高校生3人MC&小学生DJのヒップホップグループ、“マジボ”ことMAGiC BOYZ。彼らのデビュー3年目にしての初アルバム『第一次成長期~Baby to Boy~』が2017年8月30日にリリースされます。ゲストアーティストとのコラボ曲や、ライブ映像DVDなどもついた豪華な作りに、マジボファン・HOMiE(ホーミー)たちはもちろん、「気になっていたけど、まだ曲を聴いたことがない」というビギナーも、間違いなく楽しめます♪

_02A0043.jpg

【MAGiC BOYZ】DJジョー(安本丞) 、MCリュウト(松田琉冬)、MCトーマ(井上東万)、MCマヒロ(藤田真広)

──結成3年目で、初のアルバム『第一次成長期~Baby to Boy~』発売おめでとうございます。『純マジボ盤』、『コラボしてたの!?盤』、『秘宝盤』の3バージョンがあると聞きました。どんな違いがあるんですか?

井上東万さん(以下・トーマ) 『純マジボ盤』は、僕たちMAGiC BOYZの代表曲が入ったアルバムです。新曲は4つかな? 純マジボ盤を聴くと、マジボがどんなグループでどんな曲をやっているかがわかると思います。


──最近ファンになった子にお勧め?

トーマ 最近HOMiEになった方はもちろん、昔からの方にもお勧めです。活動初期にやっていた曲も入っているので、聴けば僕らの成長を感じてもらえるんじゃないかな。


──『コラボしてたの!?盤』は、2枚組というボリュームが魅力ですね。

松田琉冬さん(以下・リュウト) マジボはたくさんの方とコラボをしていて、たくさんの楽曲を出しているんです。マジボを取り巻く環境が、いかに恵まれているかがわかる豪華さですね。『純マジボ盤』が押さえておきたい1枚ならば、『コラボしてたの!?』盤はちょっとマニアックというか、「実はこういうところも僕らにはあるんだよ!」という1枚です。


──コラボをしてくださったアーティストのファンの方も、聴いてくれそうです。

リュウト 「へえ、マジボとコラボしてるんだ。どんな曲なのかな?」なんて感じで手にとってくれたら、嬉しいです。絶対、マジボが初めてという方も楽しめる作りなので! そしてそのまま、HOMiEになって欲しい(笑)


──そして『秘宝盤』もまたすごい作り!

藤田真広さん(以下・マヒロ) 『秘宝盤』に入っている楽曲は、『純マジボ盤』そのままなんですね。何が違うかと言えば、DVDとフォトブック。まず、僕らの今春のワンマンライブの動画と、卒業パーティのイベント動画と……。

安本丞さん(以下・ジョー) 卒業パーティは入ってないよ。

マヒロ ごめんなさい! ワンマンライブの動画と、伊豆で撮った写真集、あと……あれ?


──ジョーくんは知ってる?

ジョー 『純マジボ盤』の曲の他に、『ワンマンライブ 2017春~大漁祭~』のDVD。フォトブックとインタビューペーパー、『夜のマジボ赤♡裸♡々トーク』だよ。

一同 おーーーー!!


──マヒロくんとジョーくんの合わせ技、ありがとうございます! 

マヒロ ジョー、すごい。

ジョー (照れ笑い)

_02A0077.jpg


──ファンは全部欲しくなっちゃいますね! 今回、本当に曲数が多くて聴きごたえたっぷりなのですが、メンバーそれぞれのお気に入り曲を教えてください。

トーマ 非常に迷うんですけど、僕は『でも、ダメ、ゼッタイ』という新曲です。この曲は薬物とか未成年の飲酒とか浮気はダメ、正しい大人になりましょうというテーマなんです。高校1年生と小学校6年生の僕らが歌うことによって、却って説得力が増していると思います。オートチューンがかかっていて耳には優しいけど、言っていることはちょっとブラック。面白い曲です。

リュウト ルールは守らなきゃね!


──同世代の男の子、女の子に刺さりそう。

ジョー 僕は『俺の髪は黒』が好きです。僕、「スクスクスク!」「ニガニガニガ」とか訳の分からない合いの手を入れてて、そこが面白いかなって。あとリュウトくんが変態みたいな声を出します。

一同 (笑)

リュウト この曲は基本的に、みんな狂ったような声で歌っています。僕はもう、変態の域までハアハア言ってラップするっていう(笑) 楽曲の主張も、「俺の髪は黒が一番カッコいい」ってだけで、それがめちゃくちゃカッコいい。


──ちょっと異色というか、面白い曲ですよね。

リュウト ラップ自体もめちゃくちゃ難しい曲なので、そこも注目してください……ってジョーじゃなくて僕の紹介になっちゃいました。ゴメン!


──マヒロくんはどの曲がお好きですか?

マヒロ 『MAGiC RiDE 2017』です。1人ずつソロパートがあって、それぞれ自分のことを言っている自己紹介曲です。マジボのCDを初めて買う人は、『MAGiC RiDE 2017』を聴けば個性も性格もわかるので、いいと思います!


──マヒロさん、「埼玉をdisる奴がダサいから」って言っていましたね。

マヒロ はい、僕埼玉生まれなんで(笑)


──では最後に、リュウトさんはいかがですか?

リュウト 僕は『DK GO!!!』という新曲です。現役高校生MC3人発信の、高校生あるあるを詰め込んでます! ひと昔前のヤツじゃなくて、超新鮮なあるあるばっかりです。共感しまくり、上がりまくり、盛り上がりまくりな曲ですよ~。


──あるあるが満載。これを考えるのも大変だったのでは?

リュウト 僕とマヒロとトーマとで、1人あたり20~30個くらいあるあるのアイデアを出しました。大変は大変だったかな? 僕は電車の中で知らない女子高生が真顔でLINEに「www」と打っているのを見て、それはそのまま出しました(笑)


──しっかり反映されていますね! それにしても去年は『Do The D-D-T!!』が一番盛り上がる曲とおっしゃっていましたが、それ以上に盛り上がる曲?

リュウト 『Do The D-D-T!!』の進化版って感じです。『Do The D-D-T!!』はひと皮むけて次に進みたいだけど、『DK GO!!!』はその状態に既になっている、高校生バッチリな感じなんで。あわせて聴いてもらいたいです。

bVgssPGbgp.jpg

大人にやらされていた少年たちが知る、自分の言葉をつむぐ喜び

──先ほど“高校生あるある”をメンバーで出したとおっしゃっていましたが、「大人にやらされていた」と振り返るデビュー当時では考えられないことですよね。ジョーくんも含めて、現在、作詞はメンバー全員で関わることが多いんですか?

リュウト そうですね、皆で考えています。楽曲によってジョーはラップしたりしなかったりするんですけど、ジョーがラップする曲は、だいたいジョーが作詞をしています。


──ジョーくんが作詞をするときは、何をヒントに言葉が出るのでしょう?

ジョー まず“ジョー”で韻が踏める言葉を考えるんですけど、ネタを使い過ぎちゃうから、なんか擬音語とかを探します。食べ物の名前も多いかな? “ジョー”から始めて、ストーリーの枠を作るみたいに考えています。


──高校生のメンバーの中で、小学生が作詞というのもハンデだと思うのですが、本を読んだり、誰かの曲を聴いたりなど、勉強しているのでしょうか?

ジョー 本当にわからないときは、iPadで「韻踏む言葉」って調べてます。

一同 へえ~。

ジョー キーワードを検索して、それに韻踏んでいる言葉を探して、「これいいな」って思ったやつを書き出してます。


──マヒロくんが今、「おお」という顔していましたが、マヒロくんの歌詞を書く面白さを教えてください。

マヒロ 他の人に作っていただいた楽曲は、そのまま僕が歌うだけですけど、自作の歌詞の楽曲は思い入れがありますね。ライブで歌うと、より楽しいです。「あの曲、よかったね」と言われたら、自分の歌詞がいいって言われたのと同じだし……歌詞を書いて、ライブで披露するって、やっぱり最高です。


──リュウト君はいかがですか?

