01
 

「残酷だらけの世界をぶん殴ってゆけ 魂以外はくれてやる」

衝撃的な歌詞でリスナーの心をえぐり続け、圧倒的な世界観でカリスマ的人気を博している黒木渚。2015年に入りシングル『虎視眈々と淡々と』『君が私をダメにする』をリリースしたのち、10月7日についに2nd フルアルバム『自由律』がリリースされる。決められたレールを徹底的に破壊し、感情を解き放て、と挑発し続けてくる世界観を僕たちはどう受け止めればいいのか。黒木渚から満ちあふれている「歌詞の世界観」について迫ってみた。


ニューアルバム『自由律』について

02

―― ニューアルバム『自由律』を聞かせていただきました! まずリードトラックの『大予言』、イントロの音がチャイナ風のメロディーでいきなり始まるのでとにかく驚きました。

私はとにかくイントロ、そして最初の2行の歌詞でガツっとつかまないとダメだと思ってます。まるで、聞いている人に返し刃(やいば)をザクっとさして抜けないようにしてから聞かせる、みたいなスタイルで一貫して曲を作ってきているんですよ。

ただ、今までのスタイルはありつつも新しいことにチャレンジしていかないと同じものの焼き直しになってしまうんですよね。で、「違うものを入れてみよう」と考えているときに「電子音を入れてみよう」ということになりました。

他にも『テンプレート』という曲があるんですが、ギター以外は全部打ち込みで作っています。そういうことを恐れずにやっていこう、という感じなんです。

コード進行もわりと「黄金コード」と呼ばれるようなオーソドックスな進行を使っていたりするんですけど「ベタでけっこう!」と思ってます。そういうコード進行でも、私の言葉が乗ればそれはきっと「黒木渚」になるから大丈夫。自信をもっていろいろなことにトライしています。


――  『大予言』のドラムも『君が私をダメにする』に続いて柏倉さん(柏倉隆史:toe、ハイエイタス)担当ですが、ほんとすさまじいドラミングですね。

03

やばいです! 柏倉さんすごいです……。もうほんとすごいんですよ。私、レコーディングって楽しいんですよ。柏倉さんはじめ音楽界で高い地位にいる方々って「もう最終的には楽しむしかねーな」みたいなスタンスでスタジオに来られるんです。だから嫌な空気を持ち込む人もいないし、よどんだりしないんですよ。

そういった方々と演奏していると、ちょっとしたふざけた会話からトライアンドエラーで「こういう風にしてみよっか」という感じで発展してそれがハマったりすることもすごいあるんです。まるで「レコーディングの神様が降りてきやすいようにしている」感じなんですよね。すごいリラックスされてます。


―― ツアーのとき『大予言』も演奏されると思うんですが、ドラム担当される方はあのフレーズ叩くの大変なんじゃないですか(笑)

ライブではマシータさんが叩いてくれてるんですよ。マシータさんもやばいですからね!


―― マシータさんなら大丈夫ですね(笑) ちょっと話脱線しちゃうんですけど、『自由律』はドラムの担当でBOBOさん、柏倉さん、恒岡さんがクレジットされてて……もはやドラム界の神が勢ぞろい状態なんですが、なんでこんなすごい人たちが黒木さんのもとに集まるんですか。

わかんないです! なんでなんでしょ(笑)

人の縁って不思議なものじゃないですか。一人すごい人とつながるとどんどん紹介でいろんなすごい人たちとつながっていける、みたいな。私は振り返ってみると、そういう「人の縁」みたいなものに助けられてラッキーが続いてここまで運ばれてきたような感じなんです。

まあこんなすごい人たちに囲まれてミュージシャンとしては最高の贅沢(ぜいたく)ですね! トラック一杯分のルイ・ヴィトンをプレゼントする、って言われるよりも贅沢です。


―― 歌詞についてお聞きしたいんですが「命短し我々が 最後は勝つのさ大予言」とあります。この「我々」というのは何を指してるのでしょうか。


まさに「我々」です。私たち小市民ですよ(笑) 最後は私たちが勝つんです。


―― 『大予言』というタイトルだったり「アンラッキーや悲劇や恐怖の大王も蹴散らして」とありますが、これはノストラダムスの大予言を意味してるんですよね?

