モデルのSHIHOさんがディレクターを務める「radiance de SYHSÉ」の「2016 SPRING/SUMMER COLLECTION」の展示会が都内某所にて開催されました。SHIHOさんに今期のブランドのテーマについてや、ヨガを取り入れたライフスタイルについて、年齢を重ねてますます美しくなっていく美容法についてまで、うかがってきました!

写真1


――今期の「radiance de SYHSÉ」のコンセプトについて教えてください。

コンセプトは「クリーンアップ」、お掃除がテーマです。おうちの中でお掃除をするときにも着られる、おしゃれなリラックスウェアやツーマイルウェアを提案しています。ツーマイルウェアはおうちの中で楽に着られて、そのまま外にも出かけられる洋服のことです。


――リラックスできるお洋服なんですね!

そうですね。カジュアルでリラックスできて、気分が上がる。おうちの中はもちろん、散歩やお茶、買い物したり、飛行機などの移動でも着たくなる、ラグジュアリーリラックスウエアがコンセプトです。

写真2


SHIHO 腰に巻いているのはエプロンロングスカートなんですが、リネンワンピやリラックスウェアに合わせることもできます。横に巻いてもいいし、後ろにしても着られます。


写真3=
 

――真っ白の服もすてきですね。上質感があります。

清潔感のある雰囲気になるので大好きです。ブランドのテーマカラーがパープルブルーで、白との相性がよくて、白が多かったのですが、今期からは初めてダークめの色も取り入れています。シャツも大人が似合うデザイン、着心地の良さを考えて作ってもらっています。

写真4

写真5


――やはり布地の素材にもこだわられているんでしょうか?

そうですね。素材もそうですが、着心地とシルエットには すごくこだわっています。おしゃれして出かけるのも楽しいけど、リラックスして自分らしく、楽にいられる洋服でありたいといつも思っています。


――シャツワンピも本当にすてき!

シーズンで出しているのはシャツとシャツワンピです。個人的にシャツワンピが大好きで、シセのベーシックラインとして定着してきています。今期もシャツ、ワンピそれぞれありますが、これは360度どこから見ても美しく見えるシャツです。光沢のある黒で、定番のドルマンスリーブ、背中の空きが女性らしく、リボンがポイントになっています。

写真6
 

――光沢がきれいですね!
 
かっこよさや美しさ、かわいらしさや柔らかさなど、ひとつの洋服に2つの別の要素やギャップを感じるように考えています。長年、作るよりも着るお仕事をしてきたので、出来上がったサンプルはすべて着てみて、もう少しこうしたい、という部分を伝えています。


――一番、洋服を作る上でこだわっている部分は何ですか?

今の年齢にしっくりくるものを作ることです。カジュアルだけど大人っぽい。かっこいいけど、かわいい。かわいいけど、きれい。そういうギャップを感じるものであるかが基準です。 かわいくなりすぎず、かっこよくなりすぎず、きれいになりすぎず、バランスを大切にしています。

写真7


ディレクターとしてのSHIHO

――SHIHOさんがブランドを始められたきっかけはあったんでしょうか?

子どもを産んでから家にいる時間が増えたことですね。おしゃれして出かける服は、仕事柄たくさん持っていますが、家の中やちょっと近所にでかけるときに着たいと思う服が意外になくて。犬のお散歩をするときに、気持ちがあがる服がなくて、たとえばシーズン落ちした服を着たりしていて。30代後半になり、自分の中でライフスタイルを大事にしたいと思ったときに、ブランドを作りませんか? というお話をいただいたので、こういうコンセプトではどうでしょうか? というお話をさせていただき、スタートしました。


――本当に日常生活をおしゃれにしてくれる感じのお洋服ですよね。

リラックスできて、出かけていて帰ってきたときに着たい服という感じですね。飛行機に乗るときにも着られます。


――さきほど、年齢に合った服を作っているというお話がありましたが、年齢を重ねるにつれて、やっぱりお洋服の趣味も変わってきましたか?