リュウト メンバーによって作詞の方法って違うんですね。僕は書くとなったら一気に書き上げるタイプで、何日かに分けてやるとか、調べるとかもない。鉄は熱いうちに打てじゃないですけど、気持ちが熱いうちに全部書いてから、韻を踏めるところを探すんです。


──テクニカルなことよりも、ストーリー重視。

リュウト
 韻に負けちゃうと、ストーリー性がダメになっちゃうんです。ストーリーがしっかりしているところに、サラッと韻を踏むのがカッコいいと思っているので。言いたいことはズラさないで、後から韻を付け加えていきます。


──なるほど、すごく面白い!!

リュウト 韻を何で踏めるかなって考えるのも楽しいし、フローとか、言い回しを考えるときもめっちゃ楽しくて。そしてマヒロが言ったように、ステージで披露して喜んでもらったら嬉しいし、もっとやりたいなってなります。書くとこから披露するところまで全部、作詞は楽しいですね。

J_3aD4_zlk.jpg


──HOMiEが盛り上がって完結するんですね。書き終わっていてもまだ見せていない作品は、ある意味未完と言うか。

リュウト 見せて盛り上がると、次も頑張ろうという励みにもなりますし。


──この3年の成長がすごくわかるエピソードだと思います。では最後に、トーマさんの作詞に対しての思いはいかがですか?

トーマ 自分の思いを伝えられる分、他の人が描いた歌詞よりもリアルに歌えるので、作詞は楽しいです。歌う時にもこだわりや思い入れを乗せられますし。


──作詞するようになってから、言葉に敏感になりましたか?

トーマ 日常生活の中で、誰かが話しているのを聴きながら「今、韻を踏んだな」なんて思うようになりました。あと授業中に教室の中のものを見て、何で韻が踏めるか考えることも多いかな。


──あはは、ちょっと職業病チックになっていますね。

トーマ そうかもしれません(笑)

oDD_jjQcq2.jpg

尊敬するアーティストの仕事を目の前で見る喜びと感動。一気に成長しました!

──先ほど、『コラボしてたの!?盤』のご説明をいただきましたか、コラボアーティストの中で、印象に残っている方を教えてください。

リュウト
 僕はやっぱり、もともと大ファンだったSKY-HIさんですね。去年、カップリングでコラボさせていただんですが、その前から少し絡みがあって。SKY-HIさんがセカンドアルバムを出すときに、コメントも書かせていただいて。そこからマジボのイベントにもゲストで来てもらって、楽曲を作っていただく話が進んで……。


──『1,2,3』のことですね。

リュウト 『1,2,3』は僕が主にラップして、サビをSKY-HIさんが歌うっていう珍しい形だったんですが、「I'm counting on you and you can count on me」っていう歌詞のところ、僕は最初意味がわからなかったんですが、訳したら「俺は君に期待している、君も俺を頼りにしていい」っていう意味で。そんな隠れメッセージが残されていたんです。


──すごく嬉しいですね、それ。

リュウト 思い出に残るコラボになりました。SKY-HIさんは本当に、尊敬するところしかないっていうか。人としても、ラッパーとしても尊敬しています!


──すごくいい曲ですよね。SKY-HIさんの美声のリードも巧みで。

リュウト レコーディングが、すごいスピードで進んでいくんです。でも忙しい中、丁寧になんでも教えてくれるし……勉強になりました。本当に、一瞬で違う人になったくらい、レベルアップできたと思います。もうヤバいです。


──ではマヒロさんは、どなたが印象に残っていますか?

マヒロ 僕もソロ曲でお世話になった方、DOTAMAさんです。本当に謙虚で真面目な方なんです。レコーディングの時も、DOTAMAさんが「何分何秒がマヒロくんのパートで、その後何分何秒からが僕だから」って、秒刻みの一覧表を作ってくださって。


──マヒロさんとDOTAMAさんの曲、『イラッとするコト』ですよね。ちょっとオラついている感じの曲かなって思ったんですけど、そんな繊細な方だとは!

マヒロ ラップはすごいカッコいいのに、楽屋だと超真面目な方です。人として素晴らしいですし、ライブも楽しいし、憧れです。


──ジョー君は誰が印象に残っていますか?

ジョー 僕は原ちゃん……原田喜照さん。YOUNG-Gさん。


──『『ずら』との遭遇!』の原田さん、YOUNG-Gさん。

ジョー ラップも面白いんですけど、レコーディング中もずっと面白くて。レコーディングのときはYOUNG-Gさんが基本的に指導してくれたんですけど、初めてレコードでスクラッチもやらせてもらいました。


──トーマさんはいかがですか?

トーマ ソロ曲でご一緒した、DJみそしるとMCごはんさんです。すごくフンワリしている方だったんですけど、レコーディングになるとほぼ一発録り! 安定感がすごくて、本当にヤバいなって思いました。


──目の前で一発録りを見ると緊張しますね。

トーマ めっちゃ緊張しました~。


──ニュースにもなっていた市井由理さんとのコラボはいかがでしたか?

リュウト  女性ラッパーの元祖とも言える大先輩だったので、初めてお会いする時は緊張したんですが、すごく気さくに話してくださったおかげで、直ぐに打ち解けられました。20年ぶりのレコーディングだったそうですが、「DA.YO.NE」の頃と変わらない声で、すごく驚きました。


──プロデュースはRIP SLYMEのPESさんですよね。

トーマ そうなんです!実は、前にブログでRIP SLYMEさんに曲とか作ってもらいたいなーって書いていたので、夢が叶って本当に嬉しいです!

ブログでもトーマさんはRIP SLIMEのライブを観た興奮をつづられています。

マヒロ  夏の終わりの切なさが詰まっていて、すごくエモい曲に仕上がっています!早くライブでもやりたいですね。

TK6RA_QfBz.jpg


──それにしてもメンバー4人の数々のエピソードを聞いて、このファーストアルバムにドラマを感じました。

リュウト はい、すごいドラマがありました(笑)


──アルバムを聴き直して、改めて感じたことなどがあれば、教えてください。

リュウト 僕は『MAGiC RiDE 2017』を聴いて、ファーストシングルにも収録されている原曲は、マヒロもジョーもいなかったなと思い出して。MC4人の頃、ほぼ毎回ライブでやっていた曲なんですけど、メンバー2人が卒業してそこから1年封印したんです。それが今の体制になってから、今年リニューアル披露できて、ちょっと感慨深いです。


──よみがえった曲なんですね。

リュウト お蔵入りかなって思っていた曲に、ジョーとマヒロの声が入り、僕とトーマのラップもリニューアルして、イキイキとしました。因みに僕のパートが初めてと言っていいくらい難しいパートで、最初は息継ぎのタイミングもわからず曲が終わるたびゼエゼエしていたんですけど、それも最近はなくなって……曲の完成度もファーストシングルの頃からは各段に上がっているし、よかったなと。


──思い入れが深くなるのもわかります。

リュウト 今までメンバーの卒業もあったけど、それも含めてマジボだなっていう再確認が、できる曲だと思います。初心、忘れないようにしないと!


──同じくマジボ初期からのメンバーであるトーマさんは?

トーマ 『MAGiC SPELL~かけちゃうぞ! ぴっぴっぴっ~』と『MAGiC RiDE』、どちらもファーストシングルの曲なんですけど、制作陣も一緒で今回アルバムに入れることができて、「懐かしいな」って思いました。『MAGiC SPELL』のレコーディングとか、ふざけたりしてたよな~とか思い出して(笑) 


──大人から見ればたった3年前でも、10代の3年って大きいですものね。

トーマ あの時は本当に言われた通りにしかやっていなかったけど、今回は「もう一度録りたいです」とか言えて、成長できたのかなって思いました。

_02A0034.jpg

高校生って自由! 小学生だって自由!? マジボの素顔を直撃しました♡

──ではちょっぴりプライベートの質問もさせてくださいね。リュウトくん、マヒロくん、トーマくんは高校1年生の1学期が終わって夏休みの今ですが、新生活はどうですか?

マヒロ 中学の義務教育が終わって高校生になったら、自由度が上がりました。でも勉強が難しくて課題もたくさんあるので、一番変わった点としては、僕とリュウトとトーマの会話の半分以上が、勉強の話になったことですね!


──えー、勉強!