そうですね、もちろんノストラダムスだけじゃなくて。ノストラダムス以降も変な予言者とかいっぱい出てきてるじゃないですか。そういうインチキおじさんたちの系譜というのはずっとあって、彼らの「◯◯日に地震がおきる」とか「世界が滅亡する」とかそういうものにみんな惑わされるわけですよ。

そういうのってほんとに滑稽というかほほえましい感じがしますけど、その反面急に私たちって本当に天災に見舞われたりとか、急に重い病気にかかるとかそういうことって起きちゃうじゃないですか。急に最愛の人が亡くなるとか……。そういう自分ひとりじゃどうにもできないことってどうしても起きるわけで。

でもね、例えば神さまがいるとして、その神さまが災難をもたらすことに対してむしろ「殴りかかっていく」ような気合のある人が好きなんです、私自身もそういう人間ですし。

そういうことをずっと考えてて『大予言』という曲が生まれてきました。




―― 『枕詞』の歌詞も出だしから「ライオンになった夜 性欲も吐き出して理性よおかえり」とあるんですけど……これ男性から見たら「え?こうやって見られてるの?」というかなりの恐怖感を覚えたんですが(笑)

スーパー賢者タイムの話ですね(笑) 私にもなぜかあるんですよ、賢者タイムみたいなものが(笑)この歌詞はリアルですよね。生々しいというか。


04


―― そういった生々しさこそが黒木さんの魅力の1つですが、「絶対に歌詞にしてやろう!」と思う瞬間はありますか? 

私、けっこう感情のブレがないタイプというか、ハイテンションになったりとかすごい落ち込んだりとかが全然ないんですよ。中の上くらいのご機嫌をずっといくみたいな感じなんですよね。だからこそ書ける歌もあるんですけど、そんな自分でも「ガーン」と一気に落ち込む瞬間はあったりします。そういう時こそ「今や!」という感じで歌にすることがありますね。

不幸にすごく強いというか……。不幸が起きると「チャンス!」って思う自分がいますね(笑)どんなことでも歌にしてやろう、と思っています。ハッピーな出来事よりも、不幸な出来事の方が圧倒的に歌になりますね。「強い歌が出てくる秘訣(ひけつ)」なのかもしれません。


―― 『枕詞』の歌詞は全体を通して、行為の後の女性の視点が俯瞰(ふかん)で描かれており情景が目に浮かぶようなのですが、ファンの方は歌詞についてどんな感想を持ってたりするのでしょうか。

やっぱり歌詞に引き寄せられてファンになってくれた、という方は多いです。ファンレターを読んでいると、ズブズブな恋愛をしちゃってる感じの子が多いのかな(笑)あとライブでは男性の方も多いですよ。年配の方もいます。『虎視眈々と淡々と』『君が私をダメにする』をリリースした後は若い女性が増えましたね。 


―― 歌詞はやっぱりフィクションよりもリアルな体験に基づいていることがほとんどですか?

感情の根っこの部分、精神論とか哲学みたいなところはリアルですね。やっぱり一度は感じたことじゃないと書けないです。まず言いたいことがないと曲を作らないタイプなので。ただ、物語のディテールについてはわりとリアル感をもったフィクションとして書いていることもあります。私、妄想女なので話の組み立てとか得意なんです(笑)


―― この曲はイントロのアイゴンさん(會田茂一:ex.HiGE)が弾いているディレイのフレーズが本当に扇情的ですよね。

アイゴンさん最高です! アイゴンさんってすごいおっとりしている印象なんですけど、ほんとにすごい人ですよ。なんか全てを解放しちゃってる感じの人ですね (笑) もう理論とかそういう世界じゃなくて、「ステキ」とか「楽しい」とかいう感覚を瞬時に把握してそれをギターで形にしちゃうんです。


―― キタダさん(キタダマキ:syrup 16g)のベースも圧巻です。

ベースもすてきです! ミックスしたりマスタリングするたびにどんどんフレーズが際立っていくんですよね。ベースの存在感にいつも打ちひしがれる感じです。「か……かっこいい……」みたいな。


自由律
黒木渚
Lastrum
2015-10-07





バッググラウンドを巡る旅

05


―― 黒木渚さんのバイオグラフィーについてくわしく教えてください。公式プロフィールを見ていると「厳格な寮制学校に通い、世の中の情報からシャットアウトされていた環境の中で読書・絵画などを通して自己表現に目覚めていく」とありますが、そんなに厳格だったんですか。

かなり厳しい寮に入ってましたね。言ってみれば昔の軍隊みたいな。進学校だったんですけど「自動販売機で売っている飲み物は飲むな。砂糖を摂取すると頭がバカになる」というようなことを真に受けてしまってる学校です(笑)

なので、外の世界で何が起きているとかもう全然関係ないんですよね。「この寮生たちはひたすら勉強してエリートになっていけばOK」というような世界でしたから、いろいろなものを禁止されてましたね。テレビも6年間見てなくて。私の中では「暗黒時代」って呼んでいるんですけど(笑)

その後、寮を出たときの衝撃が半端なかったんですよ。「テレビのCMに音がついてる!」「洗濯機や炊飯器から音楽が流れてきてすごい!」みたいな。


―― 音楽を聞くことは許されていたんですか?

いえ、こそこそ聞いてました。そんな環境だったので当然ですが流行の音楽は入ってこないんですよ。だから有名なものを見つけて手に入れるしかないんです。「誰が何の曲を歌ってる」とかわからないから、こそこそ隠れていったCDショップで買ったのがマイケル・ジャクソンみたいな、そういうわかりやすい音楽を聞いてました。あと『タイタニック』とか(笑)

そういえば私すごく音痴だったんですよ! 音楽の歌を歌うテストでクラスの人たちに笑われて、その時初めて「あれ? 私音痴なのかな」と気づいたんですよ。音楽の先生に「私ってもしかして歌ヘタですか?」と聞いたら、先生がすごい気を使った感じで「まあ、上手ではないかな」みたいな感じで言われて。

「これはやばいぞ……外の世界に出たときに、まともにカラオケもいけないぞ」という危機感を覚えてですね。それで「バケツをかぶって歌うといい」って先生に言われて、それから寮の中で2年間勉強しつつ時々バケツかぶって歌うトレーニングして音痴を治しました(笑) バケツかぶってる時は、まさか歌が仕事になるなんて思っていませんでしたね。

06


―― そして福岡の大学に進学されてから軽音部に入部してギターを独学で学ばれたとプロフにかかれています。何かきっかけがあったのですか?

軽音楽部って最初はみんなコピバン(コピーバンド)じゃないですか。組んだバンドで「アジカン(ASIAN KUNG-FU GENERATION)のコピーやろう」ってことになったんです。で、なぜか私ギターになったんですよ。弾いたことないのに。先輩からギターを借りて練習しました。


―― 弾けました?

弾けませんでした(笑)


―― そりゃそうですよね!

でもその時「音楽は好きだな、ステージで何かやるのは楽しいな」と思ったんです。軽音部の最後の頃は、彼氏と弾き語りユニットを組んでたんですが、ライブの直前にその彼氏と別れちゃったんです。別れちゃったんですけど、ライブは決まってるからやろうね、ってなったんですがその彼氏がライブ当日ドタキャンしたんですよ(笑)

楽屋で「おいおいおい〜〜全然ギター弾けないのになんかテンション上がってきちゃったな〜〜!」みたいな感じになって、時間になったらギターを持ってステージに登場しちゃったんですよね(笑)

もうめちゃくちゃな演奏だったんですけど、一人で歌い切ったんです。人生で一番恥ずかしかった瞬間ですけどね! 「もう二度とこんな目にはあいたくない、音楽なんかやめた!」と思ったんです。ところが、ライブハウスのオーナーさんから「来月も1本出演、よろしくお願いします」って言われたんですよ! いったい何を評価してくれたんですかね。


―― それはまたすごいエピソードですね……

しかもその彼氏、客席にいたんですよ! 丁寧にアンケートまで書いていきやがって!


―― なめてますね(笑)

結局、その時のライブハウス出演の体験が今もまだずっと続いているような感じですね。それからひとりで弾き語ったりバンドになったりと好きなようにやってましたね。その後『黒木渚』としてバンドを始動させました。




―― 曲を書くときは先に詞を作りますか? それともメロディーを先に作りますか? 

ほぼ同時に出てくるんですけど、先に出てくるとすれば詞ですね。メロディー先行で曲を書いたことはないです。 


―― 黒木さんは曲を書かれるときにどうやって書いていくんですか? 

私パソコン苦手なんです。なので、最初のデモテープを作るときはギターの演奏と声だけですね。ギターと声だけのデモテープをプロデューサーさんに渡して、その場で私が謎のボイパをやったりしてイメージしてるリズムのパターンを伝えるんです(笑) すると、それを具現化してくれるアレンジャーの方が打ち込みフレーズを作ってくれてちゃんとしたデモができあがります。

次に、レコーディングに参加する皆さんにそのデモをお渡しして演奏していく感じですね。もちろんレコーディング当日にデモは存在しているけど、みなさん臨機応変に変えてくださることが多いですね。 

いってみれば最初のデモからアレンジ、そしてレコーディングを経て「2回変身する」ような感じです。

07


―― 黒木さんのサウンドは一貫してオーソドックスなロックテイストを持ちつつ、先ほど話に出た「違和感」がかなりの売りになってるかと思うんですが、どんなサウンドに影響を受けましたか?

