史上最大級のV系フェス、「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten」が10月14日・15日・16日の3日間、千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールで開催中だ。最終日のSUMMITSTAGE、ゴールデンボンバーのライブを模様をレポートする。

もはや説明不要のヴィジュアル系エアーバンド・ゴールデンボンバー。ライブスタート前にスクリーンに大きく、発売中のシングル『水商売をやめてくれないか』のジャケット写真が映し出され、鬼龍院翔の声がこだまする。

「水商売をやめてくれないか……くれないか……紅だぁーーーーーーーーーーーー!」

kinbaku


まさかのダジャレ。まさかのメンバー全員Xのコスプレ姿にてゴールデンボンバーのライブは『紅』からスタート。

鬼龍院翔はToshI 、 喜矢武豊はPATA、歌広場淳はTAIJI。そしてYOSHIKIのコスプレした樽美酒研二の視覚的インパクトは筆舌につくしがたく、これも一つのVISUALSHOCKというほかない。樽美酒が銅鑼を鳴らし、メンバー全員勢い良く倒れ込む。

「やりきったよ〜ゴールデンボンバー!」と、1曲目からほうほうの体の鬼龍院。

「どこまでふざけていいのか……、ふざけないと逆に怒られると思います」恐る恐る開き直り、「こんなにハクがないToshI さんも珍しいな」と自虐した。

恒例のメンバー紹介のコーナーでは、「僕は昔からXが大好きで卒論に書くほどで、ギターの上手い人に憧れてPATAさんやhideさんになりきってアンプの繋がってないギターを弾いています!」と宣言する喜矢武。

kinbaku4


続いて歌広場が「ウィキペディアの”ヘドバン”の項目でYOSHIKIさんの次に名前が載っています! 無敵とエクスタシー、無謀と書いてYOSHIKIと読む!無関心と書いて歌広場と読む、にならないようにしたいと思います!」と笑いをさそった。

kinbaku2
  

「樽美酒YOSHIKIです!」と自己紹介すると、この日のドラムセットはYOSHIKIからの借りたものと明かし、「恐縮して叩けない、YOSHIKIさんに認めてもらえるようにがんばります」とコメントした。

そして始まった『抱きしめてシュヴァルツ』では、”ギターソロ”と称して喜矢武と樽美酒がなにかしらの芸をするのがお約束になっているのだが、”ギターが上手い”にかけてお菓子のうまい棒製のギターを抱えてステージに登場。バリバリと食べ始める。歌広場もドサクサに紛れてバリバリと食べている。

kinbaku3


一方の樽美酒はYOSHIKIよろしくCO2ボンベを背負って駆けずり回り、気がつけばステージに用意されていたお手製のドラムセットを破壊、そして投げる!

その間もずっと涼しい顔でうまい棒ギターを食べ続ける喜矢武。続いてそのうまい棒ギターで銅鑼を鳴らす!

再び全員倒れ込み「ギタークラッシュもできたよ〜やりきったよ〜!」と鬼龍院。粉々に砕け散ったギターをみて「ヤバイヤバイ! 掃除しなきゃ!」と慌てふためくオチまでついている。

そして鬼龍院の「このサミットで流さなきゃ」という言葉から「V系あるある」が満載のPVが話題の『欲望の歌』へ。スクリーンにこの曲のPVが映し出される洋館、棺桶、手術室、さまざまな「あるある」に観客は大爆笑。

kinbaku1


『†ザ・V系っぽい曲†』では激しいヘドバンが発生し、歌広場もウィキペディアに掲載されるレベルのヘドバンを披露。

最後の国民的ヒット曲『女々しくて』では終盤になんとドラムセットだけでなく、YOSHIKI本人が登場し、観客総立ちの中『女々しくて』を演奏するYOSHIKI。まさかのコラボに幕張に激震が走る。最後はメンバーとYOSHIKIの5人で何度もXジャンプを繰り返し、笑撃のライブは幕を閉じたのであった。

kinbaku6


【SET LIST】
01.水商売をやめてくれないか〜紅
02.抱きしめてシュヴァルツ
03.欲望の歌
04.†ザ・V系っぽい曲† 
05.女々しくて


(取材・文/藤谷千明、
VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten