女優だけでなく、歌手としても大活躍中の剛力彩芽さんが、9月2日に待望の4thシングルを発売

片思いの女の子の気持ちを歌った『相合傘』は、MVもとってもキュートなんです 剛力さんに新曲のお話から、現在、全国各所で実施されているリリース前イベントのこと、この夏の過ごし方についてまで、聞いてきました!


_MG_1822



――9月2日にニューシングル『相合傘』を発売されるとのこと! 待望の新曲ですね! MVではとってもかわいい赤いコートとブーツをはかれていて、本当にお人形みたいな剛力さんが見られますが、ご自身ではこの曲についてどんな感想を持たれていますか?

剛力彩芽さん(以下、剛力)「片思いの曲なのに、すごくハッピーな曲だなぁと。片思いをここまでポジティブに捉えられるのっていいなぁと思いました。そんな片思いの中でも、振り回されたり、もうちょっとハッキリしてよっていう思いはあるんですけど。すごく幸せを感じていて、自分らしくいることだとか、焦らずこのまま行こう、と歌っていて、すごくポジティブで。片思いを楽しんでいる歌なんです」



――MVも明るくてポップですよね
 
剛力「すごく楽しいミュージックビデオになったなぁと思います」

 
 
――本当にミュージカルみたいな映像で、見ていて楽しかったんですけど、撮影中は大変だったとか

剛力「そうなんです。台風がちょうど2つ来てるときのタイミングでの撮影だったんです。朝はまだ降っていなくて晴れていたんですけど。途中から突然降りだしてきちゃって。レインコートを着ているので、最悪、雨が降っても大丈夫な状況ではあったんですけど、衣装が変わるシーンがあって。そこはみんなで楽しく踊る、晴れのシーンなので、晴れてほしかったんです」
 


――でも途中で降ってきちゃったんですね

剛力「そうなんです。ちょうどその晴れてほしいシーンを撮るタイミングのちょっと前ぐらいから雨が降り出しちゃってて。あ、どうしよう、やばいねって言っていたんですが、待っていたらどんどん晴れてきて。何とか撮れました」



――雨のシーンも映像で見るとすごくきれいですよね
 
剛力「はい。雨が降ったおかげで地面が水で光って、むしろきれいでした。できあがってみて、雨が降っていてよかったねってみんなで話しました」
 


――剛力さんは晴れ女なんですよね
 
剛力「はい。今回も何だかんだと晴れ間が出たりしました。晴れてから撮ったシーンは、絶妙な太陽の光になったんですよね。噴水の水しぶきがちょっとキラっと光ったりして。何か全部が本当に恵まれたんです」



――運がいい!
 
剛力「本当に。帰り道はもうすごいどしゃ降りで、帰れないかもってくらいの天気になったんですよ」

_MG_1806
 

――ダンスもかわいくて軽快で、マネしたくなるような感じなんですけど、 大変だった振り付けはありましたか?

剛力「ミュージックビデオのダンスはそこまで難しくはないです。でも、歩きながら踊っているので、横から撮っているんですけど、どういうふうに見せようかなぁと考えて踊りました。ただ、今リリース前のイベントで、ステージでフルで踊っているんですけど、そっちがすごい難しくて。結構がっつり踊ってるんですよ。AメロBメロとか、間奏のところでもしっかり踊っているので。まだちょっと慣れるまでに時間がかかるなと思っています」

 
 
――曲的にも長めの曲ですもんね
 
剛力「そうですね。でも場所によって曲調の感じが変わったりして、間奏のところはわりとかっこいい感じで、大サビのところはかわいかったりとか、そういうところでダンスのニュアンスというかイメージも変えられたらなあって思って、楽しんで踊っています」


 
――『相合傘』は片思いしている女の子の歌ですけど、もし剛力さんが片思いをしているとしたら、どんな方法でお相手にアプローチをされますか?
 
剛力「けっこう顔に出やすいと言われるので。まず多分バレるでしょうね。きっとね(笑)」

 
 
――表情で
 
剛力「あんまり多分、気持ちは隠さない気がするなあ。小学生のとき片思いしてたことがあるんですけど、全然話せなくて。むしろもう業務連絡しかしない、みたいな。『次、移動教室に変わったよ』とかですら、なかなか言えなかったんですよ。もう手が震えちゃって」



――緊張して?
 
剛力「はい。そんな感じだったので、今はそういう無駄なことはしたくないなと思います。しゃべれるのなら、もっといっぱいしゃべりたいし。もう伝わっちゃったほうがいいかなって、当時を思い返して思います」

 
 
――ツンデレたりしない感じですね
 
剛力「無理ですね(笑)。無理だろうなあ」
 



――片思いで悩んでいる女の子へ、アドバイスするとしたら何かありますか?
 