それなんですが……音楽的なルーツですよね? 本来ルーツを形成する時期に寮にいたので、そういったルーツを持つことができなかったんです。だから、音楽の教科書にあるような文部省唱歌とかクラシックみたいに、学校で制御されていないものに影響を受けてます。あと、おばあちゃんが日本舞踊やっていたので民謡とか。

大学に入ってからはもう飢えた状態からスタートしているので「もう何でもいい!」みたいな状態。とにかく何でも聞きました。売れ線コンピレーションCDとかも聞いてましたね。「誰が好き?」と聞かれると……そうですね、平沢進さんとか好きです。あと三浦大知さんもよく聞いてますね。グレゴリオ聖歌も聞きますし。あまり境目がないんです。

その代わりに基準としているダリとか江戸川乱歩とか村上春樹とか、そういう「音楽じゃないもの」にも私の音楽に大きな影響を与えたなと思いますね。言葉が主導権を持っているから、それらに影響されて出てくるものが大きいです。

なので「何に影響受けたか?」と聞かれると、画家か作家が出てきます。横尾忠則さんも大好きです。自分でもどうなって絵や本から音楽に昇華されてるかはわからないんですけど、やっぱり蓄積されていることは感じますね。それがある日ドバっと音楽として出てきます。 曲を書くとき、頭の中に映像とかカメラワークのようなものがずっと流れてるんです。そのでっかい物語から、いくつかかいつまんで曲にしているんです。その「頭の中で見ている映像のようなもの」に画家や作家の影響を受けてるんじゃないかという気がしますね。



ハイペースで駆け抜けた黒木渚の2015年

08


―― 黒木渚さんの紹介記事を書かせていただいたんですが、かなり多くの人の目に触れたみたいですね。

そうなんですよ 。フリーライブのときにお客さんにアンケートを書いてもらうのですが、V.I.P. Pressさんに取り上げてもらった『アンチスーパースター』がすごい人気だったんです(黒木渚「君が私をダメにする」歌詞が強烈すぎて中途半端系バンドマン全員正座)。フリーライブではまだ黒木渚のCDを聞いたことがないという方もたくさんいらっしゃったんですが、アンケートで『アンチスーパースター』が上位に、それこそリード曲群と同じくらい人気があったんですよ。

シングルの作品は、リード曲でできることとカップリングでできることが違ったりするんです。SNSやブログで言えないような「ホンネ」は実はカップリング曲にひそんでいることが多かったりするんですよね。だから、『アンチスーパースター』を掲載してもらって爽快でした(笑)


―― シングル『君が私をダメにする』のカップリング曲は他にも『レスポール』でコミカルに「100万円のレスポール、ドブ川に投げ捨てた」という歌詞が出てくるんですが、黒木さんやっぱりバンドマンに恨みありますよね(笑)

まあ……若いときの痛手、無くはないです(笑) でも曲にできるという時点でそういう思い出は面白がっちゃってるんですよね。さすがにレスポールを川に投げ捨てるようなことはしたことないですけど!

ちなみにあの曲のテーマは「負の感情による破壊行動」ということではないんですよ。それよりは「不器用だからそうせざるを得なかった」という、相手をびっくりさせたくて、ということですね。


―― そういえば最近、神宮球場でも歌ったんですよね。どうでした? 

私、野球全然わからないのに、初めて球場に入っていきなりマウンドで歌いましたからね(笑) 最初「どこで歌いたいですか?」と聞かれて「あの白い丸の中で歌ってみたいんです」って答えたんです。けど「あそこはネクストバッターズサークルです。真ん中で歌った方がいいと思いますよ」って言われて(笑)


―― 2015年、すごい勢いで活動していますが「黒木渚」はこれからどうなっていきますか? 

そうですね。今年はほんとハイペースで走りまくったな、という感じなんですよ。リリースも3枚ありましたし全国ツアーも次で3回目です。小説も1本書いて。もはやめちゃくちゃだな、と(笑) でも、すごい量のインプットとアウトプットがあったおかげで見えてくるものがあるな、「黒木渚の再発見」をしたなと思いました。

あとはライブに来てくれる方が「何を見たくて黒木渚を見に来ているのか?」「他のアーティストとの決定的な差はなにか?」ということを考えるとやっぱり「物語がある」「演劇的な要素がある」というところだと思うんです。それが私のやりたいことでもあるし、お客さんの見たいものでもある。双方で一致しているんですよね。それってすごいハッピーなことだと思うんですよね。

ということは、私のやりたいことをもっとやっていけばお客さんももっと満足してくれるんじゃないかなと。そういう上質なものを目指す、そういうストーリーが見えてきた1年でした。


―― 『自由律』リリース後はツアーに出て、2016年1月11日はいよいよEX THEATER 六本木ですね!

はい! 今ちょうど準備を始めてまして、スタッフさんとブレストしているんですが「実現不可能だろうな……」ということまで全部吐き出してます。宝塚歌劇団の背負い羽根のようなものまでアイデアに出ています(笑) そんな中からやれることを吟味して実現しようと思っています。

とっておきの非日常を用意しますので、ぜひ楽しみにしててください!

黒木渚 公式ブログ

友だち追加数

会いたい “あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。
これからの黒木渚に期待です!

(撮影/クマ、取材・文/コイデサトシ)