月別アーカイブ / 2015年04月

こんにちは! LINE BLOG編集部のつーちゃんです

本日は過激な歌詞でデビューされた、
あいみょんさんを紹介!

あいみょん


かつて歌手を夢見ていた祖母や、音響関係の仕事に就いている父親の影響で幼少の頃より音楽に触れて育ち、中学の頃からソングライティングを始める。
高校卒業後、主に唐揚げや富士宮やきそばを売るバイトをしながらYouTubeに楽曲をアップしはじめ、ネット上で話題に。
2015年3月4日、タワレコ限定シングル「貴方解剖純愛歌~死ね~」をリリースし、19歳でデビュー。
過激な歌詞が話題となり、各局で放送NGとなりながらもオリコンインディーズチャートでトップ10入りする。


YouTubeに自分で楽曲をアップしてネットで話題になりデビュー、というサクセスストーリーを歩み始めたあいみょんさん。
本当に過激で聴いてる人の胸をえぐってくるような歌詞ですが、しかし明らかに内容は明らかに「純愛」です。
そんなあいみょんさんの楽曲を紹介します!


『貴方解剖純愛歌~死ね~』
「あなたの手を切り落せば、他の女をもう抱けないわ」
こんな歌詞、J-POPで聞いたことないです。
しかし、これこそが究極の純愛かもしれません。


 


『いいことしましょ』
「貴方(あなた)を部屋に呼ぶことは何を意味する? わかってるでしょ」
彼氏や好きな人が自分の部屋に来るときに思う気持ち。
純粋でかわいいと思いきや、MVのオチにやられました。


 


『強がりました』
「あなたを愛してたなんて嘘(うそ)だと言いたい」
強がりな女の子の気持ちを表現した曲。誰もが一度は経験したことあるはず。
あいみょんさんの高すぎず低すぎずの声が歌詞にぴったりです。


 


2015年5月20日には、初の全国流通盤となるミニアルバム『tamago』をリリース!
収録されている他の曲も気になります。

また、あいみょんさんのブログは書き方が冷静なのですが、内容が面白い。
そのギャップがたまりません。
ブログから一部の画像をご紹介。



「嫌なニュースが多いから落ち込むけど頑張ろう」
と、思いながら描かれたらしいイラストがこちら。
あいみょんさんの感性は誰にもマネできない。


イラスト1
昨日の晩に


「瞬間の好奇心を無視せずに予想外に生きてみたい」
という言葉とともにアップされていた画像。シュールだけど憎めない顔。


イラスト1
瞬間の好奇心


あいみょんさんが気になる異性のある部分。
この記事の書き方も冷静なのが面白い。


イラスト3
男子が見たいのは


今後の更新も楽しみです。
あいみょんさんのブログはこちら。


あいみょん 公式ブログ

会いたい “あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。
あいみょんさんの歌を聴いていると懐かしい気持ちになります。
それでは、また!

こんにちは! LINE BLOG編集部のみきてぃです 

『Popteen』などで活躍中の大人気モデル、まえのん、こと前田希美ちゃんがLINEオフィスに来てくれました 心なしか、ブラウンが照れているように見えます! お仕事からプライベートのことまで、たくさんお話ししてくれました


まえのん8



――『ピチレモン』の準グランプリをとられて、モデル活動を始められていますが、応募されたきっかけは何だったんですか?


前田希美さん(以下、前田)「小学4年生のときから『ピチレモン』を読み始めたんですけど、大好きなモデルさんがいたんです。そのモデルさんに会いたいなぁと思っていたんですけど、あるとき、私はそのモデルさんに会いたい以上に、同じようにモデルさんになりたいんだ、って気づいて。それで小学6年生のときに、ダメもとで『ピチレモン』のモデルオーディションを受けたんです。そうしたら奇跡的に合格できたんです」




――そこから初めて、モデルに挑戦されたんですね。

前田「最初はポージングも全然できなくて、笑い方もわかりませんでした。口をイーッってやればいいのかなと思っていたんですけど、あるとき、カメラマンさんが撮影中にすごい面白い話をしてくれて。声に出して笑った瞬間、写真を撮られて。その写真が、とても自然な笑顔だったんです。これが笑うってことなんだとそのとき思って。それからは、撮影を楽しめるようになりました」 
 


まえのん7



――前向きな性格のようですが、落ち込むことはないんですか?


前田「うーん、あんまりないですね。基本的にのんびりしてるし、マイペースだからかな」




――すごい。悲しいと思うこともない?

前田「誌面にそういうの(自分の内面)も出ちゃうんじゃないかと思うんです。だから、たとえ悲しいと思うことがあっても撮影中は、楽しい、ハッピー、幸せ! って気持ちで楽しむようにしています」




――まわりの人から思われてるイメージと、本当はちょっと違うかなと思うところはありますか?

前田「『ピチレモン』では、カジュアル担当だったこともあって、元気でよくしゃべるイメージがあるみたいなんですけど、実際の私は、意外と人見知りで、なかなか自分から話しかけたりするのが得意じゃないんです。緊張してしまって」


まえのん11



――「ななのん」(アイドル・女優のなあ坊豆腐@那奈さんとのガールズユニット)としても活動されていますが、那奈ちゃんと仲よくなったきっかけは?

前田「舞台でW主演したことがきっかけで、プライベートでも遊ぶようになって。ふたりでディズニーランドに行って写真を撮ったときに『これCDのジャケットに使えそうだね』なんて話もしたりして。そのあたりから本格的にふたりでユニットをやりたいと思って、企画書を作ったんです。お互いのマネージャーさんに見てもらって、ななのんが実現したんです」




――『Popteen』で「那奈とは向上心があるところが似ている」とおっしゃってましたね

前田「私は、常に向上心を持っていなきゃと思ってるんですけど、那奈もそう思って物事に取り組んでる。出会ったとき、『私、この子に負けるかも!』って、思いましたもん(笑) だからこそ那奈とやりたい!って思いました」
 



―― 好みとか、価値観も似ている?

前田「好みは真逆だし、お互いに強い部分と弱い部分も真逆です。だからこそ、補えあえるというかフォローしあえる。そこが私たちの強みかもしれません」


まえのん1






――クマがお好きなんですよね? ブラウンのことも気に入ってくださってますね♡  LINEのスタンプでよく使うものはありますか?

前田「『リラックマ』です。この『キイロイトリ』が小さいので、送るとみんなから『ちっちゃ!』って反応されます(笑)」

リラックマなかよし
リラックマ なかよし




――最近ハマっている趣味はありますか?

前田「前からなんですけど、少女マンガとホラー映画が好きです。少女マンガは『なみだうさぎ』(水瀬藍/小学館)が一番好き! ヒロインの相手役の鳴海君がドストライクなんです!  ホラー映画は、もともとは苦手だったんですが、自分がホラー映画に何本か出演するうちに、面白いと思うようになりました。今では大好きです」




――少女マンガとホラー映画! ギャップが面白い。では最後に、まえのんにとって、ファンの子ってどんな存在ですか?

前田「私は、ファンの皆さんを愛情込めて『のんてぃーず』と呼んでいるんですが、私のことを本当によく理解してくれています。また、本当に私のことをよく見ていてくれて嬉しいです。たとえば、イベントなどで会うと『今日いつもとメイク違うね』って気が付いてくれたりするんです(笑)」




――6月には、ファン200名と一緒に、22歳のバースデーパーティーを行うそうですね!

前田「6月16日が誕生日なんですけど、6月6日に六本木でやります。中身はいま企画中ですが、盛りだくさんな内容でお迎えしたいと思います。歌を歌ったり、ゲームをしたり、おしゃべりしたり。 衣装も自分で用意します。ティアラをつけて、ドレスを着たいかなぁ。ミニ丈もかわいいかなって考え中です」

前田希美 Birthday Party ~22歳のスタート~



ブラウンのまねっこ

まえのん10


清楚(せいそ)で優しい雰囲気だけど、「目標としている人はいる?」と聞くと、「すごく憧れてる人はいるけど、自分は自分だから、想像する将来像は、目指している理想の自分の姿です」としっかりした答えが返ってきました 


前田希美さんの直筆サイン入りチェキを3名様にプレゼントします
応募は、V.I.P Pressの公式Twitterアカウント「@line_blog」をフォローして、このツイートを公式リツイート(RT)すれば完了




前田希美さんの直筆サイン入りグッズを5名様にプレゼントします
前田希美さんの公式アカウントを友だち登録すると、タイムラインから応募できます

まえのんプレゼント


前田希美 公式アカウント

前田希美 公式ブログ


会いたい “あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。
黒髪ストレートって、日本人の究極の美だわ  とまえのんちゃんにお会いして、思いました 
それでは、また。

こんにちは。LINE BLOG編集部のあーちゃんです。

存在が美少女フィギュア といっても過言ではないほどスタイルばつぐんの平子理沙さんにインタビューしてきました

_02A0296tori

――ロングヘアーのイメージがすごく強かったのですが、今回バッサリと切られことに迷いはありませんでしたか?

平子「いつも思い立ったら行動してしまうタイプなので、全然なかったです。お正月、ロサンゼルスにいたときに、『もう切りたい』って気持ちが出てきたので、日本に帰ってきたら誰にも相談せずにカットしちゃいました」


――グズグズ考えずに実践してしまうのがスゴイ!

平子「私は、代謝がすごく良くて、爪や髪が早く伸びるんです。前髪もどんどん伸びてくるから、1週間に1回くらい切っています。それなら、ボブにしてもすぐに伸びるなと思ってバッサリいきました」


――逆に、美容師さんが緊張してしまいそう。

平子「『大丈夫ですか? 大丈夫ですか?』と聞かれました(笑)」


――平子さんのように常にファッションを楽しみたいけれど、年相応の格好をしなきゃなと葛藤している女性たちに平子さんから心強いアドバイスをいただけますか?

平子「私は、この年齢ならどの格好をしたらいけないのかが分からないので、気にしていません。自分が好きで楽しんでいればいいじゃないかな」

――この言葉でふっきれる女性が多いと思います。

平子「25歳になったら、 “アラサー” と言われて、嫌でも30代を意識させられてしまう。どこかの誰かが考えた年相応という言葉に惑わされて、どんどんとどうしていいのかわからなくなってしまうと思うんです」


――まさにそこで苦しんでいる女性が多いはずですよ!!!!!!


平子「20代でもミニスカートの似合わない人もいれば50代でもミニスカートが似合う人もいる。それなら、(TPOをわきまえて)自分が似合う、自分が着たいと思ったものを着ていれば良いと思います」


――勇気づけられるお言葉、本当にありがとうございます!

平子「レベルの低い流行言葉や他人の言葉に、全く影響は受けません(笑) だから私は、いくつになっても、女性を楽しみたい。死ぬまで、自分がしたいようにすると思います」


――そんな生き方に憧れます。では、オフの日におでかけするスポットはありますか?

平子「ショッピングもしますが、博物館にも行きます。恐竜が好きで、恐竜展にも行きました。『江戸東京博物館』にはたまに行っていて、『大浮世絵展』は面白かったです」


――歴史にも興味があるんですか?

平子「歴史系は好きです。日本橋周辺に直接行き、昔の写真と見比べて『江戸はこういう感じの街だったのか』と今との違いを楽しんだりしています(笑) そういうのが大好きなんです」


――ロサンゼルスでの生活が長かったことが歴史好きに影響しているのでしょうか?

平子「そうかもしれません。小学校の低学年からアメリカンスクールに行っていたので、3年生で日本の歴史が止まっちゃってるんです。だから、京都などの和の街並みや町家、舞妓(まいこ)さんにも興味があります」


――教科書では決して学べないことなので楽しそうです。

平子「花魁(おいらん)にも興味があって、今は存在していないのに、『吉原』に行ってみたことがあります。遊郭のあった辺りは今、風俗街になっていましたけど……。でも、探索するのが大好きなので楽しかったです!」


――行動力にビックリ!!!

平子「花魁のコスプレもしてみたいんですよ」


――似合うと思いますので、ぜひ。過去にしたことのあるコスプレはありますか?

平子「『電波女と青春男』の藤和エリオはやりました。かわいいのに人前に出られなくて、布団にくるまっている子なんです。その布団を買って、くるまって水色のウィッグをかぶって一回ブログにアップしたことがありますよ。コスプレのスタートはここからです」


――布団を買われたんですか?

平子「はい、秋葉原のまんだらけで(笑) すごいプレミア物で、布団が売っていたので。制服も持っています」


――今後してみたいコスプレとかはありますか?

平子「よくリクエストされるのは『シェリル・ノーム(『マクロスF』)』。あとは、衣装を持っているので、涼宮ハルヒ(『涼宮ハルヒの憂鬱』)かな」


――それは楽しみです! ニメにハマったきっかけってなんでしょうか?

平子「たまたま、深夜にやっていた『化物語』を見たら、映像もキレイですごくおもしろかったんです。それからは、幅広くチェックするようになりました」


――アニメの聖地・秋葉原にはよく行かれますか?

平子「はい。行ってみたらおもしろくて! フィギュアショップにフラッと入ってみたら、あまりにも精巧に作られたフィギュアがたくさん並んでいました。髪の動きからポージングまですべてがかわいいんですよ」

――ちなみにフィギュアはお持ちですか?

平子「はがない(『僕は友達が少ない』)の星奈や小鳩ちゃんのフィギュア、エリオ(『電波女と青春男』の藤和エリオ)でしょ。あと、俺いも(『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』)が大好きで、このフィギュアはいっぱい持っています」


――アニメでお好きなキャラクターといえば?

平子「『こういう女の子になりたい!』願望があるので、エリオです。 “コミュ症” なのできちんとしゃべれなくて気弱な女の子なんです。ぽろっと泣いちゃったりするときは、キュンってなりますよ」


――平子さん自身に一番近いなと思うキャラクターといえばどうでしょうか?

平子「俺いものヒロイン・桐乃ちゃん(高坂桐乃)かな!? モデルをやっているんですが、本当はオタクだからフィギュアとかを隠しているんですよ。ただ、設定というよりも探究心が強い性格が近いかな」


――LINEのスタンプもアニメ系が多いですか?

平子「いっぱいです(笑) 最初は知らずに、絵が強烈すぎて購入したのが『絶叫!萌える!まん○画太郎<(以下、まん○画太郎)』です」

絶叫!萌える!まん○画太郎-LINEスタンプ
絶叫!萌える!まん○画太郎

――意外すぎます!!!!!!!!

平子「『ハゲおじさん』も! シリーズで買いました(笑) 『涼宮ハルヒの憂鬱 SOS団』と『進撃の巨人』も! それから……」


――(ご紹介できないくらい、たくさん教えていただきました)ありがとうございます! お友達にスタンプを送ったりしたら驚かれたりしませんか?

平子「もう、みんな慣れたみたい(笑) 最初は、引かれましたけど(笑) 理沙さんからメチャメチャ強烈なスタンプが来るんですけど『なんで?』って」


――甘い系のスタンプがきそうなのに、ギャップがありすぎますもんね!

平子「スタンプで、だいたいその人のキャラがわかっちゃいますよね!」


――ご自身をひとことで表すとしたら?

平子「予測不能キャラですかね(笑)?」


――確かに、アニメ好きは想像を超えてました!


平子「TSUTAYAにレンタルに行っても自分が見たい作品がないほど、見過ぎてしまったので今は少し落ち着きましたけど」


――今、アニメの他に興味があることといえば?

平子「最近お家をリノベーションしたので、インテリアにハマっています。海外のインテリア雑誌を読んで、海外へ行ったときにショップ探索したりしています」


――探究心が強くキラキラ輝いている平子さんですが、新たにチャレンジしたいことがあれば教えてください。

平子「新しく興味が出ることはやっていきます! いろんなものに興味を持って、今までやらなかった事にどんどんチャレンジしていきたいなと思っています。TVのお仕事やモデルのお仕事は、大好きなので続けていきます!」

気取らずにサバサバとお話ししてくれました。本当にありがとうございました

_02A0309

_02A0353

_02A0288

_02A0264

平子理沙 公式ブログ


平子理沙 公式アカウント

平子理沙さんの直筆サイン入りチェキを3名様にプレゼントします
応募は、V.I.P. Pressの公式Twitterアカウント「@line_blog」をフォローして、このツイートを公式リツイート(RT)すれば完了


会いたい “あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。
年齢なんか気にせず、好きなファッションしてやるぞー と固く誓った日でした

↑このページのトップへ