剛力「その小学生のときのことを思うと、毎年バレンタインはあげていたんですよ。だから確実に私の気持ちに相手は気づいてるじゃないですか。なのに普段全然しゃべらない。意識しすぎちゃって。でもそういう経験もよかったなと思うんですけど。そのときの気持ちって、そのときにしかないものだから。だからやっぱり、いっぱいしゃべっておいたほうがいいよってアドバイスしたいです。いっぱい遊んだりとか。そのときにしかできない、その相手への思い方みたいなものを大事にしてほしいです」

_MG_1797



――『相合傘』はMVのファッションが本当にかわいかったんですが、ふだんの剛力さんは、ああいう系統の洋服は着られるんでしょうか?


剛力 「ああいうカジュアルな格好もしますし、ワンピースをさらっと、ちょっとかっこいいめで着たりとかもします。でも基本的にはモノトーンが多いです。真っ黒に、夏になるとちょっと白が入ってくるんですけど、冬はほぼ真っ黒ですね」


『相合傘』の剛力さん。赤いコートに赤い傘、お人形のようなファッションは必見です!

剛力彩芽_1509 (2)
 


――かっこいい系のほうがお好きなんですね

剛力「でもスウェットとか、緩いカジュアルなものや、男の子っぽい格好も好きなんですよね。唯一着ないのが、ちょっとかわいらしい格好。恥ずかしいんですよ」
 

 
――フリルのついたミニスカートとか
 
剛力「恥ずかしくなっちゃって着られません。もともと自分にそういう女の子らしい要素がないと思ってるので。衣装とかでは意外とあるんですけど、私服だと顔真っ赤になります(笑)。すっごい恥ずかしい


 
――カップリングのほうの曲についてもおうかがいしたいんですが、「バースデー」と「15」。こちらは歌われてみていかがでしたか?
 
剛力「いつもシングルのときって3曲入れさせていただいてるんですけど、全部がこんなにアップテンポで明るい曲って意外と珍しいなあと思っていて」
 

 
――全曲明るくてポップですよね
 
剛力「『バースデー』は付き合って1年目の2人の話です。これを最初に聞いたときに、イメージがバッと出てきて。物語が浮かんだんです。靴ずれしちゃった彼女の話が出てくるんですけど、きっとこの彼女とお祭りに行ってたんだろうなとか。浴衣で、がんばって歩いて靴ずれしちゃったんだろうなとか。いろんなその、付き合って1年目の思い出がよみがえってきている2人がいて。そして1年たった今でも、変わらずに好きっていう気持ちって大事だなあってすごい感じました」

 
 
――付き合って1年めのカップルの方たちに。1年め記念日に聞いてほしいですね
 
剛力「いろいろ1年の中でもけんかしたりしたこともあると思うんですけど、それでもやっぱり一緒にいたいっていう気持ち。好きだよっていう思いを感じてもらえたら嬉しいですね」

 
 
――「15」のほうはいかがですか?
 
剛力「これは自分の中学時代をもとにしています。私、中学生ぐらいまではすごい人見知りだったんです。それがあったから今があるんだと感じています。私のイメージって常にポジティブな感じじゃないですか?」
 

 
――いつも元気なイメージですね

剛力「そうなんですよね。もともと母親には、小学生ぐらいからずっと『彩芽は強い』って言われ続けていたんです。中学時代までは、人と話すのが苦手だと思っていたり、うまく自分を言葉で表現できなかったりとかいうのがあって。いつの間にかその殻を破れていたんですけど、そういう自分がいたことも大切にしたいし、そういう自分がいたから、今こうやって笑って楽しめて、そこに戻らないようにちょっと意識もしたりもする。今までの自分にありがとうっていう思いをこめています」



――歌詞に『人見知り、逃げ腰な15歳』とありますね

剛力「昔は母親に全部代わりに話してもらっていました。仕事場に行っても、スタッフさんに話しかけられたら、母親をチラッと見て。でもそうしたら、母親にすごく怒られたんです。『彩芽が質問されてるんだから、彩芽がしっかり答えなさい』って」



――お母様のおかげで強くなれたのかもしれないですね
 
剛力「そうですね。いい年齢のときに大切なことを教えてもらったなあと思います。悩んでいても『だって彩芽は強いもん』しか言わなかった。いまだにそれしか言わないですからね。小学生のときとか、友達のことで悩んだりしていても、『大丈夫、大丈夫、彩芽は強いから』て言って、あんまり聞いてくれなかったんです。でも、母親がそのときに私を甘やかしていたら、今の私はなかったかもしれません。「大丈夫、大丈夫」って言ってくれる母親がいたからこそ、自分で答えを見つけ出せたのかなって思いますね」

_MG_1842



――全国で今、リリース前のイベントライブを行われていますが、いかがですか?

剛力「楽しいです! このあいだの栃木は、初めて行かせていただいた場所だったんです。その土地の雰囲気で全然盛り上がり方が違うんですよね。栃木はすごく盛り上がってくれて。気づいたらみんな手拍子してくれてたりとか。2階のところから見てくださってる方もいるんですけど、2階からもずっと手拍子してくれていたりとか。そういうのはすごく嬉しいです」

 
 
――土地柄なのかもしれないですね
 
剛力「そうなんですよね。握手会もやっているんですけど、年上の方とかも来てくださっていて。『あら、彩芽ちゃんかわいいわね』みたいな。妊婦さんも何人もいらしていて。ひとり、男性で『来月生まれるので、彩芽って名前にします』って言ってくださったり。ありがたいです。あと、ライブのときにすごく盛り上がって踊ってくれたお子さんがいたんです。小学3、4年生くらいの。一番前の真ん中で一生懸命踊ってくれて、握手会のときも『彩芽ちゃん愛してます。いつもありがとう。頑張ってください』って、ちゃんと言うことを決めて来て、ブワーッと言ってくれて」



――LINEのアカウントでは『ゴーリキアーメちゃん』キャラクターのデザインを募集しましたね!

剛力「そうなんです。アメのキャラクターというのはかわいいなって思ったんですけど、そもそも自分で全然発想が出てこなくて。だから、みんなならどうするんだろう、と楽しみです。なかなか、こういう機会じゃないと、ファンの方と一つのものを作るということもないので、楽しいですね」
 


――少しプライベートの話もおうかがいしたいです。すごくお忙しいと思うんですが、夏休みは取れそうですか?
 
剛力「ちょこちょこと休めています。夏にやりたいことは、スイカ割りかな(笑)。あとは浴衣を着て、花火大会に行きたいなあ。でも釣りもしたいなあ」
 

 
――釣りとは意外
 
剛力「あ、バーベキューは、みんなでする予定です!」



――そしたらそこでスイカ割りも!

剛力「いいですね!花火も夜にやって。全部できちゃいますね。旅行も行きたいなあ。沖縄に行きたいんです。あとバハマ! バハマに『ビック・メジャー・ケイ』通称『ピッグビーチ』っていう、ブタが泳いでいるビーチがあるらしくて」



――え! ブタって泳げるんですか?
 
剛力「泳いでいるんです。そのビーチには野生のブタが20頭前後いるらしくて。動画を見たら、すごくかわいいんです。その動画に最近ハマっていて。あと、オーストラリアのロットネスト島というところにいるクアッカワラビーにも会いに行きたいです。笑っているように見える、世界一幸せそうな動物」
 


――あ、私も写真で見たことあります!

剛力「見ていて幸せになれちゃいますよね」
 


――では最後に『相合傘』をこれから聞いてくださるファンの方々にメッセージをお願いします
 
剛力「『相合傘』は片思いの曲ではあるんですけど、何気ないところに幸せがあったりとか、ささいなことに幸せを感じられるということが、幸せだなって思えるような曲になっていると思います。雨の日と、ちょっと憂鬱(ゆううつ)になってしまっているときに聞いてほしいです。憂鬱なときでも、楽しいことを考えるだけで、本当に楽しくなれたりとか幸せになれたりするんだなぁって思いながら、聞いてもらえたら嬉しいです」
 

 
――ありがとうございました!

_MG_1835

_MG_1851



くるくる表情が変わって、笑顔が本当に魅力的な剛力さん。いるだけでその場を明るくする、太陽みたいな方でした


剛力彩芽 公式アカウント



剛力彩芽さんの最新シングル「相合傘」は9月2日発売です

4thシングル「相合傘」
「第3回全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクール」規定曲に決定!
【発売日】2015年9月2日(水)

①初回生産限定盤 (CD+DVD)
相合傘_初回生産限定盤

<CD収録曲>
1.相合傘
2.バースデイ
3.15
4.相合傘 -Instrumental-

<DVD収録内容>
1.Off Shot Movie
2.Let’s Dance!

②通常盤(CDのみ
相合傘_通常盤 (1)
 
<CD収録曲>
同内容
 

会いたい “あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。
ポジティブな女の子って、まわりの人を幸せにする力がありますね!
それでは、また。 

 
(撮影/奥田耕平、取材・文/Mikity)