元サッカー日本代表で、現在はバラエティー番組やコメンテーターなどでご活躍されている前園真聖さんが、LINEについて紹介するCMにご出演されました

テレビ朝日の情報番組『LIKE』内限定で流れるこのCM  前園さんが「LINEお客様センター」のオペレーターに扮(ふん)し、お客様からの問い合わせに真摯(しんし)に、ときにとぼけた(笑)対応をしていくという内容なんです

LINEオフィスで行われた撮影の直後、前園さんにお話をうかがいました 


_MG_0995
 


――今回の撮影はほとんど台本なしでアドリブのセリフが多かったんですよね

前園真聖さん(以下、前園)「はい、いろいろ(お客さん役の方に)つっこまれたので、それに答える感じでした」


――本物のテレフォンオペレーターさんの話し方に似てました! テレオペさんから勉強されたりしたのでしょうか?

前園「調べたりはしていなくて、なんとなくそんな雰囲気かなと思ってやりました」


CM上の1シーン。 オペレーター姿が似合っています 

LIKEクーポンウィーク篇抜き2



――お客さんから「これは特番ですか?」と聞かれて「特番です」とお答えになっていましたが、あれもするっと出てきた言葉なんでしょうか?

前園「はい。特番じゃないんですけど、それでもう通そうかと」
 


――バラエティ番組にご出演されているときのくせですか?

前園「どうなんでしょう? 突発的に出てきた言葉ですね」

 

――(カットされたシーンで)「夜遊びばっかりしてるんでしょ」とお客さん役の方につっこまれていましたが、チャラ園さんはもう本当に卒業されているんですか?

前園「そうですね。いまはそんなに。若いときはあれですけども。いまはチャラ園じゃないと思います(笑)」
 

_MG_0956


 

――もともとプロサッカー選手でいらっしゃって、いまはバラエティーなどでおもしろトークもされていますが、もともとお持ちの素質なんでしょうか?

前園「僕自体はそんなにおもしろくないと思います。おもしろくしていただいているというか。そんな印象です。でもサッカー選手時代も、後輩などからは、つっこまれたりはしていました。ただ、なかなかそういうのを出す機会がないというか、キャラ的なことも考えて出していなかったんですけど。いまは自然体でいます」



――プロのサッカー選手としてご活躍されていたときには、こういうおもしろ系の番組をやるご自分は想像されていなかったですか?

前園「そうですね。昔はそういう番組にはでていなかったので、それこそ素の部分が出なかったと思うんですけど、こういうのに出させてもらうにあたって、素の自分を出すようにしています」



――素のご自分といえば、ブログにいつもプリンの話を書いてくださっていますよね。いま一番お好きなプリンは何ですか?

前園「MARLOWEというプリンです。ちょっと昔ながらの固めな食感です。なめらかなプリンよりも固めが好きですね。本当にプリンが大好きで、他のスイーツだと重くてそんなにたくさんは食べられませんが、プリンだと2~3個はいっきに食べられます」



――甘いものをたくさん召し上がるのに、ぜんぜん太ったりされないですよね!

前園「いえ、太るので、基本は好きなものを食べて体を動かすようにしています。
サッカースクールの子どもたちを教えるときにも動きますし、家のまわりとか公園を走ったりもします」


_MG_0962



――ブログにも写真をあげてくださっている、ミニブタのセブンくんについても教えてください。出会いはペットショップですか?

前園「地方のペットショップです。たまたま行ったお店にいて、かわいくて。黒で鼻がつぶれてて、だっこしたら、もうひとめぼれでした」



――犬のアンジェロくんはセブンくんのあとにおうちに来たんですか? 

前園「アンジェロは1年あとですね。でも仲いいですよ。アンジェロのほうが強いですけどね。アンジェロは、セブンが僕とずっといると威嚇してくるんです。セブンはお兄ちゃんだし、おっとりしています。寝てるときの顔が一番癒やされます。笑ってるみたいな顔で寝てるんですよ」



――セブンくんは運動はするんですか?

前園「外にはあまり出たがらないですね。公園に連れて行くと喜んで走ったりするんですけど、大きくなってしまって、だっこできないんですよ。いま70㎏あるんです。ふつうの豚は300㎏くらいあるらしいので、それに比べればミニなんですけどね。小さいときは車でいろんなとこに連れて行ってたんですけど、いまは重くて車に乗せられないのが悩みですね。でも、森泉ちゃんもミニブタ飼ってて、100㎏はあるはずなのに、いつも車に乗せてるんですよね。今度会ったらどうやってるのか聞いてみよう……」



――本当に家族の一員ですよね! 一緒に寝たりもされるんですか?
 
前園「一時期はクローゼットでずっと寝てたんですけど、ベッドのほうが寝心地がいいのがわかってからは、ベッドにジャンプして乗ってくるようになりました。セブンが枕もとで枕を使って寝るから、僕は基本ななめになって寝ます(笑)」


前園さんがブログにアップされているセブンくんの寝姿! 癒やされる~

セブン



――サッカースクールの先生をされてますけど、イマドキの子どもたちはどんな感じですか?

前園「いろんな地域に行くんですけど、その地域によってお子さんの性格も違います。ませてる子どももいれば、すごく恥ずかしがり屋でなかなか溶けこんでこない子もいますし。でも2、3時間授業をしてるとだんだん慣れてきて、『前園先生!』となついてきてくれる子が多いです。東京近辺だといろんなサッカー選手に触れたりする機会がある子どもが多いと思うんですけど、地方だとあまりJリーグも見られないので、授業に対する子供たちの目の輝きが違うし、人数が少なくても盛り上がったりします」



――お子さんを指導されるときに気を付けていらっしゃることはありますか?

前園「話すときはちゃんとコーチの目を見て話を聞いてくれとか、あいさつやマナーについてはけっこう言います。始めるときの『よろしくお願いします!』、終わるときの『ありがとうございました!』をきちんと言えるようにとか。そこが一番大事ですね。顔を合わせて、目と目を合わせて通じ合うものがあると思うので、『ちゃんと僕が話しているときは目を見て話してください』って言います」


_MG_0975



――いまメディアにたくさん出ていらっしゃっている前園さんのイメージと、素の前園さんにギャップはあるんでしょうか

前園「そんなにないと思いますよ。1年半前の事件があって、そのあと復帰させてもらってから、もうとにかく自分らしくというか、素の自分で飾らずやっていこうというのを決めて。そういう意味では、いじられることもあるでしょう。それこそさっきのプリンとか甘いものもずっと食べていたんですけど、以前はキャラ的にそういうの違うんじゃないかなと思って出してなかったんです(笑) なんかあるじゃないですか? イメージが。サッカー選手時代は、遊び人でちょっととっつきにくいといいうイメージだったと思うので、プリンとかケーキとか毎回食べるのはおかしいですよね。いまは素を出しているので、メディア出演も苦にはなっていないです」



――『しくじり先生』にご出演された際も、1年半前の事件について話されましたね

前園「『しくじり先生』は一度お断りさせていただいたんです。時間がたったとはいえ、まだ1年半くらいなので、先生的な立場で自分のことをみんなに話す、しかもメディアを通して話すのはまだ早いんじゃないかなって思って、お断りさせていただいたんですけど。何回もご相談をいただいて。最後はやることにしました。バラエティー番組なので、先生の立場なのにちゃかした感じにならないように、見てる人にふざけてると思われてないように、というのを考えながら。でもなんでもそうですけど、どんな番組でも一生懸命に思いを伝えるというのは変わらないかなと思って、やらせていただきました」



――最後は、失敗してもやりなおせるんだよ、というメッセージが伝わる感じでした

前園「そこが一番言えたらと思っていたことなので。チャラ園とか、ああいうところはバラエティーなのでおもしろく、当然使われるだろうなって思ってたんですけど。放送が終わったあと、すごく見てくれた方の反響も大きかったですし、なによりも子どもたちがメディアとかブログを見てくれていて。サッカー教室に行ったときに声かけてくれるのが嬉しいですね。子どもたちは僕が現役でサッカーしていたときは、まだ生まれてないので知らないんです。でもいまテレビに出ていて、元サッカー選手だという認識で、僕のことを知ってもらっていて、サッカーの指導をやると子どもの興味も違うし、出させてもらって本当によかったと思ってます」


――これからも、LINEブログのほうの更新もよろしくお願いいたします!


_MG_0987
 
_MG_0999


LINEオフィスで前園さんが撮影されたCMは、本日6月15日(月)からテレビ朝日にて、毎週月~金『LIKE』本編放映後に放映されます(関東のみ)


前園真聖さんの直筆サイン入りチェキを3名様にプレゼントします
応募は、V.I.P. Pressの公式Twitterアカウント「@line_blog」をフォローして、このツイートを公式リツイート(RT)すれば完了





『LIKE』の番組詳細はコチラ

前園真聖 公式ブログ



会いたい“あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。
ミニブタのセブンくんは、1年に2回、毛がたくさん抜ける時期があるそうで、抜ける前にごそっと抜いてあげるんだそうです。とっても気持ちよさそうにするらしいですよ


それでは、また。


(撮影/奥田耕平、取材・文/Mikity)