ショーの振り付けやキャラクターを考える際に、ゲームやアニメを参考にすることが多くあります。

今回のKURIOS においては、人気コミック『黒執事』を参考にしています。

>> アニメ「黒執事」新シリーズ公式サイト


演技作りの方法というのはアーティストによって様々だと思いますが、私の場合、自分が演じるキャラクターの設定などを熟考する傾向があります。

「どんな人が」 「何を伝えたくて」 パフォーマンスを行っているのか、という事は、振り付けや演技中の表情などを考える上でとても重要だからです。


今回出演させていただくKURIOS内での私のキャラクターは、詳しくは言えませんが、『英国紳士』のイメージにかなり近いのではないか、と感じたんです。

そしてそれは、黒執事に登場する『セバスチャン・ミカエリス』に設定・キャラクター共に非常に近いのでは、と。(セバスチャンはあくまで執事なので、『英国紳士』という立場とは少し違うんですけどね)


それに気付いて以降は、アニメはもちろん、過去に上演されたミュージカルのDVDなども繰り返し視聴して猛勉強。

ちょうど原画集なども現地へ持って行っていたので、監督へイラストを見せながら私なりの設定を伝えると

「面白いね!その設定、私も賛成です」

と言っていただけました。


偶然?運命?アニメ新シリーズは『サーカス編』



これはたまたまなのですが、7月から放送されるアニメの新シリーズは、なんとサーカス編なんです。

ますます参考にしやすそうで、今から放送がとても楽しみです!

>> アニメ「黒執事」新シリーズ公式サイト