幕張メッセにて10月14日(金)、15日(土)、16日(日)の3日間にわたって行われた「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten」。そのステージの2日目に登場したhide with Spread Beaverのライブの様子をレポートする。

unspecified1

メインステージ「SUMMIT STAGE」は人でギッシリと埋まり、hide with Spread Beaverの登場を今か今かと待っていた。

hideがSpread Beaverを従えてステージまで歩いてくる映像から、過去のMVやライブ映像が流れ、JOE(Dr)、I.N.A.(COMPUTER & PERCUSSION)、D.I.E.(Key)、KAZ(Gt)、CHIROLYN(Ba)、KIYOSHI(Gt)とメンバーが写し出されていく。そして最後に映し出されるのは、もちろんhide。ステージの上には彼のトレードマークといえる「イエローハート」モデルギターがメンバーを見守るように鎮座している。

1曲目は『ROCKET DIVE』。フロア中の観客が歓喜に沸いた。

unspecified


続いて青い照明につつまれ『POSE』が始まり、映像の中で駆け回るhideと現代的にアップデートされたサウンドが混ざり合い、過去と現在が交錯する。

映像の中のhideが観客を煽る「幕張のお客さん! そっちのお客さんも、踊る阿呆に見る阿呆、同じアホならなんとやら、やっちゃってくださいな〜!  趣味の悪い髪型と趣味の悪い色に免じてやっちゃってくださいな〜『Beauty &Stupid』、やっちゃって!」

hideの問いかけに観客はもちろん『Beauty & Stupid』のイントロでは笑顔で手拍子、フロアの熱は加速していく。

unspecified2


スポットライトがピアノとYOSHIKIを照らし、『GOOD BYE』のメロディを奏でると、観客からはひときわ大きな歓声が上がる。

hideの声とYOSHIKIのピアノがフロアを優しく包んでいく。

そしてYOSHIKIがマイクをとり「本当に長い間hideのことを応援してくれてどうもありがとう」と、hideの家族、 Spread Beaverのメンバーたちへの感謝を声を詰まらせながら伝える。

「皆ががんばってくれるからhideが生きているような気がします。心から感謝します」と語った。

unspecified3


YOSHIKIが「もう一曲言ってみよう、気合い入ってるか!」とフロアを鼓舞し、『ピンクスパイダー』へ。YOSHIKIも「イエローハート」ギターを抱えてステージ中央へ。

『DOUBT』、『DICE』とアッパーチューンが続くと、再びhideがMCを始める。「私にはわかる、お客さんたちは遊び足りないアルヨ! 私だけが知っている! 遊び足りねぇよー! 遊ばせろー!」と、ボルテージの上がった状態で『everfree』へ。

そしてここで2人目のゲスト、PATAが登場。フロア中から割れんばかりの声があがる。

unspecified6

unspecified7

空に向かって「完全に出揃ったね! hide! 準備はいいか!」と呼びかけるCHIROLYN。

そして映像の中のhideの口から「最後の曲です」と告げられると『TELL ME』へ。銀テープが8年ぶりの集結をお祝いするようにキラキラと舞い落ちる。

特別なフェスの奇跡に、会場中が笑顔に包まれた。

(取材・文/藤谷千明、
VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten