映画に舞台にもちろん歌に大活躍の"すーめろ"こと、SKE48・チームEメンバーの佐藤すみれさん。積極的に更新しているSNSからは、おいしそうなスイーツやキュートなファッションの情報があふれ、ファンのみならずすべての人を笑顔にしてくれます。


今日は2017年2月22日発売のSKE48のニューアルバム『革命の丘』や、もうすぐ始まる舞台『僕らのピンク スパイダー』のこと、そして気になるすーめろの素顔について、ガンガン語ってもらいました♡




──LINE BLOGを始めていただき、ありがとうございます! 今日はすーめろちゃんの素顔がわかるインタビューにしたいと思っております! まずはSKE48の最新の活動について教えてください。2月22日に2ndアルバム『革命の丘』が発売されましたね!

発売日前にイベントがあったんですけど、すっごく盛り上がって楽しかったです。初めての試みだったんですけど、ファンの人と運動するようなアトラクションコーナーがあったんですよ。


── 運動!?

サッカーとか、バドミントンとか、バスケットのコーナーがありました。アルバムタイトルに"革命"とあるだけあって、いろんな新しいことをしよう、革命を起こそうっていうプロジェクトだったみたいです。


── 佐藤さんも参加されたんですよね。

私、運動が苦手なので最初は嫌だなあって思っていたんですけど、後輩たちに連れられて行ってみたら、案外楽しくて。汗びっしょりになりながら、子どもみたいに夢中でバトミントンやっていました!


── ファンを相手にプレーしたんですよね。

時間制をとり、何人ものファンと入れ替わりでプレーしました。ファンとバドミントンなんて、もちろん初めてでしたが、楽しかった!


── 握手会よりある意味貴重では?

あはは、握手会もその裏でやっているんですけどね。他にも女の子は、衣装を着れるコーナーがあって……今回、本当にいろいろありました。


── 実際にメンバーが着た衣装をファンが着るんですか?

誰の衣装かは、名前のタグは取ってあるのでわからないんですけど、5種類くらい衣装が用意されていました。ファンの女の子が好きなものをひとつ選んで、フィッティングルームで着て、写真も1枚だけOK。


── 楽しそうなアルバム発売イベントですね~。ではアルバムの中身についても、お聞きしていいですか? 今回、曲のラインアップ違いでTypeがA・B・Cとあって、3枚組CDにDVDが付くんですよね。それに加えて、CD2枚組の劇場盤もあります。

めっちゃボリューミーなアルバムです! あと私がまだSKE48に入っていなかった頃の曲もたくさんあるんですけど、外から見ていたSKE48の中に、自分が今いて参加している曲と一緒にアルバムになっているのが、なんだか不思議です。


── 新曲や既存の人気曲に加え、ファン投票でアルバム収録が決まった曲もあるそうですね。

ファン投票曲に関しては、やっぱり入るなって曲ばっかりだった気がします。ライブで盛り上げる曲とか。シングルは「これぞSKE48だ!」っていう曲だし。


── 佐藤さん自身の、お気に入りの曲ってありますか?

難しいな~。ただ、自分が参加している曲だったら『12月のカンガルー』って曲が元気な感じで好きです。


── ご自身が選抜に入った曲ですね。

この曲、最初タイトルから聞いて、ヘンテコなのかなって思ったんですけど、実はものすごくかわいらしい曲で。MVの衣装も、マフラーがついてモコモコして、メンバーごとに色が違うんです。全員色が違う衣装を着ると、ちゃんと自分の衣装って感じがして、うれしいですね。


── 個性が出ますね。

MVの中ではメンバーとギュッとしたりとか、作りもすごいかわいくて。その世界観が好きです。あ、曲自体も、最近のライブの中では一番盛り上がるいい曲です。「フッフー」とか「イエーイ」とか、掛け声もかけられるし、ファンが参加しやすい。ダンスも、スカートの衣装なのにガンガン踊るんです。


── ファンも掛け声をかけられる曲は楽しいですよね!

