2015年第40回ホリプロスカウトキャラバンにて、SoftBank賞受賞。見事デビューを勝ち取り、現在はタレントとして活躍する井上咲楽さん。人気バラエティ番組の出演も徐々に増え、女優活動にも意欲を燃やす現役女子高生・17歳の魅力を、今日はたっぷりインタビュー。ユニークなキャラクターと印象的な眉毛が、読者のハートをがっちりつかみます♡


──デビューのきっかけとなった、スカウトキャラバンから1年以上が経ちました。タレントになったんだ、芸能界で働いているんだと言う自覚は、身につきましたか?

うーん、まだですね。撮影も慣れないし、友達にも「昨日、一緒に帰った人が、テレビに出ているとか信じられないよね」なんて言われています。


──ご両親はTVに出る我が子を見て、喜んでいますか?

お父さんもお母さんも応援はしてくれているんですけれど、喜んでいるという感じではないかな。「頑張ってね」くらいのテンションです。でも私も、自分が出ている番組を見られるのは嫌なんです。


──恥ずかしい?

干渉されるのが嫌で。まあ、何かを言ってくるような親ではないですが。私、小さい頃から、授業参観に来られるのも嫌だったんです。家以外での自分を知られたくないし、見られたくないんです。


──でも今日は『アウト×デラックス』(フジテレビ系)の収録だったそうで! 人気番組に出たら、ご家族の目にも入りそうです。マツコさんと矢部浩之さんとは初対面だったんですよね。緊張しましたか?

おふたりとも優しくて、面白くいじっていただきました。緊張は実はしなかったですね。以前、『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演したときは、ちゃんみなさんと岡田結実さんと一緒だったので、いっぱいしゃべりたいし画面に映りたいけれど、どこで自分を出していいか、ずっと考えなければいけなくて、それは緊張しました。


──なるほど、ゲストが自分ひとりなら、その緊張は必要ありませんね。

今日は本当に、素のままでいさせていただきました。普段は結構、への字口だったり、無表情だったりするんですけど、本当にそのままというか。


──お話しのできる範囲で、楽しかったことを教えてください。

私あてにカンペを出されたんですけど、チラ見ができなくて。こう、がっつりのぞき込んだら、マツコさんに「もっとさりげなく見るのよ」って言われました(笑)


──その通りとしか(笑)

あと面白かったのは、体毛の話!


──体毛? 腕とか脚とかですか?

全身です! 私、全身の体毛が濃いんですけど、その話をしたら、むしろ生やした方がいいんじゃないかって言われて。夜剃ったら、もう朝に生えているというくらい濃いので、盛り上がりました。


──そういう家系なのでしょうか。

家族は普通なんです。私、4姉妹の長女で妹が3人いるんですが、みんな人並みで、私だけ濃いんです。中学生くらいのときかな、修学旅行でみんなが体毛を剃るところを見て、私も剃り始めて、そして自分が濃いことに気づきました。あ、でも脇だけは脱毛してます!


──赤裸々にありがとうございます(笑)


Sakura_0011.jpg

可愛い子、オーラのある子はいても、Mr.ビーンをやる子は他にいなかった!


──井上さんは2015年のホリプロスカウトキャラバンでSoftBank賞を受賞されました。なぜホリプロスカウトキャラバンを受けようと思ったんですか?

女優さんになりたくて、応募しました。石原さとみさんや有村架純さんに、すごく憧れています。

──なんでも最終審査中、Mr.ビーンの物まねでひとり漫才をしたそうで!!

人と違うことをやった方がいいと思って、やったんです。芸能人は歌がうまくて、ダンスも踊れてっていうイメージがあったのですが、私は2つとも苦手で。でも中学のとき、学校の先生とかの物まねをして、「特徴とらえているよね」って友達に言われていたこともあって、挑戦しました。


──ウケました?

アハハ、苦笑いって感じでした!他にも 芦田愛菜さんやクレヨンしんちゃんの物まねもしたことがあるのですが、ウケたことなくて。


──でもやり切ったんですよね!? 立派です。審査が進んでいく中で、どのへんから「もしかしていける」って思いました?

1次審査を通って、2次審査のときに、30秒の自己アピールがあったんです。私は芦田愛菜ちゃんとクレヨンしんちゃんの物まねで、イカそうめんの食レポをしたんですね。


──え!! 強烈ですね! 

2次審査の後に合格者を集めた合宿があったんですけど、みんなキレイでかわいくて、そしてオーラがすごかったんです。でも自分はきっと、イカそうめんがあったから来られたんだ、かわいいとかそういうもので来ているんじゃない、変なことが評価されたんだと思ったので、イケるかもと思いました。


──そこからのMr.ビーン! でも結局、それでSoftBank賞を受賞して、SoftBank SNS広報大使になりました。

受賞が決まったときは、うれしかったです。その後、「私どこの所属になるんですか?」と聞いたら「ホリプロだよ」って言われて、ホッとしました。


──晴れて事務所所属&デビューが決定したワケですね! 石原さとみさん、有村架純さんには会えましたか?

お2人ともまだ会えていないのですが、同じホリプロで先輩の足立梨花さん、板野友美さん、小島瑠璃子さん、佐野ひなこさんにはお会いしました! あと榊原郁恵さん、井森美幸さんは、スカウトキャラバンの最終審査にいらしていました。


──現在はバラエティー番組への出演が多いですが、いずれはドラマや映画に出たいですか?

はい、チャンスがあればやらせていただきたいです。バラエティももちろん大好きです! 地元のとちぎTVで「たちつてとちぎ便」という番組があって、U字工事さんと共演させていただいたのですが、ロケとかすごい楽しかったです!


──井上さん、面白いことをポンポン言いそうです。

いえ、ぜんぜんそんなことはないですよ、本当に出てこなくて。頭の回転が遅いんですよ。友達には、「なんか間が変わっているね」って言われます。


──会話の間、ということですよね。

会話中、いろいろ頭の中で考えるから間が空くんですけど、空いた割には大したことを言わないので、ムダって評価されてます(笑)


Sakura_0034.jpg

眉毛に便秘にエゴサーチ。あっけらかんと語る姿がまぶしい!


──井上さんと言えば、やっぱり眉毛! 昔から立派な眉毛をしていたんですか?

子どもの頃からだと思うのですが、小学校のときは特別とは思っていませんでした。前髪を毎日、アップにしていたくらいなので、気にしていなかったと思います。


──LINEブログを書いていただいていますが、「こんな眉毛で、ポジティブに生きている咲楽を尊敬する」と言われたと、先日書かれていましたね。びっくりしながらも笑ってしまいました。

本当によく「こんな眉毛で、よく頑張っているね」と言われるんですけれど(笑) 友達たちも別に、悪気はないんですよね! 何より自分の眉毛は気に入っています。何かあるとすぐ、「こいつ眉毛やばい」とかツイッターに書かれるんですけど、「インパクトがあってよかったな」と思っています。


──ブログとツイッター、両方やっているんですよね。どう使い分けていますか?

ブログは感情のままに書いています。一度書き始めると、楽しくて。ツイッターはマメにアップしていますけど、140文字しかないから、もっと伝えたいときや、「●●のやり方」なんて文章のときは、ブログです。
あ、あと私、エゴサーチが好きで毎日のようにしているんです。


──エゴサーチをすると、自分に対しいいことを言っている人も見つかるけれど、悪口も読めちゃうじゃないですか。落ち込みませんか?

自分の知らないところで、自分の話をされているのが好きなんです。全部スクショして、グーグルドライブに「エゴサーチ」ってファイルを作って保存しています。


──読み返すことはあるんですか?