リュウト 去年、受験生だったので、勉強の話もそれなりにしていたんですけど、成績とかテストの話題だったんです。今は課題の話かな。マヒロは常に「課題終わんない~」って言ってます。


──3人は違う学校ですが、課題に追われるのは一緒なんですね。

マヒロ 今やっている勉強の範囲のこととか、たくさん話します。中学1,2年の頃はゲームとか遊びの話だったのに、中学3年から今にかけて、ちょっと真面目な話が多くなりました。

リュウト 本当だよ、勉強ばっかり!


──自分の高校時代を振り返ってみましたが……そんなに真面目ではなかったかも。ただ自由だなとは思っていました。

マヒロ
 本当に自由ですよね。

リュウト 学校にお金を持って行ってもいいし、場所によってはバスも電車も使っていいし、携帯もOKだし! 

マヒロ そうだよ、お昼ご飯待たなくてもパンが買えるとか!

リュウト ポッキーを友達とシェアするなんて、中学校なら怒られたのに今は大丈夫。最高ですよ~。


──さすが育ちざかり、食べ物の話は熱くなりますね! では小学6年生のジョー君の楽しいことは?

リュウト 小6の夏休みなら、宿題も少ないでしょ?

マヒロ 今の俺なら、2日で終わるよ。

リュウト 午前中で終わらせろよ!

ジョー うーんと、友達の家でゲームやっているときが一番楽しい。ゲームは基本、テレビゲーム。最近はニンテンドースイッチとかもやるけど、持ってないから友達の。

リュウト 持っている友達の家に行って、「邪魔だよ俺にやらせろよ」って言うんだ?

ジョー そんな悪くないよ! 僕そんな悪い奴じゃない!


──お友達とは、何人かで集まるんですか?

ジョー 家の近い幼馴染が、何の約束もせずに来ます。


──そういう親友がいるんですね。

ジョー 年下ですけど。

一同 おいおい!

マヒロ 完全にお前やってるだろ!?

リュウト 「遊ぼうぜ」じゃなくて、「スイッチで遊ばせろよ」だ!

ジョー 違うよ~! 向こうから「遊ぼうよ」って誘ってくるの!

トーマ
 それは可愛い♡


──可愛いですね。しかし高校生3人の、「お前、パクッてるんだろ」的な突っ込みすごかったですね……。

マヒロ 小6は最高学年だから。年下と遊ぶってそういうことなのかな~って。

トーマ 「先輩! やめて!」

リュウト 先輩はないよ。「(裏声で)止めて! ジョーくん、止めて!」

ジョー そんな意地悪じゃないです僕。


──みんなオフの日はどうしているんですか?

マヒロ 取り敢えず僕とリュウトはインドアです。

ジョー 僕もだよ!

トーマ 全員インドアです。

リュウト 課題とかは朝起きてやるとか、マジボが終わって帰ってからやるとか、それが染みついちゃっているので、丸1日休みの日は、僕はひたすら寝ています。


──それはマヒロくん、トーマくんも一緒?

マヒロ 僕は好きな曲を聴きながら課題を進めて、疲れたら寝ます。

リュウト 結局寝るんだ。

マヒロ 寝てるね!


──トーマくんは?

トーマ 僕は、あんまり寝ないです。昼寝してもすごい損した気分になります。「あー、なんかもう5時か~、終わりだー」って。

リュウト 終わりじゃないでしょ(笑)

マヒロ じゃあ何やってんの?

トーマ 家族と出かけたりとか……。

リュウト インドアじゃなかったんかい!

トーマ ま、これは家族が行くから。俺はインドアだけど、じゃあ一緒に行こうかって。キャンプとか。

マヒロ アウトドアじゃん!

リュウト めちゃくちゃアウトドアじゃん!


──ジョーくんの休日はどんな感じですか?

ジョー 遠出だったら、えっと、温泉とか。

一同 えー!


──渋い! ご家族と一緒に行くんですね。

ジョー 家族で温泉とか、ディズニーランドとか。みんなで楽しめる場所に行きます。

リュウト 僕、高校生になってから友達と一緒にディズニーランドに行きました。10年ぶりくらいかなあ。 あと、学校帰りに好きなCD買うのが一番楽しい! 


──学校帰りに好きにお金が使えるって、幸せですよね。

マヒロ 俺も学校帰りに制服着て、ファミレスに行けるのがすごい嬉しい。高校生っぽい。


──あははは、すごい高校生っぽい! ドリンクバーでずーっと話し込んで……とか、楽しそう。

_02A0026.jpg

仕事も学校、どちらも言い訳にしたくないから今年も全力疾走

──では皆さん、アルバムという大仕事をこなした今、今年はあと何を目標にしていますか? プライベートも含めて教えてください。

リュウト 高校に入ったばかりですけど、大学受験を視野に入れて勉強しないといけないので、仕事と学校の両立が大事だと思っています。課題があるからマジボができないとか、その逆とか、好きでやってることに対して、言い訳したくない。1学期はアッと言う間でしたが、しっかりしたイケイケ高校生になりたいです!


──本当にしっかりしていますね、その考え方!

リュウト マジボは他のグループと歩幅が違うことがあるけど、僕らの個性や方向性を根強いものにしていきたいです。ジョーも小学6年生になって心も体も成長期だし、僕らだってまだまだ成長するので、いろんなスキルをいっぱい吸収してステージに反映させたいです。コラボしたアーティストの方々はすごい方ばかりでしたが、僕らの個人スキルも認めてもらえるよう頑張ります。


──次にマヒロさんお願いいします。

マヒロ 大学受験は僕も気になります。出された課題をやるのも大事ですが、自分から行動出来る人が必要とされているとも思うんです。僕は高校では遅刻と欠席はせず、マジボの活動に手を抜かず、更にいろんな検定を取っていきたいです。


──検定ですか?

マヒロ 漢字検定、英語検定、数学検定、ニュース検定といろいろあるんですよ!  夏休みにやることがなくてヒマだって言う人も多いけど、僕らはヒマっていうことがないんです。仕事をしている分、他の子よりも勉強時間が減ってしまうから、上手に両立して目標達成できたらいいなって。


──わあ、意欲的ですね。でも遊びがゼロになりません?

マヒロ 遊びというか、オシャレはしたいです!

リュウト マヒロは最近、服にハマッているんですよ。会うたびに「あー、中学生の頃と違うな」って思ってます。中学生のときは、半そで短パンとか着てたんですよ。でもなんか今は長いコート着たり……。

マヒロ ヒザ下ぐらいまである、うっすいコート。サラーッて着てます。

リュウト 長身だから、似合うんですよそれが。


──勉強一辺倒でなくて安心しました! ではトーマくんはいかがですか?

トーマ 僕も、やはり芸能活動と勉強の両立ですね。正直、1学期の成績がヤバかったので。2人が言うように、マジボと学校の両立をして、どちらも頑張りたいです!

Ikb5AuTgbf.jpg

──ではジョーくんの今年の目標は?

ジョー 僕は今回のアルバムをいっぱい売って……3人でディズニーランドに行きたい。

リュウト 3人で!?


──え? 1人少なくない? 家族で行くってこと?

ジョー
 ううん、マジボのメンバーを1人置いて行って……。

マヒロ ちょちょ、何言ってんの!?

トーマ 誰置いてくの? 何? じゃんけん?

ジョー
 お金高いから3人……。

マヒロ こういう子なんですよ、辛口で。

リュウト
 3人でディズニーランドに行って、残りの1人に思い出を話すってことですね。

ジョー ランダムで……誰か1人を置いていく。

トーマ 怖い~!!!


──最後にジョーくんが年長3人の度肝を、こんな方法で抜くとは(笑) 

マヒロ こんな僕らですが、今、『第一次成長期~Baby to Boy~』リリースイベントで、いろんな地方に行く予定です! HPでスケジュールを随時アップするので、ぜひチェックをお願いします!


──どうもありがとうございました! まだ8月半ば、残りの夏休みを全力で満喫してください。イベントも楽しみです!