あとDVDなんですけど、おはよう、おやすみの映像がついています。全員、セルフプロデュースで、パジャマ姿でカメラに納まっています。リアルなおはよう、おやすみを撮るっていう設定以外、自由だったので面白かったです。セリフも好きなように言えるし、小物を持ってきてもいいし……。


── 佐藤さんはどんなおはよう、おやすみをしたんですか?

私、撮影のときに髪の毛が真っきんきんだったんで、なんかバービー人形になろうと思って。すごい濃いピンクの派手なパジャマを着て、髪をポニーテールにして外はねにしました!


── 女子ウケがよさそう!  バービーがお好きなんですか?

大好きなんです。私、バービーの衣装とかコスメとかめっちゃ集めていました。余談ですけど、今日、バービーのプリクラを撮りました! 背景にバービーとケンが入っているんです。


── ではバービーになれたDVDは楽しかったんじゃないですか?

ふふ、そうですね。でもいろんな子がいたな~。セクシーな子はランジェリーっぽいパジャマを着ていたり、若い子はコットンを選んでいたり。あとカメラがファンっていう設定で話す子とか、本当に布団に入って「おやすみ」って寝る子とか、みんな個性豊か! 5人ずつくらいでスタジオに入って、一発撮りだったんですけど、他の子の撮影見ているのが楽しかったです。



長文を書くLINEブログでは、丁寧に自分の感情を伝えたい

── 佐藤さんは、SNSの使い方が上手だなという印象があるんです。まずTwitterのフォロワー数が40万人以上ってすごいですよね!

Twitterを始めてだいぶ長いんです。だからちょっとずつの積み重ねかな。確かにマメに見ていますが。


── SNSって今たくさんありますけど、佐藤さんが主に使っているのは何ですか?

Twitterの他に、Instagramも始めました。あとはもちろん、LINE BLOG。実はブログを書く習慣がそれほど身についていないので、心機一転、やらなきゃなって思っています。LINE BLOGって、内容に対してコメント機能と「いいね」があるじゃないですか。


── そうですね、モチベーションになります?

ブログを書くたびに「いいね」を押してもらえるよう頑張っていますし、他のSNSでもLINE BLOGのアカウントをリンクして、来てくださいって言っています。


── 素晴らしい!

追いかけてくれるファンも、私から導かないと迷子になっちゃうかなって。TwitterやInstagramは短文だけど、ブログは長文だし、自分の気持ちを表現しやすいから、ちゃんと書いて、読んでもらいたいなって思っています。


── 最近、なんか元気がないなってコメントをもらっていましたね。

実はそうなんですよ~、なんか、珍しく。というのも、AKBで同期のまりやんぬ(鈴木まりやさん)の卒業が発表されて……7期生で私、最後に残っちゃんたんです。誰も私が残るだなんて、同期もファンも私自身も、思っていなかったんですけどね。寂しいです。


── 同期なら、ライバルでもあり仲間でもありで濃い間柄でしょうから、寂しいのもわかります。

最近、我慢できる涙の方が多かったんですけどね。まりやんぬのことを知ったときは、悲しくてポロポロ泣いてしまいました。一番つらかった時期に一緒に乗り越えた人がだいぶいなくなってしまって、本当に寂しいです。最近は、チームの中でもまとめ役になることが多いから、泣いてばかりもいられないんですけど。


── まだ23歳なのに、その覚悟はすごいです。

23歳の佐藤すみれは、先輩としても年齢としても、どっちも上の方。一応、うちのチームにキャプテンとリーダーがいますが、それらを陰で支える役割かなって思っています。




かわいいものが大好き! ファンにはどんどんかわいいを発信♡

── 佐藤さんと言えば、こだわりのファッション。今日もとってもかわいい♡

でももう、ピンクのワンピースだけじゃ着れないので、上はよく黒を着ちゃいますね。


── そんなことはまったくないです! ちなみにブランドは……。

下はMILKで上はKatieです。


── 最近はどういうファッションが好きですか?

舞台のために髪がずっと明るくて、1週間前までミルクティーみたいなハイトーンだったんです。その時はこう、ガッツリと夢かわいいっていう、メルヘンなのばっかり着ていました。黒く染め直してからは、ちょっと落ち着かなきゃなって思ってきたんですけど。


── 本当に洋服が好きですよね!

もうね、こういうオリジナルプリントとか大好きで!  私、ファンのために、夢のためにっていうのはもちろんですが、服のために働いているっていうところも、確実にある(笑)もう買い物大好き、服とか雑貨とかどんどん買っちゃいます。


── 佐藤さんに女の子のファンが多いのは、かわいい、に妥協がないからかも。

しかも握手会とかで会うと、かわいいファンばかりで……。


── みんな「すーめろちゃんみたいになりたい!」って思っているんでしょうね。

そう思ってくれていれば、うれしいですね。ファンの女の子たちって、みんな私が好きそうな服をよく着ていて「これどこで買ったの!?」なんてトークばっかりしています。あとはおいしいスイーツとか、カフェとか、そんな話かな。


── Twitterではお仕事とは別に自発的にされている作品撮りの写真もアップされていましたね。

この前なんて、朝6時まで撮影してしまいした。


── え? 寝ずに?!

はい、翌日はお休みだったからできたんですけど。


── 作品のスタイリングも全部ご自身で?

アンプリ(ANGELIC PRETTY)のブランドのチーフさんの家に、ああいう雑貨やアイテムがあふれていて、使いどころがないから撮影しようよっていう話になったんですね。一緒にコンセプトを決めて、アイテムを決めて、服を借りて、自分でヘアメイクをして撮影しています。 これはバレンタインなので赤とピンクが、テーマカラーです。 

Twitterに載せている作品撮りのワンカット。



── 完成度高いですね。大変じゃないですか?

女の子たちが見てくれるし、私たちの趣味でもあるし、とにかく楽しいです! 以前のLINEのホーム画面も自分たちで撮ったんですけど、これがすごい好評で。現在のも自作しています。こういう作品は、ストックしてTwitterのヘッダーに使ったり、自己紹介用にしたりしようって思っています。あとカフェにもよく行くので、そこで撮影することもあります。


── カフェでの写真って、フォトジェニックになりますよね。こういう楽しみって、たいてい女の子しかわかってくれないけど!

でも私のファンは女の子も男の子も、かわいいのを見たいとか、私が楽しそうにしているのを見たいとか、言ってくれるんです。私もかわいいものはどんどん発信したいと思っているので、続けていきたいですね。やっぱり作品をSNSに載せると、いつもの倍以上のコメントが来て、反応がすごいんです。できれば、仕事につながってくれるといいけど……。


── グッズのプロデュースとか、できそうですよ!

ぜひやりたいです! あとはいつか本にできたらいいと思いますね。今は趣味ですけど。


未だカリスマ的人気を誇るhideさんとのコラボ舞台

── 佐藤さんは、2017年3月9日から20日、紀伊國屋ホールにて公演される、劇団TEAM-ODAC『僕らのピンク スパイダー』に出演されます。この作品、1998年に亡くなった、X JAPANのギタリストで、ソロ活動もしていたhideさんとのコラボ作品なんですよね。 どんなストーリーで、佐藤さんはどういう役柄を演じるんですか?

私は大人しめで、あまり思ったことを上手に伝えられないOLの役です。仕事が出来ないから上司にいびられたりするんですけど、そのストレスを発散できないんです。そしてそんな気持ちを持ったまま、hideさんのファンをしていて。他にも登場人物たちはいろんな悩みを持ちながらhideさんを好きで、『ピンク スパイダー』という曲を通して、みんなが未来に踏み出していくというストーリーです。


── hideさんを通した群像劇なんですね。佐藤さんの役柄は、ご自身の性格と重なるところはありますか?

私は結構明るい方だし、思ったことは言ってしまうので、役柄とは違うタイプだなと思いました。ただ、上司役が元AKB48の戸島花さんで。AKB48では私とほぼ入れ替わりだったのですが、先輩だからある意味上司みたいな関係ですよね。そこに共通点が見つかった!


── ファッションはどんな感じに?

ビジュアル撮影をしたんですけど、根暗っぽいというか静かそうというか……笑わない感じ。衣装はグレーかあずき色で、カラフルではないです。


── 佐藤さんは、hideさんのことをもともとご存知でしたか?