どんどんシンプルになっている気がしますね。あとは、体のラインをきれいに見せてくれるものが好きです。シャツもドルマンスリーブを着ているだけで女っぽくかっこよく見えますし。ちょっとした空気感だったり、シルエットだったり、ああ、いいなって思うものを取り入れています。 サイズ感もすごく大事です。ちょっとしたことでやせたり、太って見えたりするのも洋服なので、足を長くきれいに見せてくれるシルエットにはこだわっています。


――洋服のシルエットは大事ですよね!

タイトスカートも、バックのカッティングが足を美しく女っぽく見せてくれますし、ストライプの柄によって、きちんと感もあります。ボーダーTシャツは袖のデザインが広めで、二の腕が細く見えるようにしています。

写真8



――先ほど、ブランドを始められたきっかけのひとつが、ママになったことだというお話がありましたが、ママになられてからファッションで意識されていることはありますか?

少しマニッシュな要素を意識しています。母性が出るのか、母親になってから、甘い服を着ると年齢層が高く見えがちで。少し辛めのエッジの効いたものだったり、メンズっぽい雰囲気を取り入れるようにしています。ボタンを上まできちんと止めてみたりとか。靴をパンプスではなく、スニーカーやメンズライクなものにしてみたりすると、コーディネートが締まる気がしています。


――お客さまはどんな方が多いですか?

けっこう親子で来てくださる方が多いです。お母さまと娘さんで来て、それぞれ選ぶものは違うのですが、みなさん試着してみて、喜んで気に入ってくださる方が多くて嬉しいです。実際に私も母と洋服を共有していたりするので。母にも似合うものはたくさんありますね。 

写真9


――ブランドには白の服も多いですが、SHIHOさんがお洋服でお好きな色はやはり白ですか?

白は好きですが、黒も多いですし、シーズンによっても違いますね。春夏は白やパステルなどの明るい色を着ますし、秋冬は白・黒・ベージュとか落ち着いた色味のものを着ることが多いです。


――コーディネートを選ばれるとき、ご自身の中で決まりごとにしていることはありますか? 

必ず全身を鏡でみて、バランスをチェックします。バランスで、スタイリッシュにもおしゃれにも見える気がするので。靴ひとつ変えるだけで、印象がすごく変わりますし。ヒールの高さやカバンの大きさなど、全体を見ますね。


――流行だとかはあまり気にされませんか?

なんとなくは気にします。買い物に行くと、流行のアイテムがたくさんそろっているので、おのずと買ってしまいます。

写真10


――少し別のお話もさせていただければと思うのですが、LINE BLOGのほうに、ヨガ講師をされていることも書かれていました。ヨガはもうずっと続けていらっしゃいますよね。

もう来年で12年になります。本当にすごく体と心にいいです。ポーズにこだわる方もいますが、まずはリラックスして深い呼吸をすることを大事にしています。呼吸は同じ秒数を吸って、同じ秒数吐くんです。体の力を抜いてポーズをし、呼吸を乱さないことがポイントです。呼吸が乱れて、浅くなったり止まったりするときって、ポーズを無理してしまっているときなの。一生懸命にやりすぎると呼吸が浅くなるんですが、体に力が入りすぎてしまうとあまり意味がなくて。どんなポーズでもおへその下あたりを重心にするんです。そこでバランスを取る。気をつけるのはおなかと呼吸だけで、あとはどこにも力を入れずにリラックスするのが理想です。


――ヨガをやっている人から「ヨガをしてもやせない」と聞くんですが、正しくやればやせるんでしょうか?
 
身近にもやせた方がいます。来年1月にヨガのDVD本を出版予定ですが、そのディレクターの男性が撮影した内容のヨガをしばらく続けてくださって。 ショートバージョン15分とロングバージョン60分があるんですが、15分バージョンのほうを続けていたら、5kgやせたそうです。


――15分なら続けやすいですね!