たまに眺めますね、いいことも悪いことも。でも闇ってると言われます。


──闇ってる……確かに、多少その匂いが(笑)

もともと根暗で、小学校のときは6年連続で「一番本を読んだで賞」を受賞しました。今も根暗ですけど、闇っている女子高生ってことでテレビに出たこともあるし、治したいとは思っていないんです。ただ、人見知りは治したいですね。初対面の人には言われないし、すごく仲のいい人にも言われないんですけど、どちらでもない、知り合って1週間くらいかなっていう中途半端な時期の人に、「人見知りだよね」ってズバリ言われます。


──こんなに赤裸々なのに、人見知り……。そういえば、『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)で、便秘解消にトライをしていましたが、今はいかがですか?

もち麦を食べていたときは快調だったんですけどね~。白米と5:5の割合で混ぜて、食べていたのですが、番組が終わってからは徐々にもち麦の比率が減っていって、最終的には1割だったりゼロだったり。今はまた便秘にもどっちゃいましたね。


──もち麦は優秀。

そうですね、私には効きました!


──そういうことを隠さず話せる女子高生って、すごいですね!

いやいやいやいや(笑)

 Sakura_0039.jpg

トイレはドアをオープン、飲み物は井戸水。独自の価値観はブレません!


──今年で高校3年生。進路が気になる頃ですね。

最近、『何者』って映画を見たんですけど、自分は何者なんだってすごい考えました。でも今は、何者でもないんだな~って……。


──あれは就職活動の話ですから。井上さんはまだまだ時間が。

でも高校卒業後、受験する人だけでなく、就職する人もいますから。私は一応、受験する方向かな。文学部で考えています。


──本好きですものね。

本当は心理の勉強がしたいんですが、心配なんですよ。というのは私、被害妄想の気があるんです。心理学で人の動きや行動で、実は内心はこうだなって分かるのがあるじゃないですか。そういう学問を勉強したら、更に被害妄想が酷くなりそうで……。


──いえいえ、私も被害妄想をしてしまいがちで、大学で社会心理学を勉強しましたが、それで酷くなるというよりは、逆に安心しました。心理学を知ることで、「この人に悪意はないのかな」と思えるようになりましたし。

そうなんですね。それを聞いたら、大学の勉強が楽しみになってきました。


──井上さんの、プライベートのことをもっとお聞きしていいですか? 自分は、普段どんな女の子だと思います?

学校では、ものすごく清潔感のない人というイメージを持たれています。以前、ブログにも書いたんですけど、すごく不潔なイメージを持たれているんですよ。トイレのドアを開けっぱなしにしていたりとか。


──えっ!? トイレのドアを開けっぱなし!?

学校のトイレのドアを、あまり触りたくないので、ドアを開けっぱなしにして用を足しているんですよ。でもみんなには、「こいつはドアを開けてトイレするんだ」って、もう公認になっていて。


──ええっ!? なんか不潔というよりも、潔癖なのかな?

学校のトイレが汚いっていうイメージがあるんですよね。みんな、掃除もろくにしていないし……。あと私、ケチです。


──自分からケチですって言う女子高生、あまりいないですよ(笑)

例えばおにぎりを包んだラップを、洗って洗濯バサミで干すんです。それで何回も使うとか。紙の使い捨てマスクも、洗って再度使います。


──もったいないから、ついやってしまうんですか?

そうですね、もったいないというのはありますね。スーパーでレジ袋をもらうこともまずないし、ペットボトル飲料も嫌いだし。私、自販機で水を買うのが嫌なので、常に井戸水を持ち歩いているんですよ。自宅が栃木の益子焼で有名な益子町で、家が山の中にあって井戸水なんです。その井戸水をペットボトルに詰めています。


──そのペットボトルも当然、使いまわし。

カビ生えるまで使います。実際、友達に「咲楽! そのペットボトル、カビ生えてるよ!」と言われて、それが学校中に広まったこともあります。


──なんかいろいろすごいですが、井戸水がある家もすごいですね。

逆に井戸水しか出ないんで(笑)


──周囲に民家はないんですか?

山を下ればありますよ!


──なぜそこに家を?