私、ドラムをやっているので、『紅』という曲をきっかけに、動画などを通してX JAPANのことは知っていたんですけど、実はhideさんのことは詳しく知らなかったんです。この舞台は『ピンク スパイダー』という曲が主軸になるんですけど、どういう経緯でその曲が作られたのかっていうのも、お仕事が決まってから知りました。


── 年齢的に、無理はないですよね。たぶん、今のアラフォー世代が当時のファンの中心だったと思います。

それもあってか、私のこれまでの公演にあまり接点がなかった人たちから、「ピンク スパイダーのお芝居、ぜひ見に行きたい」と言われます。X JAPANのファンの人たちにも言われますね。


── hideさんの曲は、世の中を斜めに見ながらも、「強く生きていこう」っていうメッセージ性が強いので、当時の若者が励まされた曲なのかなと思います。

何かしら上手くいっていないとか、何かしら悩んでいるとか、私の役もそうなんですけど、そういう若者が共感するのかな?


── そういう焦燥感やジレンマって、ご自身も感じることがありますか?

落ち込むことはあるけれど、長い時間は続かないタイプかも。気持ちの切り替えは早いと思います。いっぱい寝たりすれば立ち直れたり、時間が解決してくれたりですね。ひとつのことにいつまでも、立ち止っていることはないんじゃないかな。


── それはもともと?

SKE48に入ってから変わった気がします。最近は切り替えが、うまい具合にいってるかな。プラス思考を心がけています。


── hideさんにはすごい数のファンがついているぶん、今回の公演はなかなかプレッシャーも多いんじゃないかと、個人的に推測していました。ファン的には喜ぶ人もいるだろうけど、逆もいるかもって。

私も正直、そう思いました! でもこのお芝居、hideさん役はいないんですよ。hideさんの周りにいるファンたちの話なので。


── 顔合わせでは、他にどんなことを聞きましたか?

今回、私の役はダブルキャストなんですが、同じ役をやる方が男の人なんです。木村敦さんという俳優さんで、性別が違うダブルキャストは、木村さんも私も初です。演じる役のキャラクターは一緒でも、男女が違うと微妙に進行に影響がありますよね? どんなお芝居になるのか、楽しみです。


── それは見比べたいですね!

あと、共演者に愛迫みゆがいるんですけど、元AKB48の同期です。もともと知っているのはもちろん、一番つらかった研究生のときに一緒だったので、それ以来の共演だと思うとジンときます。お互いどう成長したのか、確認し合う舞台になりますね。


── 佐藤さんにとって、舞台はどんな位置にあるのでしょうか。

やっぱり、舞台は楽しいです。1、2年前までは、いろいろやりたいことがありすぎて、何からどうしていいかわからなかった時期もあったんですけど、今は舞台が純粋に楽しい。去年は映画にも出させていただいたんですけど、舞台は稽古があるぶん、まだ悩める時間もあるし、他人にも相談できるし、「今度はこういう風にやってみよう」と持ち帰ることもできます。


── 公演中も成長できますしね。

私のことを応援してくれる方たちって、劇場公演がきっかけになったと言う人が多いんです。なんだかんだで、ステージの上に立っている私が好きという声が多いので、立ち続けたいです。テレビももちろん出たいんですけど、ミュージカルが大好きだから、それで喜んでもらいたいなって。


── 『僕らのピンク スパイダー』も、楽しみですね!

でもセリフ覚えるのは得意な方じゃないし、緊張するし、稽古でも緊張することあるし、プレッシャーは格別かも。本番に強いって思っていた時期もあったけど、今はどうかな~。


── では読者に、公演について一言アピールしてください。

「あのhideさんとコラボなんて、どうなっちゃうの?」と思う人も多いでしょうが、そうやってちょっとでも興味を持っていてくださっていて、気になるのならば、ぜひ見に来ていただきたいです。私にとって今年の初舞台なので、「いいスタートを切りたい」という気合いも入っています! 髪も染め直し、いつもと違う大人しめな役柄も、楽しんで見て欲しいです。


夢を持つアナタは、立ち止らず自信を持って走って!!

── 佐藤さん、最近ハマっていることってありますか?

