月別アーカイブ / 2017年10月

以前に出演させていただいた、浜松学芸中学校・高等学校様の文化祭開会式。

当日の出演後に行った校長先生へのインタビューを、ようやく公開することが出来ました。



Screen-Shot-2017-10-27-at-13.25.jpg
学校法人 浜松学芸中学校・高等学校 校長 内藤 純一 様 インタビュー


今回は校長先生だけでなく、共演したダンス部の講師の方にもお話を伺っています。


「文化祭の開会式において、講演とパフォーマンスをする」というだけならば珍しくない話なのですが、浜松学芸学校様では、

・ダンス部の皆さんとの共演
・部は発足から2か月(ダンス未経験の生徒さんも多数)
・音楽は、電子音楽科の生徒さんのオリジナル曲(生演奏)


という、なかなか挑戦しがいのある内容でした。



文化祭2週間前、まずは音源を送っていただくと…

… …

カッコいい。
とにかくカッコいい。



本当にアマチュアの高校生が作ったのか?と思ってしまうくらい素晴らしい楽曲で、お世辞抜きに驚きました。

と同時に、この曲に合わせてのパフォーマンスは、難しいだろうな、と思いました。


繰り返しになりますが、本当に素晴らしい曲だったんです。

ただ、楽曲はとても壮大な雰囲気だったのですが、それ故に、その楽曲とバランスが取れるくらい壮大な雰囲気のパフォーマンスでないと、「曲はカッコいいけど、パフォーマンスと合ってない」という印象となってしまう。

一言で言うと、スベってしまうリスクがあったんです。


しかし結果として、この心配は杞憂に終わりました。

講師の先生が部員のダンス経験に合わせた人員配置を行い、少人数のみが躍るシーンには経験者の生徒のみ、大人数が行き交うシーンでは全員が登場するなど、部員構成を最大限に生かす演技構成を作ってくださっていたんです。

そして、あくまで私BLACKを引き立てるバックダンサー、という振付になっていて、途中では私が神降臨のように扱われるシーンも。

「こんな大層に引き立てていただいて良いのだろうか…」とも思いましたが、曲の雰囲気を考えたらこの引き立てに乗ってこそ完成するのだと思い、7-Magic のBluetooth Cue機能を使って、全力で乗らせていただきました。


そんな、思い入れの深い浜松学芸中学校・高等学校様での文化祭出演。

当日の様子はもちろん、生徒の皆さんが当日に向けどのような練習を重ねてきたのか、その軌跡が垣間見えるインタビューとなっています。


ぜひご覧ください!

学校法人 浜松学芸中学校・高等学校 校長 内藤 純一 様 インタビュー





↓↓ LINE@もやっています。友だちになってもらえたら嬉しいです! ↓↓

btn_lineat.png

先日、「またフジテレビに出てたよ!」という報告を受け取りました。

添付されていた写真を見てみると、


_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4606.JPG
確かに出ています。


上記番組は、フジテレビさん主催のイベントを紹介する番組「エンタメサーチバラエティ プレミアの巣窟」でした。

どうやら、上記番組や、毎週土曜日に同じくフジテレビさんで放送されている「キュリオス ~好奇心の向こう側~」しかり、KURIOS関連の番組ではショー紹介の映像素材として取り上げていただく事が多いようです。


次回は、明日10月28日(土) 11:45~11:50の放送です。

よろしければチェックしてみてください(^^)


キュリオス ~好奇心の向こう側~ - フジテレビ




↓↓ LINE@もやっています。友だちになってもらえたら嬉しいです! ↓↓

btn_lineat.png

それは、「皆さんからの応援の声」です。

ベタだなと思われるかもしれませんが、しかし本当の事なんですよね。


応援する側の気持ちとしては、「未熟な人の方が応援し甲斐がある」というのが一般的かもしれません。

相手がまだ成長途中、未熟であるほど、夢に向かって努力している姿に自分の過去の苦労を重ね合わせ、支えてあげたい気持ちになるからです。


しかしこの理論で行くと、「成長した人はもう応援し甲斐が無い」という事になります。

事実、ミュージシャンの方なども、大舞台へ出演するようになるほど、「遠くへ行ってしまった」と言って離れてしまうファンの方が多いのではないでしょうか。

確かに、ファンの方の中で武道館などのステージに立ったことのある方は少ないでしょうから、「過去の自分を重ねて感情移入し、応援する」というのは難しいですよね。


しかし、大舞台に立った人が努力を辞めてしまったのかと言うと、決してそんなことはありません。

むしろ、挑戦のハードルは上がり続け、一方で成功が当然視される、大きなプレッシャーと常に闘い続けることになります。

そんな時、応援してくださる方々の声は、とても大きな支えになります。



先日、桐蔭学園様の芸術鑑賞会に出演させていただいて以来、生徒の皆さんからLINE@等で多くのご感想をいただいています。

----------------------------------------
昨日見せて頂き本当にありがとうございます😃😃
とても凄くて、綺麗で、カッコよかったです!
----------------------------------------


----------------------------------------
パフォーマンスかっこよかったです!
BLACKさんの情熱の話を忘れずにこれから頑張ります!
----------------------------------------


----------------------------------------
BLACKさんの演技は素直にすごいと思ったし、
自分の好きなことを貫いているということはかっこいいなと思いました。

最後に話してくれたことも、響きました。

自分も好きなことを貫こうと思います。
----------------------------------------




これ、ほんっとーーーーーに力になります。


当然ですが、これらの感想は誰かに強制されて書いたのではなく、生徒の皆さんが自主的に書いてくださったものです。

つまり、「大して何も感じなかったけど、書かなきゃいけないからとりあえず褒めておく」というものではなく、本当に心に響いたからこそ、わざわざ時間を割いて私のウェブサイトを検索し、LINEまで送ってくださったわけです。(たぶん)


私は人前でパフォーマンスや講演を行う際、ただ「自分の努力を褒めてほしい、スゴ技を見てほしい」と思っているのではなく、「ご覧くださった方の人生が好転する一助となりたい」と本気で思っています。

内容は毎回ご覧くださる方に合わせて変えていますし、相応の時間をかけて構成しています。


しかし、それがどこまで相手に伝わるのかは、やってみなければ分かりません。

どれだけ時間をかけて準備し、考え抜いた構成であっても、自己満足の空回りに終わってしまう可能性もあります。


だからこそ、こうした感想の声は、本当に嬉しいんです。


特に今回は、

・中学生の皆さんが純粋に楽しめるエンターテイメントとしてのショー

・皆さんがこれからの時代を生き抜くための助言


この2点を両立させる構成を強く意識していました。


明るく楽しいショーと、少し真面目なお話。

一歩間違えれば、「いや、今日は楽しくショーを見てたのに、急に真面目な話をされても」という気分になってしまい、全てが台無し、ともなりかねません。


しかし今回は、少なくともこうしてメッセージをくださった方々には、私の意図した事は伝わったようでした。

やりがいを感じる、本当に嬉しい瞬間です。



今回の芸術鑑賞会に限らず、ぜひ応援メッセージなど、今後もお送りいただけたら嬉しいです。

TEDやKURIOSに出演した今も、イクスピアリなどでパフォーマンスを行っていたあの時と同じ、変わらないBLACKです。


皆さんの応援を胸に、さらに成長していきます!



DSC_0465.png






↓↓ LINE@もやっています。友だちになってもらえたら嬉しいです! ↓↓

btn_lineat.png

↑このページのトップへ