月別アーカイブ / 2015年09月

9月27日 日曜日に「第21回 東京ガールズコレクション 2015 AUTUMN/WINTER」が代々木第一体育館にて開催! ステージご出演直前の安田美沙子さんにお話をうかがいました!

_MG_5432


――ステージご出演前の今のお気持ちをお聞かせください!


今回は『saita』さんの20周年スペシャルステージなので、いつもと違った大人の目線で出れるのかなあと思っています。

 

――今、着ていらっしゃる衣装のポイントを教えてください

 
これは私服なんです。今日着るのは大人っぽい黒やカーキなどミリタリーっぽいものです。普段ガーリーっぽく見られがちなんですけど、今回はちょっと辛口にしました。

 

――この秋冬でプライベートで挑戦したいファッションはありますか?


ロング丈のコートやガウンをはおるスタイルが気になります。ニットで切り返しがあるものとか。ニットだけどちょっとふつうのニットとは違った楽しみ方ができそうなので着たいです。


――30代になられてから美容法を変えられたりはしましたか?

すごい変えてはないですけど、たまにエステ行ったり、ヘッドスパ行ったりとか、ほおが落ちないように気をつけていますね。スパは月イチくらいで行っています。


――小顔マッサージも行かれたりしますか?

小顔矯正に行ったりしますし、鍼(はり)も1週間とか2週間おきに受けています。怖かったけど意外と合うなぁと思って受けています。悪いところが痛いのかなと思うので効いているんだと思います。 痩せやすくもなるし顔も引きあがるしいいことだらけでおすすめです。

 
_MG_5439
 


――今年、結婚式をあげられましたが、新婚生活はいかがですか?

 
平和ですね。結婚式準備のときはケンカしたりもしましたが、終わってからは仲良くなって。安定して平和な感じです。


――結婚式の準備できずなが深まったのかもしれないですね

それもあると思います!


――結婚式準備ではどういうことでケンカになったりしたんですか?

デザインとかで。(主人が)デザイナーさんなので、こだわりがすごいあったりして。お互いゆずりあったりもしたんですけど。そっちはやってって役割分担しました。招待状は主人が担当したり。よくしようと思ってのケンカなんですけどね。今はすごく仲良しです。

 

――仕事と家庭はどんなふうに両立されていますか?


マイペースですね。(独身のときと)変わったところもあるし、変わっていないところもありますけど、無理せずに、料理もできるときは作って。主人は料理はしないんですけど、片付けとかはやってくれるので助かっています。


――家事はお好きなんですか?

あんまり好きじゃないです(笑)。 でも料理は好きなので、いっぱい作っています。野菜を多く作ったり、吸い物にしたり、夏はカレーをたくさん作りました。健康的な感じです。

 

――最後に、LINEスタンプで最近好きなものがあれば教えてください

「ようこそkonomidepartmentstoreへ!」がお気に入りです。
 


konomi

「ようこそkonomidepartmentstoreへ!」



――ありがとうございました!


_MG_5449

_MG_5442

_MG_5450


3e53431f
友だち追加数



会いたい “あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。 
新婚生活、うらやましい~!
それでは、また。


(撮影/奥田耕平、取材・文/Mikity)

「日本化粧品検定協会」代表理事の小西さやかさん。「コスメコンシェルジュ」として女性誌などでもご活躍中です。ご自身も大変な美肌の持ち主である小西さんに、正しいコスメを選ぶポイントや日々の美容法についてうかがってきました!

_MG_1968


――コスメが大好きな女性は多いと思いますが、成分など、科学的な視点から選ぶのは知識がないとなかなか難しいです。選ぶポイントについて教えていただけますか?

小西「大事なのは、自分の肌に合う化粧品をどうやって選ぶかということです。一番良いのは、化粧品のことを少し勉強していただいて、その成分や特徴を理解した上で選んでいただくことです。シミのための美白化粧品ひとつとっても。シミの種類によって効く化粧品と効かない化粧品があるので、ご自身の肌悩みに合った最適なものを選び出せるようになっていただきたいですね」



――それはやはり、自分でたくさんの化粧品を試してみるしかないんでしょうか

小西「化粧品検定の2級を勉強していただければ知識が身につきます」



――なるほど。自分の肌悩みに合う成分が入っているものを選べばいいんですね!