『僕らのピンク スパイダー』をきっかけにX JAPANを改めて聴きなおして、ドラムを上達させたい思いが強くなりました。この前も1人で、スタジオに行って練習してきたんですよ。


── ドラムを始めたきっかけを教えてください。

もともとエレクトーンをずっとやっていたんですけど、その後ギターをやって、それであとなんだろうって思ったときに、ベースもそんなにギターと変わらないから、ドラムかなって。ドラムを始めた1カ月後にソロコンサートがあったので、その間に1曲完成させようって決めて、すごく大変でしたけどやり切りました。最後の1週間は連日深夜まで練習しましたけど。


── すごい! 上達も早いですね。

ドラムは基礎を全部マスターしようと思っています。ドラムって、基礎をきちんとやれば応用がきくんです。何パターンかのリズムを覚えれば、割と形になるというか。


── アイドルだけでなく、ガールズバンドとか組めそう。

やりたいですね! 父親がずっとギターをやっていた影響からか、小さい頃から音楽が本当に大好きで。エレクトーンのおかげで音感も身についたし、楽譜も読めるので、レコーディングのときは助かっています。楽譜が読めない子って、結構多いんですよ。


── 今、一番の興味はドラム?

ドラムかも。あとはさっき話した作品を撮影することと、カフェを巡ることかな。


── 多彩な才能を持つ佐藤さんですが、将来的な夢ってなんでしょう。

女優さんになることですね。


── 確実に夢を実現している佐藤さんですが、V.I.P. Pressのコア読者である10代の女の子たちに、メッセージを送るとしたら……?

今は楽しくやっているけれど、私も一時、お仕事を辞めたいなって思ったことがあります。両親の支えがあったから、続けられたんですけどね。夢をかなえるためには、立ち止らずに取りあえず進んでいくのがいいんじゃないかな。私自身もどこかで「止まってはダメだ」と思っていたし、完全に諦めたことは1回もないと思う。


── とにかく進め、と。

あと大切なのは、自信を持つこと! 自信がないと外にすぐバレるし、キラキラ感が失われてしまいます。私も常に自信満々な訳じゃないけど、自信がある時期は周りにもいいねって言われます。とにかく、足を止めずに、自信を持って!!


── 説得力ある!

あとは自分の一番近くにいる人を、大事にすること。助けてくれる人、支えになってくれる人は、愛するくらいの勢いで! 数が多くなくてもいいんです、とにかく大事にしてください。


── 素敵なアドバイス、ありがとうございました! では本当に最後の質問です。好きなLINEスタンプをお願いします~。

カナヘイさんのスタンプが大好きで、全部買っています! ピスケが超可愛くて、愛用中♡ オフィシャルLINEでも送っているので、ぜひ見てみてくださいね。 あとは名前系のスタンプで、佐藤のスタンプも使っているかな~。


── どの質問にも丁寧に応えてくださってどうもありがとうございました! 舞台もSNSも期待しています♪


サイン入りチェキプレゼント

S__2211854.jpg
佐藤すみれさんのサイン入りチェキを3名様にプレゼント! LINE BLOGアプリから「V.I.P. Press」をフォロー&この記事に「いいね」を押せば応募完了です。「#佐藤すみれ」をつけてご自身のブログにもぜひ感想を書いてください♪ 

アプリでフォローして応募する
※当選者にはLINE BLOGアプリのお知らせでご連絡します

  
写真ギャラリー
RRsumire_0030_1.jpg RRsumire_0039_1.jpg RRsumire_0026_1.jpg RRsumire_0086_1.jpg RRsumire_0079_1.jpg RRsumire_0060_1.jpg




◆2ndアルバム『革命の丘』大好評発売中!◆
SKE4848
avex trax
2017-02-22

SKE4848
avex trax
2017-02-22

SKE4848
avex trax
2017-02-22



実は子役からのキャリアで、ひと一倍プロ意識とこだわりの強いすーめろちゃん。こんなに甘くて可愛いのに、芯はしっかりしていて、ますます魅了されました♡

会いたい "あのひと" を身近に ―― LINE BLOG。
自信が私を輝かせてくれる。自分の価値は自分で決めよう!
それでは、また。

(撮影/木村直軌、取材・文/藤坂美樹、中尾巴)