本家TEDへの登壇をきっかけに、世界中のTEDx関係者の皆さんに知っていただけるようになり、多くのTEDxへの登壇を打診いただくようになりました。

(「TEDx」とは、TEDのフォーマットを模して独自開催されるイベント)

TEDxSapporoには2013年の登壇させていただき、以降は登壇経験者「Heroes」という扱いで毎年招待いただいています。


9305251021_d92be6f053_z.jpg
2013年の登壇当時の様子


今回も、「Heroes Action」という最新の活動についてのプレゼンと、本編では競技ヨーヨーの現役選手がパフォーマンスをするとのことだったので、彼らの紹介をさせていただきました。



49058743291_7b348deea5_c.jpg
「Heroes Action」でのトーク

登壇後の近況報告として、

・シルク・ドゥ・ソレイユ出演
・夢の舞台だったが、自らの意志で退団
・一つの理由は教育への貢献:本家TEDを機に意識
・教科書掲載が決定→今後は学校訪問
・複数の夢が叶った。皆さんも叶えられる。

といった話をさせていただきました。


49058973312_0e78ce6b11_z.jpg
今回最も有意義だったのが、「高校生参加者とのランチ」。


TEDxSapporoの素晴らしい取り組みとして、次世代育成に力を入れており、高校生を無料招待しているそうです。

しかも、ただ招待するだけではなく少しでも多くの経験を得られるよう仕組み作りを工夫していて、その一つに「Heroesとのランチ」がありました。


しかし、運営側の取り組みは素晴らしいと感じる一方で、高校生側の気持ちを考えると「初対面の大人と同じテーブルでご飯を食べる事になっても、会話しようという気持ちにはなりにくい側面もあるのでは・・・?」という懸念があったのですが、これは良い意味で裏切られました。

同テーブルの3人とも、それぞれやりたい事へのアドバイスを求めたり、僕の経験・考えについて深く訪ねてきたりと、この機会から少しでも多く学ぼうとする姿勢を強く持っていたんです。

こちらも嬉しくなり会話も楽しく弾み、あっという間のランチタイムでした。


49058757851_be2b898443_z.jpg
本編の方では、現役選手の登場前にご挨拶。


49058991622_c736910a24_z.jpg
ご挨拶にあたり、北海道のヨーヨーコミュニティを作った山田さんにお越しいただきました。

今回のTEDxSapporoのテーマが「Cross Over」=「境界を越える」という物だったことを受け、

・今日登場する3人は、世界大会でも上位入賞。北海道はヨーヨー強豪地域。
・北海道躍進のきっかけを作ったのは、お越しいただいている山田さん。
・ご自身も世界大会で準優勝、現在はヨーヨーショップを運営。
・ショップを中心に後進が育ち、山田さんが逃した世界一を掴んだ。
・「世代という境界を越え引き継がれた成長」を体現するパフォーマンスです。

といったご紹介。


IMG_6314.jpg
若手3人を挟んで。


彼らのパフォーマンス映像も近日公開されると思いますので、ぜひお楽しみに!

(写真: TEDxSapporo 公式Flickrより)





↓↓ LINE@もやっています。友だちになってもらえたら嬉しいです! ↓↓

btn_lineat.png