月別アーカイブ / 2010年04月

ヨーヨー世界チャンピオンBLACKオフィシャルブログ「BLACK’s Yo-Yo life」 Powered by Ameba


シルク・ドゥ・ソレイユの、新しいショーが発表されました。


「Cirque do Soleil and Michael Jackson」




以下、超訳です。




"シルク・ドゥ・ソレイユは、


伝説となった真のエンターテインメント、マイケル・ジャクソンと一つになります"



シルク・ドゥ・ソレイユの魔法と、


キング・オブ・ポップの英知。


これらが、マイケル・ジャクソンの楽曲・歌によって一つとなり、

新たなショーを制作することになりました。



2011年の秋にはアリーナショーがスタートし、

2012年後半にはラスベガスにて常設ショーとしてオープンする予定です。



>> Cirque do Soleil and Michael Jackson : Coming together in 2011


ヨーヨー世界チャンピオンBLACKオフィシャルブログ「BLACK’s Yo-Yo life」 Powered by Ameba


ガジェット情報等のニュースサイト超大手の Gizmodo Japanさん に、

記事として取り上げていただいちゃいました。



>> ヨーヨー世界チャンピオンの日本人 「BLACK」 - Gizmodo Japan




ヨーヨーは果たしてガジェットというくくりになるのか?


ちょっと疑問も残りますが(笑)、

思いのほか、はてブもいっぱいいただいていたりして、

読者の方との相性は良かったみたい。


Gizmodoさん、ありがとうございました!


ヨーヨー世界チャンピオンBLACKオフィシャルブログ「BLACK’s Yo-Yo life」 Powered by Ameba


写真はまだ整理中なので、

まずは個人的な感想とか。



やっていて本当に楽しかったし、

うれしい事はいっぱいあったけど、

何よりうれしかったのは、




あれだけ多くの方々が、


わざわざ、


ヨーヨーを観るためにお台場まで足を運んで、


ヨーヨーを観るためにお金を払ってくださった



ということ。



それだけの価値を認めてくださったということ。



それが、何よりもうれしかったです。




『ヨーヨー』って、普通は


『たかがヨーヨー』


だと思うんです。



おもちゃの、上下するだけの、安っぽいもの。



そんなヨーヨーになぜかのめりこんでしまい、

世界チャンピオンとかなっちゃったりして。


でも、ヨーヨーで世界チャンピオンになっても、

一般社会から見たら有名人でもなんでもない。


それどころか、自分の場合はそのヨーヨーの技術さえも、

一般の人を感動させるのには程遠い、

井の中の蛙、自己満足のレベルでした。



それでも、タイトルだけは一人前に持っている。


『世界チャンピオン』。



「あぁ、ヨーヨーって、やっぱり世界レベルでもこの程度なんだ。」


そう思われてしまうのではないかという恐怖が、

常に心の中にありました。



自分の至らなさが原因で、

自分がお世話になったヨーヨーそのもののイメージを悪くしてしまう。


それだけは、絶対に避けたかった。




ヨーヨーは、おもちゃ。


それは正しいし、その側面があってこそのヨーヨーだと思います。




けれど、決して 『たかがヨーヨー』 ではない。



おもちゃの域を超えた 『スポーツ競技』 としての側面、


その技術によって人に感動を与える 『パフォーマンス』 としての側面。



まだまだ発展途上だし、


「ヨーヨーはスポーツなんです!」


とか、胸を張って言えるかと聞かれると、

ちょっと言葉に詰まってしまうかもしれません。



でも、そう言えるようになって欲しいと思うし、

そうなるよう努めるのが、

タイトルをいただいた自分がすべき恩返しかな、と思っています。



そして自分は、競技の方向ではなく、

プロパフォーマーという立場で


「ヨーヨーを使ったショーパフォーマンス」


を追求してきました。



ゆくゆくは、他のジャンルのエンターテインエントにも劣らない、

観た人に感動を与えられるようなショーを披露したい。


そう思って努力してきました。




まだまだ完成には程遠いし、

もっともっと成長しなければいけないと思っています。



それでも、一昨日のイベントでは、


100名近くの方々が、


BLACK RAYのショーに価値を認めて、


わざわざお台場まで足を運び、入場料を支払ってくれた。



そしてありがたい事に、終演後、本当に多くの方々から、


素敵すぎる感想を沢山いただきました。




夢のような時間でした。


本当に、ありがとうございます。




皆さんからの気持ちを糧に、


さらに感動をお届けできるショーができるよう


これからも精進します。



どうぞこれからも、よろしくお願いします!!!


↑このページのトップへ