3月に入って、本格的に春めいてきましたね。まだ寒い日もありますが、あちこちで春の気配が感じられます。
V.I.P. Pressではいち早く春を楽しめる「春色スイーツ」を募集し、多くの方が記事を投稿してくれました。皆さん、ありがとうございます!



LINEスタンプクリエイターのるるっぱさんは手作りのパンケーキで春色スイーツを満喫。
トッピングに桜の塩漬けと桜の花に見立てたアーモンドスライスで、桜がふんわり香る、春らしいパンケーキの出来上がりです。
詳しいレシピを載せてくれているので、皆さんもぜひとろけるパンケーキを楽しんでみてください。



大石蘭さんは麻布十番の「DUMBO Doughnuts and Coffee」で春色ドーナツを購入。
真っ赤なフランボワーズのドーナツには果実ものっていて、春らしさ全開です。
Instagramでも人気のお店で、かわいらしいドーナツを買い求める女子たちの行列ができていたのだそう。ピンクを基調にしたインテリアからも、きっと春を感じられるはず♡


hanaさんは15年来のフルーツサンドファン。この記事では、東北地方や関東圏のフルーツサンドを食べ比べて回ったそうですよ。
並べて見ると、フルーツサンドもお店によって個性が全く違うことがわかります。
切り口がきれいなフルーツサンドはよりおいしそう。続編ではまた違うお店のフルーツサンドを紹介してくれています。



LINEスタンプクリエイターのザッキーさんは自身で創作したキャラクター”スイーツ王子”と一緒に春色スイーツを紹介しています。
横浜に本店を構える「Gateaux de Voyage」にはいちごのケーキがそろっていて、どちらもおいしそう! 特にホイップクリームとカスタードが組み合わさった”いちごのミルフィーユ”に大満足だったようです。
他の記事ではコンビニの春色スイーツを紹介してくれていますよ。



春のスイーツと言えば抹茶を思い浮かべる人も多いのではないのでしょうか。
フードコーディネーターのこころのたね。yasuyoさんは、市販のチョコパイが本格和風スイーツに変身してしまうアレンジを披露しています。
チョコパイに生クリームと抹茶、あられと桜の塩漬けを添えると、和カフェのようにフォトジェニックなおやつが出来上がり。
市販のお菓子でも、ひと手間加えれば、いつもとは違うティータイムを過ごせそうですね。



同じく和の春色スイーツを紹介してくれたじゅんじゅんさん。
「1日1甘」をモットーにしているじゅんじゅんさんがこの日出会ったのは「口福堂」の”桜・桃団子”。ピンクのたれがお団子をくるんでいて、一口食べるだけで口の中いっぱいに春らしさが広がりそうですね。
お花見をしながら食べたくなるスイーツです。



最後に、驚きの新感覚スイーツを紹介しましょう!
名古屋の大須観音にある「まる芳」で期間限定で発売される“から揚げアラモード”。から揚げにチョコソース&ホイップクリーム、練乳、ストロベリーが重なり合ったなんとも個性的な春色スイーツをおいなご(おいでよ名古屋)さんが紹介しています。
実はおいなごさんは、このスイーツの元になった”元祖小倉クリームから揚げ”の発案者だそう。こちらは、試食したおいなごさんによると「小倉クリームから揚げよりも食べやすい」そうなので、名古屋に行かれる方はチャレンジしてみては?


春色スイーツはピンクやホワイト、グリーンと彩り鮮やかで、見ているだけで気分が上がりますね。お気に入りの春色スイーツが見つかったら、LINE BLOGにアップしてみてください!

HaruMaki ライター
30代前半、愛知県在住、Webライターとしていろいろなジャンルの記事を執筆しています。暇な日は名古屋に繰り出して、ショッピングをするのが趣味。映画鑑賞も好きです。