小西「たとえば、洗顔の石けんは使ってみなくても、見た目だけで特徴がわかるんです。透明な石けんだと保湿剤がいっぱい入ってるから泡立ちが悪いんです。逆に不透明な石けんだとそれだけ洗浄成分が多いので、泡立ちはいいんですけど、保湿力がなくて肌が乾燥してしまいます。それがわかると、自分は乾燥肌だから、透明石けんを選ぼう、とか、自分でセレクトができるようになるんです」



――自分の肌悩みに合わせた化粧品を選ぶということですね

小西「すごく重要なことですね。たとえば、さきほども申し上げたシミ対策も、美白の化粧品を使えばいいと思っている方が多いんですけど、美白化粧品って、できてからだいぶたったシミではなく、シミができる前の予防やできてすぐのシミに効果的なんです。それを知らずに『使ってもなかなかシミが消えない』とおっしゃる方が多いんです」

_MG_1904


――成分について勉強することが大事なんですね。絶対にこの成分が入っていたら選んではいけない、というものはあるんでしょうか。界面活性剤は入っていないほうがいいと言われていると思うんですが

小西「界面活性剤は悪者にとらえられてしまっていますけど、素肌に優しい界面活性剤もありますし、みなさんが肌にいいと思っているセラミドも構造から言うと、界面活性剤に入るんですよ」



――え! セラミドが!?

小西「だから、界面活性剤と一言で言っても、すごくいい働きをしてくれるものもあるし、お肌に少し負担になるものもあるし、いろんな種類があるんです。化粧品会社が化粧品に入れているものは、薬事法をクリアして、安全性を確認して入れているので、特に問題ないと思って使っていただくのがいいと思います」



――なるほど!

小西「今はなんでもオーガニックが良いと言って、ブームのようになってしまっているんですけど、本当に肌が荒れた人には単一の合成原料(ワセリンやミネラルオイルなど)がおすすめです」

_MG_1919



――化粧品で高価なものというと、エイジング化粧品ですけど、効果が高いものは皮膚にはやはり刺激が強いんでしょうか

小西「そうですね、ペプチド、という成分を聞いたことはありますか? EGFとかFGFや幹細胞というのは、全部ペプチドで、タンパク質からできているんですけど、アレルギーは基本的にタンパク質から起こるので、皮膚トラブルになる可能性はあります。ですから、肌が弱い方や荒れている方は、まず成分数が少ない敏感肌用のコスメなどで健康的な肌を取り戻してから、そちらのワンランク上のケアに移ってみるといいと思います」



――運動についてはいかがですか?

小西「運動もすごく重要ですし、あとはマッサージをするといいです。化粧品をぬったとしても、血管に入るまで成分を届けるというのは、かなり難関です。マッサージと合わせてクリームを使うとか、運動で体全体の血行を促していったりするといいです」



――やっぱり運動はお肌にもいいんですね

小西「ただ、ランニングの中でも心拍数が上がりすぎたり、体に負荷をかけるものは美容にはよくないんです。たとえばマラソンも、すごくがんばって走りすぎると、心拍数が上がって、今度は酸素を取り込みすぎて、活性酸素を体にいっぱい発生させてしまって、老化を促進するんですよ。だから、ランニングも早歩きをするぐらいがいいんです」

_MG_1940


――あとは睡眠も大事ですよね?

小西「そうですね。睡眠は一番いいのは6時間くらいです。成長ホルモンは眠って最初の3時間に上がるので、最低でも3時間以上、できるだけ6時間は寝ていただきたいです」



――やはり6時間。それから、化粧品のことでみなさん迷われることだと思うんですが、同じブランドのものをライン使いするのがいいのか、自分の肌に合うものをブランドはバラバラで使ったほうがいいのか、どちらなんでしょうか

小西「それもメリットとデメリットがあります。ライン使いすると、化粧品というのは、さきほども申し上げたように肌への刺激を避けるために、ひとつの商品に有効成分を微量しか入れられないんです。でもその微量ではあまり効かない。その濃度を高くしたいと思うと、1個のブランドでちょっとずつぬっていけば、最終的に濃度が高まるということになります。塗布される美容成分の量が相対的に多くなるので、効きもよくなるという考え方ですね」



――なるほど。それだけうかがうとライン使いのほうがよいように思えますが……

小西「でもそうすると、得られる効果はひとつになるんです。たとえば美白したいと思ったときにシミを作らせるのを止めたり、シミをどんどん色を還元して消していったり、いろんな働きを一斉に肌にぬったほうがシミをいっきに止められるという考え方もあって。自分の肌にひとつの濃厚な成分を作用させたいのか、いろんな成分を多角的に作用させたいのかにもよってくるんです。だから、エイジングケアもしたいし美白もしたい、となったら、エイジングケアの化粧品をラインでそろえるけど、美容液だけは美白効果のあるものにする、とか、ご自分のポリシーに合わせて選んでいただくのがいいと思います」



――美肌のためにはやっぱりシミをつくらない、ということが重要だと思いますが、夏が終わっても、冬も紫外線対策は必要だと聞きます。 正しい紫外線ケアについても教えてください

小西「普段みなさん、日焼け止めを塗られてると思うんですけど、必要な量の大体3分の1から2分の1ぐらいしか塗っていない方が多いんです。シミができやすい部分には日焼け止めは重ねぬりするとか、下地やファンデーションもSPFが入っているものを使ってダブル使いするのもいいですね。それから、紫外線の散乱剤が入っているものを選ぶといいです」



――散乱剤とは?

