幕張メッセにて10月14日(金)、15日(土)、16日(日)の3日間にわたって行われた「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten」。最終日に登場したMUCCにインタビューしてきました! ミヤは初日のX SUGINAMI(Xのコピーバンド)として、逹瑯はLADIES ROOMのGeorge(Ba)とともに、この3日間ステージの前説をつとめ、すでに本フェスでの存在感が大きかったMUCCのステージ本番前コメントをお届けします。

IMG_0009


――MUCCとしてのステージはこのあとになりますが、X JAPANと共演される感想をお聞かせください。

ミヤ 自分がバンドを始めたきっかけになったのがX JAPANなので、まさか同じステージに立てるとは思っていませんでした。精一杯、自分たちのライブをやりたいと思います。



――X JAPANの曲でカバーしたことがあるなど、思い出の曲はありますか?

ミヤ 僕はコピーバンドをやっていて、今回もX SUGINAMIというバンドでコピーを演らせていただきました。今回のX JAPANのライブは初日から見ているんですけど、Silent Jealousyはやっぱり聴けるとうれしいですね。



――他に同じステージで共演することを感慨深いなと思うバンドはありますか?

逹瑯 今日だとLUNA SEAですね。

ミヤ そうですね。LUNA SEAはXと同じくらい自分のバンド人生に影響を与えて、バンドをやるきっかけになったので、すごいことだなと思います。GLAYもそうだし、それぞれ、メンバーも高校のときの文化祭でコピーバンドをやったりしていて、バンドを始めるきっかけになった方々と同じステージに立てるというのは、夢のようです。同じステージに立つことは夢でしたから。



――LUNA SEAの曲はM.A.D※のときも演奏されていましたよね。 
(※MUCCとAki(シドのベーシスト・明希のソロ名義)によるダブルヘッドラインツアー。L'Arc~en~CielのKenが参加したことでも話題となった)

ミヤ そうですね。自分たちのルーツでもあるので。



――今回のVISUAL JAPAN SUMMITに参加されたことで、バンドとして新たな夢が生まれたり、音楽シーンで挑戦したいと思われたことがあれば教えてください。

逹瑯 ロックのフェスってたくさんあるじゃないですか。大きいものも中規模のものもありますけど、ビジュアル系のフェスもこれをきっかけにいろんなところで増えていけばいいなぁと思いますね。このフェスももちろん続いてほしいし、ここから派生したものが増えていってもいいんじゃないかなぁと思います。



――ありがとうございました!

IMG_0016

IMG_0025

IMG_0030

IMG_0036



MUCC ライブレポートはコチラ
「ガキの頃にどうしようもなく憧れた”ヴィジュアル系”がここにはありました」MUCC渾身のステージにラルクKenが登場ーVISUAL JAPAN SUMMIT 2016 ライブレポート


MUCC公式サイト



MUCC公式アカウント友だち登録はコチラ
友だち追加数

MUCC YUKKE 公式ブログ


このあとのライブでは、夢烏(ムッカー)と呼ばれるファンの一体感に圧倒されました。“ヴィジュアル系のカッコよさ”を日本のみならず、海外でも体現し続けているMUCC。この先のヴィジュアル系バンドシーンの可能性を信じさせてくれるバンドです!

会いたい “あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。
LIVEと書いて「人生」と読むんです。
それでは、また。


(撮影/奥田耕平、取材・文/藤坂美樹、VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten)