな思い出が語られています。
中には、現在進行形のつらい恋もありますが、「HYに伝えることができて、この思いを昇華できた」と、前向きな気持ちになれた人も


投稿作品はHYのメンバーが読み、それぞれ心に響いたエピソードを選びます。
「極愛賞」4名には癒やしの旅行券をプレゼント。



そして、大賞である「大極愛賞」に選ばれた1名様には、旅行券のほか、投稿エピソードをもとにメンバーが歌詞を書き 『極愛』の替え歌バージョン『大極愛』として制作します



あなたの「極愛」を、HYが歌ってくれるチャンス
ぜひ、忘れられない思い出を投稿してみてはいかがでしょうか


投稿は「HY オフィシャルウェブサイト HY-ROAD」から


3月16日、ライブDVD『LOVE & SMILE ~Let’s walk with you~』発売


会いたい “あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。
少女マンガみたいな恋って本当にあるものなんですね。

(文/マヨトロワ)

↑このページのトップへ