私も、去年は忙しくて運動がまったくできなくて、太ってしまったんです。下腹と二の腕がすごくて。今年に入ってからヨガを再開したのですが、朝、時間は短くても必ず週3、4はヨガをする習慣をつけようと思って、ちょっと続けたらすぐ2kgやせました。呼吸を深くすると代謝が良くなるんです。体のめぐりがよくなって、体が巡ると肌も調子が良くなり、便秘も治ります。


――そうすると余計なものを溜めこまなくなりそうですね。

贅肉(ぜいにく)も取れますよね。おなかを中心にしたポーズをするので、姿勢が変わって、体のお肉のつき方も変わるんです。そうすると同じ体重があったとしても、やせて見えるようになります。ヨガをすると体のくせもリセットされるから、肩こりも治りますし、体調がよくなります。体調がよくなってくると、自分の体ともっと向き合えるようになります。何を食べたらいいかとか、選択を間違えないようになっていくんです。


――やっぱり毎日やったほうがいいんですか?

毎日やったほうが体の調子がわかるので、自分の体の状態を知ることができます。でも毎日やらなければならない、全部のメニューをやらなきゃいけないわけでもないんです。5分でもできるポーズからやっていくことをおすすめします。

写真11


――やっぱりSHIHOさんの美容法の一番はヨガですか?

年を重ねると体のことを気にして、意識して動かしていないと、確実に衰えて、緩んできますよね。だから自分に合った体を動かす方法を持っていることが大切です。私はヨガにハマっていますが、それがランニングやテニス、ゴルフなどでもいいと思うんです。人それぞれ違うと思いますが、忙しいとジムにも行けないから、家で好きなときにすぐにできるヨガは、とっても便利で簡単でおすすめです。


――食事やスキンケアはそんなに気にされていらっしゃらないんですか?

気にしてますね。けっこうルールがありますよ。朝食にはできるだけ生のフレッシュなフルーツや、お野菜を取るようにしています。炭水化物や脂質、糖質はお昼に食べて、夜は腹八分目くらいを目安に食べています。お肉よりも魚派です。体の調子が悪くなるので、たんぱく質はお豆や納豆、豆腐、湯葉やお魚から取ります。


――SHIHOさん流のスキンケア法はありますか?

洗顔はクリームクレンジングのみで、ダブル洗顔をしないようにしています。 クリームクレンジングに変えてから、すごく肌の調子がいいですね。そのあと化粧水をたっぷりつけます。スプレーのもの、サラサラのもの、トロトロのもの、いろんな種類を時間をかけて浸透させます。


――いろんな種類を一度につけるんですか?

スプレーでつけたらちょっとなじませて待って、なじんだら今度はサラサラのものをたっぷりつけて、待って、今度はトロトロのものをつけて、その後、美容液やアイクリームをぬって、最後にクリームでふたをします。 全部で5分くらいです。お風呂あがり、洗顔して化粧水をぬって、ボディークリームをぬって、髪の毛を乾かして、着替えて、用事しながらまたやって、という感じです。


――ながら美容なんですね!

でも肌は外側のケアよりも、いかに規則正しい生活をしているか、早寝早起きして、きちんと食べて、便秘せず、笑顔でいる。だいたいそれをきちんと守っていたら調子いいですよ。 


――睡眠はやはりきちんととられますか?

だいたい6、7時間くらいは。2時とか遅い時間に寝ると調子が悪くなるので、11時に寝て6時起き、12時に寝て、7時起きという感じです。


――最後に、今後、お仕事で目指していかれたい方向性があれば教えてください。


新しいことにチャレンジしたい気持ちがすごく強いです。たとえば、海外で仕事するとか、語学も学びたいですし、モデルの仕事の表現を広げるためには、いろんな分野の方と接していきたいです。ムービーでの見せ方や表現を勉強したり、モデルという軸を持ちながらも、枠にとらわれずにいろいろなことに挑戦していきたいです。 


――ありがとうございました!

写真11



radiance de SYHSE


会いたい"あのひと" を身近に ―― LINE BLOG。
大人だからこそ着られる、上質な洋服が似合う女性になりたいですね。
それでは、また。


(撮影/杉 映貴子、取材・文/Mikity)