このインタビューのあと、ホワイトボードに絵を描いてくれた4人。上手だけど味のある作品もごらんあれ♡

_02A0199.jpg _02A0476.jpg

写真ギャラリー


_02A0219.jpg _02A0230.jpg _02A0310.jpg _02A0277.jpg _02A0331.jpg _02A0372.jpg _02A0401.jpg _02A0424.jpg


1stアルバム
『第一次成長期〜Baby to Boy〜』
2017年8月30日(水)発売

結成当時全員が中学1年生で、わけもわからないまま興味がなかったラップを大人にやらされていた少年たちが、デビューから約2年、やっと興味を持ち自らリリックを書いたり、ラップのスタイルを勉強したり…更に度重なるメンバー卒業・加入、様々なアーティストとのコラボや楽曲提供という、彼らにしかできない経験を経て、ラッパーとしてもグループとしてもBabyからBoyに育った、第一次成長期の記録をまとめた作品となっており…

▶純マジボ盤
_aQExw6RgC.jpg

※初回生産分限定 トレーディングカード全4種ランダム封入
CD
<全16曲収録>
1.マジボのテーマ〜Baby to Boy〜 ※新曲
2.Do The D-D-T!!
3.ハミダス
4.illson feat.NIPPS、オカモトレイジ(OKAMOTO’S)
5.MOTE☆MAGiC 2017
6.俺の髪は黒 ※新曲
7.MAGiC SPELL〜かけちゃうぞ!ぴっぴっぴっ〜
8.オレでしょ??
9.DK GO!!! ※新曲
10.調子のってる⤴
11.MAGiC RiDE 2017
12.ドンマイ〜The Shock Doctorine Mix〜
13.Oh!!!受験☆Night Fever
14.でも、ダメ、ゼッタイ ※新曲
15.ありのままでマジボ
16.3.141592

ZXRC-2021/2500円+税

▶コラボしてたの!?盤
ZXRC-2022_JK_RGB.jpg

※初回生産分限定 トレーディングカード全4種ランダム封入
CD:DISC[1]
<全12曲収録予定>
1.マジボのテーマ〜Baby to Boy〜 ※新曲
2.Do The D-D-T!!
3.illson feat.NIPPS、オカモトレイジ(OKAMOTO’S)
4.MAGiC SPELL〜かけちゃうぞ!ぴっぴっぴっ〜
5.俺の髪は黒 ※新曲
6.DK GO!!! ※新曲
7.調子のってる⤴
8.MAGiC RiDE 2017
9.Oh!!!受験☆Night Fever
10.でも、ダメ、ゼッタイ ※新曲
11.ありのままでマジボ
12.3.141592

CD:DISC[2]
<全6曲収録>
1.『ずら』との遭遇! MAGiC BOYZ×YOUNG-G(Stillichimiya)&原田喜照
2.イラッとするコト マヒロ×DOTAMA
3.お茶の国から トーマ×DJみそしるとMCごはん 
4.1,2,3 リュウト×SKY-HI
5.10000000000YEN  MAGiC BOYZ×餓鬼レンジャー
6.ON & ON MAGiC BOYZ×GAGLE
7.パーリーしようよ MAGiC BOYZ×YURI (EAST END×YURI)

ZXRC-2022/2963円+税

▶秘宝盤

ZXRC-2023_JK_RGB.jpg
※Loppi・HMV限定発売スペシャルパッケージ
CD
・ 純マジボ盤と同内容
DVD<収録曲数・分数未定>
・「ワンマンライブ 2017春〜大漁祭〜」ライブ本編・バックステージ映像
Photobook
某日開催されたMAGiC BOYZご褒美旅行の模様を撮影!
折込式15,000字インタビューペーパー
夜のマジボ赤♡裸♡々トーク

ZXRC-2023/5093円+税



やりたいこといっぱいな、いい意味で貪欲なグループ・MAGiC BOYZ。高校生3人が圧倒しているかと思えば、要のところでチクッと小学生が発言する、バランスの良さも魅力でした。この夏、アルバムをひっさげいろんなライブで、HOMiEのハートをつかむんでしょうね!

会いたい “あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。
10代の夏は勉強だって遊びだって、全力で楽しんで欲しい。
それでは、また。

(撮影/杉映貴子、取材・文/中尾巴)