今年3月にAKB48を卒業し、ソロの演歌歌手として本格的に活動を始められた岩佐美咲さん。最新シングル『ごめんね東京』は初登場時、オリコン週間シングルランキング総合6位、演歌・歌謡部門では1位に輝き、今一番乗りに乗っている若手演歌歌手です。LINE BLOGを始めていただき、日々の気持ちをつづってくださっている岩佐さんに最近のお仕事やプライベートについてうかがってきました。

_MG_8549


――LINE BLOGを始めていただき、ありがとうございます! ブログを書き始めてみての感想を教えてください。

公式アカウントから更新のお知らせが送られるので、読んでくださっている方にも気付いていただけて、コメントもたくさんいただけていて、うれしいです!



――岩佐さんはAKB48を3月に卒業されたので、卒業されてからまだ日も浅いですが、卒業したなという実感は湧いてきていますか?

だんだん湧いてきていますね。先日の総選挙も、今までは毎回出ていたイベントだったので、自分が参加せずに外から眺めているのが不思議で、卒業したんだなと実感しました。

_MG_8490


演歌の魅力は「独特な世界観」があるところ


――AKB48を巣立たれて、これからは演歌歌手としてどんどん活動されていくのですよね! ファンの方には周知のことかと思いますが、あらためて岩佐さんが演歌歌手になられたきっかけについてうかがってもよろしいですか? おじいさまとおばあさまの影響なんですよね?

そうですね。それで中学生くらいから演歌をカラオケで歌ったりはしていました。そこから演歌歌手というジャンルまで決めていませんでしたが、とにかく歌手になりたくて、AKB48に入って。そのAKB48のカラオケ大会に出演したときに演歌を歌って賞をいただいたんです。そのイベントを秋元先生が見にいらしていて、「演歌をやってみないか」とおっしゃっていただいたことがきっかけです。



――岩佐さんにとっての演歌の魅力って何ですか?

まず世界観が独特で、詞もメロディーもJポップにはない感じが魅力ですね。カラオケで歌うのが楽しかったのも、その世界観に入り込むのが楽しかったからなんだと思います。



――失恋の歌詞も多いですよね。

そうですね。新曲『ごめんね東京』の歌詞もすごいんですよ。東京で恋して、失恋したから北へ向かう、という。実際にはないじゃないですか?(笑)



――まあ、なかなかないですね(笑)

それが逆にすごく世界に入り込めて、楽しく聴けるのかなって思います。



――「未練列車 乗り継ぎながら」とか。

飛行機もあるし、新幹線もいろいろ繋がってきているし、あまり乗り継がないですよね(笑)



――こういった歌詞は歌っていて楽しいですか?


すごく楽しいです。デビューしてからいろんな演歌をカバーさせていただいているうちに、もっと演歌が好きになったし、これからも歌いたいなって思います。

_MG_8492


コンサートではトークも大事な要素に

――ブログでは事務所の先輩、氷川きよしさんとのツーショット写真を公開されていましたね!

ラジオのゲストに来て下さったんです。たくさん面白いお話を聞かせていただきました。本当に優しい方なんです。



――演歌歌手の大先輩ですものね。岩佐さんのファンの方は、AKB48時代の方が多いんですか?


そうですね。AKB48のときからの方はすごく応援してくださっています。あとはリリースのイベントで地方に行かせていただくことが多くなって、地元の演歌ファンの方が応援してくださるようにもなってきて、それもすごくうれしいです。



――年上の演歌ファンの方が増えてきたんですね!

もともとAKB48にいたときから、私にはおじさまのファンが多かったので、あまりファン層が変わったという気はしませんけどね(笑)



――今、氷川きよしさんのお話もしていただきましたが、尊敬する演歌歌手の方は他にいらっしゃいますか?


山川豊さんや田川寿美さん、水森かおりさんはじめ、事務所の先輩方はみなさん本当に素晴らしい方ばかりで、事務所のアーティストでコンサートをやったりもしているんですけど、そういうときにステージを見させていただくと、本当にすごいなと思います。歌唱力はもちろんなんですけど、お客さんを楽しませたいという意気込みがすごいです。歌をうまく歌おう、ということもそうですが、お客さんにより良いものを見ていただきたい、MCでも楽しんでもらおう、感謝を伝えようという姿勢が素晴らしいなと思います。同じ事務所に勉強させていただける方々がたくさんいるので、それがすごく良かったなと思います。



――演歌歌手としての盛り上げ方は、どんなところを気にされていますか? アイドル時代とはかなり違うかと思います。

難しくて私も勉強中なんですけど、アイドルの「イェーイ!」っていう感じとはもちろん違いますよね。曲調的にも、座ってゆったり聴いている方が多いので、MCでどれだけ楽しいと思っていただけるかが大事なのかなと思います。より分かりやすい、笑っちゃう話というか。

_MG_8521


演歌歌手のやりがいって?

