みなさんは、「絵描き」と聞いてどんな人を想像しますか? 

私が思いえがく絵描きのイメージは、ベレー帽をかぶってお外で風景画を描いている初老の男性かなあ ちょっと古いですか 

今日ご紹介する絵描きさんは、そんなイメージからはほど遠いエネルギッシュな女性、MEG♀さんです 

 
なんと4歳のときから絵描きを志していたというMEG♀さん。そのお仕事は、

「お店の壁に絵を描いたり、バンドや企業、お店のロゴデザインをしたり、雑誌の挿絵を描いたり、CDジャケットデザインや個展をしたり、ライブペイントや似顔絵もやって、ほかにも、トークライブや新聞でのコラム連載など……説明が多くなっちゃうので それをまとめてまとめて絵かきって呼んでます^ ^」

とのこと ここまで活動の幅が広いってすごい!

早速その作品たちをご紹介してまいります

こちらはお店の壁に直接描いた壁画!
   
このあと時計の針がついたそうです。すてき 
作業中のMEG♀さんの姿も……

fe70699f-s
 
とっても生き生きとしていらっしゃいます

こちらは結婚式でのウェルカムボード!

a5c3b226-s

MEG♀さんいわく、

「ご夫婦とさまざまな相談をして、タッチやコンセプトを決めていきます。装飾はどんなふうに? どんな雰囲気にする? そのやりとりから、出会ったエピソードなんかもうかがえたり、描きあがるまでの時間もこちらまで幸せをいただけてしまいます」

という超ハッピーなお仕事だそうです
 
そして、MEG♀さんにとってもはやライフワークとなった似顔絵のお仕事では、テレビ出演も果たしました!

8467797b-s

「似顔絵を通して、とっても沢山の方々と出会えたの。たった15分の対面なのに、気付いたら仲良し。人の目や顔を見て話すって、1番のコミュニケーションなんやね。つくづく。それまで、わりと孤独に自分と向き合うばかりのお仕事だった絵かき仕事に、新たな楽しさを教えてくれるきっかけとなりました」

MEG♀さんにとって、絵を描いて人を笑顔にすることがなによりの幸せなのだということが伝わってきます 

とにかくMEG♀さんのブログを読んでいると、毎日を全力で楽しんでいるのが伝わってきてこっちまで元気をもらっちゃいます 
“画家”という枠をこえてますます活躍の場を広げていくMEG♀さんの、今後の動向に注目です 

MEG♀ 公式ブログ

会いたい “あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。

MEG♀さんの活動拠点は関西 近くに立ち寄る機会があればぜひ似顔絵を描いてもらいたいなあなんて思いました 

(文/ノリコ・ニョキニョキ)