ロックバンド・シドが2017年5月12日、13日の2日間にわたり、日本武道館にてライブを開催した。シドのワンマンライブは1年7カ月ぶりとなり、期待が高まる中、2日間で約1万7千人のファンが武道館に集結した。今回のライブは1日目を『夜更けと雨と』2日目を『夜明けと君と』と銘打ち、両日セットリストを変えてのコンセプトライブだ。

1日目『夜更けと雨と』は、雨が降る森林の映像からスタートした。降り続いた雨が止み、満月の光に照らされた木々がざわめき、時計の針が時を刻む…映像に見入っていると、突如、ステージ下からポップアップを使って、メンバー4人が現れた。意表をついた演出に驚き、場内は悲鳴に近い歓声に包まれる。観客たちの熱い視線を浴びながら、4人はそれぞれの立ち位置へ。

全景初日2.JPG

そしてスタートしたのは『紫陽花』だ。叙情的な前奏をShinjiが激しく、明希が妖艶に、ゆうやが骨太に奏で、そこにマオの伸びやかな声がのり、哀愁的な世界観が一瞬で作られていく。さざ波のように沸き起こる拍手と歓声の中、続く『林檎飴』では武道館の天井につるされたたくさんのライトが星々のように光った。マオが物語を語りかけるように情感たっぷりに歌い、1年7カ月ぶりのワンマンでもその歌唱力が健在であることを見せつける。
そして『罠』では懐かしくもなじみ深い曲に場内の熱気が一気に高まり、真夏のような暑さに。明希とShinjiが向き合って演奏し、息のあったプレイを見せてくれた。

「お待たせしました!こんばんは、シドです」マオのあいさつに場内から一斉にマオコールが飛ぶ。「今日は1年7カ月ぶりの単独でのライブということで、非常に長い月日をお待たせしましたが、待っていたのが自分たちだけだと思っていたら大間違い。俺らも待ってた!」とひさしぶりのワンマンを心待ちしていたこと、そして2日間、セットリストが違うコンセプトライブであることに触れ、「1曲ずつを思い出に残して帰ってください!」とこのあとに続く選曲への期待感を高めた。

続く『アリバイ』では銀テープが宙を舞い、スクリーンにメンバーの姿が映し出されると大歓声があがった。ステージを上手下手へ移動し、1、2階席へ手を振るマオ。明希はステージ中央に立ち、リズミカルにベースを鳴らす。その華に釘づけになる観客の姿が目立った。そこに近づいてきたマオが明希と肩を組むと、明希が弾けるように笑顔になり、場内からキャーッと歓声が起こる。Shinjiはマオのお立ち台に座って演奏、その様子を見守るように微笑むゆうや、とメンバー間が演奏のみならず気持ちの上でのグルーヴがバッチリなのが伝わってくる。

ゆうや初日.JPG

「頭からとばしていけるかー!」マオのあおりから『妄想日記』がスタート。手をたたき客席をノセるマオ。独特の振りをする観客たちへ向かって、Shinjiが華麗なギターサウンドを展開。初期から演奏されてきたシドの代表曲は、時を経てなお鮮烈な印象を残した。続く『妄想日記2』では「男なんてみんな同じ」でShinjiに体を寄せるマオへ客席からキャーッと歓声があがった。

「シドいいね、楽しいね、シド好きだなー俺。昔の曲をやるとそのときの自分に帰ったような気持ちになる」と感慨深げなマオ。ゆうやは『妄想日記』終わりにマオが「2もいけるか!」と言ったときに感動してノセられたと話す。「だって練習のときは言ってくれなかったでしょ」と言うゆうやに「いや、練習のときに言ったら面白くない?CMのあとはなんとかもあります、っていうみたいな」とマオが返す、軽快なトークが続く。

続いて明希がMCの番となり、手を広げてマオを呼ぶ明希。マオが近づいていくと、明希がマオをハグ。そのまま肩を組むふたりに場内から歓声があがる。「こういう節目の日は前日眠れないんですけど、バッチリ9時間半ほど寝ました」と言う明希に「部活か何かしてるの?」とつっこむマオ。「シド部を。レギュラーを勝ち抜いてここにいます」と返す明希。

Shinjiはグッズの自身の顔写真入りタオルを自分の顔の横に並べて見せてアピールし、懐かしい曲を演奏すると昔のことをいろいろと思い出す、と話す。「特に『憐哀』の曲はスケジュールがカツカツで電車の中で鼻歌をループさせて作った」と言うShinjiへ「それ『お別れの唄』だ。あのときのスタジオ遠かったよね」とマオと思い出話。「そんな中で10年過ぎてもファンが待っていてくれるってなかなかないですよ」としみじみするShinjiに、「せっかく盛り上げたのに!それ最後のほうにして」とマオが怒ってみせ、メンバーの仲の良さが伝わるMCが展開された。

