幕張メッセにて10月14日(金)、15日(土)、16日(日)の3日間にわたって行われた「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten」。日本全国からヴィジュアル系バンドファンが集結したこの音楽フェス2日目に登場したシドにインタビューしてきました! ステージ本番前とあって緊張感が漂っているかと思いきや、和やかな雰囲気だったメンバー4人のコメントをお届けします。

IMG_0073 (2)


――これからステージということなんですが、今回のイベントに出演される感想をお聞かせください。

マオ そうですね、今回のフェスはX JAPANはもちろん、ほか先輩方が築き上げたヴィジュアル系というジャンルを盛り上げよう、というイベントだと思います。俺らも気づけば中堅の立ち位置になってきているので、その橋渡し的な感じでやれたらと思っています。若いバンドが朝から演奏しているので、その子たちがつなげてくれたステージを盛り上げて、先輩たちへつなぎたいと思います。



――登場されるほかのアーティストのステージで楽しみなバンドはありますか?

ゆうや Xかな~。

明希 Xだね。



――やはりX。X JAPANの曲で思い出のある曲はありますか?

ゆうや 僕は『Silent Jealousy』です。なぜ思い出があるかというと、リアルタイムではなかったんですけど、中学校のときに同級生のお兄ちゃんがXのファンで。「Xの『セント ジェラシー』が一番カッコイイ」って言ってたんですよ(笑) 間違えて言ってて。俺もそのまま『セント ジェラシー』だと思って聴いてたんです。高校に行ってから『サイレント ジェラシー』って読むんだって気づいたという、思い出があります。



――ちょっと恥ずかしい思い出(笑)

ゆうや はい。以上です!(笑)



――ありがとうございます(笑) 今日演奏されるといいですね!


ゆうや ほんと。じ~んとしますね、演ってくれたら!



――シドは「これからのヴィジュアル系バンドシーンをけん引していく存在だ」と言われていますが、そのことについてはどう思われますか?

マオ ヴィジュアル系は音楽の中でも自由な唯一のジャンルというか、どんな音楽をやってもいいじゃん、という感じがあると思うんです。他のジャンルは決まったルールみたいなものがあると思うんですけど、ヴィジュアル系はそういうものはないので、そのへんをこれからも楽しんでいきたいなと思いますね。そういうのを見て、後輩のバンドが「あ、そういうこともやっていいんだ」ってやりたい方向に広げていけるようなきっかけを、自分たちが作れたらと思います。



――「なんでもありなんだよ」ということを伝えたいというか。


マオ そう、けっこううちはいろいろやってきたので、これからもそこはブレずに、やりたいことをやっていけたらいいですね。



――シドを結成された当初は、こういったステージに立つこともそうですが、ここまでシドが大きくなることは想像されていましたか?

マオ いや。渋谷O-WESTでしたね(笑) 

ゆうや 言ってたよね。それね。

マオ ギリギリ、O-WESTが見えてたぐらい。でもO-WESTもがんばんなきゃ危ういなというくらいで。だから今はスーパーラッキーですね!



――では、最後に今後のシドの活動を楽しみにされているファンの方々へ一言ずつお願いします!


Shinji 今日は久しぶりのライブですし、見に来れない方もたくさんいると思うんですけど。普段から鍛えたりしてるので、また倍にカッコよくなったシドを見せたいなと思っています。これからもよろしくお願いします。

明希 今日、出られてる先輩方を追いかけて僕らがあるんですけど、今度は僕らがもっと下の世代の人たちのお手本となるようなバンドになっていければと思います。これからも頑張っていくので、応援してください。

マオ こういうイベントに出られるのはすごくうれしいですし、また12月にも武道館でのイベントがあります。来年に関しても、ファンのみんなは心配していたり、気にしてくれているんですけど。カッコいいシドを見せられたらと思っているので、そこは安心してほしいし、逆にそろそろワクワクしてもいいんじゃないかな、というところまでは言えるので、ワクワクしながら待っていてほしいです。

ゆうや シドは楽しいですよね! 自分たちもやっていてすごく楽しいなと思うし、お客さんも待っていてくれている方たちがたくさんいるので、一緒にまた楽しい思い出をたくさん作れたらと思っています。



――ありがとうございました!

IMG_0076 (2)

IMG_0085 (2)

IMG_0123 (2)

IMG_0107 (2)

IMG_0095 (2)


◆ライブレポートも公開中!◆
「ヴィジュアル系最高! みんな最高!」シド、10カ月ぶりのライブにファン歓喜ーVISUAL JAPAN SUMMIT 2016 ライブレポート


◆新曲リリース決定!◆

New Single『硝子の瞳』
劇場版アニメーション「黒執事 Book of the Atlantic」主題歌


2016.12.21 Release!!
Blu-ray BOX『SIDNAD Complete Blu-ray BOX』


シド公式サイト

シド公式アカウント 友だち登録はコチラ!

友だち追加数

シド マオ 公式ブログ


公式アカウント友だち登録はコチラ!

友だち追加数

シド ゆうや公式ブログ


公式アカウント友だち登録はコチラ!

友だち追加数

このインタビューのあとのライブでは、10カ月あいだが空いたとは微塵も感じさせない演奏でファンを安心させてくれたシド。年末の武道館はもちろん、来年の活動が本当に楽しみです!

会いたい “あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。
安心して活動を待つことができるバンドのファンは、とても幸せだと思います。
それでは、また。



(撮影/奥田耕平、取材・文/藤坂美樹、VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten)