月別アーカイブ / 2015年01月

こんにちは。LINE BLOG編集部のあーちゃんです。
本日、なんと モデルの梨花さんの公式ブログがスタートしました

モデル歴は22年、日本史上最多250回以上ファッション誌の表紙を飾っている梨花さん。美意識に関係なく、誰もが知っている有名モデルさんではないでしょうか

そんな梨花さんの新登場に、個人的にとっても嬉しかったのでつい心の中でガッツポーズしちゃいました


rinka_cover

現在は、代官山にあるショップ「MAISON DE REEFUR」のディレクションも手がけ、新たなステージで活動されている梨花さんのブログで、ファッションはもちろん、ライフスタイルなど、お手本にしてみてくださいね

LINE 公式アカウントも同時リリース! 梨花さんの最新ブログ記事を見るならLINE 公式アカウントのタイムラインで確認することが可能です


関連リンク
RINKA HAPPY LIFE 公式ブログ

会いたい“あのひと”を身近に ―― LINE BLOG。
美は一日にしてならず それではまた~

こんにちは。LINE BLOG編集部のあーちゃんです。
テレビドラマ「FIRST CLASS ファーストクラス」で、夏木マリさん演じる矢野竜子が「年齢は記号よ」と言っていました。

そのセリフに、ズキュンとなった私ですが
、スポーツの世界で活躍しているとその限りではないのだと 44歳で現役テニス選手のクルム伊達公子さんが見せた記者会見での涙で痛感しました

いつも強気で前に進むイメージがあったクルム伊達公子さんの葛藤を知り、ひとりの人間としてさらに応援したくなりました

テニスの全豪オープンで戦ったクルム伊達公子さんの素直なお気持ちを紹介していきます


今の状況ですべてのことにファイトする覚悟で
コートに向かったつもりだったけど
やっぱり難しかった。





1
Photo Diary by Hiroshi Sato


この強い覚悟を持つためのメンタリティを育むことは大切なことですよね(それがなかなかできなくて難しいのですが……)

さらに、こう綴っています。


負けたこと、自分のテニスが…ではなく、
ファイトする気持ちを持続させられなかったのかな。





2
Photo Diary by Hiroshi Sato


クルム伊達公子さんのように活躍されているアスリートも、悩みがあるとわかると同じ人間としてなんだかホッとしませんか??

うるっとくるファンからの応援コメント。ほんの一部だけ、ご紹介します
22. あつし 2015/01/20 23:21
負けて、ファイトし尽くしたとは思わない限り、現役ってことなんだと思います。

もう十分戦ったし。グランドスラムの舞台で怪我して引退するなら本望くらいの気持ちでやってみてもいいのかもしれません。

ここまで十分過ぎるほどやってきたのですから。

ずっと応援しています。



26. tmorimori 2015/01/20 23:53
分からないという言葉が、ストレートな気持ちだと感じました。

伊達選手だけではなく、伊達さんを応援しています!



70. まるまる 2015/01/21 18:23
伊達さんの涙は本気の証です。
トップ50であろうと、グランドスラムに出られないランクだったとしても、伊達さんがテニスを続ける限り変わらずに応援します。
伊達さんのテニスが大好きです。
不甲斐なく感じてるかもしれませんが自分を責めないでくださいね。
調子が悪いときも伊達さんにはみんなが付いていますよ。



誰にだって調子が悪いときはあるものです。トップアスリートとして活躍されているクルム伊達さんが背負っているものの大きさに気が遠くなりました

ダブルス初戦突破の当日には、意外な告白(?)もありました


4-6,0-5崖っぷちに追い込まれ
パートナーのCaseyとダブルスとは全く関係のないCaseyの次のシングルスの相手の作戦を話してました。
2人とももう無理と思い、違う話題で少しでも楽しもうと始めたのがきっかけ。
そこからジワジワと追い上げ、気がつけば5-5。
そしてセカンドセットをものにしてました。



D2
Photo Diary by Hiroshi Sato


逆に、リラックスして試合に臨めたのでしょうか


3rd set に入ってからも簡単ではなかった。
ワンブレイクアップ3-1から3-3に追いつかれ
またブレイクし4-3アップ。
私のサービスゲームで30-15でダブルフォルト。
これがまずかった…




D1

Photo Diary by Hiroshi Sato


私ならこの状況だと、追い込まれてガチガチでカチコチになってしまいそうな気が……


6-4でCaseyのサーブで取れず6-5。
最後はセカンドサーブをフォアに少し回り込んでインサイドアウトで
相手を外に出し、返ってきたボールは大きくアウト。

大逆転!
ありえない大逆転!





