本日のインタビューにご登場くださったのは、日本でいま、いちばんHOT&ファンキーな4人組『BRADIO』!!

20150803-_W3A0780

(左より)酒井亮輔さん(ベース)、真行寺貴秋さん(ヴォーカル)、大山聡一さん(ギター)、田邊有希さん(ドラム)

今年、アニメ『デス・パレード』の主題歌『Flyers』を担当し、注目度は一気に急・上・昇

 

ポジティブな歌詞と、パワフルな歌声、そして踊りだしたくなるメロディーがあわさって、聴く人を独自の世界へとひきこんでいきます

先日、日本最大級のロックフェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」に 初出場で初トリを飾る という大舞台を終えたばかりの4人  さらには、ワンマンツアーのチケットは 一般販売当日に即SOLD OUT  と、まさに今、目が離せない存在なんです

そんな彼らに、インタビューをしてきました 果たしてどんなファンキーなストーリーが飛び出すのか
最後まで読んでくださった方には、スペシャルな"おまけ"もご用意しておりますので、ぜひぜひ最後まで Check it Out





Superstar街道を走る!  『BRADIO』の音楽とは!?



――お忙しいところ、本日はありがとうございます。よろしくおねがいします!

一同「よろしくおねがいします!」


――まず、『BRADIO』というバンド名ですが、こちらの由来は?

聡一「『 Break the Rule And Do Image On(日常の世界に、すてきな時間・空間のイメージを加え、良き変化を)』という頭文字をとった造語です。もともと別のバンドをやっていて、それぞれキャリアのあった4人が集まって、せっかく新しいことをやるというので、自分らの中のバンドのセオリーやルールを崩したかったというのと、みんなの生活にいろどりを与えられるような音楽がやりたいというコンセプトから生まれました」


――ネーミングはすぐに決まったんですか?

聡一「9割くらいくだらないのがあったよね」

貴秋「ハンバーガー屋で話していたんですけど、ハンバーガーの名前とか」

有希「あやうく『てりやきボーイズ』になるところでした」

聡一「ミーティングって大体みんなふざけて出てこなくなるので。結局宿題にして家で考えるパターン で決まりました(笑)」

20150803-_W3A0507

――なるほど。たまにありますよね、文化祭の出し物決めるときとか! ところで、みなさんの、ファンキーなノリや音楽ルーツはどこからきているんですか?


貴秋「みんな好きな音楽はバラバラなので、広く浅く何でもとびつく雑食系 です」 

聡一「あんまりひとつの音楽体系にこだわりがなくて。あんまり固執していないからこそできるオリジナリティー というのを意識しています」


――どうりでバラエティに富んでるんですね! ちなみに音楽以外の趣味はどうでしょう?


聡一「バラバラですね」

貴秋「本当にいま、4人が共通してやってるのってブログくらい です」

聡一ブログを通してメンバーを知る ことも多いですね。『へー、こんな映画見てるんだー』みたいな(笑)」

20150803-_W3A0393

――歌詞は貴秋さんがご担当されていますが、書く際どのようなことを意識されているんですか?


貴秋「エンターテイメントには、大きく分けると『魅(み)せる』『共有する』という部分があると思っていて。だれかの背中を押したり勇気づけたり、だれかと『共感する』部分と、僕自身も知らないような世界をつくって新しいものを『魅せる』。この2つのテーマの中で書いています」


――ノリノリな歌詞から、おとなの恋愛模様、さらには『コンプレックス』や『個性』をテーマにした人生格言のような曲もありますよね。どのような時に思い浮かぶことが多いですか?


貴秋「ゴロ合わせだったりしますね。『エンタメって人生だな……でも、『人生』じゃ音がハマらないから、そうだ! 歌詞カードには『人生』と書いて『エンタメ』と呼ぼう!』みたいな。自由度高く、楽しく書かせてもらってます」

20150803-_W3A0501


――
そして最近、公開されたMV『Flash Light Baby』、こちらは全編英語詞となっていて、これまた今までの曲と異なったタイプですよね?

