2015年のデビュー以来着々とファンを増やし、アーティストとしての成長著しいM!LKの5人。2017年5月10日発売の6thシングル『テルネロファイター』では、今までのキュートな印象から脱皮した、熱いビートにクールなパフォーマンスが魅力です♡ 2017年春ツアー「Mow Mow DREAM 〜超B!Gな牛になりたい〜」は全公演チケットがソールドアウトし、まさに勢いは止まりません! 今回は4月30日・東京国際フォーラムの追加公演直前に、5人のフレッシュな魅力に迫りました!!

_DSC9711.jpg

左から、塩﨑太智、佐野勇斗、吉田仁人、山﨑悠稀、板垣瑞生

──5月10日に6枚目のシングル、『テルネロファイター』が発売されます。

佐野勇斗(以下・勇斗) 『テルネロファイター』はいつもの通り、歌詞のインパクトが強く、初めての人は「なんだこの曲は!」って感じだと思います(笑)


──今回のCDは、ジャケット&カップリング曲違いで、3種類が作られるそうですが、そのカップリング曲それぞれについて、解説していただいてよろしいですか?

勇斗 Type Aのカップリング曲が『サンキュー! N・D・K!』、Bが『ボクノアカシ』、Cが『桜咲く頃には』なんですけど、全部タイプが違います。『サンキュー! N・D・K!』は、M!LKらしくはっちゃけている曲だし、『ボクノアカシ』は逆に今までにないカッコいい作り。『桜咲く頃には』は、春にピッタリの曲です。たくさんの方が共感して楽しめるような、作りになっているんじゃないかな。


──『テルネロファイター』は、ライブですでに歌っていて、ファンもノリノリですよね。

勇斗 M!LKはもともと歌の間にコールが多いんですけど、『テルネロファイター』は特にすごくて。YouTubeやTwitterに動画をあげていたら、ファンの方が事前に学習してきてくれて、初披露のときからすごく盛り上がりました。僕たちが目標としてきた、「ファンと一体化するライブ」というのが、とてもキレイな形で実現できました。


──『テルネロファイター』は、冒頭のつかみでもう目が離せない作りで。パフォーマンスしている方も、気持ちが上がるのでは?

板垣瑞生(以下・瑞生) ファンの皆さんの反応が元気いっぱいなので、まずその元気をもらいます。コールを返していただけると、「覚えてきてくれたんだ!」って、本当に嬉しくなります。あと、ファンの皆さんが笑顔なんですよ。


──めっちゃ笑顔だと思いますよ!

瑞生 笑顔の方が多いと、じんわりと「いいな」って思います。そこでテンションが上がる感じかな。

_DSC9894.jpg


──『テルネロファイター』はMVも見ましたが、とてもカッコいいイメージです。前回の『疾走ペンデュラム』の頃から、可愛いイメージからの成長が見えるのですが、メンバーの方たちも、変化を感じていますか?

塩﨑太智(以下・太智) 『テルネロファイター』の歌詞は、今までのM!LKの世界観なんですけど、曲の感じがカッコよくなってて。正直最初は、着ぐるみを着て牛さんたちと一緒にやるのかなって思っていました。


──それは出来上がりとは真逆な。

太智 すごくカッコいいですよね。炎を使ったり、爆発したり、大がかりで。最後の爆発は、僕らの成長を意味している気がします。

こちらが『テルネロファイター』のMV




──いっぱい火を使い、爆発もし、疾走するシーンもあって、MVの撮影現場はハードだったと伺えます。大変だったことってなんですか?

山﨑悠稀(以下・悠稀) なんだろう……。 長い時間の撮影だったんですけど、最後の方に撮ったのがすごく走るシーンだったんですよ。


──疲れているところで、全力疾走!

悠稀 体力がヤバくて、勇斗くんは倒れていました。

勇斗 腕回したり、変な走り方してたら、すごく疲れちゃって。あとぬかるみにハマるメンバーもいました。

悠稀 撮影前日が雨だったから、土がぐちゃぐちゃになっていたんです。仁人くんと僕は最後にぬかるみにはまって、靴が茶色くなりました。


──その仁人くんはいかがでしたか?

吉田仁人(以下・仁人) 今回はすごく豪華な作りだったので、プレッシャーもありましたが、炎の中で踊ったのはテンションが上がるし、「僕、やってる~、踊ってる~」という高揚感がすごくありました。あと、撮影にドローンを使っているので、そこもワクワクしました!

_DSC9896.jpg

五大都市ツアーが終わる今、充実感と感謝でいっぱいに

──2017年春ツアー「Mow Mow DREAM 〜超B!Gな牛になりたい〜」は各地で大成功でしたね。そもそもM!Lkのライブって、本当に楽しいですよね。

勇斗 それは何よりです!


──ツアー中、皆さんからこうしたい、ああしたいという提案はあったのですか?

勇斗 MCに関しては、もちろん始めに用意していた内容もあったけれど、それとは別のことをやってみたいねと話していました。素の僕らの会話を聞きたいファンの方も多いと思い、フリートークは多めに。太智が中心で回してくれて、僕たちもおしゃべりに自信が持てるようになりました。


──フリートークって、普段の関係性がダイレクトに出ると思います。M!LKは仲の良さが出ていましたよ。

勇斗 わー、本当ですか? ありがとうございます。


──実は仲が悪くて、100%演技しているとかって、ナシですよ(笑)

勇斗 さあ、どうでしょうね~(笑)

一同 爆笑

太智 プライベートで出かけるということはあまりないですけど、パフォーマンスを作り上げるという点では、僕ら仲がいいです。必ず5人が、ひとつの方向にむいて作っています。

_DSC9864.jpg


──今、映画やドラマやインタビュー等、個人活動も増えていますが、M!LKと個人活動を比べて、改めて感じるM!LKの良さってなんですか?

勇斗 僕は芝居の現場に行くと、未だに慣れなくて大変なこともあるけど、帰るところがあるのは心強いです。あと、M!LKのファンの皆さんが、個人での仕事も応援してくださっているのも嬉しいです。


──メンバーとファン、Wで頼りになる!

勇斗 また僕自身、お芝居の経験がM!LKに活かせることもあります。お芝居と、歌やダンスが、お互いに影響をしあっていると感じます。


──今回の全国ツアー、いろんな都市を回っていますが、皆さん、こんなことを学べた・レベルアップしたということを教えてください。

悠稀 僕は体力がつきました。今回の全国ツアーは以前のワンマンライブよりも曲数が多くて、大阪と名古屋では二部制でした。僕的にはできるかどうか不安だったんですけど、名古屋でどうにかやり遂げたから、大阪でやるときは「うん、できる」と思って臨んで、ちゃんとできたのでホッとしました。


──ちなみにお客さんって、地方によって反応が違ったりするんですか?

一同 違いますね~!!

太智 笑いのツボが違うよね、まず。

悠稀 違う!

太智 大阪はボケるだけで笑ってくれるけど、東京は突っ込まないと笑わない!

_DSC9758.jpg


──ノリの良さナンバーワンは大阪?

瑞生 いえ福岡ですね。九州の人はあったかい!!

勇斗 「わぁっ!」て盛り上がってくれます。

仁人 福岡の人は、すごく盛り上がるのが好きだよねえ。

太智 祭りとか毎日してそう!


──福岡が出身の芸能人の方、多いですよね。しかも華のある方が多くて。

太智 おお!?(仁人くんを見る)

仁人 僕は福岡じゃなくて鹿児島出身だから。


──結構、離れていますよね(笑)

仁人 400kmほど(笑)


──さて今現在、これがツアーファイナルとなる4月30日の追加公演を目の前にして、ドキドキ感があふれているところだと思いますが、意気込みをどうぞ。

勇斗 千秋楽を終えてからの追加公演なので、五大都市で楽しんでくださったファンの皆さんへの、お礼の意味ではっちゃけるつもりです。新たな試みもする予定で、それを完璧なものとして見せたいという気持ちが強くて、不安もあるんですけど……とにかく「ありがとう」を伝えたいです!

_DSC9572.jpg

_DSC9525.jpg

ライブ中の萌えキュン動画で、ファンは全力エキサイト!

──今回のツアーで、メンバーがそれぞれ、ファンの彼氏な設定の萌えキュン動画が流れました。アレ、ファンの皆さんのテンションの高い反応が、すごかったですよ~。

勇斗 ありがとうございます!


──私は3月30日の東京、Zepp DiverCityでやった回に行ったのですが、5人全員の萌えキュン動画を見せていただきました。ところでもちろん、皆さんカッコよかったんですけど、お1人、変なTシャツを着ている方がいて……バックプリントになんか怖い絵がついてて……。

瑞生 あ、それ化粧女って言うんです。


──ファンの皆さんはどんなセリフ、シチュエーションでもキャーッって言っていたのですが、あのバックプリントのときだけざわついていました。「キャーッ……キャ? ……ざわざわざわ」みたいな感じで。瑞生くん、あれは狙ったんですか?

瑞生 狙ったワケじゃないですけど、結果的にざわついたのは面白いですね(笑)

一同 えー!

勇斗 知らなかった。

太智 カッコイイこと言って、後ろ姿で立ち去る時に、背中だけ変みたいな?


──そうです! みんな反応に困っていました(笑) それ以外の皆さんの萌えキュン動画は、順調にそれぞれ萌えさせていただきました!

勇斗 Zeppは5人分流れたんです。地方によっては3人とかなんですけど。ちなみに追加公演では、新たに撮り下ろしています。


──それは楽しみですね。勇斗さんは私が見た回では、ちょっと俺様系でした。「来るなよ、いきなり」みたいなぞんざいな感じが、リアルな彼氏みたいですごく良かったです。

勇斗 イエーイ!


──お互いの動画を、見ることはないんですか?

太智 見ないんですよ。

勇斗 でも僕、太智の「お前いい女だな」っていうのは見たし、良かったよ!


──わあ、これからも作り続けてください!

_DSC9647.jpg

_DSC9637.jpg

待望のファンクラブが発足! 見逃せない特典がいっぱい♪

──ファンクラブ『PREMIUM MILK』が、2017年4月末に発足されます。入会すると、どんな特典があるのでしょう?

仁人 ファンクラブ内限定の映像だったり、秘蔵写真だったりが見れます! あとはファンクラブオンリーのイベントやグッズも出していきたいですね。普段、見ることのできないM!LKの裏側を知れるのが、この『PREMIUM MILK』です。

勇斗 楽しみにしてください!

太智 4月30日の追加公演にも、ファンクラブのカメラが入るので、リハーサルの様子やボイトレとかメイクの風景なんかも、見れると思います。


──ファンの皆さんには待望のファンクラブですから、本当におめでたいことです! そしてM!LKは順調に、『テルネロファイター』の歌詞にあるように、大きくなっていっています。LINEブログも今、フォロワー数1位ですよ。

太智 ええ!

仁人 なんで!?


──皆さんが毎日更新して、自撮りなどもアップしてくださってるからですよ~。

仁人 僕は自撮りはあんまり……今日アップします(汗)


──ブログは皆さんにとって、どういう存在ですか?

勇斗 コミュニケーションをとる手段です。特に地方在住のファンの皆さんには、なかなか会えないので。コメントを書いてくださる方もたくさんいますが、読んでますよ!

_DSC9667.jpg


──コメントもそうですが、「イイね」の数もハンパないです。そういう、たくさんの人が読むブログを書く気分って、どんな気分なんですか?

瑞生 え、いや……趣味?

太智 大物だ(笑)

瑞生 ファンの皆さんのことを考えすぎてしまうと、破たんしてしまうんです。自分のない文章になってしまうというか。だから気楽な気持ちで書くと、結果としてファンの方が喜んでくれる文章になるのかなって。


──確かに書きたいこと書いてくれた方が、ファンも喜びますね。本音が見えて。太智さんはいかがですか?

太智 あ、僕、最近タイトルづけをさぼってます(笑) 絵文字ばかり使ってる。でもそっちの方が「なんだろう?」って、不思議に思って読んでくれるんじゃないかな?

仁人 ないない!

太智 えーと、じゃあ気を付けてるのは、コメントをチェックしてます! いつかコメントに答えようかなって。


──悠稀さんはいかがですか?

勇斗 悠稀のブログって長いよね。

瑞生 確かに。

悠稀 自分としては、めっちゃ短くしてあれなんですけど。

勇斗 ママタレみたいに長いよ。


──ママタレ!

悠稀
 自分の中で、本当に短くしているんですけど。何ていうんだろ、ファンの皆さんと会話しているつもりで書いています。コメントも読んで、イベントで「あ、あのコメントをくれた人だ」ってわかったりします。


──すごい! 本当に丁寧に読んでいるんですね。仁人さんはいかがですか?

仁人 僕は1人でいることが多くて、そんなときは風景写真を撮るんです。僕、空の写真をよくあげるんですけど、理由は空にリラックス効果があると聞いたから。ファンの皆さんに、僕から癒しを提供できたらなって思っています。


──空の写真って、ファンの皆さんにとって嬉しいらしいですよ。「この空、仁人くんも見ているんだ!」って、見上げられるから。

仁人 メンバーの裏話とか、自撮りとかもちょいちょい、これからはあげます。


──ブログ以外では、5月以降にM!LKと交流できる、どんなイベントがありますか?