なんでですかね? お父さんもお母さんも、ちょっと変わっているんですよ。木で作った家に住んでいるんですけど、それをすごく気に入っているみたいで。私が7歳のときに越してきて、最初は不便で仕方ないな~って思っていました。


──動物とかいますか?

キツネとかタヌキは出ますね。暗いところでしか出ないので、ハッキリとは見たことはないですけど。虫の方が多いですかね、ムカデとか、カメムシとか、ゴキブリとか、ナメクジとか。刺さなければいいやって感じで、普通に捕まえられます。カメムシとかゴキブリは、見てもまあいるなって感じで、無視ですけど。


──ワイルドな日常ですね! 現在は栃木から上京して、お仕事をしていらっしゃいますが、いずれ東京に住みたいという思いはありますか?

はい、すごい都会に憧れているので、出ていきたいなっていうのはあります。


──最近、上京して楽しかったのは?

ユニバーサルスタジオジャパンは楽しかった! ……けど、これ大阪ですね(笑)東京では、目黒にあるレストランで、すごく美味しい明太子を食べました! 私タラコとか明太子とか、大好きなんですが、そこにはマネージャーさんが連れて行ってくれて、うれしかったです。


Sakura_0056.jpg
Sakura_0110.jpg

少女漫画のヒーローよりも、おならを受け入れてくれる人がいい!


──素顔の井上さんにさらに突っ込みますが、お年頃ですし、ファッションに興味はありますか? ファッション誌を読んだりしていますか?


私、そういうの疎いんですよ! それこそ友達に「どうやって勉強しているの? 雑誌?」と聞いているくらい。でも雑誌だとちょっと着こなせないスタイルが多いから、みんなインスタとか、アプリのWEARとかを参考にしているみたいです。

──でも井上さんも、好きなスタイルはきっとありますよね?

うーん、私はビンテージとかそういうのが好きですね。古着とか。中学のときに相羽瑠奈さんがすごく好きで、あんな服を着てみたいなって思っていました。あとはケミオさんですね!


──メイクはいかがですか?

メイクはまったくしていなかったんですよ! でもホリプロに入って、自前メイクもすることがあるからって言われて、道具を一式買って勉強しました。でも未だに、プライベートではほとんどメイクはしません。まつ毛を上げて、マスカラするくらい。周りはみんな、ファンデーションとか使っていますけど。


──高校生なら、お肌はメイクなしでも大丈夫そうですが……。

それが休み時間とかに、みんなでお菓子を食べてしまうんです。だから高校入ってから肌荒れたって子が多くて。なんかいくら食べても足りないくらい、お腹がすくんです! 私、ストップかけられなければ、ご飯3合半とか食べちゃいます。回転ずしに行ったら15皿・30貫とか。


──えー、すごい! でも太らないのは運動しているからですか?

中学のときはバレーボール部でした。あと駅伝と陸上をやっていて。走ることが好きなので、今でも1日8km走っています。


──実は体育会系!

でもここまで言ってなんですが、すぐ太ります……本当に以前まで太ったり痩せたりが激しくて。無理なダイエットをしてリバウンドというのが多かったんです。でももうそれは止めなきゃって思っています。代謝を上げるのが、今年の目標。食べないダイエットはダメです、明太子も超食べたいし(笑)


──では、聞きたいことの本命で……恋愛は!?

今は、さほど……バレンタインとか、クリスマスとかになると、友達のカギのかかっていないアカウントのSNSをこっそりのぞいて、「今日は●●に行ったんだ。いいな~」とか微笑ましく思うんですけど。でも私自身は「彼氏欲しいな」はないですね。


──こんな人がいいとか、こういう恋愛に憧れるとか、そういうものもないですか?

まず私、おならを受け入れてくれる人っていうのが第一条件です。


──おならですか!?

私のおなら、相当くさいんですよ。お風呂とかでおならしてブクブクってなって、自分で「くさい!」と思うくらい。教室でおならすると、冬でもみんなに換気されるくらいくさいです!