聡一「単純に『かっこいいと思うだけの曲』をコンセプトにつくった曲です。BRADIOの活動を通して、『どうやったら人が喜んでくれるか、みんなにとって楽しいことは何なのか』という側面を見ることが増えてきて。そんな中での初のフルアルバムということで、1曲くらい、ただ自分たちがやりたいだけの押しつける曲があってもいいんじゃないかと思って、できました」

 

こちらがカッコよさをとことん詰めこんだCOOLなナンバー『Flash Light Baby』
BRADIOの楽曲は、表現の振れ幅がとても豊か  曲ごとに現れる『新しいBRADIOらしさ』は、異なる個性がぶつかりあった化学反応から生まれているんですね





打ち鳴らせハートビート! 今日からキミもFPP!!


――そういえば、みなさんはファンのことを「FPP(ファンキーパーティーピーポー)」と呼ぶそうですが、いつから定着したんですか? みなさんの思う『ファンキー』の定義は?

貴秋「ライブで自分たちらしさを探している中で、いつの間にか……」

聡一「音楽ジャンルの『ファンク』の意味では使っていないです」

貴秋『ファンキー』は『マインド』 みたいな感じが近いですね。『ハロー』『ハーイ』みたいなニュアンスで使っています」


――ちなみに、メンバーの中で、いちばんファンキーなのは誰だと思いますか?

聡一「亮輔じゃない?」

亮輔「え……」

聡一「ファンキーっていろいろあると思うんですけど、行動がいちばんぶっ飛んでる のは、亮輔だと思いますね」

貴秋「最近だと車の中で植物育てています」

亮輔「無自覚でした。スイッチが入るとそっちにしか行かなくなるので(笑)」

20150803-_W3A0435

No.1ファンキーガイ  としてお名前のあがったBRADIOリーダー亮輔さん。

そんなみなさんのファンキーな日常をチェックすることができるBRADIOのブログでは、メンバーそれぞれの担当曜日を決め、ほぼ毎日更新 してくださっているんです さらに、メンバーごとのオリジナルコーナー も独自に展開

たとえば、木曜日担当のドラム・有希さんは『今週の黄色』と題して、日常生活で見つけたさまざまな「黄色いもの」をご紹介してくださっています。ということで……

20150803-_W3A0725

「LINEの黄色」と言えばこの子! ちゃっかりサリーを胸ポケットに入れていただいております





インパクトはダイナマイト級! 初出場&初トリの大舞台を終えて


――そして……! 「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」おつかれさまでした! いまの心境はいかがですか?

聡一「僕らに何ができるかという部分ですごいプレッシャーがあったんですけど、またひとつ、バンドとしていい経験ができたと思います」

亮輔「感動したよね。ひとつの達成感がありました」


――みなさん、そのスーツ姿で出られたんですよね? 熱中症大丈夫でしたか?

聡一「暑かったですね。ロッキンに限らず、この時期はどこでやってもキツイです」

貴秋見た目からも熱量が伝わればいいな と思います」


――初出場にあたり、周りの先輩からなにかアドバイスなどあったんですか?

聡一「とにかくみんなに『暑いから』とは言われていました。直前の公演が、モーモールルギャバンさんと一緒だったんですけど、ゲイリーさんからは『パンイチがいちばんいいよ』と言われました(笑)」



――うーん……それはなかなか難しいですね(笑) ちなみに、うわさによると、貴秋さんはパフォーマンスのあとに、次なる目標として、大きな舞台の名前を堂々と叫ばれたとか!


貴秋「テンションあがって言っちゃいました。その時の雰囲気から『これはみんな欲しがってるぞ』と思って。言った瞬間 お客さんが『ワァー!!!!』

20150803-_W3A0625

貴秋「……って、なって」

有希「で。俺らも……」

20150803-_W3A0629
有希『うわぁ……』となりました(笑)」


――事前にメンバー同士で話し合っていたとかそういうわけではなかったんですね。


貴秋「勝手に言っちゃいました」

聡一「聞いてて、『お。おう、そうなんだ……』という感じで」

貴秋「目標は高い方がいいかなと!」

そのときの心情をつづっていただいた、貴秋さんのブログがこちら  魂こもったアツい文章、必見です







世界に羽ばたけFlyers!!!!


――ROCK IN JAPANで圧倒的存在感を見せつけ、着々とFPPの輪が広がっている印象がありますが、みなさん実感はありますか?


聡一「メンバー自体はとくに変わっていないですね。ひとつひとつステージは大きくなって、立っている場所、見える景色は変わっていますが、ひとつひとつ確認して、つくりたいものをつくっていく部分は何も変わらないです」


――街中で話しかけられたりする回数も増えたのでは?