――演歌歌手のやりがいはどんなときに感じますか?

アイドルのときは、なかなかお客さんが実際に自分のCDを買ってくださる瞬間を見る機会はあまりなかったんです。でも演歌歌手としてキャンペーンやイベントをやっていると、すぐそこでCDを買ってくださるところが見られるので、こんな方々が買ってくださっているんだなとわかって、1枚1枚買ってくださる方への感謝の気持ちが湧いてきます。



――ファンの方の姿をアイドルのときよりももっとリアルに感じることができているんですね。

そうですね。すごく感じることができます。



――ソロでやっていくことにはプレッシャーもあるかと思うのですが、いかがですか?


プレッシャーすごいです。正直!



――目指す理想像はありますか? やはり氷川きよしさんでしょうか。


そうですね…! 氷川さんまでたどり着くにはものすごく高い壁がありそうですけど(笑) がんばりたいです! 全国ツアーができるように!



――最新曲の『ごめんね東京』は初登場でオリコン週間シングルランキング総合6位、演歌・歌謡部門で1位を獲得されましたね!


ありがたいです。自分自身も好きな曲で、歌っていて楽しいんです。秋元先生がすてきな歌詞を書いてくださいました。このシングルでは秋元先生の『川の流れのように』もカバーさせていただいたのですが、ずっと歌ってみたかった曲なのですごくうれしかったです。



――秋元先生からは「こういう演歌歌手を目指しなさい」というようなお話はあるんですか?

その辺は結構ノータッチなんですけど、楽曲に関しては「今の岩佐にはかなり大人な歌詞だけど、20年30年先に歌ったときに、やっと歌いこなせた、というくらいの曲になるように書いているから」と言ってくださいました。



――では歌っているときには、大人な女性を想像して歌われているんですか?

そうですね。想像をふくらませて歌っています。

_MG_8513


2次元があれば、彼氏はいらないかな(笑)

――卒業されてから、今まではできなかったけど挑戦してみたことはありますか?


ジムに行くようにしました! AKB48にいたときは、ダンスをするからいつも動いていたんですけど、それがなくなって、さすがに運動量が少なすぎることに焦りを覚えまして。「運動をしていないと体が衰える」とネットで見たので。



――21歳で体の衰えを気にされているんですか(笑)

はい(笑) 衰えに対してすごく恐怖心があるんです。だから運動しなきゃって!



――ジムってひとりで行くにはちょっと怖くないですか? 筋肉むきむきの男性たちが超筋トレしてたり(笑)


分かります(笑) 私も端っこで目立たないように走ってます(笑)



――他にはやってみたいことはありますか? いっぱい食べたい! とか(笑)

アイドルのころからいっぱい食べていたので、それはないですね(笑) でもAKB48を卒業してから、自分の中でいろんなことに前向きになったり、視界が広がったなというのは感じています。だから、やりたいことはこれからどんどん見えてくるのかなって思います。



――視界が広がったのはどうして?

知らないうちに、これはやっちゃだめだなとか、明日はこの仕事があるからこれをしないととか、いろいろ考えてすぎていたのかもしれないですね。前は私、すごくインドア派だったんですよ!



――インドアということは引きこもり?

そうですね! お休みのときは誰とも話さなかったこともザラでした。最近は真逆で人と話さない日がなくなってきました。

_MG_8563


――岩佐さんは2次元オタクとしても知られていますよね!

大好きですね! 引きこもりの要因ですね、確実に(笑) 最近はブログにも書いてますが、今更『ダイヤのA(エース)』にハマっています。何か新しいマンガが読みたいなって思ったときに、少年ジャンプとかのスポ根系が好きなので思い浮かんだんです。今は40巻まで出ているので、1日3巻ずつ買って、毎日の楽しみにしています(笑) まだ連載が続いていて40巻でゴールというわけじゃないから、幸せです!



――それはわかります。2次元にハマっているときって、一番幸せですよね!

幸せですよね! 本当にそうなんです。だから私、彼氏がほしいとか、結婚したいなとか思わないんです。結婚への憧れがあったのは中学生のときかな。この年になって、同期で同い年の子がふたり結婚していたり、子どもがいたりするのを見て、子どもかわいいなとは思うんですけど。でも私は、ドラマやアニメを見て、「この人、カッコイイ!」って思うことで満足だなって気付いちゃったんです。テレビでキャーキャー言ってるのが一番幸せなんだなって(笑)



――それもわかります(笑)

前は部屋もすごかったんですよ。漫画やアニメキャラクターのポスターとか抱き枕とか普通に置いてましたからね(笑) でもだんだん年齢が上がっていくごとに、なんとなく隠さなきゃって思うようになってきて、無意識のうちに隠してはいますね。



――それが正解かも(笑) モテなくなっちゃうし。モテとかは考えます?

