以前にも書かせていただきましたが、
現在、シルク・ドゥ・ソレイユの10年選手の方々と一緒に、
ショーに出演させていただいています。

>> 6/27(水)最終公演 | ヌーボーキャバレー『レ・ズワズ・ノアール』


一言で言うならば、「ミニサーカス」という感覚が近いのかなと思います。

ポールダンスあり、タンゴダンスあり、様々な楽曲演奏あり、
そしてもちろんヨーヨーあり。

全ての出演者が世界トップレベル、
そしてそれらをまとめるのは
シルク・ドゥ・ソレイユにて10年以上クラウン役を務めたPhilippe氏。

そんなショーを、お酒やお料理を楽しみながらご覧いただけるのが、
ヌーボーキャバレー 『レ・ズワズ・ノアール』です。


3月から始まり、
月に1度のペースで上演されてきたこのショーも、
いよいよ終わりを迎えようとしています。

出演者として選んでいただいた当初、
このレベルの皆さんにご迷惑をおかけしないように
必死で練習に取り組んでいた事も、まだ記憶に新しいです。

ようやく独特の雰囲気にも慣れ、
皆さんとも打ち解けてきたかな、と思っていましたが
もう次回がラストなんて、残念でなりません。


ご覧いただいた方々全員が口を揃えておっしゃるのが、
「すごく面白かった!・・・けど、チケット安すぎない?」
という事。

はい、僕もそう思います(笑)

おそらく、主催であるPhilippe氏、Paul氏の両名は、
ほぼノーギャラで今回のショーを運営しているのではないでしょうか。

そうまでしてこのショーを実現したかったのは、
彼らを取り巻く環境に理由があるのだと思います。


昨年末、シルク・ドゥ・ソレイユの日本唯一の常設公演『ZED』が、
惜しまれつつも終演となりました。

海外からの出演者の方の多くは
ラスベガスをはじめ別のショーへ転籍されましたが、

クラウン(道化師)役のPhilippe氏、そしてヴァイオリニストのPaul氏は、
日本が大好きになってしまい、日本に残りたいと考えたそうです。

そして、この日本という土地で、
自分たちで新たにショーを作りたい、
と考えたそうです。

それが、『Les Oiseaux Noirs』です。


日本ではまだ馴染みの薄い『キャバレーショー』のスタイルですが、
これをぜひ日本で定着させたいとの思いから、
採算度外視で作っているのだと思います。

個人的にも、本当にオススメの内容です。


と言いつつも、今回が本当に最後の公演。

このメンバーで同じ内容のショーを行うことは、
おそらく今後も無いのではないかと思います。

少しでも興味を持っていただいた方がいらっしゃいましたら、
ぜひこの機会にお越しいただければ幸いです。


●ヌーボーキャバレー 『レ・ズワズ・ノアール』

日時:2012年6月27日(水)19:00開演 と 21:00開演 の2回公演
会場:六本木 Studio ZERO HOUR
http://www.zerohourjapan.com/

チャージ:1ステージ¥3,500 2ステージ通し¥6,000(税込)
料金は入場料のみになります。フード、ドリンクは別料金となります。


皆様のお越しを、心よりお待ちしております!
http://www.zerohourjapan.com/show/les-oiseaux-noirs.html