聡一「彼なんかは元々、結構話しかけられてましたからね。バンドやってるやってない関係なしに (笑)」 

20150803-_W3A0632

貴秋
「外国の方からよく声かけられますね。ホント、マンガみたいに『ヘイ、アフロマン!』って」
 

――その勢いでアメリカ公演も決定! まさに世界までフライヤーしちゃうわけですが!! いまの心境はいかがですか?

聡一「日本のライブでも海外のお客さんが増えてきていて。楽しみかたはそんなに変わらないのかなと思っています。せっかくなので楽しんでいきたいですね」


――最後に、みなさんそれぞれの目指すところを教えてください!

聡一「より大きなステージに立ちたいというのもありますが、寿命の長いバンド をやりたいですね」

貴秋「せっかく毎週ブログをやっているんで、月曜から週末までしりとりでつないでみたいです!!

20150803-_W3A0439
一同「……」

聡一
「目指してるんだ?」

貴秋
「でもたぶん、あのへん(有希、亮輔)が裏切ると思う」

一同「(笑)」

20150803-_W3A0528
↑『あのへん』 


――そんな有希さん、亮輔さん、どうですか?

有希『BRADIO』というジャンルを確立していきたい ですね。しりとりはよくわからないです(笑)」

貴秋「負けない……!」

亮輔多くの人にハッピーになってもらいたい という気持ちが強いので、行けるところまで行きたいと思っています。まずは日本制覇から」


さすがリーダー! きれいにまとめていただきました
BRADIOのみなさん! ありがとうございました!!!!

20150803-_W3A0808

これまでに積み上げてきた確かな経験から生まれる変幻自在な音楽と、「人を楽しませる」というブレないハートが生み出した、最強のエンターテイメント集団『BRADIO』

これからもその熱いハートビートで、日本中をファンキー&ハッピーにしちゃってください
音楽にトークにライブにブログに  BRADIOしか見せることのできないファンキーワールド、楽しみにしちゃいましょう





おまけ① 聡一画伯の特別スタンプ講座

ふだんからマネージャーさんとのやり取りはほぼ「LINE」で行っているというBRADIOメンバー。お気に入りのスタンプについて聞いてみたところ……

貴秋「もちろん、自分のスタンプ です。自分が使わないで誰が使うんだと! でも、ほかのメンバーは俺のスタンプ、誰も使ってくれないよね……」
聡一「買ってないもん。コインはほかに使いたい


stamp

↑こちらがそのスタンプ『AFRO 真行寺』です。貴秋さんと有希さんはご愛用とのこと。インパクトあるイラストにファンキーなメッセージがあわさって、かなり使いやすそうです

ちなみに、メンバーきっての画伯・聡一さんは、ご自身のイラストでスタンプ制作も狙ってるんだそう  特別にその腕前を披露していただきました

慣れた手つきでサラサラと……

20150803-_W3A0902

さらさらと……

20150803-_W3A0907

――ちなみにLINEのクリエイターズスタンプは「とがった一言」を入れると人気出るらしいですよ。

聡一「とがった一言?」

貴秋『シャキーン!!』とかどう? 『シャキーン!!』とか!」


そして完成した品がこちら

20150803-_W3A0925

なるほど! たしかに『画伯』と呼ぶにふさわしいインパクト!!  LINEキャラクターの「ボス」にインスピレーションを受けた「次世代のボス」がテーマだそう。一言もかなりとがっています

聡一画伯のLINEスタンプ、楽しみですね!




おまけ② サイン入りチェキプレゼント!!

BRADIOメンバーの サイン入りチェキ をプレゼントしちゃいます
応募方法はこちら


たくさんのご応募お待ちしております





おまけ③ ???

LINE BLOGの公式アカウント『@lineblog』を友だち追加して、トーク画面に「FPP」&「メンバーのフルネーム」を話しかけてみてください

S__2375868

何が起こるかはお楽しみに
期間限定(8月8日~8月16日)なので、急ぐべし

↓こちらのリンクから追加できます 
友だち追加数




BRADIO 公式ブログ


会いたい "あのひと" を身近に ―― LINE BLOG。
今年の夏は、BRADIOの音楽を聴いて、最高にファンキー&ハッピーな時間を過ごしませんか?
楽しんでいこうぜEverybody




(撮影/クマ、取材・文/キャロラインタニガワ)