小西「ノンケミカルと言われる紫外線散乱剤としては、酸化チタンと酸化亜鉛の2つしかないので、できれば両方、少なくともどちらかは入っているものを選ぶといいと思います。そして日傘を使いましょう」

_MG_1896



――小西さんご自身のベストコスメをあげるとしたら何ですか?

小西「今『スリーステップシートマスク』にハマっています。 200円台で安価なものなんですけど、美容液とクリームがついていて、その下に普通のシートマスクが入ってるんですけど。シートマスクの材質が高級ブランドで使われてる『キュプラ』っていう高密着高浸透できるマスクで、もう動いたりしても、全然肌に密着してるんですよ。それがもう最近お気に入りでよくつけてます」 



――やっぱりパックは毎日やったほうがいいんですか?

小西「やったほうがいいです。ある実験で、パックを毎日やっている人と、高級美容液を毎日ぬっている人を比べたんですけど、パックを毎日やっている人のほうが小じわができにくかったんです」



―― 日本化粧品検定の資格は、実際に取ったあとはどういう仕事に生かせるんでしょうか

小西「まず、協会に入会していただいて研修を受けていただくと、『コスメコンシェルジュ資格』という資格が得られます。例えば Webの媒体で美容コラムを書く仕事がもらえたり、化粧品の販売の方がうちの資格を受けてくださっている方も多いんですが、そこから化粧品会社の企画職やPR職などにステップアップされたりしています。あとはその資格を取ることで自分に自信がついて、化粧品ブランドを自分で立ち上げた女の子がいたり。メイクアップアーティストの方が、コスメの手作り教室を始められたりとか、ご自分のお仕事のステップアップとして検定の資格を生かされている方が多いですね」


 
――最後に、小西さんが今後女性の美のためにやっていかれたいこと、ビジョンはありますか?

小西「化粧品業界は研究者たちの学会で、いろんな研究発表がされています。でもそれって、一般の人は多分何を言っているかわからないと思うので、それを簡単に要約して、みなさんに伝えていくという、その橋渡しができたらなあと思っています。うちの検定の教科書も、1級のところで化粧品の中身や成分を勉強していただくんですけど、実はその内容を解説した事典みたいなものは世の中にたくさんあるんです。それを一般の人にもわかりやすく作った本が、うちの教科書だけだったというところがあったので、そういったことは今後もやっていきたいです」


――ありがとうございました!

_MG_1957



小西さやか 公式ブログ


会いたい“あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。
美しくなるにも、知識が必要ですよね!
それでは、また。



(撮影/奥田耕平、取材・文/Mikity) 

タイと香港のハーフで、日・英・タイの3カ国語を操るモデルのVIENNA(ヴィエンナ)さん 
 
 
スタイル抜群でうらやましいなあって思うのですが、実はヴィエンナさん、とんでもない努力でこの体形を手に入れていらっしゃったのです 

こちらの写真は、かつてのヴィエンナさんと現在のヴィエンナさんの比較写真。

 
元々67.4kgだった体重を、45.3kgまで落としたんだそうです  す、すごい……

「ダイエット中のみんなへ」というタイトルで書かれたこの日記では、「今日のアナタがデブなのは昨日のアナタがデブだから。明日から って待ってる間はデブだから今からガンバローぜー」 というコメントが。

かつてこんなに説得力のある応援があっただろうか いや、ない。

ヴィエンナさんのダイエットは、やっぱり食生活から。
自炊して野菜を中心とした食事をとったり、


 
外食の際もヘルシーなメニューを選んでるようです 

 

もちろん、運動も大事! こちらはボクササイズに挑戦したときのエントリー!

 
真剣なヴィエンナさん トレーナーさんにも褒められたそうです!

日々の努力の積み重ねで、抜群のプロポーションを維持しているんだなあとしみじみ感じました。


ヴィエンナさんのダイエット術やメイクテクニックにはファンの皆も興味津々 
6月に発売された『VIENNA BOOK』ではダイエットやメイク、私服スナップなどヴィエンナさんのあれやこれやがたくさん詰め込まれているそうです!


 
最初にマネージャーさんから本を出さないかと言われたときは信じられない思いでいっぱいだったというヴィエンナさん。ファンの期待に応えるため、全力で頑張ったそうです

ダイエッターたちの目標として輝き続けるヴィエンナさん。これからますます活躍の場を広げて、私たちに勇気を与えてほしいなあと思います。


VIENNA 公式ブログ

会いたい “あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。
甘いもの食べたくなったらヴィエンナさんのブログを開きます!

(文/ノリコ・ニョキニョキ) 

↑このページのトップへ