8/28より行ってきたKURIOSトロント公演、本日10/26を持って千秋楽となりました。

お越しくださった皆さん、本当にありがとうございました。


私のKURIOS本デビューは8/12のケベックシティ公演でしたが、1都市における公演全てにきちんと出演しきったのは、今回のトロント公演が初めての経験。

連日の公演の中で最も懸念していたのは、やはり『体調管理』でした。


休演日は1週間のうち月曜日のみ、土日は1日2回公演なので、週に8回の公演を行う計算。

これに加え、ありがたいことにKURIOSは大変好評を博しているようで、多くの追加公演も決定し、週に10回のショーを行う事も少なくありませんでした。

(余談ですが、ツアーショーにおけるセールス記録を塗り替えたそうです)






シルク・ドゥ・ソレイユの舞台で披露するにふさわしい演技の質を保つためには、常に万全の体調を維持する必要があります。

間違いなくハードスケジュールではありましたが、可能な限り前日の疲れを翌日へ持ち越さないよう、食事の量や栄養バランス、良質かつ十分な睡眠など、あらゆる観点から体調管理に注力していました。


それでも、特に初めの2,3週間は様々な不調を感じたのですが、帯同している医療チームに相談したり、私の演目に合わせたトレーニングメニューをピラティスのコーチに作っていただくなど、多くの方々の助けもあり、なんとか無事にこの千秋楽を迎えることが出来ました。

ご助力いただいた皆さんには、感謝の言葉もありません。






次の公演都市は、米国サンフランシスコ。

初演は11/13のドレスリハーサルとなります。


また多くの方々にお目にかかれることを、心より楽しみにしています!