絡み初日.JPG

そして、ここからはライブであまりやらない曲が続き、ファンを喜ばせた。『レイニーデイ』はブルーのライトの下、水滴が落ちていく映像とともにスタート。叙情的なメロディーには哀しさの中に優しさがにじみ、「哀愁歌謡」というジャンルを確立させたころのシドを思い出す。聴く者を癒やす、マオの深く透明な歌声が骨太な3人の音の上にのる。デビュー当時から演奏力がずば抜けていたシドだが、14年の時を経て、その実力は他の追随を許さないのではと思うほど唯一無二のものになっていた。

続く『暖炉』はピアノの音色から始まり、落ち着いた中に大人の色気あふれる、Shinjiサウンドが展開された。明希はベースを生き物のように操りながら、客席へしっとりとした流し目を送り、観客の視線を釘づけにしている。マオは目を閉じ、全身で歌い上げていく。決して楽な歌ではないはずだが、その歌声はとても自然で、耳元でささやかれる子守唄のようにやわらかく響く。

スクリーンにぽちゃん、という水音とともに森林に豪雨が降る映像が映し出され、始まったのは『ハナビラ』だ。雨が止み、満開に咲いた桜の木をバックにマオのあたたかな声が響く。ゆうやの爽やかなドラミングにShinjiの歌うようなギター、そして明希の艶やかなベース。それらの音色が一片のズレもなく混ざり合い、優しさ、ただそれだけが場内を満たしていく。

サビへ向かうにつれ、その優しさが息苦しくなってくるほど、音が、歌が、心臓をつかんで離さない。この世界観がたまらなく心地よい。シドのライブは、生きることが時に苦しく、どうしようもないものであることを知っている人たちの演奏だと思う。だからこそ、その音色は観客の心に寄り添い、私たちは抱えてきた重たい塊を、この空間に解き放ち、手放すことができる。

Shinji初日.JPG

両手を広げ、客席を見つめながらマオが歌い出したのは『夢心地』だ。サビへ向かって、さみしさと重たい愛情が混ざり合う歌詞を、つややかに色っぽく歌い上げていくマオには神聖さすら感じる。研ぎ澄まされた緊張感の中、歌詞をくちずさむようにしながらベースを奏でる明希は、曲の世界と一体化した役者のようだ。客席を静まり返らせるに十分な、肉厚で聴かせる演奏だった。

「楽しんでるー?『夢心地』は緊張した。何回ライブをやっても、人前で初めての曲を歌うときは“ドキムネバク”です」とチャーミングにマオが話し出すと、会場の空気は一変、なごやかなものに。9年前にこの武道館でメジャーデビュー記念ライブをやったことに触れ、「お互い年取ったね。でもここからだよ。シャケの切り身ってはじっこの細いところのほうがおいしいでしょ。9年前は身はいっぱいあって大きいけどパッサパサで、今は身は少ないけど脂がのってておいしいから。この4人が脂ぷりぷりになっていくところをみんなで見守っていてほしいなと思います」

シドが今後へ長く続いていくことを約束するようなMCのあとは、激しいロックナンバーへ突入。新曲『バタフライエフェクト』が初披露され、ゆうやの鋭くなめらかなドラムの存在感が格別に光る演奏となった。そのままたたみかけるように『ENAMEL』、そして『dummy』へ。上手から下手へと激しく動き回る明希、ステージギリギリ前方まで出て客席をあおるShinji。ふたりが背中合わせになり、華やかかつダイナミックに演奏するシーンもあり、こぶしを振り上げる観客との相乗効果で、会場の熱気は最高潮へ。

tjLDH5d5eh.JPG

本編ラストの『吉開学17歳(無職)』ではマオの、ゴリゴリのロックチューンでも決して粗くざらつかない歌声がヘドバンする観客たちを一糸乱れず一つにし、ロックの殿堂、武道館にふさわしい”狂宴“が繰り広げられた。すべてをかなぐりすてたようにステージを上手へ下手へと走るShinjiと明希、その真ん中でマイクをピストルのように客席へ向けるマオ。本編はシドと観客がありあまるエネルギーを解放して、幕を閉じた。

アンコール中の声の大きさもシドのワンマンライブをいかにファンたちが待ち望んでいたかの証拠だ。Shinji、ゆうや、明希、そしてマオがステージに戻ってくると割れんばかりの拍手と大歓声が起きた。赤いボーダーのトレーナーにダメージジーンズとラフな衣装に着替えたマオが「昨年末の武道館イベントで披露したきりの曲です」と『硝子の瞳』を披露した。
「みんなのアンコールの声もなつかしかったです。って俺たち、おじいちゃんみたいだね(笑)」と話し出したマオは今回のグッズの話を始める。「RAIN & YOU」のTシャツの意味は「雨とゆうや」だと言い、ゆうやのことを「ゆーうー?」と語尾を上げて呼ばせるマオ。「響かない(笑)」と苦笑いするゆうやに客席からも笑いが起きた。

続けて、明希のグッズのピアスを「今日終わってからつけて帰る」と言うマオへ「ほんとうに~?」と二度繰り返して疑わしそうな明希。Shinjiのグッズの抱き着きタイプのネギッピーを「ラッコちゃんぬいぐるみ」と呼ぶがよく見ると手が怖い、とアットホームで軽快なトークが展開され、すっかり客席はリラックスモードに。

