月別アーカイブ / 2015年04月


日本での一時の休息を終え、KURIOSチームへ合流しました。

今回の公演都市は、カナダはアルバータ州のカルガリー。


昨年は夏をトロント、冬をサンフランシスコで過ごすことができたため、季節による寒暖の影響をあまり受けず快適に1年を過ごす事が出来たのですが、今回のカルガリーは5月でも雪がちらつくこともある気候とのこと。




いきなり洗礼を受けました。

ちらつく程度なので大したことはないのですが、4月に雪を見たのは初めての経験だったので、改めて海外ツアーに参加していることを実感します。




向こう1.5ヶ月の我が家。




2週間ぶりのメイクでしたが、きちんと覚えていて一安心。


4月8日のドレスリハーサルから5月24日の千秋楽まで、がんばりたいと思います!


今回もシアトル公演とカルガリー公演の間、約10日間ほど日本へ帰国していました。

帰国期間中は、家族やお世話になっている皆さんとの団欒、仕事の打合せなど、とても充実した時間を過ごさせていただきました。




こちらは、以前からウワサに聞いていたスペアリブの名店『ボブズリブズ』さんでの写真。

スペアリブの名店と言いながら、お通しで出てきたのが立派な牡蠣でビックリ。
そしてその美味しさに2度ビックリ。




予習記事にも載っていた逸品、『あぶら』。

燻製のスモーキーさが尋常ではなく、口の中が幸せな空気で満たされます。




もちろん、店名にもなっているスペアリブもいただきました。

美味しかった…!


>> マジでここだけは行ったほうがいい!スペアリブから謎の「あぶら」までとにかく肉がうまい渋谷の「ボブズリブズ」 : Blog @narumi

>> 「ボブズリブズ(渋谷)」スペアリブのお店だけど他のメニューも諸々全部美味しかった - これからゆっくり考L

>> ボブズリブズ (bob's ribs) - 渋谷/豚料理 [食べログ]





ちょうど桜の開花時期に帰国できたので、お花見も堪能することが出来ました。

限られた帰国期間の中で日本の美を愛でることが出来たのは、とても運が良かったですね。





カルガリーへは羽田発の便での移動だったので、今回の帰国期間最後の食事は国際線ターミナルの江戸小路にある『たか福』さんにてすき焼きをいただきました。

季節物でロゼのスパークリングワインをいただいたのですが、スッキリと飲みやすくてすき焼きとの相性も良く、幸せな締めくくりとなりました。

>> たか福 羽田空港国際線ターミナル店



今回もお時間をくださった皆さん、本当にありがとうございました。

次のカルガリー公演も、皆さんからいただいた応援を胸にがんばってきたいと思います!

↑このページのトップへ