月別アーカイブ / 2005年01月

睡眠時間もそこそこに、早起きしてドームへ移動。

関係者エリアは、朝から多くの気ぐるみ達でにぎわっていました。
朝食を済ませ、今日のステージについて打ち合わせ、3人に伝えて、いよいよ、ステージへ。


うぉー!
VJかっこいぃー!!!

DJの要領でビデオ映像をリアルタイムでミックスしてしまうという最新機器なんですが、もう、かっこよすぎです。
デモンストレーターみんなで叫んでました。

パフォーマンスの方は、3チームとも練習どおりの力が発揮できたのではないかと思います。
ヨメガ、ダンカン、日本、それぞれがそれぞれの味を出していました。

1日に6回という超過密スケジュールでしたが、忙しいながらも楽しく、あっという間にイベントは終了。


その日に東京へ戻る予定だったので、家が東京駅から遠いブラックは、先に帰らなければいけないかなー、と思っていたら、バンダイの方から、今日も3人と同じホテルに泊まってもいいよとの事。

Iさん、ありがとうございました!


イベント終了後は、地元大阪のプレイヤーとの交流会。
ウワサに聞いていた、スーパー小学生のしんのすけ君に技を見せてもらうと、

・・・

・・・・・

やっぱり、帰ってもいいですか?

上手すぎるよー。
センバフック1.5を10回中7回って。

2A担当の、コウジの弟子リョウ君然り、まさに"次世代"の波を感じずにはいられませんでした。

せん、ブラック、しんのすけ君
↑写真に写る顔も、すでに一人前。<しんのすけ君

帰りの新幹線では、みんな東京まで熟睡。

(と思ったら、ジャスティンだけは、隣に座ったお姉さんに、ずっと日本語を習っていたそうです。う~ん、異文化コミュニケーション。)

スティーブ、ブラック、ジャスティン、パット@チゲ朝、早めの新幹線で、大阪へ移動。

車内では、今回VJを担当してくださった10gooのみなさんが、3人並んでラップトップを広げているという、傍から見たらかなり謎な状況。
(移動中まで、お仕事お疲れさまです)

ブラックはスティーブの隣というVIPな席だったんですが、こちらも2人ともラップトップ展開(汗
スティーブは、ipodへ音楽の転送、ブラックは、YOMEGAチームの曲の最終調整をしていました。


大阪に着いたのが、お昼過ぎくらいだったかな?
お昼をみんなで食べた後は、大阪ドームへ移動。

場内はまだセッティング中なので、エレベーターホールで練習。
構成は一通り覚えたみたいだけど、ターンの方向や音ふみなど、細かい点も最終調整して、本番に備える。


リハが終わった後は、ホテルへ移動、荷物を置いてすぐ夕飯へ。


今日のディナーは、チゲ鍋でした。
ただでさえブラックは初チゲだったのに、
3人に

「これは何だ」
「このソースは何につけるんだ」
「もう、煮えたのか」
「まだか」

カンベンしてください。

いつもそうなんだけど、通訳してると、特に食事のとき、具材の名前や調理法、料理の名前やら食べ方を説明するのに非常に苦労するわけですが、その辺どうですか、みなさん?


無事(?)夕飯を終えて、ホテルへ帰ってからは、地元大阪のプレイヤーたちとの交流会。
レオ、まろん、おっくん、その他にもここには書ききれないくらいのみんなが来てくれました。
翌日の起床時間が早かったので、あまり時間は取れなかったけれど、とても楽しい時間がすごせました。

また明日会おう!

浴びるスティーブと撮るパット3人の希望に合わせ、11時起床。
かなりゆっくり。

浅草に泊まっているという好立地を活かし、仲見世通りへ。


お約束の雷門での写真撮影や、煙を浴びたり、おみくじをひいたりしていると、小学生の子達3人くらいが、近寄ってきて、スティーブの前に立ちはだかる。

さすが、将軍のお膝元(?)浅草では、黒船襲来に対する危機意識を小学生ですら抱いているようですね。日本の未来も彼らに任せておけば安泰です。

と、思っていたら、

「えくすきゅうずみぃ、ほぇあー あー ゆー ふろむ?」

と。


・・・ナンパですか?

最近の小学生の女の子の間では、タトゥーだらけのいかついボウズがキてるんですか?


そんなわけはなく、どうやら、課外授業の一環か何かで、
「浅草観光を楽しんでいる外国人の方に、英語でインタビュー」
という活動を行っていたようです。
よく見ると、手元で何かメモってるしね。


以下、インタビューの様子。

"United States."

「ほわっと どぅー ゆー らいく べすと あばうと 浅草?」

"Bandai Hyper Yo-Yo."

「・・・?」

"I came to learn more Hyper Yo-Yo tricks and to challenge Taka.
Taka. Hyper Yo-Yo master. I came to challenge him."

「ちゃれんじ・・・?」

"Korokoro comics."


・・・
がんばれ、小学生。

おそらく、その後インタビューをまとめてクラスで班ごとに発表したんだと思いますが、先生も困惑したことでしょう。

・・・ご迷惑おかけしました。


観光終了後は、WHFへ向けての練習。
ヨメガチームの2人は、かなり住んでいる所が離れているので、普段から会う機会も少なく、当然チームプレイも今回が初。

各々がソロの構成は用意してきてくれていたので、それぞれを見せてもらって、使えそうなトリックを選びつつ、コンビトリックも入れつつ、振りもつけつつ。

各々のポテンシャルが非常に高いので、こちらの注文にもすぐに応じてくれます。
曲への合わせかたも、期待以上。
いい感じ。

他のチームの構成も見たけど、ヨメガ、ダンカン、日本チームと、いい住み分けができたかな。

ダンカンチームの練習に、みーくんが混じって飛んだり跳ねたりしていたのはさすがに心配になりましたが。


一通り構成を作った後は、みんなで夕飯を食べて、就寝。

明日は、いよいよ大阪。

↑このページのトップへ