メインダンサー5人とバックボーカル2人という業界初のジャンルを確立した7人組グループ「超特急」。その成長スピードは衰えを知らず、ますます加速しています!

image01


彼らが勢いを増すきっかけになったのは、昨年12月に東京国際フォーラムで行われた、結成3周年記念のクリスマスライブ。そんな記念碑的位置づけであるクリスマス公演のBlu-rayが、12月2日にリリースされました。今月末に代々木第一体育館でのクリスマスライブを控えている超特急に、1年前のライブの模様を振り返っていただきました!

image02


左から、1号車・バックボーカルでお父さん担当のコーイチさん(以下、コーイチ)、2号車・神秘担当のカイさん(以下、カイ)、3号車・ガリガリ担当のリョウガさん(以下、リョウガ)、4号車・筋肉担当のタクヤさん(以下、タクヤ)、5号車・ドジっ子担当のユーキさん(以下、ユーキ)、6号車・元気担当のユースケさん(以下、ユースケ)、7号車・バックボーカルで末っ子担当のタカシさん(以下、タカシ)


「本番まで実感が湧かなかった」想像を超える“5000人の景色”


――昨年のクリスマスライブは、5000枚のチケットがわずか5分で完売したそうですね。びっくりしました? それとも、余裕だと思っていましたか?

全員 いやいやいや、びっくりでした!

ユーキ 会場を下見させてもらっていたんですけど、5000人の景色っていうのが想像できなくて。これが全部埋まったらどんな景色になるのか、正直なところ、実感が湧きませんでしたね。

image03


――そうなんですね! ライブではタップダンスや寸劇、ラインダンスなど、エンターテイメント性の高いパフォーマンスを披露して、大盛況だったそうですね。なかでも、特に盛り上がったところはどこでしょうか?

カイ いちばん盛り上がったところと言えば、合唱ですかね。

タカシ いろんな意味での盛り上がりがあったよね(笑)


――それはどういった意味で?

カイ 超特急のライブは、“8号車(ファンの称号)のみんなと一緒に楽しむ”スタンスなんですが、合唱に関しては若干笑いが起こって……(笑)。僕たちも初めての試みでしたし、親しみを持ってもらえるようなパフォーマンスになって、良かったかもしれません。

image04


――合唱はライブ恒例のパフォーマンスというわけではなかったんですね。ちなみに何の曲を歌ったんですか?

全員 「きよしこの夜」?

タクヤ じゃなくて、「ジングルベル」だ。

リョウガ 違う。「荒野(あらの)の果てに」だよ。


――みなさん、忘れちゃっているじゃないですか!

ユースケ ハンドベルでやった曲と混ざっちゃいました(笑)。合唱はバックボーカルがメインになって、コーイチが指揮をとってくれたんです。2幕目の幕開けを飾る緊張感のあるシーンだったので、「本番は笑うな」って言っていたんですけど、その本人が一番笑ってて。ずっとニッコニコしているんです。

image05


――コーイチさんの笑顔を見て、ファンの方もつられたんでしょうね。

コーイチ 笑ったせいでちょっと失敗してしまいました。

ユーキ 笑っちゃうくらいユースケが下手くそだったんだよね。

全員 (笑)

ユースケ 僕は主旋律のパートだったので、頑張って大きい声で歌っていたんですよ! こっちは真剣にやっているのに、コーイチが僕の声を聞いて笑うんです。これには本当に腹が立って、練習中にも一度キレましたね。そのせいで、本番は逆にあまり声を出せなくて悔しい思いをしたので、いつかリベンジしたいです!

image06


リハーサルで思わず涙……そのワケは?


――当日の舞台裏はどんな様子でしたか?

カイ 本番が始まる前に、ユースケが感極まって泣いちゃいました。

image07


ユースケ 僕は昔から泣きやすいんですよ。大切なライブでは、開演前でも何度か泣いてしまったことがあります。でも、あの日は僕の前に泣いていた人がいました。ね、タカシさん?

タカシ 昨年のクリスマスライブは超特急の3周年ということで、演出がもうすごくって! 曲とプロジェクションマッピングが融合したときの迫力が圧倒的で、演出のリハーサルを見ているだけなのに、感動して涙がボロボロ出てきちゃって。本番では、8号車の方も驚いてくれるかな? とワクワクしながらライブをしました。


――演出と超特急のみなさんの歌が合わさって、大変な感動だったでしょうね! ライブならではの苦労ってありましたか?

ユーキ タカシのソロ曲のときですね。僕とカイは舞台裏の移動がすごく大変でした。

カイ ステージからはけて10秒くらいで階段を上って、窓を開けてリズムとったり演技したりして、すぐにまた下りて、今度は扉を開けて……まるでアスリートみたいに舞台裏でも休みなく全力で走って、もうバテバテでしたよ!


――そのような昨年のクリスマスライブを経験して、成長したと感じることはありますか?

image08


タクヤ 未来のことを明確に考えるようになりました。今までに体験したことのないキャパの会場で、たくさんの8号車の方々を目の当たりにして、「毎年もっと大きい会場でライブしていこう」ってメンバーの気持ちが固まったんです。次の目標がより具体的に描けるようになりました。

リョウガ 大きな会場ほどお客さんとの距離も遠くなるわけですよ。でも、僕たち超特急の人数は変わりません。広いステージでどれだけ小さく見せないようにするか、遠くの8号車のみんなも楽しめるようにはどうしたらいいかと考えられるようになったのは、成長したなって思いますね!

image09


――昨年のクリスマスライブBlu-rayを客観的にご覧になって、見どころや新しい発見があれば教えてください。

コーイチ ラインダンスで、僕の足がものすごく上がっているところですね!

ユーキ 僕は、ラストにファーストシングルの『No more cry』っていう曲を披露するシーンです。みんな感極まっちゃって「寂しいけど楽しい」みたいな最高の表情をしています。そこをぜひ見てほしいですね。


――Blu-rayだからこそしっかりと見える表情にも注目ですね。28分の特典映像はどんな内容でしょうか?

カイ ライブ当日までのメイキング映像ですね。僕らは1日限りのクリスマスライブに懸けてきたので、そこに対する意気込みや団結していく様子を楽しんでいただければ。


さらに大きなステージへ! 走り続ける超特急


――今年も行われるクリスマスライブについても、ちょっとだけ見どころを教えてください。



ユースケ 今回は代々木第一体育館が会場ということで、さらに広くなったステージを見てください。見せ方にもこだわったりメンバーのアイデアが採用されたりしているので、とにかくステージです! ヒント1はステージです!

タカシ 超特急は電車がモチーフになっているので、何かしら電車に関連したことが起こるはずです。ヒント1は「ステージ」、ヒント2は「電車」です。

image10


――メンバーが考案したグッズも販売されるそうですね。

ユースケ はい、パスケースはそれぞれプロデュースしました。でも、友達からLINEで「ユースケのデザインは……」って言われて、「え、何が?」って聞いたら返信が来なくなっちゃって。でも、7人の個性が出ているので、どれを選んでも間違いないはず。今年のクリスマスライブのヒントは、「ステージ」「電車」「個性」です!

コーイチ 「個性」はヒントじゃないでしょ(笑)


――たくさんのヒントをありがとうございます! 今年のクリスマスライブも頑張ってくださいね。最後に、クリスマスにちなんで、ずばり超特急さんの理想のクリスマスデートを教えてください!

リョウガ ここは妄想キングのユーキしかないでしょう!

image11


ユーキ ここは妄想キングがお答えします(笑)。今年も僕たちはライブなんですけど、もし休みができて、大切な人とクリスマスデートするなら……最高の夜景をプレゼントしたいです!

全員 おぉ~(笑)

ユーキ もっと具体的に言うと、一緒にクリスマスツリーやイルミネーションを楽しんで、ディナーを食べながら夜景を見ます。そこでプレゼントを渡しつつ、帰り際にもう1つサプライズを用意しておくっていうのが理想のクリスマスデートプランですね。

image12


――完璧なプランですね!

ユーキ
 コッテコテですよ!

コーイチ コッテコテというか、ベッタベタでしょ(笑)

image13


最高のチームワークを見せてくれた超特急。7人の“連結”の強さを再確認したインタビューでした。
そんな彼らが、バラエティに富んだパフォーマンスを披露した昨年のクリスマスライブが映像化します!

Blu-ray『BULLET TRAIN ONE MAN “CHRISTMAS”SHOW 3rd Anniversary Special!!!!!!!!〜聖なる一夜 at TOKYO INTERNATIONAL FORUM HALLA』
発売日:2015年12月2日
価格:通常盤=7,000円(税別)、限定盤=8,500円(税別)
※限定盤はPlugAir付属 / 豪華40Pブックレット・BOX仕様(通常盤・限定盤共通)

そして、昨年のライブ映像を復習したら、今年は超特急と一緒に最高のクリスマスを過ごしてみませんか……?

超特急 国立代々木競技場 第一体育館 ワンマンライブ2days
「超特急 CHRISTMAS ONEMAN LIVE Fantasy Love Train~君の元までつながるRail~」 会場:国立代々木競技場 第一体育館
日程:2015年12月23日・24日
チケット料金:指定席 6,980円(税込)

超特急 公式ブログ 
超特急 公式アカウント


☆超特急の直筆サイン入りチェキを8名様にプレゼント☆



会いたい“あのひと”を身近に――LINEBLOG
どんどん加速していく超特急。皆さん、どうぞ乗り遅れのないように。
それでは、また。

(撮影/クマ、取材・文/佐々木ののか+ノオト)