勇斗 『テルネロファイター』のリリースイベントが5月初旬にあります。リリースイベントはワンマンライブよりも距離が近く、たくさん話せる機会があるので、ファンの皆さんのお越しを待っています♡

_DSC9799.jpg

_DSC9817.jpg

超BIGな牛になりたい5人の、理想のオトナ像とは!?

──では最後に、全力でやり遂げつつある2017年春ツアーの名前にちなんで、皆さんの「こんな大人になりたいな」という、理想を教えてください!

勇斗 人間だから、体調が悪いとき、つらいとき、機嫌が悪いときがあるじゃないですか。でもそんなときもそれを見せない人になりたいです。今は、つい無口になってしまうけど、笑っていたいなって思います。

太智 それって大事だよね。


──では瑞生くんは?

瑞生 僕は、大人になっても楽をし過ぎないでいたい。30歳になるまでは、怒られることに対して嫌がらない人になりたいと思います。僕らみたいな高校生って、大人に何か言われると反発しがちですけど、違う意見を自然に取り入れられるようになって、そこから年下の子に教えたいと思います。

_DSC9824.jpg


──謙虚な姿勢がもう大人です! 太智くんお願いします。

太智 僕はそんな真面目な理想はないんですけど、日本ではおさまっていられないなって思います。今は学校や親とかいろいろなことがあるけど、大人になったら、いろいろなところに行きたい! 僕、本屋さんに行くと漫画見て雑誌見たら、最後に必ず旅行の本棚に行くんです。ここ行きたい、あそこ行きたいってワクワクして。留学も興味あるし、いろいろな国で暮らしてみたいです。


──M!LKで海外公演とか?

太智 いえ、1人で行きたいです。

一同 1人!?

太智 いや、M!LKでも行きたいけど、1人でも行きたいの。でも疲れたら日本に戻るの。帰って来れる場所があるのは幸せだよね。

_DSC9836.jpg


──すてきな夢ですね。では悠稀さんお願いします。

悠稀
 自分は老けたくないです。つまり年齢的に無理だからできないっていう、考え方が嫌で。おじさんになっても、好きなものを着て、やりたいことをやって、「若ぶってる」と言われても気にしない、新しい大人になりたいです。


──この価値観、うなずくファンも多いのではないでしょうか。では最後に仁人さん!

仁人 僕は自分がどの年齢になろうと、誰とでも対等に渡り合えるというか、上からものを言わない人になりたい。何かを創るなら特に、分け隔てなく人と接して、自分の好きなことを追求して、輝いていたい……人として。

一同 人として!?

仁人 えーと、人として! 人として、魅力のある人になりたいです。

太智 今、自分で「カッコいいこと言ってるわ」って思ってない?

仁人 いや、言えてよかったから!

_DSC9856.jpg


──皆さん、どうもありがとうございました!  M!LKがスクスクと大きく成長している様子が、すごく伝わってきました。まずはリリースイベント、楽しみにしています~。

一同 ありがとうございました!

★動画コメントもいただいてきました!★



写真ギャラリー
_DSC9772.jpg _DSC9566.jpg _DSC9537.jpg _DSC9587.jpg _DSC9610.jpg _DSC9084.jpg _DSC9102.jpg _DSC9196.jpg _DSC9134.jpg _DSC9495.jpg _DSC9518.jpg _DSC9319.jpg _DSC9238.jpg _DSC9365.jpg _DSC9344.jpg


サイン入りチェキプレゼント

S__6078596.jpg

M!LKメンバーのサイン入りチェキを5名様にプレゼント! LINE BLOGアプリから「M!LK」と「V.I.P. Press」をフォロー&この記事に「いいね」を押せば応募完了です。「#milk」をつけてご自身のブログにもぜひ感想を書いてください♪  

アプリでフォローして応募する
※当選者にはLINE BLOGアプリのお知らせでご連絡します



◆『テルネロファイター』5月9日リリース!◆

テルネロファイター(TYPE-A)
M! LK
スターダストレコーズ
2017-05-10

テルネロファイター(TYPE-B)
M! LK
スターダストレコーズ
2017-05-10

テルネロファイター(TYPE-C)
M! LK
スターダストレコーズ
2017-05-10





それぞれ違った個性を持ちながら、向いている方向は一緒というのは理想なのではな 
いでしょうか? 超BIGな牛になるその日が、超楽しみなM!LKでした!

会いたい “あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。
カワイイからカッコイイに移行する短い時を、魅せてもらえるのって幸運ですね。
それでは、また。

(撮影/木村智軌、取材・文/中尾巴)

編集部のおすすめ記事