史上最大級のV系フェス、「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten」が10月14日・15日・16日の3日間、千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールで開催中だ。最終日のSUMMITSTAGE、清春のライブの模様をレポートする。

清春引き


その先進的なスタイル、音楽性でシーンに多数のフォロワーを生み出した清春。シーンの創始者というべきX JAPAN・YOSHIKIのフェスに彼が出演するのは”事件”といえるだろう。

SUMMITSTAGEの薄暗いステージには椅子とシンプルな電灯が設置されている。 ゆらりと観客の前に現れた清春。帽子を深くかぶっており、その表情はよくわからない。椅子に腰掛け、煙草で一服したのちに、その煙をふわっと空間に吐き出す。

それで準備が整ったといわんばかりに、手渡されたアコースティックギターを爪弾き、歌い始めた。サイドの電灯がふっと灯る。昼間の時間帯のステージなのに、まるで真夜中のよう。

「ハロー、ハロー、お元気ですか?」と手を振りながら軽く挨拶すると、SADSの『忘却の空』が始まる。意表をついたスタートに観客からは大きな声が上がった。ステージを見据え、観客の声に耳を傾ける清春。

清春


続いて『空白ノ世界』を披露し、「(ライブに)間に合いました」と一言。そして黒夢の楽曲から『アロン』を披露。不定期開催されているアコースティックライブ「PLUGLESS」でもおなじみのサポートギタリスト、中村佳嗣と三代堅による美しい旋律が彼の声を支える。

そして最後は『LAW'S』で締めくくられた。

演奏が終わると、最後に煙草の煙をふうっと吐き出し、「ありがとう」と一言だけ残し颯爽とステージを後にする清春だった。

現在の彼の生き様を見せつけるような声に、音楽に、ただただ圧倒された時間だった。


【SET LIST】
01忘却の空
02.空白ノ世界
03.アロン
04.LAW'S


(取材・文/藤谷千明、VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten