こんにちは! LINE BLOG編集部のつーちゃんです

LINE BLOGに、津軽三味線ユニット
KUNI-KEN(くにけん)が登場!

KUNI-KEN


KUNI-KENは国内だけではなく、インドなど海外公演も行う “津軽三味線ロックユニット”

ロックと融合したオリジナル曲は、国内や海外のCMタイアップソングや、テレビ番組のBGMで起用されています!
主なテレビ番組がこちら。

『ニューイヤー駅伝2014』
『笑いの王者が大集結!ドリーム東西ネタ合戦』
『着信御礼!ケータイ大喜利』
『開運!なんでも鑑定団』
『満天☆青空レストラン』
『炎の体育会TV』
『もしもツアーズ』
『ビートたけしの教科書に載らない日本人の謎』

など、さまざまなテレビ番組のBGMを担当されているので、きっと一度は耳にしたことがあると思います。

そんな実力派な兄弟、KUNI-KENの音楽を一部ご紹介!


『二撥六絃 “NIBACHI-MUGEN”』
バンドサウンドと三味線のコラボレーション。
特に後半の、ふたりのフレーズが織りなす絶妙な掛け合いと最後の勢いは鳥肌必至!

 


『津軽じょんがら節』
満席3,000人を動員し、注目を集めたEXPOドームで開催されたワンマンライブ。
驚異的な早弾きとアンサンブルに世界が驚くのも無理はない。




『なんてね…今はこれだけしか言えない』
まさかのポップソング! 三味線ラブソングなんて聴いたことない。
彼らの代表曲だそうです!




『花化粧』
歌詞、リズム、津軽三味線がきれいに合わさり、 “和” という言葉がぴったりな作品。
KUNI-KENの演奏は年配の方から若い方まで年齢問わず楽しめます。





また、世界フィギュアスケートのオープニングレセプションで、出場6カ国の国歌を三味線で演奏されたこともあるとか。

KUNI-KENの演奏は、生で聴いたら鳥肌が立ちそうです。
ブログでは最新の情報や動画をアップされているので、ぜひチェックしてくださいね。


津軽三味線ユニット KUNI-KEN 公式ブログ

会いたい “あのひと” を身近に ―― LINE BLOG。
KUNI-KENの生演奏はぜひ聴いてみたい。
それでは、また!