女子の永遠のテーマですよね。でも私、無理です! 考えられない! しゃべり方からして、本当にダメなんですよ!



――しゃべり方がモテない?

おっさんですもん、しゃべり方! でもモテそうな女子のことは好きなんですよ。そういう子のLINE BLOGを読んでいたりしますし。以前はそういう子のマネをしたりしていたんですよ。マネしたらその子になれると思っていたから(笑) でも最近になって、たとえばモテる子の髪色をマネしても、それはその子だから似合うのであって、私はその子に全く近付けていないという現実に気付いてしまって。あきらめかけているところですね(笑)



――それならもう自分らしくいこうか、と。


それしかないのかなって思います。でもかわいい子は好きです(笑)



――好きなアイドルやモデルさんはいるんですか?

「ゆるめるモ!」というアイドルグループの、あのちゃんです。すごいかわいいんです! あとLINE BLOGもやっている菅本裕子ちゃんですね! 大好きです!



――ゆうこすちゃんは完璧ですよね!

私、恋に落ちてますからね! 彼女を見ていると、同じ女に生まれたのに、私は何をやっているんだろうって思いますね。

_MG_8540


――直近のお仕事でいうと長良グループが主催する「NAGARAグランプリ」に出演されますね!

はい。8月21日に浅草公会堂で行われる決勝大会にゲストで出させていただいて、ミニライブもさせていただきます! グランプリには何と賞金100万円というすごいイベントです! 歌、ダンス、お笑い、モデル、グラビア、何でもいいんです。好きなパフォーマンスをしていただいて、グランプリを決めるイベントです。



――岩佐さんとしては、演歌を歌ってほしいですか?

演歌も聴きたいですけど、ダンスでもモデルでも挑戦してほしいなって思います。



――岩佐さんと同じステージに立てるということですから、すごいですよね。話は変わりますが、最近プライベートではカメラにハマってらっしゃるみたいですね?

そうなんです。7月に「JAPAN EXPO」への出演でパリに行くので、そのために買ったんです。フランスで写真を撮りたいなと思って。



――「JAPAN EXPO」で演歌を歌われるんですね!

そうなんです。「JAPAN EXPO」のオフィシャルステージに出演するのは、演歌・歌謡歌手では初めてみたいなので、「日本といえば演歌だぞ」というところを見せてきたいと思います!



――恒例の質問もさせてください。今お好きなLINE スタンプがあれば教えてください!

アニメ系のスタンプが好きですね。『アイドリッシュセブン』『おそ松さん』『WORKING!!!』『妖怪ウォッチ』『新世紀エヴァンゲリオン』『うたの☆プリンスさまっ♪』『アイドルマスター』…あと、おほしんたろうさんのスタンプ! 「タンパク質」というのをヘビロテしています。あと「何だよその目は?」っていうのを(笑)

oho
おほしんたろうのわくわくスタンプ



――たくさんありがとうございます(笑) では最後に今後の夢についてと、ブログを読んでくださっているファンの方へメッセージをお願いいたします。

演歌歌手としての私のことは、まだまだ知っていただけていないと思うので、たくさんの方にもっと応援していただけるように、全国のまだ行っていない県にもキャンペーンで行かせていただいて、応援していただけるようになりたいです。ゆくゆくは水森かおりさんや氷川きよしさんみたいにコンサートで全国ツアーができるくらいの人気者になりたいです!

そしてブログを読んでくださっているファンの方へ。ブログは私の日常やかわいい犬の写真など、マイペースに楽しく更新させていただいています。みんなのコメントは本当にひとつ残らず読ませていただいているので、ぜひコメントもしていただけたらうれしいです!



――ありがとうございました!

_MG_8554

_MG_8543

_MG_8561

_MG_8579


岩佐美咲さんの直筆サイン入りチェキを3名様にプレゼント! こちらのアカウントをフォロー&公式RTで応募完了! 当選者にはDMします! 


「NAGARAグランプリ2016」詳細はコチラ!

※「V.I.P. Press」読者の方は特別に応募期間を7月25日まで延長! 応募の際に“「V.I.P. Press」を見て応募しました”と必ず記載してください。記載がない場合、応募が無効になる場合があります。






岩佐美咲 公式ブログ

友だち追加数


新しい日々と挑戦にワクワクしている様子だった岩佐さん。若手演歌歌手として、演歌界を引っ張っていく存在になってほしいです!

会いたい “あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。
いつでも挑戦し続ける自分でありたいですね。
それでは、また。

(撮影/奥田耕平、取材・文/フジサカミキ)