KURIOSのカルガリー公演も残り2週間と差し迫る中、地元のラジオ番組『CBC news』様に出演させていただきました。


お話しさせていただいた内容は、私の簡単なプロフィールや、ショーの見所、シルク・ドゥ・ソレイユの一員としての出演に懸ける思いなどについて、英語で約10分ほど。

当日は収録時間がかなり早く、寝起きの状態で英語でのインタビューにきちんと受け答えできるか心配だったのですが、地元でも人気の名パーソナリティの方のとても親切な進行のおかげで、問題なく収録を終えることが出来ました。


改めて、学生時代は英語を苦手としていた自分が、「ちょっと大変そうだな」と思う場面であっても問題なく英語でお話しできている現状は、どこか不思議な気持ちです。

『好きこそ物の上手なれ』、英語の習得そのものを目的とするのではなく、好きな事ややりたい仕事のためのツールの一つとして英語に接していると、無理なく楽しく使えるようになるのでしょうね。

(と言ってもまだまだ完璧にはほど遠いので、これからも精進する所存ではありますが!)


>> Cirque du Soleil's yo-yo master shows off