マオ初日.JPG

「ここからは全部激しい曲です」とヴィンテージ(昔からのファン)は新品(最近のファン)を引っ張ってあげてほしいというマオ。ゆうやのドラムセットまわりに明希とShinjiが集まり『循環』がスタート。曲途中で中断して「予定になかったけど」とメンバー紹介が行われた。
呼ばれて投げキスをしてみせるゆうやに客席からは大歓声が。続けて「ゆーう」と呼ばれると首をひねる。明希は1回目の声が小さい、とダメ出し。2回目に大きくなった声に手をたたき、Shinjiは謎(?)のくねくねダンスを披露して、客席をわかせる。マオは「マオにゃん」と呼んでもらって照れ笑い。バンド結成から何年たっても、このユーモアあふれるメンバー紹介は変わらず、観客にとって楽しみのひとつだ。

再開された『循環』で客席はくるくるまわる観客たちで床が大きく振動、場内に笑顔があふれた。メンバー間のからみや貴重な姿も多く観られ、マオにもたれかかるようにして演奏するし、それからカメラに唇を近づけた明希にキャーッと悲鳴に似た歓声が。また、Shinjiと明希が1つのマイクで顔を寄せ合ってシャウトするシーンもあり、この1曲で客席からは何度も悲鳴に似た喜びの歓声があがった。 「結婚しよう!プロポーズ!」マオの叫びからの「プロポーズ」では観客が激しくヘドバン。ライブで定番の曲だからこそ、久しぶりに聴けるうれしさが客席から伝わってきた。シドのライブは、マオが以前よく言っていたように、観客も含めて「全員でシド」なのだと今更ながらに感じた。

続く『隣人』ではしっとりとつやめくマオの歌声のもと、暴れ狂う観客たちで武道館全体が激しく揺れた。いったん演奏を中断させ、「もっとちょうだい!1年7カ月ぶんちょうだい!」と叫ぶマオに割れんばかりに歓声が起こる。ゆうやのドラミングがさらに力強くなり、Shinjiと明希も頭を激しく振り、ラストへ向けて加速していく。
そしてマオが目の前に手をかざし、「眩暈」の声とともに火柱があがる。明希がシャウトし、最後の狂宴が始まる。「もっと来いー!」腕を振り上げ、叫ぶマオに合わせて、客席もシャウト、こぶしを振り上げ、会場の熱気は一種異様なほど、ヒートアップ。「もっとちょうだい」で客席へ手を差し出すマオには色気が漂い、結成14年を経ての「大人のロック」がそこにあった。

全景初日1.JPG

一ミリのわずかな妥協もない完全無欠のステージが幕を下ろす。だがここでライブは終わらない。ライブが終わったあとの客席とメンバーとの交流もシドのライブの見どころのひとつだ。ステージと客席との物理的な距離を超えるような光景を毎回見ることができる。 ステージをそれぞれが動き回り、客席へ声をかけたり、手を振ったり。途中で抱き合うマオと明希の姿が印象的だった。ゆうやとマオがガッチリと握手するおなじみのシーンもあり、そしてマオが話し出す。

「おれは個人的にスタートダッシュが遅くて、初日が厳しいなと思うことが多かったんだけど、みんなが最初から引っ張ってくれて、エンジンに火がついて、最後までぶっとばすことができました。ありがとう。今は便利でSNSで応援のメッセージをもらえたりもするけど、こうして生で曲を届けて、騒いだり、じっくり聴いたりしてライブの後半に向かってどんどんひとつになっていく感覚を味わえるのは、この場所だけだと思っています。シドの活動をぶっ倒れるまで続けていきたいので、みんな応援してください!」

「愛してます!」と叫んで去ったマオは少し涙ぐんで見え、あたたかな余韻が空になったステージに残った。

(撮影/今元秀明/MASANORI FUJIKAWA、取材・文/藤坂美樹)

◆SET LIST◆

01.紫陽花
02.林檎飴
03.罠
04.アリバイ
05.妄想日記
06.妄想日記2
07.レイニーデイ
08.暖炉
09.ハナビラ
10.夢心地
11.バタフライエフェクト
12.ENAMEL
13.dummy
14.吉開学17歳(無職)

En01.硝子の瞳
En02.循環
En03.プロポーズ
En04.隣人
En05.眩暈

グッズプレゼント

kasa.PNG

シド 日本武道館公演 2017 「夜更けと雨と」 「夜明けと君と」のグッズ「折りたたみ傘」を3名様にプレゼント! LINE BLOGアプリから「シド マオ」「シド ゆうや」「シド 明希」と「V.I.P. Press」をフォロー&この記事に「いいね」を押せば応募完了です。「#シド」をつけてご自身のブログにもぜひこの記事の感想を書いてください♪  

アプリでフォローして応募する
※当選者にはLINE BLOGアプリのお知らせでご連絡します