D3
Photo Diary by Hiroshi Sato

わーおめでとうございます
ファンのみなさんも大興奮。一部のコメントをご紹介します


26. チョビタ 2015/01/22 00:22
プロのダブルスの試合で0-5から7ゲーム連取の逆転なんて、あり得ない!
本当に奇跡の逆転ですね!

やはりテニスの神様はいるんだと思いました。
チャレンジを続ける伊達さんへのご褒美ですね。

この調子で2回もまずは2人で楽しんでプレイして下さいね。(^^)v



40. MINTA 2015/01/22 07:15
嬉しい!嬉しい!0-5でそんな話をされていたのですね!
良い切り替えができたんですね。
2回戦もその勢いで! 本当に嬉しい! GO! KIMIKO!!


45. サム 2015/01/22 09:46
TV観戦でしたが、手に汗握りました。
ダブルス1勝 おめでとうございます。

こ細かい組立は、必要だけど、最後は、楽しんだ者 勝ちですね(≧▽≦)



試合を見られなかったのが、こんなにも悔しいと思ったことはありません

翌日の昨日は、完全なOFFだったようで、目覚ましをセットせずに寝てのんびりとした時間を過ごされたようです。

今晩は、陽夫さん、韓国のLeeさんと3人で日本食を食べてきました!


s
2015 Australian Open D 2rが金曜日


リラックスモードのクルム伊達さんですが、実はこの食事の前に陽夫さんに大笑いされていたようで……。その理由がこちら


背中の日焼けの後がテニスウェアじゃないと
こんな風になってるとは!!


eaa13a12-s
2015 Australian Open D 2rが金曜日

ドギマギ
薄手のタンクトップを着ているように……見えないですね、失礼しました


明日は11:00~の2試合目。
けっこう早いのでそろそろ寝る準備し始めます。
Caseyはシングルスで今日、負けちゃったので.....
二人でダブルスで
リラックスしながら&楽しみながらのプレーを心がけます。


2015 Australian Open D 2rが金曜日


しっかりとオフを楽しむのがクルム伊達さん流なのかもしれません
そして、本日は、
ダブルス2回戦の試合が行われました


Doubles 2R 

Kimiko Date-Krumm (エステティックTBC)
Casey Dellacqua (AUS)
 vs 
Silvia Soler-Espinosa (ESP)
Maria Torro-Flor (ESP)

Lost 0-2 (5-7, 2-6)


<試合結果>



残念ながら3回戦へ進めなかったようですが、本当にお疲れ様でした!
クルム伊達さんの笑顔を見ることができればそれだけでいい

また、今回の試合の様子や心境をお話ししてくれますように。
楽しみに待っています


関連リンク
クルム伊達公子 公式ブログ

会いたい"あのひと"を身近に ―― LINE BLOG。
愛と希望だけが私の友だちです それではまた~

こんにちは。LINE BLOGの運営スタッフです。

2015年1月20日に、新機能「LINE友だち限定記事」をリリースしました。

LINE友だち限定記事とは?
LINE公式アカウントと友だちになっている人のみが見られる有名人のブログ記事です。
いつも応援してくれるファンの方優先にお知らせしたいこと、レアなオフショットが公開されたときに、いち早くチェックできるようになります。

LINE友だち限定記事を見たいときは?
面倒な会員登録などは一切不要です。LINEがインストールされているiPhone、Androidで、有名人のLINE公式アカウントを友だち追加すればOK(PCでは閲覧できません)。

今回は、さっそく使ってくれたチョキチョキガールズ専属モデルの松本鈴香さんの記事を例に、利用方法を紹介します。


1.「友だち限定記事を読む」をタップ

友だち1

2.LINE公式アカウントを「追加」

友だち2

友だち追加が完了すると、限定記事の中身を見ることができるようになります。
松本鈴香さんは、「コーディネートとかメイクはお友達限定にしようかなと思います( ´ー`)」とコメント。

松本鈴香さんのLINE公式アカウントを友だち追加して、コーディネートやメークをチェックしましょう!

昨日のコーディネートさん-松本鈴香 公式ブログ

これからもアップされる「LINE友だち限定記事」を見逃さないように、有名人のLINE公式アカウントと友だちに追加しておくのがオススメです。

会いたい“あのひと”を身近に ――  LINE BLOG。

↑このページのトップへ