──学校でもおならしちゃうんですか!?

気にせずぜんぜんします。なんか我慢すると、肌からにおいが染み出るって言われたんですよ。


──本当ですか? では、理想の人はおならを受け入れてくれる人……。

あとは特に気を使わないでしゃべれる人で、あんまりナルシストじゃない人。そして私がケチなので、お金を使わないでいられる人。おごってくれる分にはいいんですが(笑)


──みんなが憧れる少女漫画のヒーローからは、かなりズレているような気が。

あとは服装とかも、別にジャージでいられるくらいで、寝癖でもどうでもいいって感じの人がいいですね。それで私が追いかけずにはいられない魅力がある人!


──贅沢なのか、そうじゃないのかがわからなくなってきました(笑)ところで井上さん、趣味がいたずら、動画鑑賞、そして質問攻めとプロフィールにありますが、この質問攻めって?

私、初めて会った人に、朝から晩までのことを訊いたりするんです。朝何時に起きた? 何食べた? それはなんで食べたの? 美味しい? バッグに何入っているの? なんでこれ入っているの? 服はどこで買ってるの~


──それは本当に質問攻めだ!

世の中の人全員が、違う動きをしているのが面白いというか。全員が違う生活をしているというのが面白くて、そういうのを聞いたりしていますね。


──人に興味があるんでしょうね。女優向きかも。

人に興味、そうですね。人のことは好きです。

生きる目標は幸せになること! やりたいことはたくさんあります♡


──夢は女優さんということなので、感銘を受けたドラマや映画があれば、教えてください。

有村架純さん主演の映画『ビリギャル』がすごく好きです。這い上がっていく感じ、限界まで自分を追いつめて、最終的には慶応に受かるっていうのが、何度見ても泣けます。もう5回は見てます。


──いつか井上さんも、努力が報われて、それを見た誰かを勇気づけるような存在に……。

はい、なりたいですね。あとはアクションの演技とか、挑戦してみたいです。NHK大河ドラマの『龍馬伝』とか、大好きでした。


──時代劇、合いそうですね!

本当ですか? でも親に以前、「こんな眉毛太い人、昔はいないと思う」って言われました。


──そんなことないですよ(笑) 17歳、まだまだこれからで、未来に希望たっぷりですね!

やりたいことは山ほどあります!


──では最後に2つ、質問させてください。まずお好きなLINEスタンプは?

最近買ったんですが、蛭子能収さんのスタンプです。すごいお気に入りで、やったら使っています!

ebisu.PNG
蛭子さん対応

──そしてV.I.P. Pressの読者へ、一言お願いします!

私の目標は、人生をエンジョイすることなんです。1日ひとつでも楽しいことがあれば、毎日充実すると思うので、みなさんにも人生をエンジョイしてほしいです!


──ありがとうございました! 根暗といいつつ明るく、人見知りなのに質問攻めが好きな、井上咲楽さんの素敵な魅力を、今日は発見できました♡

写真ギャラリー
井上咲楽 井上咲楽 井上咲楽 井上咲楽 井上咲楽 井上咲楽

自分のやりたいこと、自分の武器、自分の大切なものが、すべてハッキリしている井上さん。まだ17歳なのに、このブレなさ加減はすごいですね! 今後の活躍にますます期待です。

サイン入りチェキプレゼント

S__2187267.jpg

井上咲楽さんのサイン入りチェキを3名様にプレゼント! LINE BLOGアプリから「V.I.P. Press」をフォロー&この記事に「いいね」を押せば応募完了です。「#井上咲楽」をつけてご自身のブログにもぜひ感想を書いてください♪

アプリでフォローして応募する
※当選者にはLINE BLOGアプリのお知らせでご連絡します



会いたい "あのひと" を身近に ―― LINE BLOG。
「私なんて」と言う前に、まずは行動してみよう!
それでは、また。
(撮影/木村直軌、取材・文/藤坂美樹、中尾巴)