先日、トム・クルーズ主演の『ミッション:インポッシブル/ローグネイション』のジャパンプレミア、レッドカーペッドイベントが新宿某所にて行われました レッドカーペットには続々と有名人が登場し、通りかかった観客の方々からたくさんの歓声があがりました


まず登場したのは、YouTuberの5人!(左から、MEGWINさん、はじめしゃちょーさん、Daichiさん、バイリンガールちかさん、ミカエラさん)

20150803_02A0026



宮城舞さん  美脚です!

_02A0057



秋元梢さん  迫力がスゴイ

_02A0082



綾部祐二さん(ピース) オシャレスーツ

_02A0111



朝夏まなとさん(宝塚歌劇団・宙組の男役トップスター)  りりしい!

_02A0224




 叶美香さん  説明不要の美のカリスマ!

_02A0249



森川智之さん  トム・クルーズさんの日本語吹き替えを担当された、大人気声優!

_02A0301



マッカリー監督の登場!

_02A0338



そしていよいよ、トム・クルーズの登場です

20150803__02A0184



集まったファンの方々ひとりひとりと握手し、サインまで書かれるトム様! ファンへの神対応で有名なのもうなずけます

20150803__02A0361



レッドカーペットをみなさんが歩いたあとは、ステージに日本が世界に誇るギタリスト、MIYAVIさんが登場! 今回手がけられた日本版「MIテーマ曲」を演奏されました

20150803__02A0416


20150803_02A0409



演奏中、ビルの壁をスタントマンが垂直に歩くショーもあり、場内からどよめきが

20150803__02A0428



MIYAVIさんの演奏後、トム・クルーズさんとクリストファー・マッカリー監督が登壇!

20150803_02A0477



トム・クルーズ(以下、トム)「みなさん、こんばんは! みなさまのためにこの作品を携えてきました。今回、私は21回目の来日になります。日本に来るのはとても名誉あることです」

20150803__02A0531 (2)



クリストファー・マッカリー監督(以下、マッカリー監督)「日本にまた戻ってこられて嬉しいです」

20150803_02A0543



MIYAVIさんの演奏に対して、おふたりは口々に称賛

トム「ものすごいクールでかっこいい。彼の他のミュージックビデオを見ても、どれもかっこいいです。素晴らしい才能だと思います」

マッカリー監督「伝説的なギタリストです。素晴らしい演奏でした。他の作品もたくさん見ています。本当にいいです」


20150803__02A0617




MIYAVI「今回このお話をいただいたとき、日本人アーティストとしてこの機会を光栄に思いました。いちミュージシャンとしてこの作品がずっと挑戦しつづけている姿勢に、僕も挑戦したいと思いました。この作品のアイコニックなテーマに、僕たちの時代のビートをどうミックスさせられるかが大きなミッションでした」

20150803__02A0589



「MIYAVIは俳優としても才能あふれる方だと思います」と、MIYAVIさんが出演された映画(『アンブロークン』)について触れたトム・クルーズさんに「僕も俳優業に携わる機会をもらって、その大変さを知り、(トム・クルーズの)挑戦しつづける姿勢にすごく刺激をもらいました」と答えました。

実はトム・クルーズさんもマッカリー監督もギターの練習をされているとのこと。MIYAVIさんに「次は映画(のシーンの中)でギターを演奏してください」と提案。

20150803__02A0570



最後に映画の見どころについて聞かれたトム・クルーズさんは「見どころはドラマとキャラクター、そして不可能と思えるような危険なアクションです。夏にポップコーンを食べながら見られる娯楽作品です」と笑顔で答えました

20150803__02A0650



◆全国ロードショー中!
『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』ストーリー

超敏腕スパイ イーサン・ハント率いるIMFは無国籍スパイ「シンジケート」の暗躍により、またしても解体の窮地に追い込まれてしまう。イーサンはこの最強の敵にどう立ち向かうのか? 誰が敵か味方がわからない中、究極の諜報バトルが繰り広げられる。史上最難関のミッションをコンプリートできるのか!? イーサンの究極の「作戦」とは?

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』公式サイト

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』Facebook 

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』Twitter 


会いたい“あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。 
不可能を可能にする映画に、きっと勇気をもらえるはず。
それでは、また。


(撮影/杉 映貴子、取材・文/MIkity)